FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

秋夕は家族と&ジョンソクはキム・ヘスと先輩たちが好きでマンネジフンはジョンソクが好き

「観相」追っかけ隊の皆さ~ん
おかえりなさ~い!


追っかけ中=ソウル滞在中
cyurinさんから連絡をもらってましたが

今回も!
濃~い旅だったようで
詳しいことはブログ記事←左のリンク「あんびの猫」からどうそ
楽しみにしています!




「観相」は
9月17日公開7日目の
観客数は38万2,873人


公開7日で300万人突破!
累積観客数は322万4,854人です

これは、1000万人を突破した映画『王になった男』の記録(公開から11日で300万人突破)に比べ
4日早い記録!


韓国のファンサイトによると
損益分岐点は超えたそうです←くわしいなっww

秋夕の連休で観客数がぐっと伸びそうですね。




秋夕だし、もうそろそろネタないかな…と思ってたら
いっぱいあったという…ね



秋夕、ジョンソクさんは…

★ソン·ガンホからイ·ジョンソクまでは、 "観相"6人組の秋夕連休は? [秋夕特集]

観相記事64

デイリー=キム·ミリ記者]ソン·ガンホ、イ·ジョンジェ、ペク·ユンシク、チョ・ジョンソク、イ·ジョンソク、キム·ヘス。表示するだけでも "​​感じている"が俳優たちは "観相 (監督ハン·ジェリム)の主役である。

最近ソン·ガンホ、イ·ジョンジェ、ペク·ユンシク、チョ・ジョンソク、イ·ジョンソク、キム·ヘスは、楽しいひとときを味わっている。これらが演技呼吸を合わせた'冠'が旋風を巻き起こし、圧倒的興行疾走を繰り広げているからだ。すでに公開7日目300万観客を突破した。

楽しいひととき訪れた蜂蜜のような秋夕連休。 "観相"主役の秋夕連休の計画を聞いてみた。

(中略)

ソン·ガンホと対戦し、最高の演技のアンサンブルを披露して大俳優に押されていない独自の存在感を披露したチョ・ジョンソクは、映画の撮影中だが秋夕当日は家族と一緒にする。チョ・ジョンソク所属事務所ドリームスターエンターテイメント関係者は"現在の映画'逆鱗'を撮影中"としながら"秋夕当日と翌日ぐらいは撮影がない予定である。家族と過ごすことになるだろう"と述べた。

これらの末っ子で唯一の20代イ·ジョンソクは、血沸く青春らしく秋夕連休期間にも映画の撮影に邁進する。イ·ジョンソク所属事務所ウェルメイドエンティ関係者は"秋夕連休の間映画"血沸く青春'を撮影する予定"と明らかにした。

観相記事65

http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201309180425441122&ext=na





うまく訳せてませんが←自動翻訳くんが←機能のせいにしてすいません
キム・ヘスが病級に好きだって言ってるので(笑)

★チョ・ジョンソク"万人の花のキム·ヘス、眺めるだけ見てもいいよ"(インタビュー)

ニュースエン記チョ・エンギョン者/写真イ·ジェハ記者]

チョ・ジョンソクが先輩キム·ヘスに対する尊敬と愛情を惜しみなく表わした。

映画 "観相'(監督ハン·ジェリム)ペンホンを通じて前作'建築学概論'(監督·ヨンジュ)キャラクターナプトゥクがを越える程の魅力を誇ったチョ・ジョンソクは、"観相'だけの最高の強みを'俳優たちのアンサンブル"と伝えた。これは、主演俳優の中で唯一の紅一点であり、先輩後輩を問わず誰もがパートナーに切望されたキム·ヘスと一緒に呼吸を合わせた所感を聞く質問に、まず敷いた回答です。

観相記事28

観相絡み54

チョ・ジョンソクはインタビュー中ずっと"観賞"という作品の一員として、自分が属していることを幸せにした。撮影現場に行く日は、口元が世話を耳にかかっていた言葉も躊躇しなかった。最大の理由は、まさに大韓民国映画界を陣頭指揮する先輩たちが大挙布陣されていたから。コックピットは気が引けるかかり、より調和の負荷を選び一生忘れられない経験と思い出を積んだ。

私こう言ったことがありますよ。"観相"を撮りながら、本当に幸せだった。"観相'撮影場に行くときだけは好きどうしていいのか分からないし(笑)そこには、先輩たちの貢献度が "怖く"大きかったです。笑。特にヘス姉ではなくヘス先輩は撮影現場におられるだけでも良かった。見るたびに良く眺めるだけ見てもいい。ほぼ病レベルですか? "

キム·ヘスもソン·ガンホ劣らず、チョ・ジョンソクをかわいがったたという裏話だ。ソン·ガンホ、キム·ヘスと話を交わしている時は自分でも不思議に一度は自分の席を振り返りもしたのだ。仕方なく降り注ぐ疲れを発生退けてくれるくらい先輩たちはチョ・ジョンソクの"ヒーリングポイント"だった。

ヘス先輩は、現場の美しい花イショトオヨ。万人の(笑)俳優は、俳優なりに、スタッフはスタッフなりに、それぞれの場所で難しい部分が明らかにあったと思います。天候のために苦労していたのも事実。しかし、私はその時間をあえて苦労と言うことができません。得られた方がはるかに多いから。だから、映画を見るたびに感傷に浸るような気もしている。"

