FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

来年にはミュージカルで会いましょう

★"毎回"ナプトゥク'のような演技しろと言うなら主人公でも嫌い

映画 "観相"ペンホン役チョ・ジョンソク

ハン·ジェリム監督の映画 "観賞'試写会が終わった後、広報担当者が観客を対象にキャラクター評価のアンケート調査をした。 1位を占めたのは俳優主演のソン·ガンホやイ·ジョンジェも、唯一の女性キャラクターであるキム·ヘスもなかった。最近盛んに人気が多いイ·ジョンソクもなかった。主演の義理の兄弟'ペンホン役を演じたチョ・ジョンソク(33)であった。他の俳優たちの演技にリアクションを見せるだけでも、映画の和音(和音)とリズムを吹き込む彼はいつのまにか見えなければ残念で、"分量がもっと増えると'して望むようになる存在になってしまった。

先週、ソウル三清洞で会ったチョ・ジョンソクは、"私は映画の全体的なリズムをよく知らない。場面ごとに指定された目的のために徹底的に計算しますが演技する時は自分の本能と感覚をそこに乗せてしまう。本能というのは'このようにしなくちゃ'ではなく、ただそのように出てしまうようだ "とした。 "誰にもこのような本能があるのか​​"と再度尋ねると、彼はしばらく蒸らした後 "誰もが持っているのではないようだ"とした。



観相記事31

観相の広報関係者は、出演俳優たちの写真を観相家に "似ている動物のを見つけてもらう依頼した。 "社交的で頭が良い"は、タヌキ像(像)の彼は"アライグマ、かわいい"とかすかに笑った。自分が演じた虚々実々なキャラクターとは異なり、彼はよく笑っていない、非常に落ち着いたものだ。 /ホヨウンハン記者

(中略)




彼らのセリフはちょうどとんとん投げる言葉のように聞こえますが、"意外にアドリブはあまりなかった"とする。彼は"そのようなコンビが誕生したのはソン·ガンホ先輩のおかげです。私が言うと、一度笑うだろ持ってダブル笑ってくれて不便しないように切続け声をかけてくれた。そうするうちに二人でずっと"こうか、ああしようか"頭を突き合わせていた"と言った。

次の作品は、ドラマ "ザ·キング·ツーハーツ'を演出したイ·ジェギュ監督の映画"逆鱗"である。朝鮮時代を背景にしたこの映画で、彼は最高の実力を持った殺し屋役を務める。ドラマとは異なり、映画ではあなたの側に相次いで助演を務めている。彼は"主人公をしてみたいという思いが当然ありますが、それよりもまず消費されたくない。私に期待する役割はないか。笑わせて愉快な役割たが私は新しいエネルギーを発散することができる役割をしたいと思う。それがない場合は主人公としても嫌だ"と言った。

http://news.chosun.com/site/data/html_dir/2013/09/10/2013091003993.html






★チョ・ジョンソク、素朴ながら洗練された私の'マスク'がぴったりだそうです 

[フォーカス新聞社|文グァクミョンドン写真ジョンソンシク記者2013-09-1114:36:40]
観相記事32


■映画 "観相'でペンホンにスクリーンカムバックチョ・ジョンソク

"観相'を準備していたハン·ジェリム監督は'建築学概論'を見て'ナプトゥク"チョ・ジョンソクに突き刺さった。いざ会ってみると顔がとても白くて、背丈もすらっとしていた。ネギョン(ソン·ガンホ)の義理の兄弟ペンホン役にあわうと、しばらく悩んでいる時、ソン·ガンホが"(マスク)がいい"と推薦した。

"ソン·ガンホ先輩は'建築学概論'を知ったことがあり。 "雪国列車"の撮影のためにチェコに去る前日に、TVを見ながら無意識的に荷物を梱包しながらドラマ'ザ·キング·ツーハーツ"をご覧になったそうです。その時私を見たら、"何か洗練されたものながらも素朴で、庶民的な感じがする"と考えたと、後で聞いたんです。ソン·ガンホ先輩のおかげで、"冠状'に出演することになったわけです。"

観相記事33

近所の半失業者の叔父画像
ソン·ガンホ先輩の強力推薦
史劇トーンに現代的なニュアンス
コミックと悲劇の振幅キーワード


"観相"は、1453年に廃止1年、癸酉靖難(首陽大君が王位を奪うためにキム·ジョンソなど三再生などの重要な人物を削除して政権を簒奪した事件)を背景に、歴史の巨大な渦の中に巻き込まれた冠状屋内径の話を描いた作品である。

