FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

記事「チョ・ジョンソク不屈の演技闘魂」&ツイ写真&マンネ撮影中&雑誌VOGUE

ステキング!見~つけた
4話角度1
4話角度2
角度キマッてます!

本当はパーツシリーズいこうかと思ったんですが…←角度の前にパーツに手を出そうとしていた…

数日前から韓国のサイトで飛び交っていた「VOGUE」…
雑誌に載るんだな~とのん気にしていた私…

そしてとうとう?今日!
VOGUEのグラビアが出てきちゃったんで←出てきちゃった呼ばわり
パーツなんて載せてる場合じゃない!と

本当ならウン・シギョンを登場させないといけないじゃないか…!?と
思っちゃいましたもん

VOGUEの件はのちほど…


最初は、チョ・ジョンソクの演技についての記事です。

KBS週末ドラマ主演が決まった時
実はチョ・ジョンソクで主演が務まるのか?という記事もありました。

いいことばかり書いてもらえるとは限らないので

実際、初回放送があった後にも
「ナプトゥクとウン・シギョンを足したような演技」
「期待外れ」など… 
演技について疑問視する記事も…
でも、4話まで終わってやっと評価が出てきました!



★最高だイ・スンシン"チョ・ジョンソク、ナプトゥクが脱いで虚純情男着

"最高だイ・スンシン"チョ・ジョンソクが身を投げるの熱演で視聴者たちの視線を捕らえた。

4話102

チョ・ジョンソクはKBS2週末ドラマ"最高だ李舜臣(脚本チョン·ユギョン、演出ユン·ソンシク)"で、有能でクルヘ見えますが、隙だらけである芸能企画社代表シン・ジュンホに分解"建築概論"のナプトゥクと"ザ·キング·ツーハーツ"のウン・シギョンとはまた他の魅力を見せている。

普段重量を取って気難しい性格のジュノは、有毒イ・スンシン(アイユ)の前でだけは屈辱的な姿を見せてくれた。ジュノはスンシンとの初めての出会いからひっくり返って、服を引き裂かれているなど、人々の前で恥を喫し悪縁でからみを付けた。

続く出会いの中でもスンシンに無視​​されながら虚気質を現したが、過去の放送ではスンシンのためマトソンニョに水の洗礼を迎える屈辱まで受けた。それこそアイユのためにチョ・ジョンソクの苦労は並大抵ではないが、保身を図らない彼の熱演のおかげでドラマがさらに面白くなるという評価だ。

チョ・ジョンソク、アイユのコミックカップル演技は、まさに最高の相性を誇ってドラマの人気を集め、大きな役割を果たしている。会うたびにどうのこうのするこのカップルのいきいきとして新鮮な魅力はこれから開かれる嵐メロのための大きな基盤となっている。

また、失恋の傷を抱えているジュノは実業家として成功した後にも、過去の恋人チェ・ヨンア(キム・ユンソ)に未練を置いたまま心配する姿に純情男の反転魅力を見せてくれた。彼の傲慢な毒舌は事実弱い本音を隠すためのマスクだった。

チョ・ジョンソクがざらざらしてつやが弱い本音を持った純情男、冷静な勝負師だが、隙だらけな魅力の持ち主、反抗だが、父を愛する息子であるジュノを幅広い演技で表現し、さらに大きな共感を引き出すことが期待される。

製作会社Aストーリーの関係者は、"チョ・ジョンソクは"国民の妹"と"国民の恋人"になるには、このぐらいは問題ないように撮影中のいろいろな種類の受難にもかかわらず、誰よりも楽しく撮影に臨んでいる。ジュノにこれからもっと多くの苦難が予想されるが、彼の苦難が大きいほど、視聴者たちの楽しみも大きくなるんじゃないかと思う"とチョ・ジョンソクの活躍に期待を頼んだ。

一方、 "最高だイ・スンシン"は、父の死をきっかけに思わぬ運命の渦に巻き込まれた母と娘の幸せを見つけると、彼女の愛の物語を中心に、家族の和解と本当の自分探し、さらに真の幸福への絵を描いていく。

http://tvdaily.mk.co.kr/read.php3?aid=1363736728484145002


★最高だイ・スンシン"チョ・ジョンソク"虚シンジュンホ"の魅力の中に〜

俳優チョ・ジョンソクがKBS2週末ドラマ "最高だ李舜臣"で前作とはまた別の虚食の姿に魅力を発散している。

コックピットは劇中でトップスターソン・ミリョン(イ・ミスク)を獲得して話題を集めた新興芸能プロダクションガビエンターテイメント代表シンジュンホに出演、88万ウォン世代の就職準備生、イ・スンシン(アイユ)をデビューさせなければならない状況に追い込まれながら孤軍奮闘している。


