FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

観相880万人突破&イベント&ドラマ化&tvNお祝いコメント&インタビュー&名鑑

10月9日公開28日目の観客数は5万2,511人

累積観客数は879万9,547人です!

今日、韓国は「ハングルの日」で祝日
最新の情報によると
880万人突破しました!


★900万人の観客控えた映画'観相'、"爽やかに鶏放つ!"

観相記事91

10月の最初千万観客突破映画出る。

映画 "冠状'(ハン·ジェリム監督)が着実に観客を劇場に呼び集め、880万観客を突破した。

9日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによると、冠状'(ハン·ジェリム監督)は8日、日中443上映館で5万3212人の観客を集めてデイリーボックスオフィス1位を守った。累積観客数は880万248人。先に'観相'は封切り3日で100万、7日間で300万、10日で500万、13日目に700万人を突破し、公開19日で800万高地に上がって話題を集めた。

映画会社側も、"冠状'の興行に900万突破を予想して観客たちに感謝の気持ちを込めた異色のイベントを準備した。

配給を引き受けたショーボックスメディアフレックスは9日、""観相"の900万人突破予想日を合わせる人々の中から抽選で合計100名様に鶏一匹ギフト券をプレゼントする"と明らかにした。

観相記事99

今回のイベントは、映画の中でヨンホン(キム·ヘス)がくれたお金で水炊きを準備したペンホン(チョ・ジョンソク)が甥ジンヒョン(イ·ジョンソク)に嬉しい表情で"今日何をする日を知っている?鶏を食べる日だよ"と言う場面で着目したイベントで、劇中ソン·ガンホとチョ・ジョンソクがおいしそうに水炊きを食べる姿は、新しい"モクバン'を作り出して話題を集めた。

900万突破を控えて視聴者たちに感謝の気持ちを伝えるために用意された今回のイベントは、<観相>の公式フェイスブックを通じて参加が可能であり、900万を突破した日から抽選で合計100人の観客にギフト券をプレゼントする計画です。

http://news.sportsseoul.com/read/entertain/1250082.htm





週末にはこんなイベントも!
★観相 サンキューベリーマッチ900万突破祈願イベント!

観相イベント
10月12日土曜日 7時~ 永登浦タイムズスクエア
舞台挨拶の4人組で登場です。
握手会もありますね~





観相の勢いはドラマ界にも!
★900万"観相"、TVドラマで製作。ソン·ガンホ役は誰?

マネートゥデイスターニュース チョンヒョンファ記者]

900万人突破を目前に控えた映画'観相'がTVドラマで作られる。

9日の映画界によると、観相'はTVドラマに戻って作られてスクリーンに続きテレビ劇場で視聴者と会う予定だ。 "観相'は癸酉靖難を背景に朝鮮最高の冠状屋が王位を狙う首陽大君と、これを阻止しようとキム·ジョンソの間で葛藤を経験する話

9月11日に公開し、8日までに880万人を動員し、 900万観客突破を控えている。

多くの観客たちの愛を受けた映画なのに加え時代劇なのでTVドラマで作られる場合、どのような作品に飾られるか関心が集まっている。現在の"観相" TVドラマは、既にお茶の間で名品史劇を披露し、多くの話題を集めた製作会社と議論の真っ最中だと伝えられた。 "観相"がTVドラマで作成された場合、映画の中で描かれた多く色々な話がより複合的に展開されると予想される。

また、 "観相'はソン·ガンホをはじめ、イ·ジョンジェ、キム·ヘスペク·ユンシク、チョ・ジョンソク、イ·ジョンソクなど時代劇版'ノムノムノム'と呼ばれるほど超豪華キャスティングを自慢した。 TVドラマではこの配役を誰が引き受けるようになるかも期待を集めている。

"観相"は、映画だけでなく、小説でも出版され、2万部以上売れたほどワンソース·マルチユースの効果を出している。

果たして'観相'が映画や小説に続き、 TVドラマでも大成功をおさめるのか、見守ることだ。


http://media.daum.net/entertain/culture/newsview?newsid=20131009111408375





昨日のネタ不足がウソみたいに今日は色々盛りだくさん!
★tvN(韓国のケーブルテレビ)7周年お祝いコメントにジョンソク登場!




tvn.png
この一番上までボタンを留めてるポロシャツ姿は!


目撃12

この時と一緒ですねww
ツイ92





★"観相"チョ・ジョンソク、"運命的な出会い信じられない、恋愛は石直球スタイル"
ベクジウン記者
観相記事100


やはり忠武路のブルーチップは違っていた。(※忠武路のブルーチップ=映画界の新しいスター)


俳優チョ・ジョンソクが映画'観相'でスクリーンに復帰した。 "観相'は天才観相家ネギョン(ソン·ガンホ)が癸酉靖難に巻き込まれて広がる話を描いた作品だ。劇中チョ・ジョンソクは、ネギョンの義理の弟であり、"言ったので、大きな話を口賞"に乗って生まれたペンホン役を引き受けた。この作品で初めて史劇に挑戦した彼は"ぎこちないか、負担になるか、こんなの全くなかった。時代劇のトーンが私に似合うかそんな悩みもなかった。私たちの映画でペンホンが現代的な言い方を少しでも満たしている役割だと考えして負担はなかった"と話した。

