見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「ポドウィグ」振り返り」⑧


ファンデザイン缶ケース購入希望の方に
経過報告のメールをしました。

オーダーしたのに
届いていないという方がいらっしゃいましたら
お知らせください。




ちょっと間があいてしまいましたが
「ポドウィグ」振り返りも最終回

TVや映画での姿もいいですが
やっぱり舞台‼やってほしいですよね(^^♪



自販機のドアの向こうから聞こえるトミーの声に
佇んだまま耳を傾けているヘドウィグ

トミー:ありがとうございます! ありがとうございます!
公演を終える前に大分以前に誰かが私のために書いてくれた歌を準備しました。
今夜彼女がどこにいるのか分からないが、しばらく静かにしてくださいませんか?
彼女が私の歌を聞くことができるように。

許して。私は知らなかった
私はあなたより子供だった
大きく、特別な男も女もなく神秘的な神の創造物のような貴方
残らずすべてをあげるて暖かい温もりを吹いて冷たい都市を溶かした美しい君
運命なんてないんだ
事実は風がいる空のように
妙な魔法もなく、永遠な愛もない
見えないものを探しはできない
もう受け入れてみて
あなた存在理由を
おそれずに渡って
ウィキッドリトルタウン

ララララ~ラララ~
 ララララ~ラララ~

(大きな歓声が聞こえて消える
静寂に包まれる舞台)

トミーの歌を聞いて立っているヘドウィグ
バンドメンバーも心配そうにヘドウィグを見ている
ヘドウィグはイツハクを見ている

静かに振り返って床に落ちたカツラを拾って胸に抱く
カツラにキス。
イツハクが手で丁寧にとかしてくれる
ヘドウィグへカツラをつけようとするが
ヘドウィグが首を横に振り
イツハクを押し戻す

リードギターを見てうなずく

Midnight Radio-
조정석 - Midnight Radio


消えていく美しいマイドリーム マイソウル
たたきつけた夏激しい嵐のように消える夢
breathe feel love
飛んで行きなさいyou Konw
you'r free
うごめく魂赤い心臓のようにあんたと私は一つ

君は空のかなた、明るい星聞こえてくる音ミッドナイト・ラジオ
君は空高く飛んでいるバレリーナ聞こえてくるロックアンドロール
この世の中のすべてのロックアンドロールラス
変わらないて今のようにお互いに抱いて集めてくれて。。
すべてが一つになったこの夜
君は空のかなた、明るい星聞こえてくる音ミッドナイト・ラジオ

お前は寂しく世界中疲れた魂
支持な
放棄な
それで私たちはロックアンドロール
永遠な・ユア・ロックアンドロール
手をあげて
(「手をあげて」でヘドウィグ、観客が一斉に手を挙げる)

歌の途中
ヘドウィグのカツラを持ったまま
客席の通路を駆け抜けて後ろのドアから出て行ったイツハクが

歌の終わりの「手をあげて」のタイミングで歌いながら
赤いドレス姿に女装して客席後部のドアから入場

ヘドウィグとイツハクが抱き合い
舞台後方の光の中へ ヘドウィグが消えていく

ヘドウィグ記事29

~終~

スポンサーサイト

「ポドウィグ」振り返り」⑦ 

先週、ジュンス(JYJ)のコンサートに行ったのですが
パシフィコ横浜での追加公演は 他の公演とは違って
ミュージカルナンバーをピアノの生演奏で歌うコーナーがあって
やはりそこはジュンス、圧巻でした

どんなミュージカルに出演したいか?という観客からの質問に
「ミュージカルならどんな作品にも出てみたいけれど…」と答えた後に
「どんなミュージカルに出てほしいですか?」と客席に向かって問いかけたところ

客席からよく聞こえた声は
「ジギルとハイド」
「ヘドウィグ」で

ヘドウィグって結構認知されてるのを実感でした




イツハクが歌う「 I Will Always Love You 」をBGMにしながら


ヘッドウィークどう思う? あの歌のように、愛が永遠するのか?
愛は分からないあの歌が永遠のようだよ。あの歌3日目繰り返し再生中だよ。 気ちがい女みたい。
無視しないで、700万枚も売れた歌だよ。
来て-ところでどうすれば歌をあんなにうまく歌えるだろうか?

