見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'ヘドウィグ:ニューメイクアップ'演出が明らかにした'5人5色のヘドウィグ・シュミット'

ヘドウィグ・シュミット=ヘドウィグのフルネーム。東ドイツでの名前はハンセン・シュミット

ヘドウィグ演出家へのインタビュー記事です

ザ・ファクト|、キム・ギョンミン記者]ミュージカル'ヘッドウィーク:ニューメーキャップ'は一度見た人も多いが、また、見る人、別名'回転ドア観客'(再観覧観客を指す言葉)を量産する作品として挙げられる。 1998年オフブロードウエーで初演されて長い伝統を持っており、国内観客とももう11年を一緒にしながら広く名声を知らせた。 しかし、何よりも、観客の足を引っ張る中毒性、また見たくなるような力は見るたびに新たな解釈を残すそのまたは彼女のヘッドウィークにある。

ヘッドウィーク'は主人公のヘッドウィークの'ワンナイト・オンリー・'(One Night Only)限定版公演コンセプトで行われる。 'ヘッドウィーク'舞台にはヘッドウィークとイチュハク、アングリーインチバンドが上がるが、話は'電池的ヘッドウィーク時期'で展開する。 性転換手術に失敗して愛に心を痛めて人に傷ついた彼の話を聞きながら笑って泣いてみると、インターミッションのない130分をずっと通り過ぎる。

特にヘッドウィークの1人の極に近いだけに、その役を演じた俳優の色によって、公演それ自体が新しくなることができる。 同じ俳優の'ヘッドウィーク'でも即席アドリブや話を率いる雰囲気、ナンバー消化力によって毎回感じが変わる。 公演前半から後半に移り、構成と内容が整備されたりもするために'小さな'変化を探して見るのも一つの観戦ポイントだ。

ヘドウィグ記事32

'ヘッドウィグ:ニューメーキャップ'は、チョ・スンウ、チョ・ジョンソク、チョンムンソンのユン・ドヒョン、ピョン・ヨハンなど、華やかなラインアップを立ち上げ、公演前から大きな関心を受けた。 基本的に起承転結の流れの枠組みはあるが、キャラクターに俳優の性向が反映されたため、5人の俳優はそれぞれ違ったヘッドウィグを描く。
<さらにファクト>は最近、'5人5色'ヘドウィックを最も近くで見守った'ヘッドウィーク:ニューメーキャップ'演出家ソンジウン(32)監督に会った。 彼から舞台に上がる前はヘッドウィグと頭を悩ませた悩みや努力、これを通じて表現したかったヘッドウィグは誰なのか少し聞いてみた。 もちろん、観客が見て感じて思ったヘッドウィグが正解ということが前提だ。

ヘッドウィーク'は俳優指向そのものが確認されるミュージカルだ。 まず俳優たちのスタイルを知っていて、彼らも私を知っているからリズムに合わせるのが楽だった。 信頼を与える、俳優たちに力をたくさん乗せてあげようとした。 プロジェクト自体が新しい感じですので負担感が無かったけれど、お互いに'ウシャウシャ'しながら作業した。 すべての俳優やスタッフに感謝な部分だ。

ドラマが他のことはない。 ところが、公演それ自体が変わったのが決まった形式どおりしなければならないのではない。 ヘッドウィークが'私の人生はこうだった'と観客に効果的に伝達することが重要だ。 どこでどのような形で公演してもそれが面白ければ'OK'だ。"
(中略)

ヘドウィグ記事33

チョ・ジョンソクも同様にこの2011年'ヘッドウィグ'以降5年ぶりに帰ってきた主人公だ。 'ミュージカル界のアイドル'として浮上した彼が'ポドゥウィク'(白い肌のために得たあだ名)で舞台にカムバックし、爆発的な歓呼を受けた。
彼は、しっかりした演技力に先立ち、ヘッドウィグとして築いた実力まで加えて忘れられない余韻を残す。 ユーモラスなセリフで笑いを破れるようにしても一瞬に涙を流させ没入力を引き出す。 泣くよりは笑うことを選択したヘッドウィグそのものだ。

'ヘッドウィーク'ナンバーとシナジー効果を出す声と歌唱力は感嘆をかもし出す。 ここに女性信徒が薄くなる美貌を完成して観客の目にちらちらする。 アドリブのようだが、'回転ドア'を回るほどアドリブがなく台本ということに気づいた時、新鮮な衝撃も与えている。

