FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソク"ウルスの「逆鱗」は、精神一到何事不成!" (インタビュー)

まだまだ続くのか?インタビュー記事←15日にどんだけインタビュー受けたの?
色々な話が聞けて嬉しいんですけど
映画の話だけじゃなくって
そろそろ、大爆笑的なネタ期待してますっ←インタビューだから

あっ、隊長との馴れ初め語ってます←


この記事の書き出しの感じが好き

逆鱗記事52

※精神一到何事不成
精神を1ヶ所にすれば何事か成らないはずがあろうかという意味で、精神を集中して努力したらどんな難しいことでも成就できるという言葉

TVレポート=チョジヨウン記者]私たちはしばしばシーンを盗む俳優をシーン·スティラーと呼ぶ。最近はドラマ、映画で主演に劣らず重要なロール活躍する。ジャジロれるように面白いセリフをつぶやくのも、深刻な状況の中でびっくり登場して問題を解決することもありませんがスクリーンに登場するだけで、存在感が感じられる。ただ一場面を出演しても、観客の脳裏に刺さる俳優。チョ・ジョンソク(34)の開始はそうだった。

映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)でナプトゥクでスクリーンにデビューしたチョ・ジョンソク。スンミン(イ·ジェフン)に全力を尽くして恋愛をコーチし、スンミンが別れに一緒に涙を流してくれるような友達だった。主演を超える圧倒的なオーラで一気に「主流」になったチョ・ジョンソクは、以後MBCドラマ 'ザキングトゥハーツ」KBS2「最高だイスンシン」などのスクリーンに続いてブラウン管までひきつけた。気さくなルックスに演技力まで、スターになる素質は十分だった。

水に入った時に櫓を漕ぎなさいと言った。俳優として盛んに株価を高めているチョ・ジョンソクは、休まず走っている。誰かの友達で始めて今は一番先に名前が呼ばれる主人公がなった。彼はこれ以上場面を盗むシーンスティラーでない。観客の心を盗むシム(心)・スティラーになった。

時代劇映画'逆鱗'(イジェギュ監督、チョイカットピクチャーズの制作)で正祖(ヒョン・ビン)を暗殺しなければならない朝鮮第一の散水、ウルスを演技したチョ・ジョンソク。幼い頃からグァンベク(チョジェヒョン)の秘密サルマクで殺人を向けて培われた朝鮮最高の殺手に一度引き受けた依頼は間違いなく、完璧に処理しているが、こんな生活が苦しくて疲れるウルスだった。残酷なグァンベクの手の内から脱したかった。だから正祖(ヒョン・ビン)暗殺に加担する。幸せになりたいが幸せにできない運命を持って生まれた悲運のキャラクターだ。

"箸でまじろぎもせず人を殺す物騒な殺し屋でしょう。そうなるまでどれくらい荒れていて暗かった人生を生きたでしょうか。もともと押されて迫害されている人ほど希望を切に探すでしょう。ウルスにはまた違う人生、また違う人生を向けて生きるためには正祖を殺さなければなりません。別に、正祖に悪い感情はないが希望を探すための突破口です。ウルスは知っています。正祖を殺しても自分は幸せになることができないということを…。射幸(死行)の道であることに気付いても行くしかないウルスの人生、私が演じたキャラクターだが、あまりにも悲しくないですか?"(以下は一問一答)



Q.、昨年'観相に続いて'逆鱗'は二番目時代劇だ。

"時代劇というジャンルが負担に迫ったことは一度もなかったです。なんだかんだで、また時代劇をするようになったが周辺でも'また時代劇をするか'だって心配も言うんですよ。しかし、私はそんな心配がありません。私はいつも作品を選択において1順位が'面白く'んですよ。それで十分な理由になるんじゃないです。さらに、'・ザ・キング・トゥハーツ'を通じてイジェギュ監督をよく知ってるから、そんな部分でもっと良かったようです。"

逆鱗記事53



Q.イジェギュ監督と前作を一緒にしたが、その時もエンディングは死ではなかった?'30代のキム・ガプス'と呼ばれた。

"そうですね。変に継続して死ぬの役割のみするようになりましたね。ハハ。公演する時も3~4回は死んだようだが…。ハハ。(格好良く死ぬ裏ワザがあるかな?)かっこいい死に方がありますか。前作より'逆鱗'のエンディングが明確ではあります。ところで死ぬ演技は本当に裏ワザがありません。くすっ"



Q.知ってみると、'逆鱗'は正祖の話じゃなくて、ウルスの話だ。

"そうですね。私もそんな評価をかなりたくさん聞きました。どうも見る観点によって違うようですね。わたしはウルスより正祖とサンチェク(チョン・ジェヨン)の話にもっと多くのことを感じたんですよ。後半ジョンヒョンガク決闘場面で、正祖と長い時間決闘するのにそのシーンのため、ウルスの話と誤解しているようですね。"



Q.、自分が演技したウルスより正祖とサンチェクの話がもっと面白かった?