トミー!お前何だよ。 お前には、私がいるじゃん。
最近もないライブの観客たちが皆嫌って。 リップシンクが大勢だ。
全部僕が歌ってあげるからね。 お前は口だけ。 ミック・ジェガーも言いましたね。
ミック・ジェガー話にトミーは笑いました。
そして富に率直に話しました。
トミー。私は愛が永遠だと思って。 なぜか。


愛は存在しない何かを創造するために。
。。。妊娠。
いや。 何必ずそれだけじゃないて。
では、オルガスムスの創造。
トミーは私のお尻をつかまえて笑ったが私は絶対笑わないと言いました。 トミー。愛は創造そのものかも知れないよ。
私はトミーの額に太いシルバークロスを描きました。
こちらに来て、Bコード、次にBフラット一度取ってみる?
(どんどこどんどこどんどこ←「The Long Grift」の前奏を弾くギターの音
(ディリリン~)

(バンッ!)(アンド アイア~ウィルオールウェイズロビュ~ウウア~)
↑「And I will always love you
Will always love you」のサビ部分をイツハクがBGM調から一変全力で歌う

トミーはゆっくり起きて私に手を伸ばしました。
そしてトミーは後ろ手で私を抱いてくれました。
その時非常に明白に悟りました。
そう。 トミーだった。失くした私の半分。
血を流していない体。血を流していない目。分離された別の私。
なぜ今になって現れた。 なぜ今になって現れた。

マスカラを流し始めた涙が私の顔を熱く濡らしていくことも知らずに
トミーは私の涙をぬぐうながら慰めたりするように話をしました。
のヘッドウィーク、天国はイヴがアダムの中にあるときだ。
イヴがアダムから離れて出た瞬間、天国は消えたんだよ。
そして二人が再び一つになると、天国も発見できるだろうか。

そう わかりましたからトミー、キスして。どうか。
私たちは体を回して初めてキスしました。
それは世の中で最も強烈な綺麗で崇高、甘いくちずけ。
私の全身の細胞をフオクにずつ目覚めさせるトミーのその隠し、その手、その恍惚する。
私はとうてい我慢できなくてトミーの手を私の両足の間のそこに!
この、これが何?

...私が解決しなければならない宿題
...ごめんなさい。
何がすまなくて? あ...お母さんとお父さんが今探して...
ヘタレ。臆病やお前。こわいの?これが恐い?何が怖かったよ。
いや… 愛してます
愛してるの 私を愛して? 私を本当に愛したら、私のこれも愛してくれ。
そしてトミーは、裏口から消えました。


大変なあなた
私を捨てた君
君だけを私は愛した
胸のドキドキな誘惑もキスもみんな。

(感情が抑えきれなくなって
途中で歌うのを止めるヘドウィグ

舞台裏へさがってしまう
代りにイツハクが歌う)

-The Long Grift-
ソムンタクさんバージョン

2016. 01. 09 서문탁 - Long grift



2分22秒くらいのところから
ボブカットのカツラになってヘドウィグが登場
イツハクの歌に合わせてハモる

ヘドウィグ45

ヘドウィグ:みなさん。イツハク本当に上手ですね
私がちょっと考えてみたけど、私たち二人が何かまともに一つできると思うけど。。。
ユダヤ人、ドイツ人女、男。
マスコミの熱い関心。それによって私たちが持つようになる力、権力。
君も思ってみて
(イツハクを後ろから抱きしめている)
(断るイツハク)
席に崩れてしまったヘッドウィグ)

二つに分離された大体私が生まれたところ
何をしても残されたのは孤独と絶望だけ
私のぜい肉を切り分けたその瞬間私は私の心臓も切り取った
人たちがめった切りにした後残ったのは割れたサル
一切れはお母さんに
一切れは恋人に
残りの一切れまで僕を捨てた。ロックスターに。

-Exquisite Cropse-
Hedwig and the Angry Inch - Exquisite Corpse


最終⑧へつづく

「ポドウィグ」振り返り」⑥ 

東京・大阪オフ会参加者の皆様へ
cyurinさんと私の方から昨日メールを送っています。

参加なのに連絡が来ていないという方がいらっしゃいましたら
お知らせください。


KNTVの「六龍が飛ぶ」を観てるのですが
35話にして初めて
ムヒュルが「ピノキオ」のミネラルウォーターを配達していたお兄さんだって
気が付いた←遅すぎっ←ずっとどこかで見たよね…って思ってたよね(^^ゞ




