FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「観相」インタビュー記事 ポスター見たら私タヌキさんですよ

★"観相"チョ・ジョンソク"ナプトゥク リターンズ?感謝するだけ"(インタビュー)

観相記事23

俳優チョ・ジョンソク(33)の第一印象。いったん真っ白な肌に鮮やかな耳目口鼻が目に入ってきた。'建築学概論'の5対5分け目ヒップホップ青年ナプトゥクの温厚な顔の線とは全く別の洗練されたあごのラインの肌美男だった。 11日封切りを控えて '観相'(監督ハン·ジェリム)を見たことだし、より衝撃が大きかったようだ。緊張感イラゴン全くないヌリトギリの顔に勝手に私はひげをして鶏の足に執着していた彼が粋な姿に対座して冗談を言った。

"私が本来自慢するだけしたのが何があるのかと、'肌'しかなかったこのようになりましたね。 肌一つは自信があった。(笑)"最高だイスンシン'50部作を見たら顔が少しやつれていた。メイクのスタッフが'皮膚がなぜこんなにいいかい"としても。今、少しずつ皮膚科にも通い、今日はメイクアップと管理の結果なんです。"

"観相"でチョ・ジョンソクは、朝鮮最高観相家ネギョン(ソン·ガンホ)の義理の兄弟であり、甥しか知らない素朴なおじさんペンホン役を演じ時代劇デビューを果たした。没落した両班家の人なので真っ白な顔ののトーンは禁物。おかげで、小汚いタヌキのような顔のチョ・ジョンソクペンホンが誕生した。

最初に扮したときに厄介な姿が、私は気持ちがいいんですよ。私の顔で新しい姿を発見するカタルシスがありました。このようにメイクの力がすごいなと思ったりして。 '建築学概論'ナプトゥクこの時も肉を太らたけど、今度は意図的に数キロマルチでなければならないていたわけでもない肉も自然に発しましたよ。元のゴムの体重はありませんが、秘訣は夜食です。仕分けしなくて着実に夜食を食べてみると温厚解約と聞きました。(笑)

ポスター見たら私タヌキさんですよ。 ←とうとう自分で言っちゃった?私たちが、さんざん風太くんだのラスカルだのって言ってたことを本人が認めた瞬間(笑)

観相を見たことはありませんがあまりにも気に入っています。

タヌキかわいいじゃないですか。"
←タヌキって訳にしてますが「アライグマ」も訳に出てきます

観相画質きれい

劇中チョ・ジョンソクが引き受けたペンホンは原作のシナリオには存在しなかった人物。軽いコメディでどっしりとした政治ドラマで、後半部では、悲劇に向かうドラマを導くキャラクターだ。チョ・ジョンソクは、"内容を一意に解放してくれたり、中盤以降は歴史的な出来事に巻き込まれている人なのにめちゃくちゃな人なんだし"と "良いことという負担はなく、ただ監督がドラッグいただくに行くと良い演技が出てくるだろうし、続く"と説明した。彼スターダムに押し上げた"建築学概論'の浪人恋愛博士ナプトゥクがすでに1年半前。しかし、まったりとしたコックピットの演技に "ナプトゥクリターンズ"という評価まで出てきた。

感謝な評価ですよ。ナプトゥクている多くの方々にチョ・ジョンソクという俳優を知らせることができたキャラクターだと思います。ナプトゥクがには感謝の気持ちしかないよ。あまりにも残像を数えて俳優生活し続け、その札が追い付かないでしょうか。うんざりするか、負担という考えはないです。越えなくちゃ超えなくちゃと思ってもなくて。ただし今回ペンホンとナプトゥクな違いがあるでしょう。映画を見ればお分かり頂けるでしょう。"

"観相'ではソン·ガンホ、キム·ヘス、イ·ジョンジェ、ペク·ユンシク、イ·ジョンソクなど有名なスター軍団と一緒にしたが、特に目立つのは大先輩ソン·ガンホとの呼吸である。特に序盤の軽い笑いコードは、あれやこれやアクションとリアクションをやり取りしているコックピットとソン·ガンホがすべての責任も過言ではない。酒とって一緒に踊る自分勝手の場面では爆笑が起こります。

