FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「あぁ私の幽霊さま」第14話振り返り① 

深夜に14話視聴だけはできて
でもその後、力尽きて寝ちゃっいました^^;


シェフの大活躍で
色々謎が明らかになってきてますが

いや~
なんと言っても
あの4人の
夢の共演!!!←そこ?←うん、そこです!www


★チョ・ジョンソク"幽霊に夢中になったこと認める、「愛嬌がとても」

幽霊14話1

お互いの気持ちを知ったカンソンウ(チョ・ジョンソク)とナボンソン(パク・ボヨン)がブランコデートをした。 ソンウは"その時ここで私とぶらんこに乗った子は君じゃないのか"と尋ねた。

また、"モーテルでクヮルラなって連れて出た子は誰だ。 君の話は躁うつ病だった子が幽霊だったのか"、"今考えて見ると、変化したこと自体が良かったようだ"、本音を打ち明けた。

ソンウは"幽霊に陥っていたのは認定。愛嬌がふぅ"と冗談を渡した。
ボンソンは"その幽霊です。 お姉さんもシェフ好きでした 本当に"と言ったところ、ソンウは"その幽霊も男見る目があるみたいだね"と話した。
http://www.fnnews.com/news/201508152039480865


★'パク・ボヨン幽霊の目撃談、チョ・ジョンソク"この手放さない。怖くてそんなことない"

幽霊14話2

パク・ボヨンがチョ・ジョンソクの前で幽霊を見た。
ナボンソン(パク・ボヨン分)がカンソンウ(チョ・ジョンソク)の前で幽霊の存在を言及する姿が描かれた。
ナボンソンとカンソンウは遊び場ブランコに座って話を交わした。 ナボンソンは幽霊を見てカンソンウにこれを話し、カンソンウは"あなたは一人で見ることがそれをどうして述べだ"と怖くていた。

さらに、カンソンウはナボンソンの手を取りながら"この手の中おくつもりだ。 怖くてそんなことない"と話した。 カンソンウはブランコを触りながら"動いたからである"と何でもないように述べ、ナボンソンは"怖いですか。"と戯れた。
http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=339123


★Oh my ghost'怖くてそんなことないよ'ボンソン(パク・ボヨン)の手を握ったソンウ(チョ・ジョンソク)150815 EP.14



ボンソン(パク・ボヨン)と一緒にやった思い出が封禅のだったのか、スンエ(厶․スルキ)だったか確認をしていたソンウ(チョ・ジョンソク)。ボンソンが幽霊を見たという言葉に驚き、ボンソンの手を捕まえる...


★パク・ボヨン、イム・ジュファン疑い始める

幽霊14話3

パク・ボヨンがイム・ジュファンを疑い始めた。
シンスンエ(キムスルキ)とナボンソン(パク・ボヨン)がチェ・ソンジェ(イム・ジュファン)について話をする姿が描かれた。

シンスンエは"チェ・ソンジェがウンヒ(シンヒェソン)ひき逃げ事件の証拠を隠ぺいしようとした。 警察署で聞いた"と伝えた。 ボンソンは首をギャウトゥン距離でありながら、ソンジェを信じたいというような表情だった。

続いて家に帰ったボンソンはソンウ(チョ・ジョンソク)と電話をしてソンジェについて尋ね、ソンウは"家族のような人だ。 ウンヒもたくさん頼って"と答えた。
http://tenasia.hankyung.com/archives/633093


イム・ジュファン"どこいるの?シンスンエ"

イム・ジュファンが娘の怨霊シンスンエがナボンソンに憑依するという事実に気づいた。 チェ・ソンジェ(イム・ジュファン)がシンスンエ(キムスルキ)ナボンソン(パク・ボヨン)憑依して自分の周囲に現れているという事実を知って考えに浸るシーンが描かれた。

幽霊14話4

チェ・ソンジェは警察署で一人で物思いにふけって"シンスンエがナボンソンに憑依された。 それならこの周辺を流れているということだが、"だとし、"どこいるの?シンスンエ"と目を光らせた。 チェ・ソンジェはそれは自分の机の引き出しを誰か開かれて試みたという事実を知ってもう一度鋭い目つきを見せた。 机にシンスンエのダイアリーがあるという事実に、チェ・ソンジェは何かに気づいた表情を見せて不気味な雰囲気を醸し出した。
http://stoo.asiae.co.kr/news/naver_view.htm?idxno=2015081519295783971