ヘドウィグ106

ヘドウィグ:みなさんがそんなに気にしているトミーについて話してあげます。
どこから話をしなければならないだろうか。
あ、ルーターと離婚した後、子供の面倒をみてくれることベビーシーチングと体を売る、いわゆる売買業に従事をしていたが
そんなにじっと見ないで、ダーリン。 私も食べては生きなければならない。
きれいなの利用しなければならない。 どうして!
その後、周辺の部隊のスペック将軍の子供を世話をする仕事を手に入れる事ができたが
その家には息子がもう一つあったが、その子がまさに今のロックスターで有名になったトミーノシス。
もともとの名前はトミースペック!

18歳、眼鏡顔には痘痕があり、ビデオゲームとイエスに狂って車の後ろに魚マークをべたべたつけて通っているイエス常習者。
イエス常習者、イエス嘘つき...。

でもどこか知らないうちにあまりセクシーであった子、なんでなのか
あ、ある日、トミーが、バスルームのドアを開けておいてお風呂をしているのですよ。これ見よがしに
でも問題はお風呂ばかりしていていない。それをしていた。 アレ。

(掌を上にしても揉む仕草)
知ってる? それはうん(速い手さばき)
でも、あなた~~分け、中途半端なんだ。 それで私がそんなこと報告また、我慢しないじゃない。
プロの手で確実に仕上げてくれました。(段々と速くなる)
ハレルヤ~

そして名刺を一枚バチンッ!投げ、このように話しました。
トミー、私今夜ドクターエスプレッソバーで公演するのにあなた来る?
当時、私は私の初恋音楽に戻った状態で
再び音楽を開始するので安物の電子ピアノを一つ買いました。
米軍と結婚した韓国人のおばさんたちが演奏するバンドを一つ作ったが、
それがまさに今、アングリーインチの母体です。

皆さん、トミーがその夜来たのでしょうか。
もしかして準備した舞台メカニズムにさらに驚きは飲んで
私たちは皆、トミーが来たその夜に時間旅行を一度出て見ましょう。
(舞台の上から小さなライトをちりばめたような照明が下りて来る
その夜の公演を再現)

I Love You For Sentimental Reasons-


(歌の間にバンドメンバーが皆女性カツラを付けている
当時のバンドメンバーという設定)
ヘドウィグ:みなさん、韓国人おばさんたち演奏とても上手です。
紹介します。 キムジョムリェさん。コボクジャさん。ナムセナ、 ここの発音でにおいや~
全羅南道求礼で来ました。
美容室をして、手先が器用なためギターを弾きと。
ファーストその他の重さなければならないから、カン・ブジャさん。

さっきから目にゆらゆらと距離は、一人があるが、紹介したいです。
有名人です。 、部隊長の息子さん、トミースペック!
トミー、私より人気がさらに多い。 なぜ?恥ずかしい?
私が今から歌う曲は私が初めて作曲した歌ですけど、男性ボーカルのための曲です。
この前に、ジョン・メイヤー氏がこの曲をほしいとどんなにか、それで考えているところです。
考えるだけ~

Wickes Little Town-




(ハンカチを顔にあてて、化粧を写し取る
顔の化粧が付いたハンカチを客席に見せて)

ヘドウィグ:皆さん、私です。
(中央最前列の観客に呼び掛けて←トミーという設定
ハンカチを渡す)
トミー~拍手(ちぐはぐに拍手)
皆さん、どうですか。 本当にその時に行ってきたの思いますか。
私は本当にその時に戻ったようでした。
翌日、トミーは高そうなギターを持ってきました。
そして屋根裏部屋に行こうと言ったんだ。
自分だけのアジトに。二人きりで。
この何だって言うの? さっさと歩いた。
トミーはとてもクラシックなバンドの演奏を聞かせました。

ボストン、カンザス、アメリカ、ヨーロッパ、アジア、ああ、そしてそこに寒いどこ?アイスランド〜(観客爆笑)
トミーや歩き回って。私めまい。吐き気や。
そしてトミーが最後に聞かせてくれたその歌、驚愕を禁じえなかったじゃない。
これは私が再演して差し上げます。
シュクシュプがトミーをしてくれるだろう。 私はモーションを取らなければならなくて。
(リードギターが黒縁眼鏡をかけてトミーを演じる)
小物まで準備したよ。よくやった。

