FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク「2018年は変身の年に…恐ろしいスリラーに挑戦してみたい」

このタイミングで日本語版記事が配信です。
記録用に載せますね。

ツーカップインタビュー26

「ドラマ『トゥー・カップス』が終わってとてもすっきりしました、ハハ。一人二役を演じたので、分量がとても多くて体力的にもとても大変でした。3ヶ月間、一日3~4時間しか寝れずに撮影しながら点滴を打ち、拱辰丹(コンジンダン:高価薬材を厳選して調剤された最上級韓方薬)も2回飲みました」

チョ・ジョンソクは2016年「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」以降、2年ぶりに復帰作としてMBC「トゥー・カップス」を選んだ。ドラマの中で刑事チャ・ドンタクと詐欺師コン・スチャン役を演じ、デビュー後初めて一人二役を演出した。性格が極と極であるキャラクターを行き交い‟ワンマンショー”と呼ばれるほど、印象的な活躍を繰り広げた。しかし、俳優としてどうしようもない残念さが残ったという。

「ドラマで僕の演技を見た時、とても残念でした。演劇やミュージカルは公演をする前に準備する期間が十分にあって、映画も撮影前や撮影しながら時間がたくさん与えられる方です。でもドラマは準備時間も比較的に不足していて、撮影時間も差し迫っているので一番残念に感じます」

しかし残念さを感じる暇もない。チョ・ジョンソクは「トゥー・カップス」が終わる前に次期作を決めた。それは演劇「アマデウス」だった。次期作としてドラマや映画を選ぶという人々の予想とは違い、チョ・ジョンソクは再び舞台に戻ることにした。

「実際『アマデウス』は『トゥー・カップス』の撮影時から話があった作品です。とてもやりたかった作品なので時期的にも合って、可能になりました。これからもずっとドラマや映画、演劇の舞台を行き来しながら活躍したいです。使い道の多い俳優になりたいですね」

ツーカップインタビュー16

様々なジャンルを行き来し、活発に活動する原動力が何かと尋ねると、彼は‟経験”だと答えた。

「経験は無視することが出来ないと思います。ステージの演技とカメラの前でする演技は違うけれど、昔からやって来たので行ったり来たりしながら演じるノウハウが生まれました。公演は2004年からやってきたので、ある程度勘が生まれ、ドラマや映画など様々な作品を経ながらたくさん学びました。おかげであれこれ試してみることができました」

出演する作品ごとに人気を得て、俳優としての演技力も認められたが、チョ・ジョンソクにも悩みはあった。人々が願う俳優チョ・ジョンソクの姿と、自身が願う俳優チョ・ジョンソクの姿の間で距離を感じたことだ。

「距離感を縮めるのが僕ができることだと思います。これから作品を選ぶ時も、もっと神経を使わなければと思います。人々が願うものだけをずっと続ければ、俳優チョ・ジョンソクは消耗してしまうのでそうならないように努力しないといけませんね」

チョ・ジョンソクにとって2018年は様々な意味で期待する所が大きい年だ。40歳を目前にした30代の最後の年である上、俳優として新たな挑戦を決心したからだ。

「今年は‟変身”することに決めました。今までしてきたこととは違う、新たな姿をお見せしたいです。役割に多様性を持ちたいです。胸を刺すような切ないストーリーに出演もいいですね。恐ろしいスリラーにも挑戦したいです。人々が‟チョ・ジョンソク”と言えば思い浮かぶものと被らないことに挑戦してみようと思います」

元記事配信日時 : 2018年01月25日16時42分 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2086513

チョ・ジョンソク、疲れを知らない演技中毒「増える皺に合った役を演じて生きたい」

日本語版の記事です。

ツーカップインタビュー11

俳優チョ・ジョンソクが『トゥー・カップス』というまたひとつの挑戦を終えた。1人2役の演技にアクションまで、新たな挑戦に大胆に飛び込んだチョ・ジョンソクは自身の真価であるコミック演技を200%発揮し作品を導き、『トゥー・カップス』を通じて再び「信じて観る俳優」の真価を発揮した。