チョ・ジョンソク、キムスルキなく本当のパク・ボヨンに陥った…"息づかいの音を聞いたので、安定になり"

幽霊14話5

チョ・ジョンソクが今度は'本物'パク・ボヨンに陥った。
誤解を解き、再び恋に落ちたカンソンウ(コックピット)とナボンソン(パク・ボヨン)の姿が描かれた。

ソンウはボンソンと別れた後、家に帰ってきて速攻ボンソンに再び電話をかけた。 しかし、返事をして言葉がないボンソンにソンウは"言わないのなら息の音でもマイ。、途切れと思って"と話した。

これに鳳仙は"はい"と答え、ソンウは"息の音を聞いたので、不思議とに安定になった"と笑った。 しかし、ボンソンが何度も言葉がないと、ソンウは"もう話をちょっとして"と対話を試みた。

もちろん、眠っていたボンソンは何も言わなかった。 ソンウは信じられないというように"ナボン。きみ、まさか寝るの? 寝てるの? 寝るの?"と尋ねた後"君、アア"と、一人笑みを浮かべた。
http://www.newspim.com/view.jsp?newsId=20150815000127

Oh my ghost、ヴァンパイアになったパク・ボヨン、ロマンチック撮影現場150814 EP.13

メーキング#20ヴァンパイアになったパク・ボヨン
バンパイアのようにチョ・ジョンソクの首を問うとするパク・ボヨンと茶目っ気たっぷりのままでパク・ボヨンを抱きあげるチョ・ジョンソク。そしてロマンチックな再会シーンが盛り込まれたビハインドメイキング



「あぁ 私の幽霊様」第13話振り返り③&14話予告&~追記~13話フル 

★Oh my ghost'チェ警長不審なものある?'ダイアリを探すために女性警官に憑依した、スンエ(キムスルキ)、リュ・ヒョンギョン特別出演150814 EP.13



スンエ(キムスルキ)は女性警官に憑依してソンジェ(イム・ジュファン)のポジションのダイアリーを再び取り戻したいと思うが...


クァクシヤンがカッコよすぎてファン倍増な予感だったシーン
★クァクシヤン、チョ・ジョンソクに指示"このままパク・ボヨン諦められるのではないでしょう

幽霊13話10

'クァクシヤンがチョ・ジョンソクにパク・ボヨンを放棄しないでほしいと述べた。 イジュン(クァクシヤン)がカンソンウ(チョ・ジョンソク)にナボンソン(パク・ボヨン)を放棄しないと訴える場面が電波に乗った。

同日、放送で料理の家族とビール屋に行ったイジュンとソンウは化粧室の前で出会った。 イジュンは"シェフ、ボンソンであり。 このまま諦められるのではないでしょう?"とソンウに声をかけた。 さらに、イジュンは"いいヤツじゃないですかボン"とし、"私が知っているボンは初めて入ってきた時からいつもシェフだけ見ていました。 器を拭く時にもサービングするときも、休み時間にも"と話した。

さらに、イジュンは"私はシェフ尊敬するが、このままボンを放棄するなら、失望しそうです"と"生意氣な話なの分かりますけど、 私が好きな二人皆幸福したらいいですね"と恭しい態度でソンウに言葉を残した。
http://tenasia.hankyung.com/archives/632330


★チョ・ジョンソク、パク・ボヨンの正体を知るか。。 'パワーブロガー'パク・ボヨン

チョ・ジョンソクがパク・ボヨンの正体を突き止めた。
カンソンウ(チョ・ジョンソク)がナボンソン(パク・ボヨン分)の正体がブロガー'サンシャイン'という事実を突き止めた。 パク・ボヨンは長い時間を料理ブログ運営してきた。 チョ・ジョンソクは'サンシャイン'というペンネームのブロガーを"情緒的な交感が可能だ"、好きだった。

レストランの家族と簡単な飲み会を終えてレストランに付いた部屋に戻ってきたチョ・ジョンソクは偶然にパク・ボヨンの紙を発見した。 チョ・ジョンソクは"これ'サンシャイン'のブログにあった"とし、コンピューターの前に駆け付けた