↓合いの手も入っているのでこれが近い感じです


リードギター(トミー):(ドゥンドゥンドゥドゥン)
ヘドウィグ:ロックだよね?
リードギター(トミー):主私のお父さん私たちは彼の子供
イエスうちの兄弟手に手を握って一つになって一緒に歩き脱ぎ
主を賛美してタンバリンに

(ヘドウィグがタンバリンを持って合いの手を入れるように鳴らす)
ヘドウィグ::(やめて、という素振りのままタンバリンを鳴らす)
リードギター(トミー):主に賛美して手を打って!
ヘドウィグ:(やめて!でタンバリンを鳴らす)
リードギター(トミー):主を賛美し、踊りを踊りながら!
ヘドウィグ::(やめろって!とタンバリンを鳴らす

リードギター(トミー)::主に賛美して声で!ラルラルラララとするラララララという
ヘドウィグ:(子どものうちからわからない)ラルラルラララルララとラルラルラララララと
私は全部下ろした。
私はトミーのギターをぎゅっと。
(ギターのネックを手で押さえて音を止める)
トミー。もし私の伝道するつもりなのか。
リードギター(トミー):ヘッドウィグ夜明けの祈り一緒に行きますか?
ヘドウィック!ヘドウィグはどこ出身ですか。

ヘドウィグ:この中に私が気になったトミー。かわいい。
それで私は皆さんに私の話を聞かせたように少しとても少し私の話を聞かせました。
その話を聞いたトミーの顔はまるでレッド・ツェッペリンの飛行船が爆発してしまったような顔でした。
このように!
ヘドウィック!ヘドウィグは、
イエスを神の子としてあなたの救い主として受け入れてましたか?
いや。しかし、彼が作った人間と創造物は非常に大好きです。しかし、なぜ?

イエスはその馬鹿なまねを迎えた神様の父から我々を助けたんです。
何をために自分に似たアダムを作って、再度の肋骨を抜いてイブを作って。
いや、食べられないようにするくせに謝罪やそこにどうしておいたの?何か神がそんなにこじれたか。
アダムはまた、バカみたいに食べないて来いと食べません。
しかし、イブは違いましたね。
そのまま知りたくて。
それが何かただ知りたくてリンゴを食べて、善と悪を自覚させ、アダムにも準拠だよ。
なぜか。愛してるから。 その知識を共有したかったんだ。
ヘッドウィグ。私にもそのリンゴをくれますか。

トミーの唇から流れ出るその単語。
驚いた程深いところから吹き出す空虚な目つき。
その中に溶けている揺れる苦痛。
それは私と同じ黒い色の目でした。
当時、トミーは教会でギターもなってはやしたての初心者でした。
それで私は6ヵ月間の総合速成コースを通じてロックの歴史と歌詞を使う、発声、そして眉毛の手入れまで教えてくれました。
私だけのノウハウオーブンの中トレーニングまで。
最後にトミーに名前までつけてあげたが、それがまさにトミー・ノーシス。

ノシス。ギリシャ語で知識という意味です。
私たちはわいてくる楽想を振り切ることができず、とても情熱的に作業しました。
その後トミーは、ドクター・エスプレッソバーでバックアップボーカルを開始した、そうでないが、他。 若くてきれいな男たちには幼い女らが詰め掛けれたんです。 あんなに。
(イツハクが女の子の叫び声を出す「オパアアアアア!」)
あちこちで連れて行こうとどんなに聖火か。
それで私は他のあやしいことはさておき
ミュージシャンで、新しい人生をスタートすることができるという希望に膨らんで上がりました。
トミーと私は本当に幸せでした。

⑦へつづく

「ポドウィグ」振り返り」⑤ 

ヘドウィグは
ムンドゥウィク(チョン・ムンソン)とピョンドゥウィク(ピョン・ヨハン)出演で
25日、26日と水原で公演です。←いいな~もう一度観られるなんて!




