FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク"演技力論議·初めての史劇·大先輩、不足知る時間"&取材写真

今夜は「中秋の名月」

中秋の名月当夜が満月に当たるのは3年連続だそうですが
今年を逃すと満月になるのは8年後だとか。

今夜は我が家のKPOPファンの←私は不参加
INFINITE横浜アリーナ公演の送迎なので
夜空を見上げてみますっ




9月18日公開8日目の観客数は60万9,778人

累積観客数は384万904人です!

観相502これ、黒くするもの、落とすのも大変だったはずだよね…と



韓国とは人口が違うのできちんとした比較にはならないけれど 
これって日本だとどのくらいかな…と思って調べてみたら

ゴジラvsメカゴジラ 東宝 1993年 380万人 
容疑者Xの献身 東宝 2008年 372万人
ALWAYS 続・三丁目の夕日 東宝 2007年 370万人

という感じでした。
ちなみに公約になってる1000万人は日本だとE.T
観相!ファイティン!




★チョ・ジョンソク"演技力論議·初めての史劇·大先輩、不足知る時間"(インタビュー)

[チョン·ミョンファ記者]コメディとロマンス、音楽や映画、ドラマを行き来しながら活躍している最高の期待の主チョ・ジョンソク。映画'建築学概論'の'ナプトゥク'でスクリーンいっぱいに笑い漢方を与えた彼は映画ただ一方だけで一躍スターダムに上がった後、忙しい歩みを続けている。

開封6日ぶりに300万観客を集めた映画'観相'は天才観相家と彼の家族が癸酉靖難という歴史的事件に巻き込まれて人生の曲折を経る内容を描いた作品だ。今回の映画でチョ・ジョンソクはソン·ガンホの義理の兄弟であり、血の気の多い青年'ペンホン'役を引き受けた。

"観相"後もヒョンビンのカムバック作として期待を集める映画 "逆鱗"に再び史劇演技をするチョ・ジョンソクは"変化に富んだ俳優になりたい"と望みを伝えた。ミュージカル界の主役で'建築学概論'で大衆の視線を集めたショ・ジョンソクは、ドラマ "ザ·キング·ツーハーツ'、'ワッツアップ'に続き週末ドラマ'最高だイスンシン'の主演の座を獲得し、乗勝長駆(=勝った余勢を駆っていっそう猛烈に攻撃すること)中だ。

安定した演技力の持ち主であるにもかかわらず、週末ドラマ放映序盤演技力論議に苦しんだりしたチョ・ジョンソクは、"私に注がれた関心が、そのほどだったということは驚きだった"と率直に感慨を打ち明けた。

観相記事66

"そのように息の長い作業を初めてしてみた週末ドラマというジャンル的特性など色々と大変でした。ドラマでもミニシリーズドラマは、別の演技が必要であることが分かったんです。私がキャラクターの吸収がよくできなかったようで、ストーリー展開も物足りなさはあります。アイユとのまた別の話が多いと思った単線的に処理されたのは残念な部分です。"

"週末ドラマ波及力は、本当に驚くべきことあるんですよ。その前は、ナプトゥクだ"とか、"ザ·キングの姫の恋人'くらい知って見ていた人が、今まさに私の名前を呼んでくださるびっくりした。調べてくださる方々の年齢層も多様なったしですよね。演技力論議に包まれた時は私にそう興味を持ってきてくれるの気持ちが先でした。気に障るのではなくこれが週末ドラマの力だと思ったし、私が主人公をしたりするが、より心でした(笑)。週末劇が付いている演技の特性を私が見抜けなかったのは事実であり、最初は感覚うまくないキャッチもいたようです。関心と愛があったからそのような議論もあったと思います。"

観相記事67

週末劇を通じた厳しいトレーニングと共にチョ・ジョンソクは、初めての史劇であり、演技の先輩たちと一緒にした'観相'でも多くのことを学んだとする。

""観相"は、まさに最高でした。今までデビューして10年の人なのに、舞台で経験した、これまで悟りとばかりしたが、ドラマ、映画の内面を持っている"観相"に入ったのに、あまりにも多くのことを感じて学びました。強豪の高らと会ったって感じかな。上手との呼吸がとても楽しいんですよ。同じ方向を見て走って守ったちによってながら驚異的な内面と驚異的な学習を持たせた作品です。"

初めての史劇演技には自分も危惧が多かったという彼は "一応時代劇によく似合う顔なのか、扮装がぎこちなくないだろうか心配が多かった"と話した。

"私の肌の色が少し白い方なので、時代劇に似合うか分からないんですよ。ひげや時代劇のトーンのセリフもそう不自然で心配たくさんしました。しかし、実際に扮装をしてみると、その当時の人ようでもあり見る大丈夫でしたよ(笑)。"


ペク·ユンシク、キム·ヘス、ソン·ガンホ、イ·ジョンジェなど大先輩たちと一緒にした'冠'撮影場でコックピットは愛嬌たっぷり末っ子を自任した。先輩たちのために歌を歌って雰囲気を浮かべかわいこちゃんの役割を正確にした。

"実際の性格は静かな方です。愉快で楽しく暮らそうという考えだが、一人でいるのが好きで真摯な性格です。'建築学概論'に見るとナプトゥクでなく、イ·ジェフンの性格に近いです。"

観相記事68


次に、好きな女の前では恥ずかしがり屋がないか聞くと、それはないと堂々と答えた。

"好きな女性ができれば長く見守る方です。そして、確信がある場合は石直球ですよ。好きだと表現して率直に言います。"

大衆的な認知度が無名時代と比較することなく、上昇したにもかかわらず、女性ファンの愛情攻勢はない方だと。チョ・ジョンソクは、"愛情攻勢を見てくれてほしい"とふてぶてしくふるまうこともした。

"理想のタイプは常に変わりますが、今考えている理想のタイプは優しくて素敵な女性です。淑やかではなく、かっこいいという気がする女が好きです。そして義理堅くほど多いが結んではっきりとながら考えがはっきりしウィトオルンを敬うような女が好きです"

一度も自分の観相や四柱を見たことはないチョ・ジョンソクは、オンライン上に上がってきた彼の四柱を読んでみたとし、 "来年、再来年までに運気開運といったよ"と笑った。

"日常的に見られるのは、多くの努力によって作られた性格であり。いつも普通しないように活かしてうまくいく。ユニークさと創造性を非常に尊重して、その死ぬまで分別なしでは生きたいのが私の目標です。"

観相記事69

http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=701100&g_serial=772593&rrf=nv



★取材写真

観相絡み71


観相絡み72


観相絡み73


観相絡み74


観相絡み75

該当の記事は見つかりませんでした。