"ソン·ガンホ先輩が非常に下の後輩が本当に楽に演技することができるように配慮してくれました。演技への配慮だけでなく、私難しくしないように、不快に感じることないようにね。私が何を言っても、一度笑うのをダブル笑ってくれたというか。ある程度の圧力が必要だが、心の準備をあまりにもしっかりと演技がうまく出てこないと思います。緊張する中で先輩がよく調整してくださってもよく解放いただいたと思います。初めての撮影からちょうど楽しく遊べるようにしました。あまりにも呼吸がよろしいですか導かれ次第引かれていけばよいのアンサンブルが出てくるだろうと思った。"

観相記事24

チョ・ジョンソクの目標は1000万観客突破。既に1000万突破公約も掲げた。抽選で観客に見キスをして、ラジオ"カルトショー"に行って、ソン·ガンホと一緒に無茶苦茶ダンスを披露することにした。作品に対する愛情があふれていた。すでに'観相'を3回見たコックピットは、"見るほど良い映画"と自慢を惜しまなかった。強力なドラマとそうそうたる先輩俳優たちの熱演を見守ってほしいと言う。

もちろん、チョ・ジョンソクの活躍も映画を見て観戦ポイント。ナプトゥクこの後休む間もなく走ってきたコックピットは、既に次の作品を決めて準備に入った。次回作はヒョンビンが主演を引き受けた '逆鱗'。また、時代劇だが、今度は笑みがぱっと抜ける見込みだ。不真面目な甥馬鹿で冷酷な兵器で戻ってくるチョ・ジョンソクに今度は 'ナプトゥクを超えている"という評価が出てこないだろうか。

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2013091011252303166&type=1&outlink=1

「観相」試写会舞台挨拶&「観相」インタビュー "最高だチョ・ジョンソク"

★「観相」試写会舞台挨拶


色々な表情してます
観相9-9-9


観相9-9-10


観相9-9-11


観相9-9-12





インタビュー記事がホントにいっぱいです。
それぞれ、いい話してるんですよね~

★'建築学概論'ナプトゥクから'観相'のペンホンまで、"最高だチョ・ジョンソク"

"観相'のハン·ジェリム監督は、昨年4月には、ソン·ガンホを主演にキャスティングしておいて、その相性のような呼吸を合わせる俳優を探していた。そんな中、'建築学概論'の'ナプトゥク"を見て"すぐに彼だ"と思った。 'ナンバー3'からのソン·ガンホのような "閃光"が "ナプトゥク'のチョ・ジョンソク(33)にあった。当然のことながら映画を通して一緒に登場する二人の俳優打って走って遊んで観客をあやしてなだめて笑わせて響く。 "観相"でソン·ガンホのピークが悲劇的な最後を向き合った男であり、父の嗚咽なら、チョ・ジョンソクの決定的な場面は首陽大君(イ·ジョンジェ)に運命をお願いし吐き出す絶叫だ。

"ミュージカルから、時には過激に、時には微妙な呼吸を交差させ、観客と押し点けた舞台の経験が大きな力になりました。 'ギリシア'からの'お尻割りの名手ロジャー·役や半分以上が即興演技だった"ポンプボーイズのような非常に強いコメディーも鳴らした。人物や作品の文脈によく同化されると喜劇や悲劇や面白い斬新な場面を作り出すことができると思います。"

観相記事25


朝鮮初期。政局は終了側であるキム·ジョンソと虎視眈々と甥の王位の狙う里親が互角になっていたとき。観相家ネギョン(ソン·ガンホ)の義理の兄弟ペンホンは甥のジンヒョン(イ·ジョンソク)の詰まったビョスルギルを開いて、命を生かすために首陽大君を助ける羽目になる。した叔父は、甥を活かそうと身を投じて、した叔父は、甥を殺し、世界を得ようとする。チョ・ジョンソクは、ソン·ガンホと映画序盤のコメディ的な雰囲気で率いるが徐々に運命と歴史が織りなす悲劇と皮肉の真ん中に立つことになる。