ポドゥウィク'は、俳優たちの中で最もアドリブなくちょうど決まったことだけしている。 さらに、毎回ランニングタイムも同じように出ている。 その中でも観客を思うがままにうまい。 観客も集中できる時間の限界がありますのでそれを守ろうとする計算が徹底的になっているようだ。 本当に良い俳優だ。 ヘッドウィークに共感して観客と呼吸を逃さない。 特に本当にきれいだ。 楽屋で所掌するのを見ながら、いつも'あ、本当にかわいい'いう言葉が出ている。"

(以降略)
http://news.tf.co.kr/read/entertain/1639856.htm

スポンサーサイト

ヘドウィグ インスタより

週末次々にUPされたインスタとまとめて~

2013、2014とヘドウィグを演じているソン・スンウォンと
ヘドウィグインスタ26
luvssw160529 Twitter&Ig update
@like2sw:ジョンソク兄さん最高。 見ながらずっとドキドキ。うずうず。


土曜の公演でお見かけして
その時は、宝塚の男役のようないでたちでした
メイク関係の方のようです
ヘドウィグインスタ27
dalim0728
昨日、挨拶申し上げる事ができなくてきたのがかかって。
今日の挨拶をしてきたこと~
昨日来ていないかながら(笑)
スンベニム~お兄さん様よ
その舞台化粧して再撮りだめです(笑)。
マッコン(最後の公演)までお疲れでした~
ドラマもファイト!!😀


シースルーのマタニティー姿をロビーでお見かけしました
ラジオDJなどされている方だそうです
ヘドウィグインスタ28
anney_an_love
キャッ
#ポドゥウィク最高!! #今日マッコンを招待してくれた
#ハンサムで真面目で優しくて素敵な
#チョ・ジョンソク
#最高󾮗󾮗
#ヘッドウィークニューメーキャップ
#Musical
#臨月妊婦配慮


メイクさんと
ヘドウィグインスタ29
j___iny
ポドゥウィクさようなら...💦#ヘッドウィーク#ポドゥウィク#チョ・ジョンソク#メーキャップ#最後の扮装#残念なさい#ドラマで#会いましょう


ヘドウィグインスタ30
youidojh
で、驚いて録音室でコックピット俳優さんと~

いってきます!

おはようございます

雨降ってますけど?w
空港に送ったスーツケースの中にも
折りたたみ傘入れちゃったので
傘2本持ってソウル行きますw

土曜日と日曜の最後の公演
お留守番組の皆さまの分もよ~く観てくるつもりで
行ってきます!

ヘドウィグ インスタより

記事にもなっていました
"誰がより綺麗か"…チョ・ジョンソク、チョン・リョウォン、ソン・ダムビと美貌対決

ヘドウィグインスタ24
xodambi
完全におもしろいたヨン#ヘッドウィグ#チョ・ジョンソク


そして
昨日はやっぱりイムツハクと!←イムジナ+イツハク
ヘドウィグインスタ25

私達はすべての境界、だから愛そう

今日はポドウィグ39回目の公演
イムジナさんとは最後の共演です
あと残すところ2回…


最後の公演を前に
ミュージカル作品「ヘドウィグ」のストーリーに絡めて
韓国での記事がUPされていました


ヘドウィグ記事26
(▲自他共に認める名不虚伝、チョドゥウィグが<ヘッドウィグ>に再び戻った。 チョ・スンウその名前三字だけの重さでも舞台を一杯に満たすその。どうしてそのように彼の公演に恋いこがれいるか気になるなら、'チョオンニ'のフォースを直接感じてみばいい)

私は記憶して。
二つに分かれた後、お前は私を見て私はあなたを見たよ。
貴方の魂果てしなく漂うその悲しみ。それは私の悲しみ。
それは苦痛。それは愛。
そうなの私は再び一体となるため、お互いを愛して。
それは悲しい話、半分のなって寂しくなった我々のその話。
"-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.03'オリジン・オブ・ラブ(Origin of Love)'中で