観相絡み21


▶'ナプトゥク "負担ゼロ、むしろありがとう

2004年ミュージカル "くるみ割り人形"でデビューし、ミュージカルスターとして活躍した。しかし、大衆の脳裏の中にコックピットの名前三文字を刻印させたのはやはり'建築学概論'(2012)からである。ナプトゥクこのキャラクターを引き受けて当たり前のような演技で流行語まで作り出して、その年の青龍映画賞をはじめ、様々な映画祭新人賞を総なめにした。コックピットは、"多くの方々が私ナプトゥクが関連付けられて考えていただくようで、それの札は今後も俳優生活する上で離すことができないようだ。私がどこに行って100mを走っても、おそらくナプトゥクとするのだが、どんな役を取るときごとに、その役割に没頭してるからそんなの気にしないようだ。ナプトゥクがにとてもありがとう "とクールな反応を見せた。

ナプトゥク自体がコミカルなキャラクターであり、チョ・ジョンソクとソン·ガンホの出会いと問題があったからこそ大衆は "観相"の中のチョ・ジョンソクにコミカルな演技を期待していたのも事実である。彼は"ナプトゥクがワンマンならペンポンは、アンサンブルとします。ソン·ガンホ先輩がおり、私も存続することができたようで先輩もグロシンようだ。両方のアンサンブルに"観相"のコメディ的要素を構築していったではないかと思う"とし、 "多くの方々がソン·ガンホチョ・ジョンソクのような(コミック)ムービーだと思っているのに、そうでは多少重くて、そこからの劇的楽しさを感じることができるだろう"と伝えた。

むしろ悲劇的な要素にポイントを与えた。 "ネギョン ペンホン ジンヒョン(イ·ジョンソク)の悲劇的な状況では、そのような感情線が重要であると考えた。三人がほぼ崩れてしまうことから来る悲劇的なカタルシス、敗北感。それが私たちの映画のキーポイントだと思って一生懸命流れに合わせて感情線に沿って行った。監督がよくディレクティングしていただいてそうするうちに自然に出るようになった "と説明した。

観相記事101

▶運命論、信じませんが...

"観相"は、定められた運命に挑戦した家族の苦い話でも見られる。次に、チョ・ジョンソクは、どのくらいの運命を信じるか。彼は"運命は本当に信じない。恋も仕事も人生も私が作って開拓していくと思うので、楽しく、幸せに生きなければならないと考えてそうしてみるもっと積極的に生きることでもある。運命的な出会いもよく分からない。私の恋愛経験があるが、運命的な出会いと自体が魚貝があるようだ "と明らかにした。

運命的な出会いは​​信じるのもそろそろ恋愛も結婚も考えなければならない30代初中盤(1980年生まれ)である。チョ・ジョンソクも"恋愛したい。友人のために、よりそのようだ。友人赤ちゃんを見ると、かわいくてたまらない。幸せなようで見栄えが良い。そのような事のためにも結婚も恋愛もしたいのですが、いざしようとしても気軽によくないようだ。私の心にある場合確かにダッシュする石直球型である。しかし、そのまでは時間がかかる。どんな人なのか、私は本当に好きで、愛しているか把握しなければならない。そうするには女性に会う機会もなく、特に最近は忙しく生きてきたらチャンスがないようだ"と打ち明けた。

ただし理想はある。 "素敵な女性"だ。彼は"私と話がよく通じて人間的で義理があったら良いだろう。きれいで整っているこんな感じではなく、本当に素晴らしいという感じを受けることができる女性だったら良いだろう"と笑った。

観相絡み25

▶"チョ・ジョンソク"名前呼んでくれると良い感じ。

6日、映画振興委員会映画館入場券統合ネットワークによると、観相'は857万5989人の累積観客数を記録し、一日ボックスオフィス1位を守った。興行成績だけでなく、出演俳優たちの演技も好評があふれている。チョ・ジョンソクは、"'観相'は、全く物足りなさはありません。今まで私のフィルモグラフィーの中で最も幸せだった作品ではないかと思う。撮影に行く時はいつも幸せな自分の姿を発見した。今年の私のデビュー10年目だ。これまでの経験の中である程度内面を積もった私として'観相'を打ったときチョゴスたちと一緒に作業したときに得るエネルギーと相乗効果も大きかった。多くの対価と同様にしたところを見て操作することができるということ自体がとても楽しくて幸せだった"と伝えた。

チョ・ジョンソクは走り続ける。すでに先月から映画 "逆鱗"の撮影を開始した。彼は"初めに今変わっている場合は非常に多くの人が知ってご覧よ。この前ナプトゥクでなければイ·スンギの隣に誰かと知って​​見たのに今はチョ・ジョンソクと知っておられます。そんな時も気持ちがいい。最初は多くの関心を受けて戸惑って驚く恐れもあったのですが、そんなものは感謝の気持ちと、より熱心にしなけれという考えに変わった。公人として模範になるように努力しようという心を抱き、失望させない俳優になろうという考えもした"と明らかにした。

http://sports.chosun.com/news/ntype.htm?id=201310100100093830006590&servicedate=20131009





★韓国ミュージカル俳優名鑑

ミュージカル名鑑


手元に届きました!
ジョンソクさんP47に載ってました!

「ミュージカルからドラマ・映画のスターへ」
紹介文章の中の「瞳」にまつわり登場ww

シギョン瞳2

似てるって公認なのかしら~?ww
ウンシギョン瞳




★新羅ミレニアムパークHP
「観相」撮影の様子が載っています。

http://blog.naver.com/shillampark?Retransparent=Log&logNo=100197473486

該当の記事は見つかりませんでした。