FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「アマデウス」マッコンオフ会&打ち上げ報告②

記念撮影をした後に

「時間大丈夫だったら
一杯飲みに!夜食食べに!行きましょう~」という

Jメンバーさんの呼びかけで
近くの居酒屋さん
「ハンジャンエ・チュオッ(「一杯の思い出)」

こちらのお店
エプロン姿のおばちゃんたちが仕切るw
庶民的な雰囲気ながら
TVにも紹介されている有名店だそう←一緒にJメンバーさんの韓国のお友達より

お店の詳細はコチラ←クリック

オーダーしたのは
お店の看板メニュー
コチュティギム

コチュ=青唐辛子、ティギム=韓国式の天ぷら
辛くないタイプの唐辛子の中には
豚の挽肉入り
アマデウスマッコンオフ会3

私…辛いのが苦手なので
恐る恐る一口でしたが
辛さは全くなく

揚げたては、何も付けないでも
もうそのままで
美味しかった~です!

そのほかに
こちらも絶対オーダーしなくちゃいけないそう
チキン!
アマデウスマッコンオフ会4

そしてトッポギ(トッポッキ)も~
アマデウスマッコンオフ会5
こちらは食べた皆さんは
「美味しいけど辛いっ」と言うので私は辞退でした…(;^ω^)

でも、このクセになる辛さで
ビールがどんどん進むって言ってましたよ~


座った席のすぐ横に
サンフンヒョンもいましたwww
アマデウスマッコンオフ会6
サンフンヒョンなめで
奥には、カン・ダニエルのポスターもw

残念ながらFitzは置いてありませんでした~(´;ω;`)


Jメンバーさんもそうじゃない方も
日本人も韓国人も総勢12人で
ワイワイ楽しく食べて飲んで

先ほどの
出待ちでマスクを取ったシーンを振り返って
皆でキャーってなり←見た目はおばさん、中身は乙女www


このまま個人事務所でやっていくのか?
もし、事務所に入るとしたらどこがいいか?
結婚する気あんのか?ないのか?などなどw

「もしも」テーマを真剣に考えwww

次の仕事は何か?について予想し←あんなすぐ映画って決まるとは!

1杯だけ飲んだら帰ろう~とか言ってたのに
気が付いたら閉店時間の午前2時←

それぞれ、タクシーや徒歩でホテルへ戻りました

公演前のオフ会も
出待ち後の打ち上げも
たくさんお話しできて楽しかったです!

オフ会、打ち上げに限らず
お会いした皆さま
ありがとうございましたm(__)m

また、すぐ
こんな機会があるといいですよね~
←ジョンソクさんの活躍&活動次第っ!

「アマデウス」マッコンオフ会&打ち上げ報告①

4月29日最終公演の前に
ホール近くのこちらのお店でオフ会
エントリーいただいた14人で集まりました~

The Charim
ドチャリム / 더차림
アマデウスマッコンオフ会1

「ビュッフェスタイルのレストランで
周辺には芸能事務所が多く、
EXO(エクソ)のセフンや
歌手のIUが訪れたこともあるそう」←紹介文より

詳しくはコチラ←クリック

とりあえず、料理をお皿いっぱいに盛ってw
ジョンソクトーク スタート‼

アマデウスマッコンオフ会2

写真ないですが←cyurinさんに怒られそう(;^_^A
自分で好きな具をのせて作るビビンバや
汁物
デザートも

近畿、四国、九州のJメンバーさんと近くの席で
初めましての方
お久しぶりの方
前からファン
最近ファン
今日初めてアマデウス見る方
もう何回も?十数回?見られた方…と
色々な話題が乱れ飛んでwww

そうそう
次は映画舞台挨拶ですよね!ってことで
「舞台挨拶ってどんな?」話でも盛り上がりました。

こういう時でないと
なかなかお会いする機会がないので
お話しできて嬉しかったです!