今月22日、チョ・ジョンソクがソウル市江南区にてシックニュースと出会った。3ヶ月間MBCドラマ『トゥー・カップス』のチャ・ドンタクとして休むことなく駆け抜けてきた彼は、つらかった撮影当時を思い返しながら放送終了所感を伝えた。

「すっきりしつつ寂しいです。最初には本当に3ヶ月が1年のようにつらかったのですが、終わってみれば『すぐに過ぎたな』という考えになりました。体力的につらかったことは事実です」

彼の言葉のように『トゥー・カップス』は詰まった撮影日程により体力が必要な作品だった。中でも1人2役を消化し、ほとんどのシーンに登場せねばならなかった著・ジョンソクは負傷闘魂まで敢行して撮影を続けた。

「序盤には私が本当にたくさん登場しました。ただつらいのではなく、とてもつらかった。アクションシーンを撮影して右側のすねの筋肉が切れました。最大限早く治療できるものに何があるかと悩んでいたところ漢医院に行って針を打ちました。つらいほどに遅れを取りたくなく『少し休まないと』ではなく『もっと頑張らないと』という考えでさらに頑張りました」

ドラマの中でチョ・ジョンソクが演じたチャ・ドンタクは刑事であると同時に詐欺師コン・スチャンの魂が憑依しカリスマと飄々とした面を行き来する独特な人物だった。体力的につらい部分もあったが、多様なキャラクターを表現してみたいという欲は彼をこの作品に引き寄せた。

「1人2役は俳優たちが一度はやってみたい演技だと考えます。私も同じでした。とても大変ではないかと質問されますが、キャラクターについて良く知り作品をはじめたのでつらくはありませんでした。(私が)チャ・ドンタク役を演じていて、コン・スチャンが入ってきて憑依されているのですから、スチャンが入ってきたときに私の想像力が発揮されるほど面白そうだという考えをしました。例えば後半部に私が「選手を探していたでしょう」と手首を回したり、そんなことは台本にありませんが想像力から出た行動でした。私がどれだけ人物について想像を広げるかによってその花が満開になることができると考えました」

何よりも『トゥー・カップス』は、チョ・ジョンソクとキム・ソンホの幻想的なケミストリーが呼応を引き出した。中でもコン・スチャンという同じ人物を同時に演技せねばならなかった二人は多くの会話と悩みを通じてひとつのキャラクターを作っていった。

「私がコン・スチャンを担当したわけではないので(キム・ソンホの演技と似ねばならないと)悩みました。コン・スチャンを担当したのはキム・ソンホなので、彼が演じるコン・スチャンを観察したくさん対話しました。後々には互いに見つめる観点が似るようになりその対話が減り始めました」

ツーカップインタビュー9

二人は作品での呼吸ははじめてだが、同じ学校の先輩後輩であり演劇俳優として演技を開始したという共通点を持っている。これにキム・ソンホは「大学路の俳優であれば誰もがチョ・ジョンソク兄さんを夢見る」とチョ・ジョンソクに向かう愛情を表している。自分を夢見て俳優の道を歩んでいる後輩を見つめるチョ・ジョンソクの気持ちとはどんなものだろうか。

「気分の良いことです。けれど責任感を感じねばなりませんでした。先輩方が私に『お前をロールも出るにした後輩が、お前が考えるよりもずっと多い。だからファイトしろ』と話してくださいました。その言葉が気分を良くしろと話してくださったのではなく、もっと頑張って手本となれるように、疲れるなという話のようでした。その話を聞いて責任感を持たねばという考えになりました」

デビュー後、これといった空白期なく、着実に作品活動を続けているチョ・ジョンソクは『トゥー・カップス』が終わるやすぐに演劇『アマデウス』の準備に突入した。休む暇なく駆け抜けることで疲れる瞬間もありそうだが、7年ぶりの演劇復帰を前に彼の顔からは疲れた気配よりも胸の高鳴りが溢れて見えた。