歴史的事実とフィクションの人物を絶妙に配置されたこの映画は、権力と欲望、歴史と運命の前に立っている人間の強烈なドラマを盛り出した。

観相記事34


チョ・ジョンソクは序盤ソン·ガンホと"コミックアドリブ"とやや屈強られる映画の息抜きを分からせてくれる。

"ソン·ガンホ先輩と食生活の絡みのシーンは、私が見ても笑わせ。元のシナリオが真剣だったので、軽い笑いが必要なので、その場でプレイしました。鶏の足ちぎっているソン·ガンホ先輩が突然平手打ちをするリシましたよ。瞬間的に襟を握った。(笑)持っていた鶏の足を私の顔に投げたのも先輩のアイデアでした。本当に素晴らしい俳優という考えが自然にしましたよ。"

ハン·ジェリム監督は、近所のどこからでも見ることができる半失業者の叔父のイメージを望んだ。ペンホンは、最初のシナリオではない人物だった。コックピットの加勢ネギョンとネギョンの息子ジンヒョン(イ·ジョンソク)が体験する悲劇の振幅がもっと大きくなった。

"私にできることは、観客の歴史の実際の事件の中でついてくるのだろうと判断しました。 "私と一緒に行くか?"という感じがにじみ出るように願いましたよ。ように後半に私が悪口を言われる量を減らすことだったんですよ(笑)"

観相記事35


ペンホンは、内径と一緒に宮に入って首陽大君を牽制してキム·ジョンソを助けうとした不慮の口実を提供して事件に巻き込まれる。

序盤のコミカルな演技が軽いジャブであれば、後半の慎重な演技は、強力なパンチだ。

甥ジンヒョンを母のように大切に愛し、姉の夫の内径を虐待して破裂する妻のコンセプトで演技した結果だ。

"話し方も違うしましたペンホンは、現代的な言い方が似合うと思ったんです。史劇のトーンを維持しながら、現代言葉のニュアンスを生かしてプレイしました。"
観相記事36

彼は今年デビュー10年目を迎えた。ミュージカル界で最高のチケットパワーを誇っていた彼は昨年'建築学概論'のナプトゥクがで大衆をひきつけた。以後映画'救国の鋼鉄隊'とドラマ'ザ·キング・トゥーハーツ""最高だイスンシン'でトップスター隊列に上がった。

少し前までは"そこでは、ナプトゥクが行く""イ·スンギの横にある"という声を聞いたが、今では"チョ・ジョンソク!"という言葉をよく聞く。 "最高だイスンシン'以後南海の閑静な島の人々も彼を認識程度でファン層が厚くなった。

"来年にはミュージカルで会いましょう"

観相記事37

"今は時代劇"逆鱗"の準備に邁進しています。アクションスクールで剣術を身につけているが、師範様が "姿勢が出てくる"といただき、力を得たよ。来年にはミュージカルの舞台に立ちたい。公演を見ると、血が沸いてね。すぐに舞台に上がってたいんですよ。良いパフォーマンスでお伺いしますよ。"

http://www.fnn.co.kr/content.asp?aid=35f7dd151068495ba3b82ae0f085af57

オフィシャル チョ・ジョンソク 一問一答 Vol.5 より

オフィシャルブログ チョ・ジョンソク 一問一答 Vol.5 より

Q.一番好きなミュージカルの曲は何ですか?

    好きな理由も教えてください。


僕がとくにロックエンドロールジャンルを好きなので、

ミュージカル“All Shock Up”のナンバーと

“ヘドウィック”のナンバーが好きです。

特に“ヘドゥィック”の「The Origin of love」


2007年にジョンソク本人が自身出演のミュージカル
“All Shock Up”(チャド役)について取り上げている番組から




“All Shock Up”のナンバーを歌っています






ヘドゥィック”の「The Origin of love」
アンコールで

取材写真集


もう勝手に「取材写真集」って呼びました


コンセプトが色々でおもしろいです。

観相絡み30


観相絡み29


眉毛さわってると「定番ジョンソク」って感じがしますね~
観相絡み28


観相絡み27


観相絡み26


観相絡み31


観相絡み32


観相絡み33


観相絡み34


観相絡み35


前髪上げてる+白ジョンソク=marcy好み
観相絡み36


観相絡み37


観相絡み38


観相絡み39


観相絡み40


観相絡み41


観相絡み42


観相絡み43


観相絡み44


観相絡み45


観相絡み46


観相絡み55


観相絡み47


観相絡み48


観相絡み49


観相絡み50


観相絡み52


観相絡み53


観相絡み54

映画で単独主演をした後、故郷であるミュージカルに帰りたい

たくさん取材を受けているジョンソクさん
勢いのある俳優はちがいますね~

これだけインタビューされてるのに
ネタを少しずつ変えてくるあたりが、私泣かせ?←こらっ←自動翻訳に頼ってるのに

★'ナプトゥク'は、ワンマンショー...今度はソン·ガンホと "バディ(相棒)ムービー"