観相'の出演確定後1年半の間、チョ・ジョンソクには多くの変化があった。 '建築学概論'でたくさん格好つけて主人公ととんでもないデートのアドバイスをしてくれた'ナプトゥク'が爆発的な反応を得て、これに負ってドラマ'ザキングトゥハーツ'を経て'最高だイスンシン"では、週末ドラマの主演まで通しになった。 9日、ソウル三清洞のあるカフェで会ったチョ・ジョンソクは、"今を実感する"と話した。

'建築学概論'時は、通りを歩くと"ナプトゥクが行く 'という話を聞いて、"ザ·キング·ツー·ハーツ"時は "イ·スンギの隣にいた俳優'という音が耳に入ってきたが、"最高だイスンシン'放映以後は4歳の子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、"チョ・ジョンソクだね"と知って​​見てください。"

観相記事26


3男1女の母が四十三になってようやく得られたヌッドングイ末っ子。子供の頃からダンスと歌が好きで、映画俳優を夢見た彼の最初の機会がきたのは舞台であった。 2004年から "オールシュックアップ''ヘドウィック''スプリングオウェイクニン"など話題作を経てミュージカルスターに浮上した。そうするうちに映画デビュー作'建築学概論'で一気に韓国映画界の中心に立った。ダンスを非常によく追加にくく、好きだった亡父、まだ洗練されたリズム感を示してくれる七十五母の食を受けた。母は週末ドラマ出演のニュースを聞いて"万歳三唱'を歌いたとする。現在の母親と一緒に住んでいるチョ・ジョンソクは"映画が好きだがドラマ出演は母にささげた最も胸がいっぱいで誇らしいギフトのよううれしかった"とし、 "かなり増えてきた出演料で母にお小遣いをより多くすることはできてもいい"と話した。

チョ・ジョンソクは、先日もメリル·ストリープの"鉄の女"を見直した。何度も見る映画のリストを楽しく詠んで、名作の名優たちを次々代チョ・ジョンソクは、俳優の前に映画マニアでもある。ファンには、ある日突然"ナプトゥクがいかない、ナプトゥクが..."と表示されたにわかの星が、彼の演技と人気には納得のいく過去の資質、そして希望がある。彼の次の作品はヒョンビンと一緒に出演する時代劇映画 "逆鱗"である。ヤング正祖時代の政争を背景にした映画で、"冷酷しかし、自分が愛する女性のためにすべてを賭けるキラー"と耳打ちした。

観相記事27袖、もう一折りっ←こらっ

「観相」インタビュー記事②

★"観相"チョ・ジョンソク、"ソン·ガンホの男?私がそんな人になったなんて..."(インタビュー)

観相記事20

[マイデイリー=キム·ミリ記者]イ·ビョンホン、シン·ハギュン、キム·サンギョン、ユ·ジテ、チョン·ウソン、カン·ドンウォン。大韓民国を代表するこのそうそうたる俳優らの間には一つの共通点がある。すぐに、国内外の映画関係者たちの絶賛を受ける俳優ソン·ガンホと一緒に呼吸を合わせた俳優という点である。

このように派手なリストの中に俳優チョ・ジョンソクも名を上げることになった。すぐに映画 "観相'(監督ハン·ジェリム)でソン·ガンホ(ネギョン)の義理の兄弟であり、劇の流れを変える人物ペンホン役を引き受けてソン·ガンホとやり取りしている相性は演技呼吸をお目見えすること。

チョ・ジョンソクは、 "演技の大家'ソン·ガンホと焼付きにも明確な存在感を発散して完璧な演技のアンサンブルを披露する。映画では'建築学概論'、'救国の鋼鉄隊"というただ二編のフィルモグラフィーを書い下がった俳優であることを考えると感心するに値する。ここにキム·ヘスさえ羨望する'ソン·ガンホの男 "ってチョ・ジョンソクは断言するが、祝福された、俳優だ。