幽霊13話12

'サンシャイン'のブログを見回っていたチョ・ジョンソクはパク・ボヨンとの過去を思い出した。 チョ・ジョンソクはブログを見回すパク・ボヨンの履歴書を探して外に飛び出した。 チョ・ジョンソクはその道にパク・ボヨンの履歴書に書いてある住所地を尋ねた。 そこにはパク・ボヨンのおばあさんがいた。

パク・ボヨンのおばあさんはチョ・ジョンソクを見て、目に'ソウルの人、料理する人'ということを知って合わせた。 おばあさんはチョ・ジョンソクに向けてのパク・ボヨンの不遇だった過去を打ち明け、目頭を赤くした。 チョ・ジョンソクは過去のパク・ボヨンが暮らしていた家でパク・ボヨンの姿を想像して"君も俺ほど寂しくしてたね"と独り言を言った。
http://www.sportsq.co.kr/news/articleView.html?idxno=71712


★Oh my ghost'その方といっしょに食べた栄光のそば粉'ブロガーサンシャインがボンソン(パク・ボヨン)という事実を知ったソンウ(チョ・ジョンソク)150814 EP.13



ソンウ(チョ・ジョンソク)はボンソン(パク・ボヨン)が自分がファンだったブロガーサンシャインという事実を知ってブログに残された自分との思い出がこもった食べ物ポスティングを見て鳳仙の心を感じるのだが・・・


★パク・ボヨンおばあさん、コックピットに"パク・ボヨン、小さい頃から幽霊といざこざ"

幽霊13話13

カンソンウはナボンソンを訪れ、履歴書を見てナボンソンのお婆さんの家に訪れた。 しかし、ナボンソンはそこになかった。 カンソンウは"近くに来たので、挨拶に来た"と言い訳しナボンソンおばあさんは嬉しい気持ちで"座りなさい"と話した。

カンソンウは"封禅はよく過ごしている"と述べ、ナボンソンおばあさんは"あまりにもに幼い頃から鉄が入って親早く死んで、シャーマンするお祖母さんの下で育っても傷一つしなかった。 私ご飯作って待っていた子だ。 善良に陥ったこと。その血は一つも引き継がなかったらよかったのに。幼い頃から幽霊といざこざを起こして友達もなく育った子だ"と残念がった。
http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=339064


★パク・ボヨンを抱きしめながら再会の喜び"目の前から消えないで"

コックピットとク・ボヨンが愛を確認した。
パカンソンウはシンギョンモ(イ・ハクジュ)を通じてナボンソンがいる場所をつきとめた。 カンソンウはまっすぐナボンソンに駆けつけ、"生きているのか. やっとここな? 私に迎えに来るようにわざわざここにいた乞食"と抱きしめた。
カンソンウは"勘違いするなよ。 君が私のだましたの絶対許してここに走ってきたんじゃないか。 ただあまり心配されて。 心が抱えてほしいとして中はかけないから少しだけ抱いて"と本音を打ち明けた。

ナボンソンも"会いたかったです"と告白し、カンソンウは"鬼があなたに憑依された時よりも前から神経を使ってそうだったと。 まず自分の目の前で消えてくれるな。 心配されて狂ってしまいそうから"と本音を伝えた。
元記事



★Oh my ghost'会いたかったです'ボンソン(パク・ボヨン)とソンウ(チョ・ジョンソク)の再会150814 EP.13



ソンウ(チョ・ジョンソク)はシンギョンモ(イ・ハクジュ)君の家にボンソン(パク・ボヨン)があるという話を聞いてすぐさま駆けつけますが。。。



14話予告
★Oh my ghost「悪い奴にされたみたい。二股でもなく「ゴーストスンエ(キムスルギ)とポンソン(パク·ポヨン)、ソヌ(チョ・ジョンソク)の奇妙な三角関係...150814 EP.14





★Oh my ghost'ウンヒさんひき逃げ事件にチェ警長さんが...'明らかになる真実150814 EP.14




~追記~13話フル 

「あぁ私の幽霊さま」歴代ケーブルドラマ5位…"3話残っている"&第13話振り返り② 

振り返りの前に!

