見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

BS11HP 「ああ、私の幽霊さま」ページUP

昨日は、我が家のKPOPファンのお付き合いで
東京国際フォーラム開催の
感性を磨く
「Power of K in Japan 2018」
昼夜2公演に行ってきました。

PK1-2.jpg

出演は
ホ・ヨンセン←最後はキム・キュジョンとデュエット←歌上手いですよねぇ。

キム・キュジョン←公演中ずっと椅子に沈む込むように座っていたおばあちゃんが、ここでいきなり立ってペンラ振って応援←愛の力は偉大

Funky Galaxy from 超新星←日本での人気すごいですね←SS501のお二人も

RAVI(VIXX)←日本で1人で公演するのは初めて。「僕のスターライト(FC名)はどこにいますか?」って言うのよかったです←リーダーNの教育がいいから?w

JG(JOONHO & GYUMIN)←「Power of K」に出演してたのを見ましたが、元BEE SHUFFLEのメンバーだったって初めて知りました(;^_^A

Golden Child←先週金曜のファンミに引き続き再会w←ファンミの時は、会場内で「お姉さんを探せ‼!(私よりもw)」状態でしたが、SS501と超新星の出演により、フォーラムへ向かう電車の中でもうお姉さん見つけました←

KARAM←大国男児。芸能人サッカーの試合を見に行った際、他のメンバーを間近で見たことはあったのですが、今回お初。まったく訛りなく、完全ネイティブな日本語でした。

MAP6

7 O’Clock← YGエンタの新オーディション番組Mix Nine (ミックスナイン)で最終6位に選ばれたソン・ハンギョムがメンバー


公演の最後に出演者がサイン入りカラーボールを客席に投げ入れるのですが
キャッチする気満々で
ペンラをポケットに突っ込み
両手を空けて待っていたら
きれいな放物線を描いてボールがこっちにーーーっ!!!

PK3-2.jpg

↑「Bomin GNCD」って書いてありますけどねw
一応会場に飾ってあったパネルで答え合わせ
PK2-2.jpg

Golden Childの中で私のイチオシw
ボミン君のサインボールゲットしました

1月のユソノのサイングッズも当選したし…
本命じゃないところで運使ってるよねぇ←



昨日の公演
自分の好きなアーティストのトークで
異常な盛り上がりをみせるおばさん集団がいて

合同コンサートの時は
他のアーティストに負けないように応援を頑張る傾向はあるのですが
その盛り上がり方が
「キャーキャー」を通りこした「ギャーギャー」で

私の周囲の人たちも
思わずギャーの方を振り返って見てました💦

我が家のKPOPファンからは
「若い子が、はしゃいでるのはまだキャーだから許されるけど
おばさんはイタイだけだからね」と
釘を刺されました(;^_^A


夜公演では
KPOPファンの隣りが
韓国人の高校生?かな?という3人組で←お母さんと思われる人はちょっと離れた席に
始まったと同時に
全身でリズムを取りながら
頭の上でペンラを振る振る

