見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

SG WANNABEイ・ソクフンのミュージカル挑戦

SG WANNABE(えすじーわなびー)=2004年デビューの韓国3人組歌手グループ

メンバーのイ・ソクフンミュージカル初挑戦の記事に
チョジョンソク登場です

記事から抜粋です

イ・ソクフンは誰よりも忙しい2017年を送った。 アイドル研究生サバイバル・プログラムであるMnet<プロデュース101>に練習生たちを教える'ソクフン先生'で、4年半ぶりにアルバムをリリースした'ソロ歌手'で、チケットオープン1分ぶりに単独コンサートを邁進させた'公演の帝王'、休まず走ってきた。 本人も過去10年の間にやって見なかったことを昨年1年の間に使いしたようだと言ったほど。 彼に、昨年は毎瞬間、挑戦の連続だった。

今年もイ・ソクフンの挑戦は続けられる。 1月31日に幕を上げているミュージカル<キンキブーツ>で主人公'チャーリー・'役を演じた。 これまでミュージカル提案を何回も受賞したが、<キンキブーツ>を初の作品として選んだ。 初めてという理由で作品に迷惑にならないために、練習初日から台本をまる暗記して行った。 そんな努力のおかげだろうか。 オリジナル演出家であるジェリー・ミッチェルは、来韓した当時、イ・ソクフンに"I love him"という賛辞を残した。

―映画やドラマを見ながら演技する際に参考にしたいと思うようになった俳優がいますか。
私が引き受けた'チャーリー・'という役割が真剣ときは、真剣でも自然で素朴な姿を持っているんですよ。 チョ・ジョンソクさんに自然な演技を学ぶことができないかと思います。 ファンなんです。(笑)

http://woman.chosun.com/client/news/viw.asp?cate=C01&mcate=M1002&nNewsNumb=20180260220


SG WANNABEで検索して一番視聴回数が多かったのがこちら


「SG WANNABE」は以前から知ってはいましたが
イ・ソクフンをきちんと認知したのが
(この場合イ・ソクフン先生ですがw)
こちら
プロデュース101シーズン2のボーカルトレーナーとしてでした

時に厳しく
時に優しく
ダンスの先生が体育会系でビシバシなのに対して
歌ということで、優しく緊張をほぐすように指導する姿が印象的でした

ソクフン先生が当初
「君は歌に向いてない」と言ったアンヒョンソプの歌声を聞いて
うまくなったとほめてます


いや~ソクフン先生がチョジ・ョンソクファンだったなんて←もう知り合い気分www

アン・ヒョンソプは最終20位内に残ったものの
Wanna Oneには選ばれず…
でも、同じ事務所でプロデュース101に出ていた
イ・ウィウンと2人でユニットを組んでデビューしました



ちなみに
私の姪っ子=高1はイ・ウィウン君と結婚したいと言ってますw

あっ
イ・ウィウン君はインタビューされる度に
ロールモデルはチョ・ジョンソクと答える
センスいい子です

スポンサーサイト

チョ・ジョンソク、文化の倉庫と契約終了…大型FA出た '業界注目、最高潮'

俳優チョ・ジョンソクが芸能界FA市場に出た。

所属会社文化倉庫側は15日"私の文化倉庫は俳優チョ・ジョンソク氏との契約満了を控えて議論した末にマネージメント業務を終了することで合意した"と明らかにした。

文化倉庫は"この2015年から党本部と共にしながら俳優として素敵な姿を見せてくれたチョ・ジョンソクさんに心から感謝申し上げ、今後も映画やドラマだけでなく、公演の舞台など、さまざまな分野で活躍する俳優チョ・ジョンソクさんの将来を応援する"と"これまでチョ・ジョンソクさんを愛してくれたファンの方々に感謝の言葉を伝えながら、変わらない愛と関心を送ってくれてほしい"と付け加えた。

チョ・ジョンソクは文化倉庫との契約終了で芸能界FA市場に出ており業界の大きな注目を受けている。チョ・ジョンソクは主演級の男優がないドラマ市場にしっかりした演技力と大衆性を同時に取り揃えた人物で、多くのドラマのラブコールを受けている俳優の一つだ。 さらに、ドラマだけでなく、ミュージカルでも観客動員率1位を占め、チョ・ジョンソクのFA登場は業界で最も大きな関心を受けているという。
http://m.entertain.naver.com/read?oid=404&aid=0000202930

前回の移籍時に名前が出た事務所←噂レベルです
があるんですが…
今回どうなるのか…

塩対応で苦労した事務所と
少~しお近付きになれたのに
さよならするのはちょっと残念ですが
ジョンソクさんが、よりよい活動ができる環境へ
ステップアップできたらいいですよね

文化倉庫側"チョ・ジョンソクと契約満了、相変わらず応援する"

俳優チョ・ジョンソクと所属会社文化倉庫が契約を満了した。

文化倉庫は15日午前、公式報道資料を通じて"俳優チョ・ジョンソク氏との契約満了を控えて議論した末にマネージメント業務を終了することで合意した"と明らかにした。


さらに、"2015年から当社と共にしながら俳優として素敵な姿を見せてくれたチョ・ジョンソクさんに心から感謝申し上げている。 これからも映画やドラマだけでなく、公演の舞台など、さまざまな分野で活躍する俳優チョ・ジョンソクさんの将来を応援する"とあいさつした。