★「あぁ私の幽霊さま」歴代ケーブルドラマ5位…"3話残っている"

tvN金土ドラマ'オ「あぁ私の幽霊さま」が歴代ケーブルドラマの視聴率5位の栄誉を勝ち取った。 まだ最後まで3回分が残っているだけに、、格差が狭い3位と4位をのけ者にする可能性も残っている。

この7月3日に初放送された'「あぁ私の幽霊さま」は10回まで2~3%台の視聴率を維持してきた。 これは先立って1%台の視聴率でtvNクムトグク危機の状況を沼から拾って上げるのに十分だった。 以降俳優たちの熱演ぶり、しっかりした構成などがシナジーを出す、視聴率は再び垂直上昇した。

結局、14日に放送された'「あぁ私の幽霊さま」13回は5.077%(ニルソンコリア、ケーブル基準)という記録を達成した。 これは、先に言及したように、歴代ケーブルドラマを通じて全体5位の成績だ。 現在まで不動の1位はtvN'応答せよ1994'(2013)だ。 10.431%でケーブルドラマの中で唯一10%の壁を超え、当時ケーブルの歴史を新たに書いた。 後を継ぐのは'未生'だ。 '未生~ミセン~'(2014)は莫大な熱風を起こし、8.24%の視聴率を獲得した。

幽霊13話記事

3位と4位は'応答せよ1997'(2012)と'エマージェンシーカップル'(2014)だ。 荒れ地だったtvN金土のドラマを開拓した'応答せよ1997'は5.109%を記録し、当時、みんなをびっくりさせ、新しい試みが目立ったエマージェンシーカップル''は'応答せよ1994'の負担なバトンを受け継ぎ、役目を全うした。 6位占めた'悪い奴ら'はOCNのドラマの中唯一、順位圏に名を連ねた。

放送時期や同時間帯の編成などの影響を受けるほど乗ってドラマと直接比較は不可能だが、'「あぁ私の幽霊さま」が現在の雰囲気だけ維持すれば、歴代3位と4位のドラマの視聴率の壁を超える可能性もある。 tvNのある関係者も"まだ3回分が残り、イム・ジュファンの正体が明らかになる内容が残っている。 最後まで視聴率の上昇を期待してみても良いようだ"と期待を要請した。

チョ・ジョンソクとパク・ボヨンはまたとない'ケミ'を構築し、'「あぁ私の幽霊さま」の人気を牽引している。 現在再び再結合した2人のハッピーエンドは確実視された状況。これから娘の怨霊、スンエ(キムスルキ分)の限度解除する一方、ソンジェ(イム・ジュファン)の悪鬼も切り離すことが興味深く展開されたら、以降、さらに良い成績も期待して見ることはできないだろうか。

もちろん、歴代ドラマ5位に残っていても、tvN金土ドラマの不振をきれいに洗い流した点だけでも、当然拍手を受けて当然だ。 これは以後、ドラマ、特に'応答せよ'三番目のシーズン'応答せよ1988'の負担も緩和し、同時にtvN金土ドラマの期待感も上げる一石二鳥の効果を確実に果たしていたから。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110224727



歴代5位ってすごい!
振り返り②です~

★イム・ジュファン"パク・ボヨンがキ厶・スルキだね"不気味に

幽霊13話5

チェ・ソンジェ(イム・ジュファン)はカンソンウに"だいぶ良くないか。 ボンソン(パク・ボヨン)と"と尋ねた。 これにカンソンウは"義弟は幽霊を信じるか信じないか。 この世の中、幽霊の存在を信じているかと"と聞き、チェ・ソンジェは"ない。 考えてみたことがない"と答えた。 カンソンウは"普段も思っていないな事だ。 ナボンソンがナボンソンではあるが、ナボンソンでないとは"と嘆いた。 警察署に帰ってきたチェ・ソンジェは"ナボンソンがシンスンエ(キムスルキ)だね"と表情を固めた。
http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=339061


★チョ・ジョンソク、パク・ボヨン抱擁し、"私は誰が好きなの?"

幽霊13話6

お酒を飲んで帰ってきたソンウは封禅を呼び、鳳仙に"どうして私に言ったのか? 私になぜ?と聞いて座り込んだ。 さらに、彼は"だましには最後までだましては、今になって明らかにする理由が何かと。 知らぬが薬じゃない。ただ、うつ病なんだそうだったら大丈夫だったんじゃない"と話した。 これにボンソンは"これ以上シェフを欺くことができなくて"と述べ、ソンウは"なぜ?"と大声で叫び、"どうして争えないが、これまでうまく欺いてきたじゃん。 幽霊か何なのか区別もできない私見ながら楽しかった?"と尋ねた。

