FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

'観相'拡張版公開準備中&ソウル芸大ホームカミングデー&観相インタビュー

9月25日公開15日目の観客数は12万7,255人

累積観客数は729万2,449人に!

観相511


好評だと、こういう企画も持ちあがりますよね。

★"観相'側の"拡張版公開...10月中旬目標に編集中"

[TVレポート=キム·スジョン記者]映画'観相'(ハン·ジェリム監督、ジュピターフィルム製作)拡張版が公開される。

"観相'製作会社ジュピターフィルム関係者は26日午前、TVレポートとの通話で"'観相'拡張版の公開を準備中だ。現在の編集操作では正確にどのような内容が追加されるかは正確に申し上げにくい"と明らかにした。

引き続きこの関係者は"現在のバージョンのランニングタイムの139分に未公開シーンが追加されます。編集というのが物理的に接着するだけではありませんので、具体的にどのようなシーンが含まれるか拡張版完成版が出て見ると分かる"と説明した。

また、"サウンド、音楽の仕事、審議などの過程を経て10月中旬に、またはその後封切りする予定だ"と付け加えた。

"観相'は朝鮮の天才観相家が歴史の中で最も悲劇的な出来事である癸酉靖難に巻き込まれながら起る話を描いた作品だ。公開13日間に700万観客を突破して巡航中だ。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=213&aid=0000378830





そして、こちらは韓国のファンサイトで
もしかしたら、ジョンソクも…?と囁かれているイベントですが

イベント

記事には名前が出てきてません。
でも、参加者100人余りって。
逆鱗の撮影中だし…
どうなのでしょう?

★ソウル芸大出身のスターたち勢ぞろい'花火'

(ソウル=連合ニュース)イテス記者=ソウル芸術大学では、来る30日午後6時30分安山キャンパスで "花火 - 星の故郷"のイベントを開催すると25日明らかにした。

このイベントはソウル芸大総同窓会(会長パク·サンウォン)が主催する"ホームカミングデー(Home Coming Day)"のイベントで、この学校出身の各界のスターたちが一席に集まる。

参加者は、俳優のチョン·ドヨン·ユ·ドングン·リュ·スンニョン·キム·ミンジョン、歌手キム·ゴンモ、放送チェヤンラク·イ·ヨンジャ、ドラマ作家キム·ウンスクなど100人余りである。

ミュージカル "ブロードウェイ42番街"タップダンス公演、学生サークル公演、卒業生のスターたちの祝賀公演などが繰り広げられる。

ソウル芸大ホームページでのイベントをリアルタイムで見ることができる。

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=001&aid=0006499878




★チョ・ジョンソク"甥失った痛み、'観相'ペンホンに入れた"
|オーマイスター■取材/イオニョク記者·写真/イ·ジョンミン記者|

観相絡み92


映画<観相>が700万観客を突破した。有名な俳優がブレず活躍したが映画館を出る観客はチョ・ジョンソクを欠かさず取り上げている。主人公である観相家ネギョン(ソン·ガンホ)が画用紙になってむしろを敷いたら、義理の兄弟ペンホン(チョ・ジョンソク)は、その上にカラフルなイラストを描き出す。

誰でもは、チョ・ジョンソクから<建築学概論>の'ナプトゥク'を思い浮かべるが、本人は<観相>の中のドラマの力の中で目立たないように努力した。実際には、運命を信じるよりも"私の未来は私が開拓するだろう"と考えている俳優コックピットをソウル鍾路区三清洞のあるカフェで会った。


ペンホンとチョ・ジョンソクの共通点?"甥失って世界を失ったようだった"

チョ・ジョンソクは、<観相>に2番目にキャスティングされた。最初はソン·ガンホだった。 "ソン·ガンホ先輩のパートナーという言葉によく飛び上がった"と打ち明けたコックピットは、"シナリオを見ながらドラマが持った悲劇的な重量感が目に入ってきた"としながら"<観相>を置いてマルチキャスト映画と多くの話が、ネギョンの崩れ個人史を中心に、残る者たちの悲しみと敗北感などの感情線に沿って行く映画"と紹介した。