文化倉庫

最後に"これまでチョ・ジョンソクさんを愛してくれたファンの方々に感謝の言葉を伝えながら、変わらない愛と関心を送ってくれてほしい"は言葉を伝えた。

一方、チョ・ジョンソクは最近終演したドラマ'トゥカプス'で刑事チャドンタク役で1人2役を完璧に消化した。 また、男優のソン・ガンホ、べ・ドゥナ,イソンミンらと呼吸を合わせた映画'麻薬王'(監督ウミンホ)の封切を控えている。

『こんにちは 文化倉庫です。

私の文化倉庫は俳優チョ・ジョンソク氏との契約満了を控えて議論した末にマネージメント業務を終了することで合意しました。

この2015年から党本部と共にしながら俳優として素敵な姿を見せてくれたチョ・ジョンソクさんに心から感謝申し上げ、今後も映画やドラマだけでなく、公演の舞台など、さまざまな分野で活躍する俳優チョ・ジョンソクさんの将来を応援します。

これまでチョ・ジョンソクさんを愛してくれたファンの方々に感謝の言葉を伝えながら、変わらない愛と関心を送ってください。』

http://sports.mk.co.kr/view.php?year=2018&no=108296

リュジュンヨルXコン・ヒョジンXチョ・ジョンソク「ペンバン」で一つになる「歴代級組合」

ペンパン1

※「ペンバン」=「뺑반」= 경찰 뺑소니 사고 처리반=警察ひき逃げ事故処理班を縮めた言葉

リュジュンヨル、コン・ヒョジン、チョ・ジョンソクが映画で1つになる。

1日、映画界によると、リュジュンヨル、コン・ヒョジン、チョ・ジョンソクは最近、映画'ペンバン(ハン・監督)'出演提案を受けて前向きに検討中だ。

コン・ヒョジンは事実上出演を決めており、チョ・ジョンソクも肯定的に検討して、リュジュンヨルも提案され数多くの作品の中で一作で検討しているが、特別な異変がなければ、出演を確定するものとみられる。

'ペンバン'は警察ひき逃げ事故処理班で経験する話を扱った映画だ。 'チャイナタウン'ハン・ジュンヒ監督が披露する新作と忠武路の期待を一身に受けている

これでコン・ヒョジン、チョ・ジョンソクはドラマ'嫉妬の化身'以降、スクリーンでもう一度、呼吸を合わせるようになっており、リュジュンヨルまで合流し、歴代級キャスティングを完成した。

ペンバン'は主要キャスティングを終え、来年上半期クランクイン予定だ。

http://entertain.naver.com/read?oid=241&aid=0002725247

。。。と、記事が出ましたが
これまた検討中とか
そういう後続記事が出そうな予感(;^_^A

俳優ソン・スンウォン インタビューにチョ・ジョンソク登場

これまでも
登場したことありました
ソン・スンウォン

2014/07/23 ←もう既にTwitterに興味無くしてた時←左側の人が、ね
TwitterにUPしてくれるというファインプレー
ソンスンウォン

「ブラッドブラザーズ」ファイティン久しぶりジョンソクひょんと会うことができていい


10/28のインタビュー記事で

Q:もしかして似ているという俳優を聞いた事ありますか?

A:うん。。私が思ったわけではないが、多くの方々がソン・ジュンギ先輩似ているという話をして、たまに記事があるたびに、恥ずかしくて光栄です。 さらに、同様の会社の先輩恥ずかしいですね。 ハハ

あ!そしてに青春時代2が放映され、リアルタイムコメントを見るときがあるが、たまに、何人かの方たちがチョ・ジョンソク先輩と似ているとしました。 尊敬する先輩を外形的なのではなく、演技を似ているとしてくださって聞くたびに光栄で、すごく気持ちが良いですね。 ハハ(この話をチョジョンソクさんに聞いて欲しいです。)

http://www.sisunnews.co.kr/news/articleView.html?idxno=68106

ソン・スンウォンさん
ジョンソクひょんがかなり好きとみました

ドラマでは
「町の弁護士チョ・ドゥルホ」
「君を憶えてる」=チェ・ウンボク(特殊犯罪捜査チーム捜査官)
「ヒーラー」
などに出演


ミュージカル出身の俳優さんで
へドウィグにも出演してますが
デビュー作が「春のめざめ」

2016年3月のインタビューでもジョンソク兄さん登場してます

20歳の時ミュージカル「春のめざめ(英題:Spring Awakening)」でデビューした。
出演者の中で僕が一番年下だった。意外かもしれないが、僕は「ヘドウィグ」で人気を集めた(笑)着実に作品に出演して上まで上がってきた。でも、デビュー作品である「春のめざめ」ではアンサンブルだった。その時、いつも後ろに立って主人公がどう演じるかを見守りながら研究した。あ、一緒に公演した先輩全員が芸能界で有名になった。チュウォン兄さん、チョ・ジョンソク兄さん、キム・ムヨル兄さん、カン・ハヌル兄さんなど同じ作品でこんなに多くの人が上手くいくことは珍しい、ハハ。そうやってミュージカルで始めた後、様々な分野で活動してみたくてドラマにも出演するようになった。

このカテゴリーに該当する記事はありません。