会費を集める際に
お手伝いいただきましたメンバーさん
ありがとうございましたm(__)m


あっという間の2時間
18時にお店を出て
ホールへ向かいました。

7階ロビーでは
ドットコムのメンバーさんが
無料配布していたので


挨拶にいったところ
もう、チケットブースのある7階の奥の方は
そういった配布をしている韓国ファンの方々と
もらいに来ている方々とで
人がごった返していて
まさに、マッコン祭りみたいになってました💦

cyurinさんに頼まれていたブックランプも引き取って

こちらは、私の←韓国のらぶじょんずさんからいただきましたm(__)m
を点けてみました。

電池入れてスイッチを入れると
自動的に色が変わっていきます

アマデウスマッコン1

あっそうそう!
ロビーでは
海外FCの友達や
オフ会に参加できなかったJメンバーさんたちとも
お会いできて

最終公演を見に来ていた日本人は
軽く20人超えでした
きっとハンチサンさんファンも見えてたと思いますし

この日は、
ドットコムさんが軽食のサポートをしていて
お裾分けいただきました

ホテルでいただきました!
美味しかったです~
アマデウスマッコンオフ会7

公演&出待ちに関しては
レポに書いた通りです。

打ち上げに関しては
報告②へ つづく

マッコン観劇&出待ちレポ④

挨拶終了後
階段で下に降りましたが
出待ちポイントに着いた時点で
もう、最前列は埋まっていて

私は、駐車場が見える位置の2.5列目的な位置に

ただ、この日は
私たちが整列するのと同じく
駐車場内の壁沿いに誰かのファンが列を作って並び始めて


その列に並ぶ人が、私の列の後ろから
「すいません。通らせてください」と
何人も何人も通る(>_<)

もう、ディズニーランドのアトラクションの列が交差しちゃった
みたいな人の流れでごった返したように

そのうち、いつもならジョンソクさんが車を止めるポイントにまで
駐車場の人の列ができてしまいました。

アマデウスマッコン2

しばらくしたら
マネージャーさんが、エレベーターホールの方から入ってきて
ファンに向かって何やら言い始めて

「場所が無い」
っていうのは聞こえたので
どうやら駐車場に他のファンが並んでるから
いつもみたいにはできない的な感じ?なこと言ってるのかな…と

待ってるジョンソクファンたちは
「えー何言ってんの
皆いつものつもりで こうやって待ってんだから
あなたっどうにかしなさい」
的圧力が一気にマネにかかるのが見えました。

↑声が聞こえたわけではないですが
この圧が皆から一斉に出るのが目に見えたようなw

だってこの人数w←私の右側だけ
アマデウスマッコン3


マネが一度引っ込んでから
駐車場には、ハンチサンさんが登場←やっぱりハンチサンファンの皆さん

列の最初の人から1人ずつサインを始めました

もしかして、ハンチサン サイン会が終わるまで
出てこないつもりか?というのがちょっとよぎった頃

いつものように←結局w
車が入ってきて
ジョンソクさん登場

ハンチサンファンにはちょっと脇に寄ってもらって

プレゼントは受け取るのか?と思ってたら
いつものように花束やプレゼントも端から受け取っていきました

すぐに手がいっぱいなってしまって
マネにプレゼントを手渡し
マネが車に一旦置きに

これを2回くらい
まだ駐車場から入ってすぐくらいのところで繰り返していたら
「マスク取って〜」の声が

そしたら!
かっこよくw
黒いマクス外しました

ファンから黄色い声が←久しぶりにこの表現見た←自分が書いたんですけどね(;^_^A

メイクしてないから
写真NGとか言うけど
あなたは、舞台終わりで出てきた今が
1番素敵でかわいいって知ってる?
←もう、大好物過ぎて逆ギレ調で褒める

ちゃんと端まで行って
真ん中あたりまで戻ってきてから

「私はここで挨拶します!