チョ・ジョンソクが体感した一連のすべての状況では"観相"に埋め込まれている。必ず同じでなくても、雰囲気、表情、行動などを通じて如実に表れるもの。演技は決して一人でするものではない。俳優たちはパートナーとの合計が満たされたときの最大の喜びを感じるという。チョ・ジョンソクは、ソン·ガンホ、イ·ジョンソクと一緒に分かち合った呼吸を一生忘れないと述べた。

"率直に言って撮影したかヶ月半以上経ったすべてのシーンをどのように撮ったのか生々しく覚えている。内径陣形ペンホン三人が一緒に登場するシーンや首陽大君額の3つの点をスライドし持ち上げるためにヨンホン内径チョムジと密かに入って行く場面もアンサンブルに優れてい私の過失。首陽大君とキム·ジョンソの合計も鳥肌が立つ位です。観客の方々も同じ考えイシルだろうと信じています!"

チョ・ジョンソクをはじめ、ペク·ユンシクソン·ガンホ、キム·ヘスイ·ジョンジェイ·ジョンソクなど大韓民国最高の俳優たちが総出動した "冠"は、顔を将来を見据えた天才グァンサンガが王の座が危うい朝鮮の運命を変えようとして広がる話を描いた作品である。 9月11日開封後7日目に300万人を突破、興行巡航中だ。

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201309161025161110





イ・ジフン(マンネ)のインタビュー
やっぱりチャンミとのラブラインほしかったよね…ww
アドリブでキスしちゃってもよかったのに~!

★"最高だイスンシン'イ·ジフン"ラブライン?アドリブでキスもするからね"(インタビュー)

チェゴシン記事3

(前略)

◆ゆっくりと一歩ずつ

例えば、星のような印象だ。大部分がなくても、自分の席を守って光を放つ俳優。イ·ジフンは、その場で屈せずに自分の存在感を現わした。自らも"小さな割合で徐々に何か生まれるのだ"と存在感に言及したほど。

"それは良いことだと思う。徐々に何か表示されるよ。 "最高だイ・スンシン"も"学校2013 "のように、最初よりも分量が多くなって何かを作られるという感じがしました。 "

そうだった。ドラマ "学校2013 "のイ·ジフンも、 "最高だイ・スンシン'のチョ·インソンも同じだった。彼は周りの人に責められていたキャラクターを生き生きと仕上げて出して劇の一部として自然に溶け込んでいる。それだけイ·ジフンに対する期待感や関心が大きくなったのも事実。これイ·ジフンは、賞賛よりも怒られることが多かったと口を開いた。

"本当に多くの大目玉をくらいました(笑)それでも、ユン·ソンシク監督は "この部分はこのようにした方が良かったよ"と言いながらなでなでてくださるんですよ。アメとムチを交互に。確かに私も一度チクッと大目玉をくらうと、より精神調える面があります。よく怒らやったくらい確かにたくさん入ったんです。しまいには、私がドラマ終わって監督に抱かれて泣きじゃくった。"

最も恐ろしいの人に認めてもらいたいのは、すべてが同じであろう。のような場面でも味出るように実装して思った彼の欲はすぐに "アドリブ"につながった。 "学校2013"当時もゴマ粒のようなアドリブで目を引いたイ·ジフンは'最高だイスンシン"でも存分にアドリブを繰り広げた。

"そうですよ。アドリブ存分ましたよ。監督もアドリブが好きくださってね。距離はめることなくしました。 (笑)覚えているのはワンドでジョンソク兄さんに'代表さんの告白遅いの"と言いながら駄々をこねる場面です。その部分は、すべてアドリブでした。"

得意揚々笑顔は、 "最高だイスンシン"の中のチョ·インソンを抜く出した。あまりにも自然な流れだからそこまでアドリブを発見できなかったこともあった。自然に劇中に溶け込んだイ·ジフンは"私が何と言ってなってではなくジョンソク兄さんがよくてそのようなんです"とはっきりと言った。

"兄さんが導いてくださるからアドリブも自然に進むことができましたよ。現場で本当に楽しかったです。ジョンソク兄さんには私は最高の先輩の侍者、一番好きなパートナーです。"

良いパートナー。思うに、イ·ジフンは常に良い "パートナー"があった。 "学校2013"のキュウリや、"最高だ李'のコックピットのように。彼がおいしそう私は状況をもたらすことができるよう助けたり、逆に自分の状況を明るくするように味を付けるの役割だった。特に、"最高だ李"の後半部に登場した焼がコミックたラブラインにはイ·ジフンのコミカルなキャラクターを浮き彫りにさせた。

後半のラブラインには私が考えてもちょっと残念です。よくないんです。カウォン(バク・チャンミ)実際の恋愛のように'私たちだろうか?""いやならないだろう"という会話をしありましたよ。 (笑)えい。アドリブでキスでもしちゃいそうだったです。"

http://wstarnews.hankyung.com/apps/news?popup=0&nid=07&c1=07&c2=07&c3=00&nkey=201309171723391&mode=sub_view

該当の記事は見つかりませんでした。