FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ソウル芸術大学ホームカミングデー

残念ながら生中継映像はうまく見られませんでした

後からチェックしたら
ク・へソンと一緒に登壇でした。

画像はチョ・ジョンソクギャラリーからお借りしました。




会場の様子

花火大会1


何かの授賞式みたいです
花火大会3


今日のジョンソクさん

この時はよくわからなかったけど…
花火大会2


んっ?
花火大会6


あれっ、いつもと前髪の上げ方違う?
花火大会7


やっぱり~! 7:3? 8:2? 1:9?分け! 同窓会だからおしゃれしたんですねっ←
花火大会8



花火大会13



花火大会4



花火大会5


勢いよく駆け出して
花火大会12


会場の出席者に向かうはずが
花火大会11


花火大会10


あれっ?
花火大会14


間違った
花火大会15


花火大会16

方向転換
花火大会9


新しい画像が出たら追記します

「観相」ポスターBカット+制作記 

★「観相」ポスターBカット+制作記 

我々は、一枚のポスターに映画を満たしているか、見た映画を思い出す。ティーザー映像、アプリ、SNSやこれを含めてすべてのオフラインイベントなど、映画の技術と同様に広報ツールも日々進歩しているがやはり映画の顔はポスターだ。そのポスターをじっと覗き見ることは映画を見るのと同じくらいドキドキ遊びであることだろう。映画を見ることと同じくらいエキサイティングなポスターの読み取りを開始します。最初の話は、映画<観相>のポスター制作記です。



<観相>のポスターを製作した "光るポスター"のバクシヨウン室長は、これまで<相棒>、<追撃者>、<下女>、<マザー>、<お金の味>、<密かに偉大な>などの作業ベテランだ。いつもポスターは、映画公開よりも先に完成していなければならない。見ていない映画を表現しなければならない作業は、想像力と長い会議が必要である。
(中略)

観相記事91


長い論議の末に結論を出したコンセプトは"人の顔をまともに見せてやろう。"だった。撮影現場では通常人物写真撮影時に使う照明ではなく、複雑な映画の照明を設置した。した人物の照明を設定するためだけに数時間かかった。眉一つ、しわ一つを実際に絵を描くように一本一本計算して照明を準備した。画像補正をしても基本的に持っている写真の力を最大限に引き出したいと思った。また、昔の肖像画のような印象を与えるために人物背部三倍の布で仕上げたという。

観相記事92


また俳優たちと時間をかけて撮影のコンセプトを話した。いよいよ撮影開始。映画の撮影ではないので目を部ラリは、オーディオ監督はなかったが、すべてが異常なほど静かだった。撮影現場は、唾液を飲み込む音も注意するほど緊張感が張りつめた。さらに驚くべきことは、俳優たちの表情を演出だった。それは物理的に言うと、1mm単位の動きだったが、そのたびに驚くべきドラマが俳優たちの顔の上に走った。現場スタッフらの話によると、撮影中、ファインダーを見ただけで全身に鳥肌が出るすばらしい経験だったという。

さらに撮影と撮影の間に俳優が座っていた席に入って見たスタッフは舌を巻いた。様々な複雑な照明を使って見ると俳優たちが座っている席は、まさにスチームよりも暑かった。特にキム·ヘスとイ·ジョンジェの衣装は、他の人よりも暑かったのでしょうが不平を言った一言なしに、自分が準備してき微細な表情演出のディテールを長時間逃さなかった。やはり大俳優という賛辞があちこちであふれた。

ポスターは、実際にメディアに公開されていないいくつかのバージョンがあった。既存の公開された公式ポスターに比べて、より普及したコンセプトだった。以下は、最初に公開されている<観相>ポスターのBカットだ。

観相記事93


観相記事94


http://magazine.movie.daum.net/w/magazine/film/detail.daum?thecutId=6355

観相800万人突破&チョ・ジョンソク3段変化

9月29日公開19日目の観客数は25万921人

累積観客数は804万5,219人、800万人突破です!

観相4422




★"観相"19日間で800万突破、後を絶たない観客はなぜ?

"観相"しっかり興行に成功した。

9月30日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによると、映画 "冠状' (監督ハン·ジェリム)は、週末だった9月28日と29日の二日間50万6,319人を集めて累積観客数804万6,362人を記録した。(以降略)

観相記事82


http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201309300814331110




★"観相"チョ・ジョンソク3段変化、みすぼらしい格好も察知するように活かした外観

[ニュースエン チョ・ヨンギョン記者]

チョ・ジョンソクの3段階の政変スチールが公開された。

史劇映画の興行記録を更新書き込んで興行疾走を続けている映画 "冠状'(監督ハン·ジェリム)からペンホンに分解熱演を広げたチョ・ジョンソクのスチールが伝えられた。

チョ・ジョンソクは劇序盤特有のいけずうずうしい演技に活気を吹き入れたのはもちろんのこと、甥ジンヒョン(イ·ジョンソク)に向けた愛情と濃い感情演技で好評を受けている。この過程で劇の流れに沿ってペンポンの衣装メイクなどが変化していく、いわゆる'3段政変·スティール "が公開され注目を集めている。

観相記事83


最初のスチールは、ネギョン、ジンヒョンと山の中に蟄居して生活していた場面でめちゃくちゃに結い上げた髷、ぼろ服で明るい微笑を浮かべているペンポンの素朴な姿を確認することができる。

第二のスチールペンホンが漢陽にヨンホン(キム·ヘス)の計画に移るおきやメッセンジャーの役割をする場面のカットです。きれいになった頭とさらにすっきりした衣装を着ているが、まだ小汚い顔はしているチョ・ジョンソクがさを背負って恨めしい顔をしている姿は、見る人々に笑いをプレゼントする。

最後の三番目スチールは、以前の姿とは異なり、整った衣装と笠を使った頭、きれいになった顔のペンホンを確認することができる。ネギョンが宮殿に入って謀逆を防ぐことを助けながらペンホンまた、過去の蟄居するよりも身分が上昇したような感じを漂わせている。だけでなく、チョ・ジョンソクの真剣な表情は劇の転換された雰囲気まで感じられるようにする。

した映画でも多様な姿を披露したチョ・ジョンソク。チョ・ジョンソクは、"皮膚の色が白い方なので、初めシーンに皮膚を黒に扮するのに大変だった。メイクに1時間、削除に1時間かかった"と扮装にまつわるエピソードを公開した。

1つの映画でも多様な姿を披露したチョ・ジョンソク。チョ・ジョンソクは、"皮膚の色が白い方なので、初めソルメジェシーンに皮膚を黒に扮するのに大変だった。メイクに1時間、削除に1時間かかった"と扮装にまつわるエピソードを公開した。

観客から '팽거지', '팽블리' などと呼ばれて話題を集めているコックピットは、740万観客を突破した "冠状'興行に力を入れている。(写真=映画"冠状'スチールカット/ショーボックスメディアフレックス提供

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201309300817011110

該当の記事は見つかりませんでした。