「不思議なことに先週(トゥー・カップスの)打ち上げをし、数日休んで『アマデウス』の練習室に行ったのですが、疲れはひとつもなく充電されていました。舞台という空間が私にとっては実家であり、故郷のような空間であるため今も生き生きとしています。もし数ヶ月休むとすれば体調を崩すかもしれません。『アマデウス』はサリエリとモーツァルトの物語が描かれますが、その色彩は過去、現在、未来を通じて後世にも永遠に残る物語だと思います。この作品でモーツァルト役をできることそのものが光栄です。サリエリがモーツァルトに嫉妬することと、その人の口から出る台詞一言が、ともすれば劣等意識に陥って人生を生きるかもしれない我々に本当に多くの助けを与えるのではないかと思います」
こうして熱心に駆け抜けてきた間に、チョ・ジョンソクはいつしか30代の後半に立っている。最後の30代を生きる今、彼が描く40代チョ・ジョンソクはどんな姿だろうか。

「私が29歳のときに30歳を考えなかったように、『私が40歳になったらどうなるか』そんな考えはしたくありません。目標はひとつあります。40歳になっても50歳になっても、私の目元と額にできる皺くらいに私に合った役を演じたい。俳優が自分の年齢に合うように役割を演じるときが一番良いように思います。しわができるほど『どうしよう』ではなく、良いという考えで生きています」

ツーカップインタビュー25

シックニュース キム・ダウン記者 / 写真=文化倉庫
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/Funjoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=68729

インタビュー⑨チョ・ジョンソク"殻ぱっと脱ぎ捨てる演技変身したいです"

ツーカップインタビュー18

俳優チョ・ジョンソクはミュージカルスターでドラマや映画へと媒体を広げ、演技力を認められた。 特に、観客と視聴者の虚を突くチョ・ジョンソクだけの'賢い演技'は個性と長所と評価される。 生まれつきの演技本能であるようだが、チョ・ジョンソクは、新しく新鮮な地点を見つけ出そうといつも努力する。

MBC'トゥカプス'の終映以来、会ったチョ・ジョンソクはインタビューで休憩時間にピアノの練習にはまっていた。 来月に幕が上がる演劇'アマデウス'の準備に真っ最中だったのだ。体力的に限界にぶつかった'トゥカプス'撮影がたった一週間前に終わっただけなのに、チョ・ジョンソクは、すでに新たな挑戦にすべての心を奪われていた。(中略)

チョ・ジョンソクは"1人2役が負担になっていなかったが、撮影分量が多くて大変だった。 ほとんど眠れなかったし、倉庫でアクションシーンを撮る途中、ふくらはぎの筋肉が破れ怪我を負った。 チョンドゥホン監督が紹介してくださって、うったことがなない蜂針もうってスタッフが配慮してくれて治療を受けることができた。"と容易でない撮影を打ち明けた。

ツーカップインタビュー10

"'トゥカプス'終わって何をしていたのか。"は質問にチョ・ジョンソクは"演劇練習にすぐに入った。 'トゥカプス'入る前に提案を受けたが、ドラマ終わるや否や、練習をしに行ったら胸が楽になった。 これが休憩のようだ。"と答えた。 チョ・ジョンソクに始まりも終わりも演技だった。(中略)

チョ・ジョンソクは、ミュージカル俳優で先に名前を知らせた後、映画やドラマを通じて、俳優としての地位を固めた。 MBC'ワッツアップ'以降7年間の期間について"毎瞬間が学びであった。"と説明した。 チョ・ジョンソクは"学校の後輩たちに'早く捨てなさい'するのがもっと完璧時、新人として登場したい欲である。 完璧に準備された人はいないというのが私の経験を通じた結論だった。 公演をしながら覚えたのが本当に大きく、その次の公演をする時、目覚しく発展をしたということを発見した。 'トゥカプス'やっぱり本当に多くの学びを与えた作品でその次の作品でどのように演技するかどうか期待される。"、経験の重要性を強調した。

'演技的な悩み'についてチョ・ジョンソクは韓国のドラマ環境で自分が持った力量を発揮することを打ち明けた。 彼は"悩んでいたら、ドラマをする時こんなにしか時間が与えないなら、この中で、もっと速くて正確かつ迅速に分析しなければならない訓練が必要という考えに到達した。 もっといい環境になればいいが、そうでないなら,私がそんな環境にも適応をできる俳優になったらいいね。"と話した。