(イツハクの歌の終わるころにそっと舞台に現れるヘドウィグ
後ろで歌を聴いている)

衣装はこんな感じのピンクのガウンに金髪ショート
↓画像はユン・ドヒョン
ヘドウィグツイ4

ヘドウィグ:なんだ拍手なぜこんなにたくさん受けるの?
え?拍手なぜこんなにたくさんした? このショーの主人公が誰ですか。
拍手たくさんしないで。 私鋭敏なんだよ。
(イツハクに向かって) 行ってセリフ。

イツハク:1年後。1989年米国カンザス州ジャンクション・シティ

ヘドウィグ:1989年11月9日、絶対忘れられない日。
移動式トレーラーハウスの中で不法に取ったケーブルテレビを通じて、ベルリンの壁が崩壊するのを見ているヘッドウィグ・シュミット。
ルターに捨てられて離婚させてすっからかんだとなったヘッドウィグ・シュミット。
私は泣きました。 いや泣くよりは笑うのを選びました。
その時、いきなり東ベルリンにいるママがとても会いたくて母に電話をかけてみようと思ったのに。
年を取ってそう。 気ちがい女...
あ、母は暖かいユーゴスラビアに移住した。 いいよね..
ではルターしてみようか。
ところでルターは私の片っぽじゃないではない。ね? その子を考えるのも嫌。
オンリー・ブラザー・ドット・コムでピザ配達ボーイと目が合っていました。それで僕を捨てて去りました。 悪い子。
私は鏡の中の自分の姿を見てはじめて恐怖という単語を思い出しました。
1年前ルーターがプレゼントしたその茶色の毛の束のかつらをかぶった姿を見ながら、このあま、だからといって消えていく姿を隠すことができるの?
私はかつらを脱いで一度もみなかった結婚記念プレゼント箱の上で..
そこにそのまま潰れていて。この地獄の画商よ。悪いアマ。かつらの子。
でも、私のヘッドウィグ

Wig in a box
途中、歌詞の
王女様と
ヘドウィグ109

ファラ・フォーセットに合わせて
ヘドウィグ108-2


金髪ショートのカツラの上に
それぞれの髪型になるパーツをイツハクがのせてあげる
歌詞の部分が終わると
イツハクがカツラパーツを取る←この時、ヘドウィグ金髪ショートのカツラの乱れをイツハクが髪を撫でで直すとこが個人的に好きでした(^^♪

トレーラーハウスの中に入り
ドアの窓から客席に向かっておしゃべり
顔を引っ込めてカーテンを閉めて衣装チェンジタイム

(ここからの合唱部分については、以前ブログ記事にも書きましたが)
ヘドウィグを舞台に呼び込む時に
観客の皆さんで一緒に歌ってくださーい!
という演出
イツハクが主導

舞台上のスクリーンにハングルで歌詞が出て
歌う箇所をカツラマークのスタンプが
ぴょんぴょん跳ねます←カラオケの画面みたいに

歌うところは

ネ オルグレン メイクオプ カセッテイプ ノレ
내 얼굴엔  매이크업(make up),카셋테잎 노래
私の顔にはmake up、カセッテープ歌

イ イェップン ソンムル カバルル スミョン
이 예쁜 선물 가발을 쓰면
このかわいいプレゼントかつらを使えば
(2011本人歌唱バージョンでは3分8秒のところに、この歌詞が出てきます)


客席が大合唱すると
トレーラーハウスが前の方へ移動してきて
前面が全部開いて
ヘドウィグ登場!大歓声

画像はジョンソクさんではありませんがこんな感じ
ヘドウィグ107

イツハクとノリノリで歌い
客席に降りてきてハイタッチ
舞台に戻って歌い切り

水を飲む←ビール瓶にストロー
口に含んだ水を中央より左の客席に向かって吹きかける

バンドの演奏に合わせて踊って
終わりにさっきよりも大量の水を中央より右の客席に吹き出す

ヘドウィグ:大変でも寂しくても私には音楽があって、皆さんがいて。 サンキュ~
OK、私たちのバンド紹介します
(バンドメンバーを紹介する)