観相絡み102


ペンホンは官職に進もうとする意志を抱いた甥ジンヒョク(イ·ジョンソク)と母のような存在だチョ・ジョンソクはペンホンを演技して、自分の甥の考えをたくさんしたと告白した。子供の頃から兄弟のように育った彼の甥は、不慮の事故でこの世を去った。チョ・ジョンソクは、"甥がとても大切に愛していた、当時は世界のすべてを失ったようだった"とし、 "この世あるとき、生きている時は表現をよくできなかった"と打ち明けた。

"ペンホンはジンヒョンにお母さんのような存在ではないかと思います。誰よりも大切に愛する心が大きいため、"官職はもちろん、ジョンスンドなる奴'としながら漢陽にボネジョ。ジンヒョンを見てペンホンが感じる罪悪感と痛みがもちろん父のネギョンだけではないと思います。でも流れに沿って行くと、確かにかっとするんですよ。"

"すごいソン·ガンホ、殺伐としたイ·ジョンジェ、貫禄のキム·ヘス"

いつも付いていてだったのか。チョ・ジョンソクは、撮影中の先輩ソン·ガンホの愛をたっぷり受けた。記者懇談会当時、ソン·ガンホは、チョ・ジョンソクを賞賛し、"撮影場でその歌を歌っていたよ"と暴露した。これに対し、チョ・ジョンソクは、"何度呼んだだけで、多くはなかった"と手で遮ったチョ・ジョンソクは"史劇は難しく、苦労もたくさん従ったが本当に面白いて、楽しんで撮ったようだ"としながら"ガンホ先輩のような先輩になりたい"と親指を持ち上げた。

観相絡み95


チョ・ジョンソクに撮影会場は、 "学習の場"であった。キム·ジョンソ役のペク·ユンシクを除いて、イ·ジョンジェ、キム·ヘスなどとも共演したチョ・ジョンソクは、"(ソン)·ガンホ先輩は、膨大な内面の所有者"としながら"演技も大ヒットなのに、相手はもちろん、撮影の雰囲気まで考えているのが本当にすごい"と舌を巻いた。イ·ジョンジェは血オーラをそのまま感じ、キム·ヘスは中庸の美学を実現して。コックピットは、"スヤン(イ·ジョンジェ分)は本当に素晴らしかった"としながら"ヘス先輩は細かく、繊細な感情線を密度あるように作られた。"あれが貫禄だね'した"と絶賛した。

"ハン·ジェリム監督もすごいですよね。巨大な年輪の貫禄ある俳優と撮影しながらもバランスをうまく維持して演出することアップの。した監督の前作<恋愛の目的>(2005)、<優雅な世界>(2006)もすごく好きしましたよ。した監督は、"ナプトゥクが'の残像を思い出して節呼ばれたそうです。初めて会った時、思ったより大丈夫なので'キャスティング間違ったではないか"言われたんですよ(笑)元に戻る<観相>に出演するといってもペンホンがをしてしたい。"

"<菊花の香り>のような切ないメロ演技夢見る"

"一生演技したい"は、この俳優"私のさまざまな側面がにじみ出る道ほしい"と伝えた。すっきりした実際の姿とは異なり、時には劇中で醜い姿を見せたが、役割のためなら当然のように受け入れることができるということ。チョ・ジョンソクは、"もしよく出てよく起こるべきキャラクターであればよくできるために努力だ"とし、 "おそらく"私は世界で一番大したもんだ"とマインドコントロールをしていないか"と付け加えた。

観相絡み89


'ミュージカル俳優'チョ・ジョンソクを覚えている視聴者であれば、彼が一日も早く舞台に帰ってくるたい。しかし、チョ・ジョンソクの次期作は映画<逆鱗>である。チョ・ジョンソクは、"舞台に戻りたいが、今は映画にもう少し没頭しようと思う"と言いながら愛嬌混ざった口調で"ちょっと待ってくれ"と頼んだ。映画やドラマとはまた違った、舞台で感じる喜びをよく知っているので良い作品に会って帰りたいのが彼の願いだ。

"今は私の人生の波に乗った感じです。いつかはまた、流れる水のように穏やかになることもあるだろうが、私の俳優生活は安定するでしょう。どこでも演技しているだろうし、観客と大衆に会っているんです。失敗の恐れはありません。ただ欲はいつもイトジョ。失敗を恐れていること自体が愚かですか?今後のスリラー映画にも出演したいのですが、一番したいのは<菊花の香り>のような切なくて切ないメロドラマなんです。"

http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=106&oid=047&aid=0002035096



該当の記事は見つかりませんでした。