FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」第12回メイキング

ペクイガンxベクイヒョン バックハグで始まったブロメンス〈緑豆の花〉12話メイキング


危機に瀕したペクイヒョンの前に現れた
白馬に乗った... いや,弓を持ったムカっと王子さまペクイガン!!
イヒョンが好むイガンの強烈なバックハグ

衝撃報道!!
ペクイガンついにジャインに告白する??
ジャインの反応がもっと衝撃的だった
ブランコシーンビハインドまで!!

涙なしには見られない
〈緑豆の花〉12話メイキング★
一緒に~♬


兄弟の絡みのシーン
演技について話を詰めてるところが
仕事してるって感じですよねぇ

でも、ちゃんと?おふざけもw




ブランコ~



こちらは妄想用w


私はイガンが乗ってるブランコを押してあげたいw(´∀`*;)ゞ

「緑豆の花」ビハインドフォト~SBS公式HPより

★指まで愛らしいハンイェリ俳優♥
2019チョ・ジョンソク_190606_0672

2019チョ・ジョンソク_190606_0671

2019チョ・ジョンソク_190606_0670

2019チョ・ジョンソク_190606_0669
https://m.programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/visualboard/59081/?cmd=view&page=1&board_no=1385


★いよいよペクイガンのクールな写真がちゃんと出てきた!!!
2019チョ・ジョンソク_190606_0668

2019チョ・ジョンソク_190606_0667

2019チョ・ジョンソク_190606_0666
https://m.programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/visualboard/59081/?cmd=view&page=1&board_no=1386


★「私の人になってくれ"告白した日(イガン真剣なまなざし見て★)
2019チョ・ジョンソク_190606_0665

2019チョ・ジョンソク_190606_0664

2019チョ・ジョンソク_190606_0663

2019チョ・ジョンソク_190606_0662

2019チョ・ジョンソク_190606_0661
https://m.programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/visualboard/59081/?cmd=view&page=1&board_no=1387

"緑豆の花"のチョ·ジョンソク,悪役から義兵·ロマンスまで…もう一度の人生キャラクターを更新

緑豆の花12話記事3

'緑豆の花'に出演中の俳優チョ·ジョンソクが毎回,幅広い演技のスペクトラムに'ペクイガン'の敍事を完璧に具現し,再び人生のキャラクターを誕生させた。

SBS金土ドラマ'緑豆の花'は125年前この地を生きていた人たちの話を盛り込んだ民衆歴史ドラマとして、1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーにチョジョンソクは別動隊長'ペクイガン'役を演じ、完璧な方言駆使と強烈な演技に毎回視聴者らの目をひきつけている。

チョ·ジョンソクはキャラクターの変化を深く描くドラマ"緑豆の花"でキャラクターの心理変化を繊細に描きながらも説得力をもって描きながら劇の没入度をさらに高めている。

'緑豆の花の初放送で毒蛇のような姿の通引として登場したチョ·ジョンソクは,チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)との対立シーンで名前が何かと聞くチェ·ムソンに"コシギ"と答え,殺伐とした雰囲気をつくるなどあらゆる悪行を演じる悪役の姿を強烈な目つきと憚らない演技で表現し,チョ·ジョンソクならではの悪役のキャラクターを作りながら存在感を示した

しかし,チョ·ジョンソクは,コブに民乱が起きた時,民衆に捕まったチョ·ジョンソクの右手に刀を差し込んでチェ·ムソンが叫んだ"コシギは死んだ"という言葉に"コシギ"と"ペクイガン"の間で内的葛藤を経て次第に変化していった。 この過程で,チョ·ジョンソクはキャラクターの内的葛藤変化を安定的な演技力を基に,ぺクイガンで完璧にしみこみ,視聴者にペクイガンの心理をそのまま伝えた。
そのように内的葛藤を経験したチョ·ジョンソクは,コシギの生の代わりにペクイガンの人生を選択して東学農民軍の義兵になり,東学軍の中で旗と竹やりを持って歓呼する姿で重厚な感動を伝えたのはもちろん,竹やり,短剣などを手に持って戦うアクション演技でカリスマにあふれる姿まで見せながら,彼の幅広い演技のスペクトラムを立証した。

それだけでなく,チョ·ジョンソクは"そこ"時代から彼のことを黙々と応援してきたハン·イェリ(ソン·ジャイン)との切ないロマンスを描きながら視聴者の視線を集中させた。

特に,チョ·ジョンソクは黄土峴の戦闘で擦れるように過ぎ去ったハン·イェリとの短い再会の中で見せた切なさと懐かしさが込められた眼差しだけで,ハン·イェリとのロマンス敍事を完成させ,先週の放送で描かれたチョ·ジョンソク氏の告白シーンは,見る人に緊張感とともに胸が一杯になる強い余韻を残した。