観相記事30

俳優チョ・ジョンソクは'建築学概論'はもちろん'観相'も優れたアドリブが披露する。彼は"演技でも運動でも瞬発力があるという評価を聞く。テコンドーは3段"とした。[写真チョン・ソユン(STUDIO706)]

(前略)
また、コミックのキャラクターだ。自己複製なのか。

"ナプトゥクほど負担さはなかった。その時は無条件に笑わせなければならないという負担が大きかった。さらに一人のシーンを読み込む必要がありました。しかし、今回の映画ではソン·ガンホ先輩とやり取りしながら楽しく過ごし撮影した。二人が笑いすぎてミス(NG)も出している。ナプトゥクがのコメディが敷かれたむしろの上で遊んでとぼけさであれば、ペンポンのコメディは、ドラマと融合されたのだ。"


ナプトゥクこの札が簡単に落ちないであろう。

"現状のまま、感謝して受け入れる。そんなイメージのみに限定されないされている。 'ナンバー3'(1997·ソンヌン監督)のコミカルな役割でスタートしたソン·ガンホ先輩も幅広い演技をしていないか。ペンホンという人物の二面性を見せたいこの映画を選択した。"


- 置屋で踊る場面が印象的だ。

"ダンスを入れようという監督の提案に私即座に振付を作った。ソウル芸大(演劇科)に通う時、身体トレーニングサークルにいたのが助けになった。"



中盤以降あまりにも悲壮になるという批判もある。

"コミカルな部分もあるが、この映画は、悲劇のドラマだ。没落した両班の家の3つの家族が癸酉靖難という大きな事件に巻き込まれやすい悲劇と敗北感を込めた。演技のために癸酉靖難を勉強しながらも、歴史の痛みや不満を感じた。"

※癸酉靖難(きゆうせいなん、ケユジョンナン)は、李氏朝鮮の第6代国王端宗の即位1年後の1453年10月に、幼い国王の叔父にあたる首陽大君(のちの世祖)が、皇甫仁、金宗瑞らの顧命大臣を殺害して政権を奪取した事件である。


- いくつか部分が大変だった。

"ネギョンとキム·ジョンソ側に立ったペンホンは甥のジンヒョン(イ·ジョンソク)を生かすために首陽大君を助ける羽目になる。雨の日首陽大君を訪ねて絶叫する場面が劇のクライマックスだが、撮影序盤に取らなければならいた。幸いにも、監督が感情線をよく取ってくれた。"


私の観相?さまざまな印象が混在でしょう

- 観相や四柱を信頼か。

"キリスト教の信者なので運命が決まっていると信じてない。運命は自分で作っていくんじゃないか。自転車に乗ってミュージカル劇場で通勤していた頃、私こんな日が来るだろうと想像もできなかった。

映画で単独主演をした後、

故郷であるミュージカルに帰りたい。
"


- 自分の観相を自評した場合。

"得意にハンサムな顔ではないが、さまざまな印象があるようだ。明るい印象だが、冷酷に見えることもある。役割に応じて、多くの変化を与えることができる顔だ。"


映画でもメロドラマをしてみたい。

"当然だ。 "菊の花の香り'(2003·イジョンウク監督)のように切なくて胸せる恋愛に挑戦したい。"

http://joongang.joins.com/article/aid/2013/09/11/12173790.html?cloc=olink|article|default



観相絡みのインタビューでジョンソクさん
「菊の花の香り」みたいな恋愛もの
やりたいやりたいって言ってますね

※菊の花の香り

大学の読書クラブで会った年上の先輩を愛する男性主人公の悲しく美しい愛の物語。
100万部の超ベストセラーとなったキム・ハインの小説<菊花の香り>を映画化した作品



こういう切な~い恋愛もの希望なんですね~
では、恋愛もので単独主演して
ミュージカルに帰ってもらって
その間にドラマもやってもらおうっ


ここから下は、「菊の花の香り」のあらすじなので、実際に観て楽しみたい方はスルーしてくださいね。


中学・高校をアメリカで暮らしたイナ(パク・ヘイル)は、韓国の大学に通うこと になる。

新入生のイナ は、ある地下鉄の 駅で不正を前に毅然としたヒジェ(チャン・ジニョン)を初めて見て、彼女から菊の花の香りを感じ、愛を予感する。

大学のサークル<ブッククラブ>の会長と してヒジェに再会するイナ。彼女に愛を告白するが、ヒジェは一時の情熱だといって相手にしない。イナは、消 すことができない愛につらい思いを感じる。