"本当にその感情線がもっといいですけど?(笑)もともと初めて映画を見る時には当然私の部分がたくさん見えます。ところで2~3度みたらみえないでいた周りのものが見えるようになるんですよ。他の俳優たちのディテールな感性や呼吸、アンサンブルですが本当に上手でした"



Q.思ったより良い評価を受けていないのに、心残りはないか?。

"全く不自由しません。'逆鱗'はくもの巣のようにもつれている話なんです。またフィクションだが、ファクトだと思って誤解する観客らもいます。残念に思うのはありません。どう100%満足できますか。面白くないように見た観客たちもいて面白く見た観客もあるんです。こんなのに搖れないです"

逆鱗記事54

Q.シナリオを選ぶ基準があるかな?

"'面白い'がもの凄く重要です。例えばまじめで重かった正極なのに私が見た時は本当に面白いんです。それでは私ははっきりしてです。どの部分で面白みを感じたかも知れないが、本能的に'これはしなければならない'というのがあります。また、シナリオがしっかりしていると全て面白いのではないでしょう。誰が見ても面白いが私が見たときはまたおもしろくない場合もあるからです。ただ、がねのようです。本能的な感覚ぐらい?"


Q.、今までこなした作品が、興行に成功していない?特別な感があるようだ。

"ハハ。世の中には感だけでできるのではない、幸いにたくさん愛してくれました。私が好きで選択しなければ後悔もしません。後に満たない頃は人のせいにするのではなく、自分を責めるようになったからです(笑)。そのまま信じるようです。'私が面白く思った部分を大衆も面白いと思う'ですって。(笑)"


Q.ウルスは余韻が残る人物だ。

"感情の流れを追っていくとまさにそんな地点が見えますね。人物が持っている苦悩と哀歓、痛みがディテールに伝えてくる感じです。ジョンヒョンガク場面はアクションも難しいし、感情線を持って行くのが難しくてもっと余韻が残ると思います。"



Q.'逆鱗'でチョ・ジョンクはアクションからも注目を受けた。

"バンジージャンプもしてみたが、若干の高所恐怖症があるみたいです。'逆鱗'ではワイヤをぶら下げてジョンヒョンガク屋根から垂直下降する場面があるのに本当に怖かったです。自由落下や他ならなかったんです。これがワイヤにしがみついて吹き飛べば大丈夫ですが恣意によって垂直に落ちるので本当に怖いんですよ。ハハ。"



Q.代役を使わなかったらしいが?

"一応イジェギュ監督が代役なしに演技することを望む、私もそうしたかったです。私の顔が入ったアクションをやってみたかったです。もちろん、ドアを壊したり、危険な場面は代役を使ったものの、チャンバラをしたり、誰かと和を合わせてアクション・シーンをする場面は全て私がしました。(笑)"



Q.ジョンヒョンガクでウルスの殺気が尋常でなかった。

"とことんジョンヒョンガクに入って刀に突かれて矢に合うが、それにも精神一到何事不成と、必ず正祖を殺さなければならないと思ったんです。多分も寒い冬の夜、雨降られながら撮影したため、目から毒気が見えたようです。ハハ。"



Q.ジョンヒョンガク場面は逃げたいほど大変な撮影だったと?

"二度としないたい撮影です。徹夜で撮影して家でちょっと目つけて起きたら全身が痛かったよ。でもまた起きて扮装してまた雨合って、アクションと…。それを一ヶ月ほど繰り返したからです。(このようなシーンをまた、撮ったら?)当分の間避けたいと思います。後で時間が経った後、このシーンに対する感覚が鈍くなったときにできるようです。(笑)"



Q.危険なアクションシーン、怪我することはないかしら?