バラード曲では
頭上で左右に振るペンラが
私のところへ届くくらいの大振りw

本国のKPOPコンサートに行ったら
きっとこの盛り上がりなんだろうな~

誰のファンかな~?と思っていたら
RAVI(VIXX)登場で
「ラビ~!ラビ~!ラビヤ~‼!」←絶叫←こういうのは盛り上がる

ラビのファンでした~
VIXXのペンラ持って行ってよかった
きっと仲間だと思ってくれたよね?w


あっ
そうそう
私が行っているヘアーサロンのアシスタントさんが←女性
本来は舞台メイク志望ということで
そっちの方の仕事で声がかかると受けるそうなんですが

先日ヘアーサロンに行った際に聞いた仕事が
昨日のコンサートに出演していたグループのリリイベでした~

先輩のピンチヒッターで行ったそうなんですが

用意するメイク道具はフルセット=女性のメイクと同じ用意
「口紅、赤いのにして下さい」って言われたそう

たしかに~
KPOPさん、唇赤い人多いかもw

アシスタントさん本人は
長年、J事務所のグループのファンで
KPOPには特に興味がなかったそうですが
リリイベの仕事で舞台を見たら

踊りキレキレ←ダンスが激しいから汗もすごくてメイクさん的には大変らしいです
歌も上手でビックリ

その上、メンバー皆 礼儀正しくて
いい子たち

また仕事したい!って思ったそうですよ~


このまま感性を磨く活動ばかり続くと
ツルツルになりそうなのでw
早めに動いて喋るジョンソクネタお願いしますっ



BS11のHPに
「ああ、私の幽霊さま」ページがUPされたそうです


スポンサーサイト

「ああ、私の幽霊さま」DATVにて12月放送決定



日本で主演ドラマが続々放送される幸せ(*^^)

キム・スルギ"期待していたチョ・ジョンソクとのキスシーン不発、残念だった"

俳優キム・スルギがチョ・ジョンソクとのキスシーンを置いてキムチの汁を飲んだと告白した
 
※キムチの汁を飲んだ=韓国のことわざ「餅をくれる人は何も言わないのに、キムチ汁を先に飲む」
相手の気持ちや考えも考えず、自分勝手な判断で当て込む(期待する)ような意味。
「取らぬ狸の皮算用」

キム・スルギは23日に放送されるKBS 2TV芸能プログラム'ハッピートゥゲザー、でドラマ'ああ、私の幽霊さま'を通じて呼吸を合わせたチョ・ジョンソクにスケベ心を抱いたことがあると告白した。

キム・スルギは"ドラマの中で僕が幽霊だったが、パク・ボヨンお姉さんの体の中に入ってチョ・ジョンソク先輩に会った設定だった。 ボヨンお姉さんがキスシーンを先に撮ったので、ハッカキャンディーを食べながら準備していた"、ゴマ粒のような準備性で笑いを誘った。 さらに、キムスルキは"'もう私が入るね'して口を緩めていたが、監督が撮らなくてもいいとしたよ。 残念だった"、キムチの汁の味で終わったチョ・ジョンソクとのキスについて、苦々しさを隠せず、みんなを抱腹絶倒に作った

そうかと思えば、同日キムスルキとカンハヌルは完璧なキスシーンを向けたお役立ち情報を公開して耳目を集中させた。 キムスルキは"キスシーン前にゼリーや飴みたいな甘い事をたくさん食べる"と明らかにして'ラブリーボス'ダウンさわやかなチップを伝授した。 さらに、カンハヌルは"私は飴よりガムを好む。 りんごの味が出る風船ガム"とし、具体的なブランドにまで言及するディテールを披露し、ユ・ジェソクは"これからりんごガム大変だろう"、品切れ大乱を予想して現場を和ませたという。
http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=21303869&cloc=

幽霊30

幽霊31

幽霊32

ハッピートゥゲザー、3 Happy together Season 3
キム・スルギ、チョ・ジョンソクとキスシーンペパーミント・キャンディーくわえて待ったが不発で残念
20170223

1分34秒くらいから
動画はこちら←クリック


Team.J Twitterより 「3月はジョンソクさま中毒月間」アジドラさん命名

韓ドラDXさんのツイートで知った
アジアドラマチックTV(アジドラさん)のTwitterのヘッダー画像が「ああ、私の幽霊さま」に!


チョ❤️ジョンソク_170222_0355


ちょっと呟いてみました(^^ゞ
チョ❤️ジョンソク_170222_0357



ちゃんと返してくれるところがアジドラさん
チョ❤️ジョンソク_170222_0356

・・・というわけで日本では
「3月はジョンソクさま中毒月間」に決定ですw

tvNのドラマ歴代視聴率順位で見るTOP 10の人気の要因は?

8位にランクインしてます!