チョ・ジョンソクは、"'ソン·ガンホの男"とおっしゃっくれたらそれは私の名誉である。大韓民国の俳優と女優一概にソン·ガンホ先輩とパートナーを成し遂げて演技したいのに私がそのような人になったので光栄で気持ちの良いこと "と明らかにした。

観相記事21


彼が覚えているソン·ガンホは、快適な先輩であり、徹底的な分析に基づいて、動物的な演技を披露する演技の代価だ。星のないセリフもソン·ガンホがすると震えや呼吸、人物の感情などが加わって、他の人は真似できないほど完全に表現された。

チョ・ジョンソクは、"ソン·ガンホ先輩が本当に楽にしてくれた。大先輩だから厳しいのは当然である。最初の出会いも覚えている。震えたりして緊張もたくさんした。最初の出会いもそうだったが、最初の撮影の時はさぞかし大変でしたでしょうが、私の言葉だけで一度笑うものも二度笑っていただいて本当に快適にくれた。おかげで楽しく撮影することができた。とても感謝する "と感謝の気持ちを伝えた。

また、"演技的な部分を学んだ。ソン·ガンホ先輩は動物的な感覚で演技する。それにもかかわらず、徹底した計算と分析が演技にしたという点で非常に大きい。内面を言葉で表現されていないほどだ。一緒に演技をした者として、体感温度がより大きかったようだ。一度は先輩がどのようなせりふをしたが 'どのようにあのようにして"という考えの中に従った。とてもその感じが出てこないよ。どのように演技をするかとても不思議だった"と回想した。

このようなソン·ガンホと負けていない、むしろ自己をより引き立てる相乗効果を出したチョ・ジョンソクもソン·ガンホが評したように "生まれつきの演技者"であることに間違いない。実際のマスコミ試写会で映画が公開された後、少なからぬ人々がチョ・ジョンソクとソン·ガンホの演技のアンサンブルに親指を立てた。

チョ・ジョンソクは、"その言葉よりも加えた絶賛のだろうかと思われるほどだ。韓国最高の俳優であるが、その俳優に押されずに次ぐアンサンブルを見せてくれたのは個人的に感じるの最も絶賛ではないかと思う"と話した。

観相記事22
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201309091455171128&ext=na

「観相」インタビュー記事①

メロドラマ!やってもらいましょう!

★チョ・ジョンソク"ナプトゥクこの札、いつかは落ちるでしょう" (インタビュー① )

観相記事16


[マイデイリー=キム·ミリ記者]俳優チョ・ジョンソクを大衆に刻印させたのは、映画 "建築学概論"である。若いスンミン(イ·ジェフン)のずうずうしい友達ナプトゥクこの役を演じ、 "忠武路(=映画業界)の発見'という評価を受けた。

以来、チョ・ジョンソクに付いて回る修飾語はナプトゥクであった。近衛隊長はウン・シギョン役を担って女心を揺さぶったし、民衆歌謡界チョ·ヨンピルファンヨウンミン役を引き受けて演技力を発散した。シンジュホ役を担ってアイユと演技呼吸を合わせて主演としての存在感を誇ることもしたが、大衆はまだ'ナプトゥクが病'を停止しなかった。

このような'ナプトゥクが病'中の観客の欲望を満たしてくれるだけの映画が登場した。まさに "冠状' (監督ハン·ジェリム)である。チョ・ジョンソクは、 '観相'のネギョン(ソン·ガンホ)の問題となる仲間ペンホン役を演じナプトゥクがを思い浮かべるだけの愉快ながらも人間のキャラクターを演じてた。しかし、そのせいでチョ・ジョンソクはまたナプトゥクこの修飾語を抱いて行くしかなくなった。

観相記事17


チョ・ジョンソク、"どんな役を演じてもナプトゥクこの札が追いつくようだ。いつかその札が外される日が来る今のところは映画が三編だからそうなのかナプトゥクがの印象を持ち続けて来ているようだが、寂しいか嫌いじゃない。空しさ、寂しさではなく、感謝の気持ちが大きい。ナプトゥクがが私を俳優として刻印させることができた貢献度が最も大きい人物であるため、むしろありがとう "と明らかにした。