ボンソンは"いいえ、シェフ。本当にそんなんじゃないです"と否定し、ソンウは"やばいナボンソン"とし、ボンソンを集めずた。 さらに彼は、"私は誰が好きなんだけど、君を好きになったのだ、幽霊を好きなの? 何故そうしました、一体何故?"と聞いており、ボンソンは"好きだからです。。 大好きなんです。 初めて見たときからシェプがとても良くて…。 そうでも私のそばに置いておきたいからです"と心を告白した。 これにソンウはボンソンを中は腕を解いて後退、"どうも僕に時間がちょっと必要そうだ。 入って休んで"と述べ、席から消えた。
http://tenasia.hankyung.com/archives/632289


★Oh my ghost'私は誰が好きなんだ?'自分が誰を愛したのか混乱のソンウ(チョ・ジョンソク)の涙150814 EP.13



ソンウ(チョ・ジョンソク)はボンソン(パク・ボヨン)に自分が誰を好きだったのか混乱と涙を見せたが・・・


★パク・ボヨン、憑依後悔。チョ・ジョンソクのそば離れた

ナボンソンの幽霊憑依事実告白後カンソンウは混乱している姿を見せ、"時間をちょっと持つと"と告白した。

幽霊13話7

ナボンソンはカンソンウの、苦しんでいる姿に胸を痛め、"シェフさん私が悪かった"、憑依を許可した自分の選択を後悔した。 ナボンソンはすぐに荷物を整理したが、夜中にサンレストランを去った。
その翌日、ナボンソンが出勤しないとサンレストランの職員たちはナボンソンを心配し始めた。 カンソンウはナボンソンが務めていた屋上部屋を訪れ、ナボンソンが去ったことを知って、表情を暗くした。
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201508142029565810



★キムスルキ"もしかしたら'娘の怨霊'ないかも"疑い

幽霊13話9

シンスンエ(厶․スルキ)は、父シン・ミョンホ(イデヨン)の家で横になっているナボンソン(パク・ボヨン)の姿を発見した。 シンスンエは憑依後カンソンウ(チョ・ジョンソク)と思い出を作ることができてありがとう、とナボンソンに"私たちがそんな話する時間ない。 緊迫したことができた"と話した。

さらに、シンスンエは"あなた車にはねられたのチェ警長様ことだ。 チェ警長様、人目についてはよくないから君もよほどでなければ外に出ないで"と注意を与えた。 以後、チェ・ソンジェ(イム・ジュファン)について調査すると出ていたシンスンエは"ナボンソン、多分私の限り処女で死んだのではないかもしれない"と言い、自分が'娘の怨霊'がないかも知れないと疑った。


★イジョンウン、キムスルキに"一応日記盗み取りなさい。 それが急務"

幽霊13話11

シンスンエ(キムスルキ分)がチェ・ソンジェ(イム・ジュファン)をチェックする姿が描かれた。シンスンエは体が弱いカンスンギョン(リュ・ヒョンギョン)に憑依、チェ・ソンジェの隣に近付いた。

シンスンエはこの時、チェ・ソンジェが開く引き出しから自分の日記を発見した。 しかし、チェ・ソンジェは引き出しにかぎをかけてシンスンエは見られなかった。 シンスンエはソビンゴ(イジョンウン)と会ってダイアリーについて尋ねた。 これにソビンゴは"覚えてないか"と尋ねられたが、シンスンエは"分からない。 水の中で苦しんだものにして歌声の外に覺えてない"と話した。 ソビンゴは"いったんその日記や盗み取るなさい。 それが急務"と話した。
http://www.starseoultv.com/news/articleView.html?idxno=339063

「あぁ私の幽霊さま」13話振り返り① 

★チョ・ジョンソク、パク・ボヨン憑依告白信じなかった

幽霊13話1

憑依を理解していないソンウ(チョ・ジョンソク)に、スンエ(キムスルキ)の存在と正体を知らせるボンソン(パク・ボヨン)の姿が描かれた。 ソンウを虜にしたのが自分ではなく、スンエであることを悟ったボンソンが結局、憑依を告白した。

これにソンウが戸惑うのも当然だ。ソンウは隠しカメラか聞いており、信じられないという反応を見せた。 だけでなく、ソンウは"お前今私と何をしようというんだ。 お前の目に幽霊が見えて私が憑依された鬼と一緒に過ごしてスキンシップもしてそうだったの?"と浴びせた。