以前にも記事に載せましたが
「韓国でのケーブルTVの加入率は75%だそうで←PCで視聴可能なので、実質90%という話も
そこから計算すると
ケーブルテレビの視聴率×1.333=地上波で放送だった場合の視聴率
というのが、1つの目安に…」

ってことは1位のトッケビ20.5×1.333=27.3%
地上波だったら!27.3%の威力です←Mnetでの放送が楽しみ




ケーブルドラマの攻勢が年が経つほど強くなっている。 最近終演したドラマお化けはケーブルドラマ史上最高視聴率で華やかに終了した。 現実感あふれるストーリーとキャラクター、トレンディな構成と映像美でケーブルドラマの最強者の座を維持しているtvN.歴代視聴率順位で調べたTOP10ドラマの人気の要因を分析してみよう。

幽霊さま記事11

1位 トッケビ(鬼)
▶視聴率:20.5%(ニルソンコリア提供)19.6%(TNMS提供)
▶、あらすじ:不滅の人生を終わらせるために、人間の花嫁が必要な鬼、彼と奇妙な同居を開始した記憶喪失症死神。 そんな彼らの前に'鬼神父'と主張する'死ぬべき運命'の少女が現われて行われる神秘的なロマン説話
▶人気の要因:神ウンボク-神ウンスクが会った最高の製作陣とコンユ-イ・ドンウク-キム・ゴウン-ユ・インナなど主助演を選ばない俳優たちの演技力とキャラクターたちのケミで完璧に描かれたドラマ。

※神ウンボク-神ウンスク=2016年大ヒットドラマ「太陽の末裔」と同じ「脚本:キム・ウンスク 演出:イ・ウンボク」コンビの作品のため名前の前に「神」

2位 応答せよ1988
▶視聴率:18.8%(ニルソンコリア提供)18.4%(TNMS提供)
▶、あらすじ:88年度、雙門洞、一つの路地五家族のわいわいコミック家族劇
▶人気の要因:今は薄くなった隣人文化、家族間の愛を描いてしばらく忘れられた私たちの暖かい生活を悟らせてくれた温かいドラマ。

3位シグナル
▶視聴率:12.5%(ニルソンコリア提供)12.8%(TNMS提供)
▶、あらすじ:"私たちの時間は続いている。"過去からかかってきた強い信号(無線)に接続された現在と過去の刑事たちが長くなった、未決の事件を掘り返している!
▶人気の要因:ジャンル物の大家キムオンヒ作家と繊細な演出力の金ウォンソクPDが意気投合した作品。実話をベースにした韓国型ジャンル物で過去と現在を行き来する開かれる緻密な展開で視聴者たちの大きな反響を受けてシーズン2を期待するようにしたドラマ。

4位 応答せよ1994
▶視聴率:10.4%(ニルソンコリア提供)
▶、あらすじ:1994年を背景に、地方の人々の涙ぐましい上京記、バスケットボール大フェスティバルで、ソ・テジと子供たちなどの社会的問題を描いたドラマ
▶人気の要因:芸能出身作家とPDの出会いで話題を集め、8、90年代の懐かしい思い出と郷愁をもたらし、シンドローム的復古ブームを巻き起こしたドラマ。 チョンウ、コ・アラ、ユ・ヨンソク、ソン・ホジュンなどをスター俳優の仲間に参る

5位 また、オヘヨン
▶視聴率:10.0%(ニルソンコリア提供)8.1%(TNMS提供)
▶、あらすじ:"すべては誤解で始まった!"'オヘヨン'という同姓同名の2人の女性と彼らの間で未来を見始めた男'パクドギョン'が未必の故意にお互いの人生に絡み合っていく同名誤解ロマンス
▶人気の要因:現実感にあふれ、事実的なキャラクターで視聴者たちの共感を買い、、'未来を見ることができる能力'の設定でファンタジー的な要素が加味されたドラマ。 俳優ソ・ヒョンジンとエリックの再発見のドラマで重いことができるジャンル物を明るく軽快に描いたこと。