継続して悩みをめぐっていないが、チョチョンシクは'ああ、私の幽霊さま'、'嫉妬の化身'などロマンチックコメディ分野で独歩的な俳優として背伸びした。 視聴者たちの慣性を上回る新鮮な演技と自信にチョ・ジョンソクは新しい魅力を見せてくれている。

特に、ロマンチックコメディにはいつも私はキスシーンさえもチョ・ジョンソクは常に新しさに問題を導いた。 'キス職人'という修飾語まで付いた中、チョ・ジョンソクにどのようにキスシーンを演技するときの特別なノウハウがあるかを聞いた。

"秘法ですか? ありません。(笑い)私がいつも頭を悩ませるのはどうすればいつも新しくて新鮮な呼吸を見出すことができるかだけです。 既存の枠にはまったもののほか、カタルシスを感じることができることなどを見つけるための作業をするのが俳優だと思います。 そのままそれだけです(笑)。角度をどのように開いたり、そうではありません。"

チョ・ジョンソクは演技の話をする時になれば、輝いた瞳がもっとキラキラ輝く。 チョ・ジョンソクが抱いた演技に対する愛着は誰にも引けを取らない。

"演技に対する自信はいつもあります。 俳優が自信がなかったらなく本当に大変そうです。 誰が何と言おうと私の演技について自信感を持たなければなりません。 結果について多くの賞賛を受けること修正されて、それを直すのはその後の役目です。"

チョ・ジョンソクは俳優としての数回の転換点を持った。 'ナプトゥク'というキャラクターで映画で名前を知らせていた'建築学概論'を皮切りに、ロマンチックコメディードラマの可能性を示した'ああ、私の幽霊さま'まで様々な作品がいた。 彼が選んだ最高のターニングポイントは何だったのか。

"本当に様々な作品がありました。 'ワッツアップ'は初のドラマで多くのことを学んだ現場であり、'ザ・キング・トゥー・ハーツ'はそんなにたくさんの愛を受けるか知らなかったため、貴重なドラマでした。 ひっくるめては映画'建築学概論'だったでしょう。 公演では9ヵ月間のウォンキャストで愛を受けた'グリースを省けません。 また、'ヘッドウィグ'はポドゥウィクという愛称を得て、大衆に知られ感謝したミュージカルでした。"

ツーカップインタビュー12

'ポドゥウィク'をはじめ、チョ・ジョンソクのディテールな演技は多くの修飾語を生んだ。 チョ・ジョンソクに"最も気に入った愛称が何か"と問うと、彼は"'ポドゥウィク'は老いが入ってみたら肌が良くなくてちょっと負担がある。"、照れくささを隠せなかった。 その一方で、チョ・ジョンソクは"信じて見ている俳優といういつ聞いてもとてもよかった。。"と話した。

チョ・ジョンソクは、作品の選択基準は'自分が面白い作品'と話した。 しかし、これからはもう少しチョ・ジョンソクという俳優を刻印させることができる役を訪れると述べた。

"'また、ロコ?'このような話は聞きたくありません。 これまでは私が読んで面白い作品を他の人に共有してくれたい心に作品を選択してきました。 これは周りの人々の話をたくさん聴いて、私が持っていた殻、それが何かはよくわからないがぱっと投げたいです。 具体的ですか 一言一句メロもあるだろうと、血の飛び散るスリラーとか悪役とかチョ・ジョンソクがやっていないことをしてみたいです。

http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008947195

インタビュー⑧チョ・ジョンソク"劇中の人物研究作業は楽しいストレスです

しばらくTVからは離れるって
週2回見られるのってとっても嬉しいんですが…

アマデウスの後は
映画なのかな…←休ませない(^_^;)

最近終演ドラマ'トゥーカップス'で1人2役
二人のキャラクターがとても違って演技困難なくて
'分析は一生懸命、演技は簡単に'が座右の銘
悲劇を喜劇化できるのが私の魅力


俳優チョ・ジョンソク(37)の演技は信じて見ることが出来る。 最近終演したMBCドラマ'トゥカプス'で1人2役を演じた。 多血質強力系刑事チャドンタクと詐欺師コンスチャンに憑依される設定だった。 コンスチャンに憑依されれば、声も完全に変わった。

そのため、チョ・ジョンソクのワンマンショーのようだという言葉も聞いた。 3ヵ月間、毎日3時間くらい寝ながら強行した。 視聴率が期待より低く出、惜しみを残したが、チョジョンソクは'トゥカプス'チームとファイトを叫びながら雰囲気を和やかに作った。

ツーカップインタビュー23

1人2役の困難はあまりなかった。 二人のキャラクターがあまりにも違っていた。 もし似たら大変だっただろう。 (中略)

チョ・ジョンソクの演技はいろんな感情を細分化して表現するのが上手だ。 多様なキャラクターを自分だけの表現法として消化できる理由だ。 彼は自分の演技についてどう思っているのだろうか?