プラトンの「饗宴>から取ったミュージカル<ヘドウィグ>ナンバー「オリジン・オブ・ラブ」は、愛の起源をこう説明する。私たちは、本来一つだった。一つとして完全な私たちを神境界で割れておいた。ゼウスは雷はさみで頭二つ、腕四本、足犬だったおひさま、お月様、お星様の子供を裂いた。私たちは、その失われた半分を満たす完全な一つになるとき、それにようやく、自分が誰なのか知ることができるようになる。私として存在することができるようになる。私わたし作ってくれるのは私ではなく、あなたです。ミュージカル<ヘドウィグ>の中のヘドウィグは、その「あなた」を見つけて、一生を迷った人物である。


ヘドウィグの誕生

ヘドウィグ記事27
(▲親切なチョオンニ渇望は喪失から来ている。 愛という感情が不在または不足から来たら、私たちが失ったのは一体何だろう。 人物の転写を類推することは容易ではなく、ストーリーが明快に迫るものができないのが<ヘッドウィーク>の短所だが、チョ・スンウはこの余白を自分だけのアドリブや演技で埋める。 彼は、利口な俳優であり、観客のためことができる良い俳優だ)

ソウル大学路の弘益(ホンイク)大学アートセンター大劇場で公演中のミュージカル<ヘッドウィグ>は愛に関する歌だ。 しかし、ヘッドウィグの愛は平凡ではない。 ヘッドウィークが平凡ではないから。 ヘッドウィグの本来の名前はハンセル。、ベルリンの壁が誕生する日、彼が生まれて、偶然に東から生まれた彼は、抑圧された空間に閉じ込められていた。 お父さんに性的暴行を受けて、捨てられた彼に初めて手を差し出したのは、米軍のルターだった。

米国は自由を、男根は快楽を意味した。 ルターが渡した甘い欧米・ベアに酔って、ハンセルはルターが自分の半分であると思った。 それで性転換手術まで敢行している。 彼の性器を切り取り、新たに作られた割れ目から血が殺到した。 それはハンセルの人生初の生理だった。 そして最後の生理だった。 隙はされ、6インチのペニスで5インチを切って残った1インチの正体不明宍むらだけが残った。

"運命の守護天使わき見をするとき、私の性転換手術は改版されて切り分けた肉むら跡残して。
残ったのは、アングリーインチ。
お母さんが作ってくれた偽の胸、恋人が作ってくれた偽のパスポート、医師がしてくれた偽の転換手術。
もともとペニスがあった場所、女性のそれもないのが一インチの宍むら。"
-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.04'アングリーインチ(Angry Inch)'中で


米国に渡ったハンセルに帰って来たのは何もなかった。 ベルリンの壁が崩壊した日、ルーターはハンセルを捨てた。 ハンセルに残ったのは偽パスポートと偽の胸そして腹が立った1インチの宍むらだけ。その残酷な過去を捨てて新しい人生を生きるために、ハンセルはかつらと化粧そしてロックを選ぶ。 ヘッドウィーク誕生の瞬間だ。

半分割れる時

ヘドウィグ記事28
(▲正統ロッカーの力、ユンドゥウィク2016ミュージカル<ヘッドウィグ>に合流したユン・ドヒョン、様々なミュージカルに挑戦してきた彼だが、やはり一番よく似合うのは本業に最も近い<ヘッドウィグ>に合流した時だった。 まだ演技においては若干の名残を残しが、歌だけは誰も追従できない。 特にカーテンコールの時のフォースはすべてのヘッドウィークの中でもトップに数えるほどだ)

ヘッドウィグがなったハンセルはバンドをつくって歌う。 そしてそんな彼に一人の少年が近づいてくる。 トミー。ヘッドウィグはトミーに愛を感じてそれで音楽を教えてくれる。 トミーもそのようなヘドウィックを愛している。 いや愛した。 2人が口を合わせ、その正体不明の宍むらをばれ前までは。ヘドウィグは自分の一部であるその肉まで愛してほしいと哀願するが、トミーはそのようなヘドウィックを受け止めることができなかった。 驚いてトミーは逃げて、ヘッドウィークはまた、捨てられた。

もっとかんしゃく玉が破裂するのは、トミーがとても有名なロックスターになったという点だ。 ヘッドウィグが教えてくれたおかげで啓発することができた音楽的才能をもとに、ヘッドウィークが作曲した歌をまるで自分が書いた曲のように装って通いながら言葉だ。 ヘドウィグはロックスターになったトミーを追いかけ、トミーがコンサートを開くその近くの公演場を借りて歌う。 トミーがコンサートの時にたとえ自分の話をするどうか耳を傾けて聞いて、自分が作曲した歌をまるでトミーが書いた曲であるかのように紹介するときにはうずたかくでしゃばる。