このように,チョ·ジョンソクは幅広い演技スペクトラムで過去の罪を償い,新しい世界を開くために蜂起した東学農民軍別動隊長ペク·イガンの悪人ではない悪人"コシギ"の姿から東学農民軍義兵"ペクイガン"の姿はもちろん,切なくて哀切なロマンス演技まで説得力があり,蓋然性をもって解決しており,これから展開される劇の中でまたどのような姿で視聴者を魅了するか期待を集めている。

一方、チョジョンソクの繊細で強烈な演技に没入度を高めているSBS金土ドラマ'緑豆の花'は毎週金、土曜午後10時に放送される。
http://hei.hankyung.com/hub01/201906058425I

「緑豆の花」第11回メイキング②

【メイキング】笑い地雷踏んだイガン子どもと緑豆先生


"昔むかし..
ムカっと王子様 ペクイガンは背負い子に限りなく重い
緑豆将軍様を乗せて険しい道を歩きました。~"
まさしく負けずエピソード"ビハインド"電撃公開!!
CG NO!!100%手作業で行われた撮影現場

緑豆先生をからかって逃げる
笑い地雷まで踏んだイガン子供の話まで!!

あどけない緑色の草原で広がる
〈緑豆の花〉11話メーキング★パート2
すぐ会いましょう。

〈緑豆の花〉は毎週金/土夜10時に放送されますね!
視聴応援よろしくお願いします


実際の緑豆将軍は
身長が約152cmと当時の男性の中でも小柄だったことから
「緑豆」と呼ばれていたそうですが...
緑豆将軍

チェ・ムソンさん
身長182cm

応答せよ1988で
息子役だったパク・ボゴム=182cmと並んでも
チェムソン2

背負うシーン撮るだけで
罰ゲーム
そりゃメイキングネタバッチリな上に
主演俳優への配慮なのか…

チラチラと
イガンと同じ衣装姿の…
背負子代役???かな(;^ω^)

2019チョ・ジョンソク_190605_0660

2019チョ・ジョンソク_190605_0659

カワ(・∀・)イイ!!
2019チョ・ジョンソク_190605_0658

扇風機にドットコムさんのサポートステッカーが貼られていました
2019チョ・ジョンソク_190605_0657

"그랑깨"を口癖のように言っているというチョ·ジョンソク、ドラマ,映画'方言'の秘密

緑豆の花12話記事2

"銃弾も避けていくというお守りが背中に付いたのは怖いものではありません。"“총알도 피해 간다는 부적이 등짝에 붙었는디 겁날 게 뭐다요.”男の意気込みが田舎っぽい全羅道方言に乗せられてさらに好奇的だ。 ドラマでは異例的に1894年、東学農民運動を題材として注目されるSBS'緑豆の花'で、東学軍別動隊長ペクイガン(チョ・ジョンソク)の姿だ。

ドラマは俳優たちの味わい深い方言の演技で光を放ったが,ソウルで生まれ育った俳優にとって方言は大きな宿題だった。 チョ·ジョンソクは,なまりを口にするために,ドラマ撮影前の昨年の冬からマネージャーなど知人たちになまりで話した。 チョ·ジョンソクの所属事務所"ジャムエンターテインメント"のチェ·ナミ代表は"チョ·ジョンソクが最近'그랑깨クランッケ(だから)」という言葉を口癖のように言っている"と笑った。

方言は俳優に成長の足場にもなる。「十分食らった」イケメン、チャン・ドンゴンが映画'友人 '(2001)でとろみのある慶尚道の方言で演技変身に成功した事例が代表的である。枠に閉じ込められた画像を破り、観客の没入を助けようと俳優たちが方言を習得する方法は、時には涙ぐましい。(以降略)

그만해라이 마이 묵었다아이가」
[クマネライ マイ ムゴッタアイガ ]
『もういい、十分食らった。』
釜山を舞台にした映画「チング」の中のセリフ。

以降略にしちゃいましたが(;^ω^)
記事内で紹介していた事例

☆チュ・ジフン
暗数殺人(2018)
慶尚道(キョンサンド)なまりを自然に消化するため,
台詞に自分だけの表記をしてイントネーションまで丸暗記した
監督によれば,チュ·ジフンの台本は"楽譜"のようだった。

https://www.hankookilbo.com/News/Read/201906041561370380?did=NA&dtype=&dtypecode=&prnewsid=

このカテゴリーに該当する記事はありません。