"言葉で表現しにくい。 それで演技をしているようだ。 友達や周辺の人々に言葉で表現しきれない感情のようなことがあるのですが、それが演技では可能だ。 そんなに表現するのが興味深くもある。"


彼は、学生時代、演技が夢ではなかった。 学校では踊る子供だった。 クラシックギターを弾いた。 友達に連れてきた教会でソングク(聖劇)を自然に接した。 そこで振り付けも作ってみて、音響も触ってみた。 演出もしてみた。

チョ・ジョンソクが高校卒業後3浪をした時、教会伝道師から"演技をしてみないか"という言葉を聞いた。 そうしながら演技を本格的に学び、大学もソウル芸術大学演劇科を進学した。

俳優とミュージカル俳優を兼ねるチョ・ジョンソクは発音が良い。 アナウンサーとアンカーの役割もよく言っていた。 彼は"もともと発音が良かったのはなく、観察やモニターが役立つ。 どこまでも演習だ。 公演をしながら習得されて装着されたものだ"と話した。

チョ・ジョンソクは劇中の人物を表現するための研究作業は大変だがいいとした。 楽しかったストレスという言葉だ。 彼は"人間関係から来るストレスは大変で、演技ストレスはむしろ喜んだ"とした。

"私の演技は簡単にしようという主義だ。演技を大まかにするという言葉とは違う。分析は難しいものの表現は、簡単にしようということだ。そうして感情の杯のが自然載ることを願う。たまに撮影後、私は監督に「どうでしたか」と尋ね時ありますが、私は表現がシンプルによく伝達された時、喜びの感覚感じた場合だ。

チョ・ジョンソクは悲劇を喜劇化させる魅力をもった俳優でもある。 それもチョ・ジョンソクだけのスタイルの一部だ。 彼は"人間が持つ魅力の中の最高は顔や体もなく、人柄もなく、ユーモア感覚だと思う。 これがにじみ出ためにチョ・ジョンソク標だ"、"私がユーモア感覚が上手ではないが、のろまではない。 高急進ユーモアをしたが、キャッチをできないほどではない"と話した。

チョ・ジョンソクは物議を起こしたことがない正しい生活男だ。 彼は"正しい生活男ではなく、tvN'花より青春-アイスランド方'(2016)での姿がぴったりする。 私の姿を見ると、物議を起こしそうはしないだろう。 他人に被害を与えることも嫌いで他人が自分に被害を与える状況も嫌だ"とした。

チョ・ジョンソクは'ロコ'イメージが強いが、、40代になる前に確実な変身をしてみたいとした。 今回に挑戦するジャンルは演劇'アマデウス'だ。 "土曜名画で楽しく見た映画'アマデウス'のモーツァルト役を私が言うなんて。 光栄だ。 断る理由がなかった"チョ・ジョンソクはしばらくTVは離れているつもりとした。
http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20180125000572

インタビュー⑦チョ・ジョンソク"30代の最後の年、目標は、変身・冒険・挑戦"

ツーカップインタビュー22

'トゥーカップス'1人2役で好評
次回作の演劇'アマデウス'練習邁進中
"ジャンル限定されない俳優目標…ずっと変身すること"


最近、公演を主な舞台にしていた俳優たちが注目されている。 ずいぶん前から大衆におなじみの俳優チョジョンソクも同じケースだ。

今年最後の三十代を送っている彼は、どうのような考えをしているだろうか。
この16日、終映したMBC月火ドラマ'トゥカプス'(脚本ビョンサンスン/演出、オ・ヒョンジョン)は同時間帯の視聴率1位を記録し、有終の美を飾った。(中略)