続いて、 "私の仕事の選択が重要であると考えている。どのような作品に出会った時どのように解決克服するがカギだ。私が愚かかスマートでない場合は消耗している人物に映るのだが、そうでない倦まず弛まず捧げて努力している。いつかナプトゥクこれらの札をはずすことができるような自信もあるし、そうなるだろうと考えている"と付け加えた。



チョ・ジョンソクがナプトゥクに続いて愉快ながらも暖かい魅力を発散し、観客の心を盗む"観相'は朝鮮時代最高観相家の話を扱った作品だ。ソン·ガンホが観相家ネギョン役を引き受けたチョ・ジョンソクは、彼の義理の兄弟であり、劇の流れに重要な貢献をした人物ペンホン役を引き受けた。彼はネギョンの両面的な姿にひかれて出演を決心することになったと説明した。


チョ・ジョンソクは、"ペンホンは、どんな俳優が見ても俳優として貪欲になれる役だと思います。劇の内容は、真剣なのに、その真剣さを維持して解くことができる力を持ったキャラクターだ。中盤以降は、感情線が変化して、映画の中心的な人物なのでそのような問題的要素を見ている人に妥当性ように理解しなければならない。次第真剣な場面があるので、その二つの両面性を示すことができ、より良いではないかと思った。二面性の魅力をたくさん感じました。そのような点を見せるのに気を使った"と話した。

しかし、気になる点もなくはなかったという裏話だ。撮影序盤映画の流れを変える重要なシーンを撮影したもの。ここで映画初盤に登場するペンポンの姿とはまた他のペンポンの感情を表出していたせいで、チョ・ジョンソクには、さまざまな面で負担になるしかないはずだった。それにもチョ・ジョンソクは胸ジーンとしながらも訴える力あふれる演技でスクリーンを埋め出す。

観相記事18

チョ・ジョンソクは、"映画の作業が楽しいです。ベスト·オブ·ベストを作るために宝石用原石を見つけるような作業のようだ。俳優としては非常に良く、心が引き付けられる。もちろん、映画は監督の芸術であり、編集の芸術が、そのようなことを離れて俳優として新たな演技と斬新な演技を見せるのに、私と映画というジャンルがよく合うようだ"と話した。

チョ・ジョンソクは、 "観相"で初時代劇に挑戦した。そんなに多くないフィルモグラフィーで大衆の愛を受けて演技力を証明した彼は時代劇を越えて別の映画に対する熱意を表わした。

彼は"スリラー映画も欲が出る。したいことはメロドラマだ。"菊の花の香り"のようなそのようなメロドラマもしてみたい。弱々しくて切ないメロ"と伝えた。

観相記事19


チョ・ジョンソクの初めての史劇挑戦作であり、ナプトゥクに続き、ペンポンの魅力を発散する映画 "観相"は、王の座が危うい朝鮮、顔を将来を見据えた天才観相家が朝鮮の運命を変えようとして広がる話を描いた作品である。ソン·ガンホが観相家ネギョン、イ·ジョンジェが首陽大君、ペク·ユンシクがキム·ジョンソ、チョ・ジョンソクがネギョンの義理の兄弟ペンホン、イ·ジョンソクがネギョンの息子ジンヒョン、キム·ヘスが妓生ヨンホン役で出演した。来る11日封切り。
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201309091453591129&ext=na

「観相」試写会 舞台挨拶

昨日行われた
試写会舞台挨拶のジョンソクさん

出席者の感想は…

「色白い」「顔小さい」

映画のジョンソクさんは「笑い」と「涙」だそうです。



観相9-9-2


観相9-9-3



観相9-9-4


観相9-9-5


観相9-9-6


観相9-9-7


観相9-9-8
やっぱり、髪黒くしましたね。

該当の記事は見つかりませんでした。