数年後、婚約者と両親を事故で失い、自分のまわりに壁を作って生きているヒジェ。ラジオ番組のPDになったイナ は、ずっと守ってきたヒジェへの愛を ラジオ番組のメッセージを通して世の中に知らせる。

一歩遅れて成し遂げた愛に幸せな毎日を送る二人。そんなある日、ヒジェは自分の身体が病魔に侵されてい る事実を知る。

DSエンタツイ&観相"ポスターの中のチョ・ジョンソクの顔が非対称である理由


★DREAMSTAR@ dreamst80825007 2013年9月11日 - 10:28

[チョ・ジョンソク]全国に秋雨が降っている今日は映画 "観相"が公開される日です^^
多くの関心と応援してください〜風邪気をつけて〜



★"観相"ポスターの中のチョ・ジョンソクの顔が非対称である理由

観相304

映画 "観相"のポスターを注意深く見た観客は一つの奇妙な点を見つけることができます。すぐに6人の人物の中で唯一のチョ・ジョンソクが一方の口角と眉が少し上がった非対称の顔とのこと。彼以外のソン·ガンホ、キム·ヘス、ペク·ユンシク、イ·ジョンジェ、イ·ジョンソクは左右がほぼ対称的な無表情を浮かべている。

去る10日、韓国アイドットコムとのインタビューで、チョ・ジョンソクが答えを出した。彼は"実際にポスター撮影時の唯一の左と右が非常にこっそり、他の顔を演出したかった。これは、ハン·ジェリム監督とフォトグラファーの考えと同じだった。私たちが考えたペンホンという人物は、このような顔を持っているようだった "と話した。

映画 "観相'は朝鮮文宗末期、山の中に隠れ住んでいた天才観相家ネギョン(ソン·ガンホ)と義理の兄弟ペンホン(チョ・ジョンソク) 、息子ジンヒョン(イ·ジョンソク)がある日、妓生ヨンホン(キム·ヘス)によって外の世界に出てきて王位をおいて争った首陽大君(イ·ジョンジェ)とキム·ジョンソ(ペク·ユンシク)のパワーゲーム(癸酉靖難)に巻き込まれることになるという話を描いた。

キャラクターペンホンは、ネギョンの家族を外の世界に引き出す人物であり、文字とは別の方法で危機に追い込む人物でもある。チョ・ジョンソクは、自分が演じたキャラクターを"自分自身の性質と口をすべらせたための危機を迎えた人物である。 "観相"が序盤愉快な流れで悲劇的に流されることも多くはペンポンの役割が大きい"とし、 "ペンポンの感情を映像に描きながら追いつくした。前半と後半の重みが違うのはわざとではなく、人物たちの状況に応じたこと "と説明した。


ペンホンという人物は、 "冠状'序盤滑稽に描かれる。一部の観客は彼の姿で'建築学概論'のナプトゥクがが訪れた。コックピットは、"'建築学概論'のナプトゥクががワンマンなら"冠"の牙古着のユーモアは、ソン·ガンホ先輩と一緒に作っていくアンサンブル"としながら"'冠"のシナリオを見た時の話の重みが感じられた。どのような方々は、シェイクスピアの悲劇だともいたよ。キャラクターよりもドラマに集中することができたらナプトゥクな思い付かなかった"と話した。

ペンホンという人物は、 "観相'序盤滑稽に描かれる。一部の観客は彼の姿で'建築学概論'のナプトゥクがが訪れた。チョ・ジョンソクは、"'建築学概論'のナプトゥクががワンマンなら"観相"のペンポンのユーモアは、ソン·ガンホ先輩と一緒に作っていくアンサンブル"としながら"'観相"のシナリオを見た時の話の重みが感じられた。何人かの方々は、シェイクスピアの悲劇だともいたよ。キャラクターよりもドラマに集中することができたらナプトゥクな思い付かなかった"と話した

愉快なペンホンは結末に突っ走ってより暗くなる。内径は常に口蓋垂を感チュラしたが、決定的な瞬間に、彼は取り返しのつかない選択をする。 "観相"ポスターの中のチョ・ジョンソクの顔が両面に付いているのはこのためである。