皆さん、次の衣装です。 暑くて死にそうなのに。
でも着たらまた違う。 穴はどこにあるの。 私、元々穴よく探すのに。
このように着て歩き回ってたら、おじいさんたちがそんなにダッシュをする。
すみません。 コーヒー一杯だけします。 はい? あ、そうではありません。
昔、私のあだ名がメッシ(매시)だった。毎日授賞式(상식)。全部真っ白よ。 後が全部白くて。
地下鉄に乗ろうと、高速バスを乗っても。 気ちがい女お尻を見たか、どうしてこんなに笑って? そうしようとしまいと私はメッシ。

あそこですか。 あなたが着たその服のため死んだ生命、考えてみましたか
あら、どうしてください。
すみません! あなたが着たその!服!ために死んだ!生命!思い出してみショッニャクです! なぜそうしてください!
すみません!!
これ偽物は、この畜生め!!!!!! そしてこれうちの叔母よ! 私がお金があればギターを買うんだよね。 人の気も知らないで。
そして私は死んだ命を救ってくれた人だよ! 死んだ生命を!助けてくれた人だと! 死んだ生命を!オウ大変だ。
私がこの子の紹介をしなかったでしょうね~?この子紹介をつこうか今、暑くて死にそうなのにこの服を着てちょうどすみません~ばかりのこうしてそうなの。
イツハク紹介してあげます。 話をしているのが嫌い。 それでも私の心だよ。

イツハクと初めて出会ったのは私がツアー公演をする時でした。
クロアチアのザグレブで有名なドラッグクイーンでしたドラッグクイーン分かっていますか? 女装。
ある日、国内マネージャーパレスがすごい物だとし、この子を連れて来たんだ。
それで私の公演オープニングステージに立てました。
公演プログラムにバルカン半島最後のユダヤ女神だと紹介になり、クリスタルナクトゥという名前でイェントゥの曲を口パクをしたけど
公演は立派でした。 問題は立派過ぎているということだよ。
うざったく。 君が何だ? 主人公は私よ私! 皆さん私が十してもらいしない出そうだよ?
それで私は舞台に立つことを拒否しました。 撤収しようと荷物まとめ、楽器の手にしてスピーカーチェックしているが、あの子が、
脚モデルもできないあの子が私の足を引っ張り、そうしてるんだよ。
私ちょっと連れていってください。 私ここにいたら人種掃除されて死にます。
それでいつか母が、ルターが私に話したように、同じように話してくれました。
クリスタル、自由には犠牲が伴う。一つだけ放棄すれば、私がお前連れて行ってあげる。
または、かつら使うな。 女装しないで。 私だけするの。 あなたは男、私は女。 OK?

イツハクは同意し、今こんなにどうしても切り離せない一対になりました。
これからもそうだろうし。イツハク?イツハク。
反応かちょっとしろ。 リアクションも観客に対する舞台マナーだよ。
消えて。 私の話するの。
皆さん、私が予言を一つします。 皆さんはもう私の熱烈なファンになります。
私はこれからみなさんの気ちがい女になる。
うん?私が聞き間違えたのかな。 ここ気ちがい女ありますか。
継続します。 これから私は皆さんの
(自動販売機オープン トミーのコンサート会場の声が聞こえてくる)

トミー:ある日、トレーラータウンで転がってた子供は母アイラインを塗ってマートで売る安物のギターを買って
自らをトミー・ノシスと呼び始めました。
そのようにトミー・ノーシスが誕生したのです。 皆さん!!
トミー・ノーシスはみなさんと永遠です!!
(自販機閉じる)

ヘドウィグ:何を開始して?
(バンッ!バンッ!!!と自販機のドアをたたく
コカ・コーラの缶が出てくる)

何だよ、これいいんだっけ?
ペプシでコカコーラが出てきた。 うまくいくことが一つもない…

(OP席に座っている観客に向かって)
わたしの赤ちゃん,こっちへ上がってきて。
(舞台に上げる)
コーラには犠牲が伴う。あそこ丸い椅子をちょっとセンターに置いて。
(ハイチェアを移動させている観客に向かって)
うん、そうだ。 そうだな。 そこ四角だ(←舞台上の印) うん。
オウ、元気だ。 片手で。
(ハイチェアを移動した観客にコカ・コーラ缶をあげてハグ
自分の席へ戻る)

⑥へつづく

「ポドウィグ」振り返り」④ 

先日ブログ記事に取り上げさせてもらった
「女心を甘くとろけさせる男、チョ・ジョンソクここにあり―
「ああ、私の幽霊さま」鑑賞コラム Vol.1」
を書いている田代親世さん