これまで、とても(너무너무=ノムノム)
2ヵ月以上、私の公演愛してくださって感謝しています
演劇アマデウスのセリフにもありますが、
過去にも現在も未来にも
皆さんたちの心の中に
いつまでも大切にできる作品であってほしいと願います。

長く大事にしてくれたらいいですし、
後にいつまた私が公演することになるか分からないですが
その前に映画やブラウン管、スクリーンを通じて挨拶します」

↑韓国のらぶじょんずさんに文字に起こしてもらいました。


建物前の道路を通る時には
いつもなら開けてくれない窓を開けて
手を振りながら
走り去って行きました。

あ〜素敵

お見送りした後
周囲にいらした皆さんと
エントランス前で記念撮影

アマデウスマッコン5

舞台上での挨拶なとで
時間が遅くなって帰りを急がないといけない方もいらして
来ていた全員では撮れなくて…

記念撮影に参加できなかった皆さん
すみませんm(__)m

以上
マッコン観劇&出待ちレポでした。

オフ会&打ち上げレポは
別で書きますね~


「観劇&出待ちレポ」シリーズの最後に
これまで
レポを寄せていただきました皆さまへ
改めて感謝申し上げますm(__)m

イニシャルで記載させていただいたので
Sさんやmさんなど
同じになってましたが
観劇&出待ちされた何人ものメンバーさんから
レポを寄せていただいておりました。

ソウル滞在中や帰国後のお忙しい中
また、ご自身のSNSに書かれていたりする中で
私を含め お留守番組に
情報と感動のお裾分けをしていただきましたこと
本当にありがとうございましたm(__)m


また、なにかあった際には
その時に参加された方へレポをお願いすると思いますので
よろしくお願いします‼

マッコン観劇&出待ちレポ③

ジョンソクさんの挨拶の後で
舞台袖からジェウクが呼び込まれ挨拶

全体を黒でまとめて
ロング丈のジャケット?コート?姿で
脚細っ

スタイルといい、立ち姿といい
モデルでした

司会が、反対側の舞台袖を見ながら
ソンギュです←入ってくる人はいない

ソンギュはスケジュールがあって
来られませんでした。
という説明

↑5月5日から7日まで1stソロコンサート開催

最後はサリエリ陣
ハン・チサンさん

挨拶の時に客席を見渡して
感動で涙が出そうです的な「スターなタメ」←悪口じゃないですよ

カーテンコールの際は
モーツァルトが登場して
オオトリがサリエリなのですが

ハンチサンさんへの拍手と声援
ジョンソクさんへよりも大きく←正直

ハンチサンさんの人気と
「アマデウス」は題名こそアマデウスですが
主役はサリエリなんだと改めて思ったのでした。



ハンチサンさんの挨拶の後
舞台袖から終了組のサリエリが呼び込まれます

チ・ヒョンジュンさんは
全体的にシックに黒でまとめて
パンツは裾まで太くて丈がちょっと短いサリエル風スタイル

やだ、チ サリエリ芸能人じゃん←

イ・チュンジェさんは
他の出演終了組が黒で揃えてきてた中
白&ベージュ系で
茶色の縁眼鏡メガネ姿でした


挨拶が終わると出演者が手を繋いでお辞儀
撮影可だったカーテンコールの時のようなモーツァルトアレンジ曲がかかって
みんなでその場で思い思いにリズムを取ります

キム・ユンジさんは
1人オケチームの方を向いて踊ってました。←すごくユニーク

キムユンジさん、イエルさんと並ぶと
全然違って
イエル=顔小さい&高身長&細いから←失礼^^;

でも、キムユンジさん
舞台でもポーツァルトのお尻を思いっきり叩いたり←ポーツァルトが地で笑っちゃうくらい笑

色々仕掛けてくる感もあり
高身長じゃないからこそ
きっとこの先幅広く
色々な役ができる素質を感じました←上からですいません💦



あっ
そうそう←話が前後してすいません

この日、マッコンの舞台の
コンスタンツェがポーツァルトのお尻を叩くシーン

ポーツァルトからビリヤードのキューを手渡された
コンスタンツェ役のハム・ヨンジさんは←客席からどよめき

そのポーツァルトのアドリブな振りに対して

思いっきりは叩かないで
手加減しての2回

まあ、キューを渡した時点で
客席的には盛り上がったのですが
そこはもうちょっと強めに行っといた方が
ポーツァルト的にはおいしかったのかも・・・と

出待ち終了後の
Jメンバーさんたちとの打ち上げでも
この話になったので
皆ちょっと思ってたよね




すいません
話を戻しますっ

皆が舞台上で踊る中
司会がジョンソクさんに無茶振り
いつもように?w恥ずかしがって後ろの列に隠れようとするも
人垣が分かれて丸見えに
ウェーブダンスを披露しました。