チョ・ジョンソクは"キムソンホは初印象が本当によかった。 演技に対するセンスや、閉じ、瞬発力がある友達"と賞賛した。
さらに、"ヘリは率直な姿が大きな長所で感じられた"と話した。


ツーカップインタビュー20

事実チョ・ジョンソクはミュージカル、演劇で先に名前を知らせた俳優だ。 公演が俳優としての初出発だっただけに、ブラウン管、スクリーンで活発な活動を展開しながらも、その愛情の紐を緩めていない。

"撮影しながら、体力的に大変だった"と吐露した彼が撮影が終わると同時に演劇'アマデウス'練習に突入したのも、まさにこのような理由からだ。
チョ・ジョンソクは"練習室に行くの生きているという感じがした"と話した。

"先週から練習に合流しました。 演劇舞台になるのは2011年後、公式的に7年ぶりでしょう。出演が急に決定されたのではありません。 'トゥカプス'前からこの作品と接触していました。
私に俳優の夢を与えた作品であるにあまりにもしてみたかったけど、こうすることになって幸せですね。"

このように彼は本当に絶え間なく演技しながら生きてきた。 ブラウン管とスクリーンを出入りしながら、時折ミュージカルに出演しながら舞台に対する渇きを解いた。

牛のように働く俳優'という修飾語が度を過ぎないほどだ。 その原動力を問う質問にチョ・ジョンソクは"演技が面白いため"という答えを出している

"周辺で演技を止めろと、休めと言うほどです。 いたずらをやる時も演技をするからです。(笑)それほど演技が私には人生の領域になってしまいました。"

一生懸命走ってきた末に昨年年末には演技大賞最優秀賞まで獲得した。 映画'建築学概論'で'ナプトゥク'で強烈な印象を残した彼が'ロコ(ロマンチックコメディー)キング'と呼ばれることまでの過程は容易では万はなかったぞ。

いつのまにか俳優として滑らかな軌道に乗ったチョ・ジョンソクは公演界で活躍中の他の俳優たちに向けて、より'鋭敏な'選択をするという考えを明らかにした。
彼は最近、映画'犯罪都市'を通じて俳優として真価を知らせたチン・ソンギュについて"兄がうまくできて、とてもうれしい"、"舞台で一生懸命公演している先・後輩、仲間の俳優たち中にすごい方々が多い。


その方たちがいつか良い作品を通じて愛されることができる日がきたらいいのに"と話した。
"私も公演を皮切りにドラマ、映画に出演した俳優であるため、これから作品を選択する時は、もっと鋭敏で慎重に選択しなければならないと思います。
大衆が願う私の姿と私がしたい演技が違うことができるが、その接点を探し求めるのです。
そのような意味でこの時点に演劇'アマデウス'をすることはできていたことのようです。"


ツーカップインタビュー21

チョ・ジョンソクは俳優として'消耗'なりたくないとした。 このため、演技的変身をいとわないつもりだと。
三十代の最後の今年、より多くの挑戦を強行したい理由だ。


彼は"私のすべての作品をひっくるめて一番ありがたい作品二つを挙げなさいと言ったら映画'建築学概論'とドラマ'ザ・キング・トゥ・ハーツ'"と明らかにしながら"'建築学概論'のナプトゥクが役がレッテルに感じられない。
それだけ大事な役"と話した。


熱心にすれば機会が来るという考えだったが、結局、このような日が来ましたね。(笑)"
http://m.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2018012400051

インタビューの中に登場した「チン・ソンギュひょん」
韓国で最近放送されたtvN「名簿公開2018」では
「花道を予約した2018年のスーパールーキー10」で1位に

「1位はチン・ソンギュが手にした。10年以上大きな注目を集めることなく活動してきたチン・ソンギュ。彼は映画「犯罪都市」で「第38回青龍映画祭」で助演賞を受賞し、シーンスティラー(scene stealer:映画やドラマで素晴らしい演技力や独特の個性でシーンを圧倒する役者を意味する)としての存在感を見せた。」
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2085428

その青龍映画祭」で助演賞を受賞シーンがこちら


このカテゴリーに該当する記事はありません。