実は、5月にヘドウィグ鑑賞された らぶじょんずさんから
劇場で田代親世さんをお見かけしたという情報をいただき
田代さんのブログで取り上げられないかな~と思っていたんです~

この度、田代親世さん自身のブログ
「田代親世の恋する韓流LIFE」←クリック
今回のコラムやヘドウィグ鑑賞の感想が書かれていますのでぜひ!
「いいね!」やコメントしてみてくださいね~




ヘドウィグ:どこまでしたの?
(バンドによる結婚行進曲の演奏)
ああ、私がその甘さを忘れられないルターと結婚したよ。一度行ってきたよ。
私たちの結婚も絶対平凡ではありませんでしたよ。 とても卓越した。
プロポーズをする時、ひざまずいていたのはルターがなく、まさに私だったから。
結婚してください。 結婚してくれて。雰囲気どうして以来...
オマッ!いるね。 笑わせずにいるね。 笑わせているべきだったが。

皆さん、これがヒップアップでなくインイヤーです。
(箱型のワイアレスマイクの機械をホットパンツの後ろに入れているので)
アイドルはポケットに入れてて帯で担いでくれてるけど、私のお金がないから入れた。
ちょうどゴールで行ったり来たりして。 ここが楽なようだが。

私はルターを夕食に招待します。
夕食後ルターは、私に三つの贈り物をしました。結婚指輪、米国市民権申請、そして最も重要なかつら。
私これから一人三の役割だろう。驚いない。驚くだろう。

ママ、この人が私を愛してるんだ。私と結婚して夢の国の自由の地、米国に連れてほしい。

私は、茶色の毛玉を頭に、、ママに言います。
人々が私を女だと信じてみませんか?ママ、ママ?
ママの表情は、まるで証明写真を撮るときのように無表情だった。
このように。

耐えがたい沈黙の時間が経った後、ママは
ハンセル、私のパスポートとカメラを持って来て。 私に方法がある。
どんな方法か?お母さんが私に抜け出る方法。
写真を変えて私の名前を使うようにして。 ヘドウィグシュミット。

私にはお母さん。 アイムルター。(ヘドウィグがルターのマネをして)
そう簡単な問題ではないです。 私たちは東ベルリンで結婚をしなければならず、、その言葉は身体検査が必須という事実。
あ、ちょっと待ってください。 2人の対話にしばらくつけます。 それでは私が男だというのがすぐばれるんだよ?

オ~ベイヴィ~。グミベア〜

ああルター。このボルタグちょっと置いて話します。

グ〜ミ〜べ〜ア〜

ルター!私は深刻です。私の気も知らないで。(ヘドウィグ逃げる)
そこで〜(くるり)そこで〜(くるり)
(トレーラーハウスに付いている階段を使って
トレーラー上に上って)した〜

ああ、赤ちゃん〜自由に犠牲が伴う法。ここで復帰するには一つのことはあきらめなくちゃ。そうですよね。シュミット夫人?
当然でしょう、ルター。自由に犠牲が伴う法。ハンセル、君の体からぴったり1部分放棄すればいい。
そして、私はその手術をしてくれる医師も知っているんだよ。
さて、ハンセル。私たちの写真撮ろう。
そこに立って動かないでください!

ヘドウィグツイ3
写っているのはジョンソクさんではありませんが状況は同じですので参考までに

(トレーラーハウスの上で歌う)
Angry Inch-


ヘドウィグ:1988年11月9日の壁が見渡せる小さな移民局オフィス。
ミスターハンセルシュミットはミセスヘドウィグロビンソンに生まれ変わります。

私は今、自由の地、米国に発ったそうです。
ここアメリカだが、米国で見てください。状況劇なん知っている?


私は女性今用意された完璧な女性

今離れ歌謡すべてを~~

皆さん私は少し濡れた。
よりきれいなかつらときれいな衣装に変身して来るまでイツハク歌聴きながら耳ちょっと休んで。

(ヘドウィグが口ずさみながら)
拍子逃した私は女性〜変調されたが、私は女性〜
(トレーラーハウスの左手奥へ退場)

(舞台上ではイツハクJ-Minがギターの引き語り)


⑤へつづく

このカテゴリーに該当する記事はありません。