幽霊さま記事12

6位、未生(ミセン)
▶視聴率:8.2%(ニルソンコリア提供)
▶、あらすじ:囲碁が人生のすべてのことだったチャン・グレがプロ入団に失敗した後、冷酷な現実に投げられて起こる話を描いたドラマ
▶人気の要因:同名ウェブトゥーンの原作と高いシンクロ率のキャスティング、職場人の生活と哀歓、苦情を現実味を盛り込んだストーリー、これを感性を持って撮った画面で大きな人気を収集。特に人生の多事多難な峠を囲碁に例えた大使で視聴者たちの共感を高く買い、'共感'の代表のドラマに成長する。

7位 ディアマイフレンズ
▶視聴率:8.1%(ニルソンコリア提供)6.8%(TNMS提供)
▶、あらすじ:"終わっていない。 依然として生きている"と叫ぶ'黄昏青春'らの人生賛歌を描いたドラマ
▶人気の要因:静かな感動をプレゼントするノ・ヒギョン氏の作家の作品で老年の人生を現実的かつ感動的に描いたドラマ。 キム・ヘジャ、コ・ドゥシム、ナ・ムンヒ、ユン・ヨジョン、シング、ジュヒョンなど、一堂に集まること大変な中堅俳優らの出演でさらに話題を収集。

8位 ああ、私の幽霊さま
▶視聴率:7.3%(ニルソンコリア提供)8.0%(TNMS提供)
▶、あらすじ:'私の中に淫蕩な娘の怨霊が住んでいる!'淫蕩な娘の怨霊が憑依した小心な厨房アシスタント'ナボンソン'とナルシストスターシェフ'カンソヌ'が繰り広げるウンクムバルチク憑依ロマンス
▶人気の要因:俳優のパク・ボヨンとキム・スルギの再発見ドラマで、'ポブルリ'という新造語が誕生したこと。チョ・ジョンソクのツンデレ魅力とともに、俳優たちの演技が目立ったロマンス物。


9位 チーズ・イン・ザ・トラップ
▶視聴率:6.5%(ニルソンコリア提供)7.6%(TNMS提供)
▶、あらすじ:"おまえたちは分からないけど、私は知ってると。 あの偽の笑いの裏に隠された先輩のもう一つの顔を…"甘い笑顔の裏危険な本性を隠した完璧なスペクナムと唯一彼の素顔を見抜いた非凡な女子大生のエキサイティングなロマン・スリラー
▶人気の要因:厚いファン層を持つ同名ウェブトゥーンのドラマ作品で、初期には話題を集めたが、後半には男性主人公のユジョン駅のパクヘジンの分量問題、原作と違ったストーリー進行などで視聴者たちの残念さへと最後が出たドラマ。 しかし、現実感のある小道具とシンクロ率の高い俳優キャスティングで人気を得ること。

10位 二度目の二十歳
▶視聴率:7.2%(ニルソンコリア提供)7.0%(TNMS提供)
▶、あらすじ:花の19歳に簡単に子供の母親となって、生きてきてから20年目の彼女'しておこう'の前に二十歳のキャンパスライフが生まれて初めて行われる。 15学番の新人'しておこう'とばかりの二十歳になった友達の精神と疎通を描いた青春回答プロジェクト
▶人気の要因:毎回大きな流れをなす事件が涼しげに展開し、別名'間柄だドラマ'と呼ばれたドラマ。 最近20代の現実とキャンパスの姿を現実感を持って描いており、ヌッカッが大学生であり、妻や主婦、母親である'授ける'役を演じたチェ・ジウの演技に、世代的な共感を引き出すこと。
http://www.sisunnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=47811


あっ
cyurinさん、今日東京に来ま~す
ブログで「週末、私は浮気します(笑)」って書いてましたがwww

あっ
私は、感性を磨く為に←
同じく パク・ボゴム ファンミに参加します←物は言いようwww

このカテゴリーに該当する記事はありません。