チョ・ジョンソクは"'観相'で最も悲しい人は、ネギョンだが、ペンホンも罪悪感と痛みを持っている人物だ"と言いながら"その痛みを観客にどうすればうまく伝えられるか心配した。滑稽な面がある人物だが、その一方で、後の悲劇に観客が同化する必要がありました。 "観相"のペンホンを演じながら最も気を遣った部分"と話した。

一方、映画 "冠状'は11日封切りした。公開前 前売り率が80%に肉迫するほど大きな関心を受けている時代劇大作である。

http://news.hankooki.com/lpage/entv/201309/h20130911080038133450.htm



前売りの状況はこちら
観相前売り2

インタビュー記事 「ドラマより公演、公演よりも映画」

本日公開の「観相」
インタビューによるとジョンソクさんの中では

「ドラマより公演、公演よりも映画」
だそうなので

「観相」への思い入れも格別かも…

でも、ドラマもお願いしますっm(__)m




★コックピット" "最高だイスンシン'出てないの事実" (インタビュー)
2013-09-10 07:59:47

[ニュースエン記者/写真イ·ジェハ記者]

チョ・ジョンソクの週末ドラマ挑戦に対する率直な考えを打ち明けた。

チョ・ジョンソクは、映画 "観相' (監督ハン·ジェリム)封切りを控えて進行されたニュースエンとのインタビューで、最近放映終了したKBS 2TV週末ドラマ'最高だ李'撮影所感を明らかにした。週末ドラマというキャラクターが50部作という長い呼吸をリードして行くたチョ・ジョンソクは、芸能企画会社代表シンジュンホに扮してアイユと呼吸を合わせた。

観相記事28


観相記事29


前作MBCドラマ'ザキングトゥハーツ"で王室中尉近代長は、ウンシギョンキャラクターを見事に消化してブラウン管でも通じる俳優であることを証明したチョ・ジョンソクだっただけに"最高だイスンシン'にかける期待は相当だった。初主演ドラマというメリットも強かった。しかし、与えられた状況の中で最善の努力を傾けだったにもかかわらず、一部では物足りなさ混ざった反応が相次いだ。

これはもちろんチョ・ジョンソクも認知している部分である。そして彼はドラマと関連して、非常に率直な内心を表わした。不平不満を並べる一部の俳優たちと違い、チョ・ジョンソクは、今回のドラマを別の機会にして、自分に足りない点を明確に把握し、合った服と合わない服を選ぶ方法も習った。 "後悔しない"この一言にコックピットの心がすべて含まれている。

"ドラマをしたことを後悔したくはありません。反応が非常に悪かったこともないんです。ただし、私が上で合わない部分があったのも事実です。嘘はなかっ申し上げます。 (笑)特にミニシリーズではなく、連続ドラマなのでやった演技やパターン、映像が私はやった領域とも違いますよ。間違っているではなく、異なっているというの問題だったようです。 "

チョ・ジョンソク自分で気づかなかったのは'演技の違い"である。 "演技はいつも同じだと思っていた"はチョ・ジョンソクは、 "俳優が持っている柔軟性に各分野に合うように解いて行くのが重要だとだけ思っていた"とし、 "今回のドラマは、そのような面で、それなりちょっと大変だったような問題のために"本当のドラマはなできないのか"は、心まで聞いた"と告白した。

俳優が苦しい時に一番申し訳なく思っている人は、観客と視聴者である。どのような演技者が素晴らしい姿を固く隠したまま見せたくないだろうか。チョ・ジョンソクは、 "それで映画にもう少し力を入れたいと思っていた。様々なジャンルに挑戦してみた映画が出て一番よく合うようだ"と明らかにした。

"映画がしたい演技を始めた俳優なったら、映画俳優になりたいという夢がありました。音楽の演奏を盛んにする時も、 "映画を作りたい"という考えていたんです。噛んで痛くない指がないように今の私のようにしてくれたミュージカルにいつもありがたくて感謝していたので、このように言うとちょっと申し訳ありませんが、直接見たら

ドラマより公演、公演よりも映画のようです(笑)

あ、私の心弱いために"


一方、チョ・ジョンソクをはじめ、ペク·ユンシクソン·ガンホ、キム·ヘスイ·ジョンジェイ·ジョンソクなど大韓民国最高の俳優たちが総出動した "冠"は、顔を将来を見据えた天才観相家が王の座が危うい朝鮮の運命を変えようとして広がる話を描いた作品である。 9月11日封切りする。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201309100744131110

該当の記事は見つかりませんでした。