ヘドウィグ記事29
(▲トミーを演技するポドゥウィク偶然再会したヘッドウィグとトミー。自動車での密会、交通事故、そして知らぬ存ぜぬ。再び会った時、トミーは、はっきり悟りました。 ヘッドウィグが自分にどんな存在なのか。 歴代ヘッドウィグのうちチョ・ジョンソクのヘドウィックを'最高'と言うのは難しいが、チョ・ジョンソクだけの'特別な'ヘッドウィグであることは明らかだ。 チョ・ジョンソクが理解して吐き出すヘッドウィグには、チョ・ジョンソクだけが表わすことができる奥妙な魔性がある。)


しかし、事実トミーも知っていたはずだ。 ヘッドウィグの片っぽ自分にあり、自分の半分もヘッドウィグであることを。。。あの時はとても不慣れのため、認めること難しかったですが、彼は一度もヘッドウィグの存在を忘れたことがない。 彼が、数多くのファンの前で先にヘッドウィークの話を持ち出したのもそのためだった。 ヘッドウィグがつけてくれた曲の歌詞を変えて、ヘッドウィグのための歌を歌う。 どこかでヘッドウィークがちゃんと聞いているだろうと信じながら、彼の告白が舞台の上を鳴らす。

"許して。、私は知らなかった。私はあなたより子供だった。
とても大きくて特別な女も男でもない不思議な神の創造物のような貴方。
残らずすべてを与えて暖かい温もりを吹いて冷たい都市を溶かした美しい君。"
-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.11'(Wicked little town)Reprise'中で


トミーの歌を聞いたヘッドウィグはドレスを脱ぐ。 胸の代わりにつけていたトマトをすりつぶしてしまって、裸でマイクの前に立つ。 彼の象徴とも言えるかつらまで脱ぎ捨てたまま。そして、自分を向かって歌する半分の、トミーがいる舞台の壁に向かう。 光があふれているドアの外に、真っ裸にかけていく。

鬘を取る

ヘドウィグ記事30
(▲ムンドゥウィク、深さのある演技、大学路でしっかり内攻を取得してきたチョンムンソン俳優が今回の<ヘッドウィーク>に一緒にした。 チョンムンソンのヘッドウィグにはチョンムンソンだけの深みのある演技が目立つ。 <キャンパス・シネ21>とのインタビューで明らかにしたように"全体が感じられる演技"をする。)

事実のヘッドウィークにかつらは避難先だった。 かつらだけ付ければ"美人大会の女王様"利子"映画の中の上げた髪お姫様"になったから。 トミーは彼女を歌った瞬間、これ以上は付け毛なんかは必要がなかった。 そんなにかつらを脱いで投げる瞬間、ヘドウィグは本当にヘッドウィグになる。

手術に失敗したトランスジェンダーだったヘッドウィグはただ一人の人間ではなく"東と西、束縛と自由、男と女、上と下"にある境界人だった。 彼が歩いていく姿に私たちが込み上げてきたのは、事実私たちは皆も境界人の性格を持っているためだ。

だから私たちも愛しましょう。 嫌悪と憎悪が横行する世の中で、私たちがしなければならないのは韓国より弱い誰かに嫌悪を浴びせるのではなく、やっぱり韓国のように不完全な半分を抱えてお互いに愛するのだから。 そんなに一つになって、完全な自分になるのだから。 ヘッドウィグのように。

ヘドウィグ記事31
▲五お姉さんたちの<ヘッドウィーク>ポスター、ベルリンの壁は嫌悪と憎悪の象徴だった。 しかし、その象徴でも、崩れてしまった。 ヘドウィグは愛だ。 この3月1日、ソウル大学路の弘益(ホンイク)大学アートセンター大劇場で開幕したミュージカル<ヘッドウィーク>の閉幕がもう近くてきている。 本来来る29日に幕を閉じる予定あった<ヘッドウィグ>は観客の声援に支えられ、6月5日まで延長公演に建設される。 6月25日と26日には、京畿道水原公演も予定されている。
http://m.entertain.naver.com/read?oid=047&aid=0002116772

このカテゴリーに該当する記事はありません。