その一方で、ソンウは憑依告白を離別宣言と受け止め、"むしろシナリオを使わない、それを信じろと? もし心変わったの? 別れたくてペテンしているの?"と憤った。 結局、ボンソンは"そんなんじゃないです"と釈明して、スンエの正体を知らせた。 それにもソンウは依然としてボンソンの告白を信じていない状況。ソンウとボンソンのロマンスに暗雲が立ち込めた。
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=765766


★キムスルキ、イム・ジュファン悪鬼疑い"一体なぜだろうか

幽霊13話2

チェ・ソンジェ警長(イム・ジュファン分)の正体について疑うシンスンエ(キムスルキ)の姿が描かれた。
先立って、チェ巡査長からナボンソン(パク・ボヨン)を救ったシンスンエは"チェ警長が、なぜだろう。 ナボンソンになぜ?"とチェ巡査長の正体について悩み始めた。

さらに、"そういえば私がチェ警長さん行ってシンスンエが自殺したことが確実かと検討してほしいと依頼した"といぶかった。
これにソビンゴは"そうだったがナボンソンを殺そうとしたと?"と"チェ警長は、最初から釈然としなかった。 社主も今の姿と違った"、"もしかしたらチェ警長というさあ悪鬼が憑いたのかもしれない"、疑った。
http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201508150100152340010598&servicedate=20150814




★チョ・ジョンソク、パク・ボヨンに"治療すれば良くなる


チョ・ジョンソクがパク・ボヨンの憑依を精神病と誤認した。 14日に放送されたtvN金土ドラマ'オ私の鬼さん'で、ソンウ(チョ・ジョンソク)はボンソン(パク・ボヨン)の憑依告白を信じられない姿を見せる。 悩んだ末にボンソンを連れて出たソンウ。 二人が向けられた場所は精神病院だった。

幽霊13話3

彼はボンソンの告白を言葉もなれないうそとこき下ろし、精神病と考えられる。 彼は"治療すれば、なる"と話す。 これを否定するボンソンに彼は"私の精神なく人が認定するのを見たの"と彼を問い詰める。 これにボンソンは"信じがたいも信じなければならない。 28年をそんなに暮らした。 おばあさんが巫女であり、その血が私に流れる。 それが私の現実だ"と述べた後、席を離れた。
http://star.mbn.co.kr/view.php?no=783016&year=2015&refer=portal


★チョ・ジョンソク、パク・ボヨンの前でキムスルキ手感じた

幽霊13話4

チョ・ジョンソクは幽霊が見えるというナボンソン(パク・ボヨン)の話を続けて信じなかった。 以降ナボンソンを追って来たカンソンウは"お前の話が正しいと仮定してみよう。 お前は本当に特異なエコの怨霊が見せることがある。 披露できるとして。不思議なこと多いから。 それでも私は幽霊か何か自分の目で見なくては信じられない"と話した。

ちょうどナボンソンのそばにシンスンエ(キムスルキ)が来ており、ナボンソンは虚空を眺め、"私が全部話しました"シェフに"と告白し、シンスンエは"なぜ?何で?"と困惑した。 ナボンソンは"嫌いで。 シェフがお姉さん(スンエ)と私と混同しているの、もう嫌"と説明した。

これを見てカンソンウが"何言ってんだ"と困惑しとナボンソンは"ここに来ています。 この前に申し上げたその幽霊さんでありここに来ているんですって"と打ち明けた。 スンエは椅子を動かした。 以降カンソンウの横に近づき、カンソンウのほおを触っとした。

幽霊の手を感じたカンソンウはびっくりして体を避けた。 以降カンソンウは"知らなかったんだ。幽霊に勝手に使われたのだから知らなかったんじゃない"とナボンソンの心を信じてみようとした。 しかし、ナボンソンは"最初は知りませんでした。 覚めてみると、憑依になっていて。 ところがその後には私が承諾しました。 私の体に入って来てもいいと"と話した。
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1439553170961437002



★Oh my ghost'ここに来ています'、スンエ(キムスルキ)の存在を感じるソンウ(チョ・ジョンソク)150814 EP.13



ボンソン(パク・ボヨン)を信じないソンウ(チョ・ジョンソク)に、スンエ(厶․スルキ)は、自分の存在を感じさせてもらえますが・・

このカテゴリーに該当する記事はありません。