そのまま幕が下り
でも、舞台の照明がすぐには真っ暗にはならなかったので
完全に暗くなるまでの舞台上、
透けて見える幕の後ろで
出演者たちが、それぞれハグし合っているのが見えました。

アマデウスマッコン1-2
出演者インスタより

④へ続く

マッコン観劇&出待ちレポ②

カーテンコールの後は
いつもなら幕が下りたら
館内が明るくなるのですが

昨夜は、
拍手し続ける観客&館内暗いまま

盛り上がる拍手に
ふたたび幕が上がり
舞台上にはそのまま出演者全員が

LITTLE WINDSのユク・ヒョンウクさんが
マイクと司会用のカード式台本?カンペ?を持って
「アイ セイ マッコン!ユー セイ インサ!」

まず自分で
「アイ セイ マッコン!」

観客へマイクを向けて
「ユー セイ 」

観客
「インサ!」

「最終公演挨拶をするので
座ってください」

外国人ファンも来てることを把握していて
「プリーズ シッダウン」

着席して、挨拶が始まりました。

まずは、コーラス
一人一人名前と
この舞台がデビューだった3名も
紹介されて

代表で1人が挨拶

なんか、この時点で
このアマデウス チームがほっこりした
いいチームだったんだなぁ…という感じが

後から聞いたのですが
マッコン挨拶というのはあるけれど
それは、主役級の人がするのが普通で
今回のように端役まで挨拶するのは
珍しいそうです。

その後
カヴァリエリ←少し涙ぐんで
ヨーゼフ2世←涙ぐんで声が詰まる

既に出演を終えている
パク・ヨンスさんが私服姿で登場して挨拶

LITTLE WINDSが1人ずつ挨拶
モーツァルトアッパが涙ぐんで声を詰まらせ
腰が曲がった宮廷楽長もウルウル

コンスタンツェもちょっとウル

出演が終わったキムユンジ&イエルも登場
2人とも私服(黒い服)

キムユンジさんは、
コンスタンツェを演じていた時のように
指先を握った両手を左腰に付けたポーズで←客席から笑い

挨拶の時
皆さんに感謝しますと言うような時に
その場でクルクル回転して言ってました←客席から笑い

ポーツァルトの挨拶

こちらはshirotoraさんが
現場でメモ取られたものを
書きおこしてくれました。

「メモと記憶で再現したので、
抜けや誤りがあるかも知れませんが」
とのことですが
ありがとうございますm(_ _)m



私たち俳優は
みなさんの拍手を糧に生きているので
この間とても幸せで、楽しく過ごして来ました。

僕たちの演劇「アマデウス」を愛してくださって、
本当にありがとうございます。

僕は個人的に7年ぶりに演劇の舞台に上がったので、
たくさんの愛情と応援をいただいた
ファンの皆さんに感謝の言葉をお伝えします。

そして、
そしてこの公演自体を作り上げていただいた
同僚のみなさんにも感謝の言葉を捧げます。

みなさん舞台良かったでしょう?

僕も自負心を持って舞台を降ります。

僕たちの公演「アマデウス」がみなさんにとって
みなさんがどんな時代に生きて行くのか分かりませんが
みなさんの人生を再評価することが出来るような
みなさんの時代や
みなさんの時間に
再びスポットを当てることができるような素晴らしい作品として
みなさんの心の中に残っていくことを切に願いながら、
ご挨拶を締めくくりたいと思います。
ありがとうございました。

③に続く

このカテゴリーに該当する記事はありません。