"大けがを着なかったんです。のアクション・シーンのような場合は特に一度でOK(OK)になることが簡単じゃないのに変に怪我をした席だけまた怪我をしました。正面に駆けつけた場面で速度調節をしなくてカメラをまともに受けたこともありますよ。次の日、あざが大きくできて病院行って注射、そんな程度か?やはり最もつらかったのは寒さでした。冬撮影をかなり上手な方に属するのに雨を迎えて撮影するというのは…、ため息だけが出ますね。ハハ。"

逆鱗記事55

Q.'観賞'時はぺク・ユンシク、ソン・ガンホ、イ・ジョンジェ、キム・ヘスがあるではないか。今度はチョン・ジェヨン、キムソンリョン、パク・ソンウンのような錚々たる先輩たちがあったが。

"事実'逆鱗'で私は先輩たちと一緒する場面がほとんどありません。チョン・ジェヨン先輩も最後にちょっと出てヒョンビンさんもそうでしょう。それで残念です。もっと一緒に会ったら良かったのでという気がしますね。私たちは映画が終わって舞台挨拶をしながらもっと親しくなったようです。今は本当に仲良くなってしばしばお酒一杯ずつ傾けます。(笑)"



Q.撮影中間チョン・ジェヨンがヒョンビンとコックピットをだましたんだって?

"そうです。私をはじめ、ヒョンビンさん、チョン・ウンチェさんもされました。あの様子が早いように見えません??実は本当に気がきかないです。撮影が終わってホルモン焼き屋を行くのに急にチョン・ジェヨン先輩とパク・ソンウン先輩が戦うのです。本当にびっくりして、戸惑いました。豚ホルモンを食べなければならないのか、いけない一つ、食べても鼻に移るのか口に移るのか分からないぐらいでした。ハハ。"


Q.'逆鱗'の鑑賞ポイントは何か?

"事実鑑賞ポイントとはないですよ。(笑)私は'これ完全に面白い'と話すことより'これは面白そう'と言った方なんですよ。強いて挙げると、私たち映画は他の映画と異なり、ボルメ(見るほど魅力ある)ということ??ハハ。見れば見るほど楽しさを感じることができる映画だと思います。"

逆鱗記事56

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=502270

チョ・ジョンソク"凶暴アクション見せたかったんです

興行中の映画「逆鱗」でウルス役

逆鱗記事49

(ソウル=聯合ニュース)ソン·グァンホ記者=初恋のときめきを巻き起こした映画「建築学概論」(2012)の最大の受益者は、女主人公だったスジだが、「ナプトゥクチョ・ジョンソクも少なくない恩恵をこうむった。

一般大衆にあまり知られていなかったミュージカル俳優だったが、「建築学概論」以降忠武路と汝矣島放送関係者の主要な役を横取りして、生涯最高の全盛期を享受しているからである。

助演で出演した「観相」(2013)で、ソン·ガンホと呼吸を合わせて900万人の観客をめくるのに一役買ったし、KBSドラマ「最高だイスンシン」(2013)では、アイユと演技の合計を合わせて20%台の視聴率を導いたりした。

彼は正祖に扮したヒョンビンを暗殺しようとするウルス役で映画「逆鱗」に出演した。これまで映画の中で、主に軽くユーモラスな人物を演技した場合、「逆鱗」では、生の苦悩を抱えて生きていく重厚で重い人物で観客たちと会った。

チョ・ジョンソクは最近、ソウル鍾路区三清洞のあるカフェでのインタビューで、「変身したいという欲求のために作品を選択したわけではないことのない役割であり、エキサイティングで新鮮だった」と話した。

逆鱗記事50

ウルスは、朝鮮後期の最高の殺手に挙げられるの暗殺者だ。散水集団を離れようとしますが、クァンベク(チョ·ジェヒョン)から愛する女性を守ろうと正祖暗殺に乗り出す人物である。

「最初は速く、機敏な動作を見せなければならないと考えました。しかし、武道監督との論議の末に凶暴な感じを与えるアクションを見せなければならないと思いました。野球のバットを振り回すように重く刀を振り回してなければならなかったです。」

しかし、アクションシーンを撮るのは思ったよりもつらいことだった。特に正祖を暗殺するためにジョン閣を襲撃する場面は肉体的に大変だったとする。

「記憶に残るシーンです。何よりも、寒さのために苦労しました。天気が寒い雨を迎えたので、髪も凍り、凍結髪を再び溶かして、再び打たれ、再び凍り、....体力的に過酷なシーンでした。」

剣を振るうことも考えたより容易くなかった。

「撮影に入る前に運動も頑張って、体力的な部分に神経を使いました。ところで現場では大変でした。剣が3キロ近くなります。10の動作ぐらいが一和だが、そうしたことを2~3回繰り返していたら、腕を上げられないです。勿論、自分に腹が立ったりしました。さらに、アクション演技をしながら、感情演技をするのが大変でした。」