業界では、前途有望な若い代表として知られているが、実際には色々な面隙が多くのキャラクター。特にスンシンの前で服を引き裂かれ、頭をチトヌンガと、水の洗礼を迎えるなどの姿を見せて笑いを与えている。トップスターになった過去の恋人チェ・ヨンア(キム・ユンソ)にも純正を捧げながら表面上は傲慢な毒舌を吐き出す反転魅力も披露している。

前作の映画 "建築学概論"で恋愛コーチをしていたナプトゥクが、MBC "ザ・キング·トゥ·ハーツ"でどっしりとした男性美を見せてくれたウン・シギョンとはまた違った感じのキャラクターだ。
(以下略)

http://news.sportsseoul.com/read/entertain/1157033.htm


★チョ・ジョンソクが作ったシンジュンホ、納得これ魅力あるのね


チョ・ジョンソク、現在放送中のKBS 2TV週末ドラマ '最高だイ・スンシン"(脚本チョン·ユギョン演出ユン·ソンシク)で芸能企画社代表シンジュンホ役で熱演を広げている。

シンジュンホは表面上はクルヘ見える隙だらけなキャラクターで、映画 "建築学概論"のナプトゥクこれとはまた違った魅力を発散している。

コックピットの有名は "建築概論"のナプトゥクがが大きかった。独特のキャラクターをよく生かしたコックピットは、以後出演している作品で、いつも "ナプトゥク"との比較を割り当てる必要がした。

"最高だイ・スンシン"の制作発表会でも "ナプトゥク"と比較する質問が殺到したし、チョ・ジョンソクも "ナプトゥクは一生忘れられないキャラクター"と愛情を現わした。

このようなナプトゥクが札はシン・ジュンホで忘れ去られるものと見られる。まさにナプトゥクのコミカルな部分からシンジュンホだけが持っているカチルハムと真剣なキャラクターが加わりながら、別のチョ・ジョンソクのキャラクターを構築しているからだ。

普段重量を取って気難しい性格のシンジュンホは有毒イ・スンシン(アイユ)の前でだけは倒れて、服を引き裂かれ、頭チトゴ、水の洗礼まで打たれるなど屈辱的な姿を見せて視聴者たちに笑いをプレゼントしている。

それこそアイユのためにチョ・ジョンソクの苦労は並大抵ではないが、保身を図らない彼の熱演のおかげで、ドラマの面白味を一層増している。

だけでなく、失恋の傷に実業家として成功した後にも、過去の恋人チェヨンア(キム・ユンソ)に未練を置いたまま心配する姿が映し出されながら純情男の反転魅力も見せてくれている。彼の傲慢な毒舌は事実弱い本音を隠すためのマスクだった。

艶がないが弱い本音を持った純情男、冷静な勝負師だが、隙だらけな魅力の持ち主、反抗だが、父を愛する息子。これからチョ・ジョンソクはざらざらし​​てつや、高慢、虚、コミック、純粋な、ロマンチックまで幅広い演技で視聴者たちにもっと大きな共感を引き出すことが期待される

http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201303200745241116&ext=na



★ジョンソク宛て@ツイ写真

映画「観相」の撮影時と思われる写真です。
チョ・ジョンソク先輩って書いてあるので後輩からでしょうか。

ツイ14


アップにすると…
子犬抱っこしています。

ツイ15




★マンネ撮影中

こちらの写真
写ってるのは誰?という話になって秘書チョ・インソン役のイ・ジフンではないか…と
4話101


そうしたら、本人がツイってました。
衣装も同じですね。

ツイ16


지훈‏@jihoonstarfox 2013年3月20日 - 8:49
촬영대기중 오늘은 다~~~! 청담동에서 촬영하는규나!!!!^^ 근데 비가와요 여러분 빗길 조심!!^^

撮影待機中今日はだ〜〜〜!清潭洞で撮影する!!^^ところで雨が降り皆さん、雨道用心!^^


イ・ジフンさん、結構真面目にツイってます。
シン代表の大切な秘書なんで応援してますよ~

最近最高だイ・スンシンにはまって生きている私もいいミスもしてもそれとともに学ぶことだ、私は思っていた人々が望んでいる。俳優になるため。プロセスは簡単なことじゃないと知っているから、単純にスターになりたい欲がなく、私に与えられた役割を。よく消化したい。

50部作私ができないこともあり上手にできて、それでも誰が何と言おうと、私はこの長い呼吸でドラマをよく溶け込ん入ることができる!
"演技は上手こともないこともある、本気ですればいい" - シェヨプキン -




★VOGUE

さあ!みなさ~ん!
準備はいいですか~?

未来のファッションリーダー チョ・ジョンソクさんの登場です!




ヴォーグ8
ヴォーグ7
ヴォーグ3
なぜに?マネキン抱えてる?


もう、これしか頭に浮かんできませんよね~


ヴォーグ4
ヴォーグ5
 
ジュード・ロウに似てるならいいっか~←そういう問題じゃない?
韓国のサイトでは
ㅋㅋㅋ=ククク=(笑)が、いっぱいです(笑)

該当の記事は見つかりませんでした。