実は彼の性格はユーモラスで明るい'ナプトゥクイ'よりは無口な'ウルス'に近いという。

逆鱗記事51

大衆たちが私に望むものがあるようです。たとえば'ナプトゥク'や観相の'ペンホン'のようにおもしろくて愉快なことを望みます。実は私は静かなスタイルでしばしば慎重という話を聞いています。私の性格と似通っていた人物が演技するのに楽でよく合うみたいです。お笑いは誰かを笑わせなければならないという負担があります。"

彼は演技するのが最も面白いとする。だから、人気俳優へと跳躍していた過去数年間、ほとんど休まなかった。今回も特別な休憩なしで、次回作の準備に真っ最中だ。来月27日に開幕するミュージカル「ブラッドブラザーズ」だ。

「練習を始めたが、会場に行くのがとても幸せです。演技の練習しながら「ああ、私は昔のミュージカル俳優だった」という気がします。実家に来た感じです。ミュージカルは観客の反応を見ながら演技をすることができるという利点がある。するたびに、何か悟りのようなもの取得します。」

チョ・ジョンソクが彼のように一生懸命に演技する理由の一つは演技を通じて'治癒'を経験したのだ。

「家長だったのに、言葉で表現できないほど」財政的な困難も経験した。そんなに難しい時演技は彼の息の根を飛び出してくれる解放区の役割を果たした。「そんなに大変な時公演場に行くと解消になりました。」

「成功する時もあるし、失敗する時もあります。完全につぶれた公演も経験してみました。重要なのは失敗したと挫折する必要はないという事実です。いつかは成功しますから。(笑)」
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=103&oid=001&aid=0006912292

絶え間ない愛情を示すファンがいて心強いですね。非常に大きな力です。

SS探査-5月男風の吹く③]「逆鱗」ヒョンビン - チョ・ジョンソクの裏話(インタビュー)Only

逆鱗記事45

[スポーツソウルドットコムㅣソンジヨン記者]"ヒョンビン、チョ・ジョンソクこそ5月の「南風」の主人公でしょうか?"

封切り3週、先月30日封切りした映画「ラッフル」(監督イ·ジェギュ、配給ロッテエンターテイメント)の人気は相変わらずだ。観客数300万を突破して、損益分岐点まで超えたが、封切り前から俳優ヒョンビンが除隊後初の復帰作に選択して、チョ・ジョンソク、チョ·ジェヒョンパク·ソンウンなど派手な俳優たちが大挙出演して話題を集めたことだし、興行の底力はしばらく続く見通しだ。

これ<スポーツソウルドットコム>取材陣は、「ラッフル」の二つのヒーロー俳優ヒョンビンとチョ・ジョンソクをそれぞれ13日と15日、ソウル鍾路区三清洞のカフェで会って人々が実感している人気の温度と様々な映画の中の裏話を直接聞いてみた。

逆鱗記事46

二人の男が出演した映画「逆鱗」は、朝鮮の第22代王の正祖の話を基にした作品で、歴史の中の実話'チョン流域便」をモチーフにした。ドラマ「茶母」「ベートーベン·ウィルス」「ザ・キングトゥハーツ」を演出したイ·ジェギュ監督がメガホンを取ったしヒョンビンは正祖役をチョ・ジョンソクは、正祖を殺す任務を担当した架空の人物殺テを演技した。

作品の中の二人の男のきっ抗したカリスマ対決と同じように直接会った二人の男の魅力も非常に異なっていた。しかし、二人の男皆「逆鱗」に向けた愛情のこもった視線は真剣だったしインタビューの後、後味は愉快だった。

5月スクリーン「南風」の主役、俳優ヒョンビン(31·本名ギムテピョン)とコックピット(33)と交わした多様な話を今から解放したい。
(中略)

チョ・ジョンソクが言う「逆鱗」、そしてチョ・ジョンソク

逆鱗記事47

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」で、架空の人物殺手(ウルス)を引き受けて演技した。正祖を殺さなければなら買う悲運のキャラクターを演技した彼特有のしらじらしい目つき演技とカリスマあふれる剣術でもう一度劇場を訪れた女性観客の心を盗んだ。

"イ·ジェギュ監督とドラマ 'ザキングトゥハーツ」で呼吸を合わせたことがありますよ。当時、第「少年の感性」を知ってご覧ゴンありがたいことにキャスティングを提案してくださったと思います(笑)。私はまたウルスキャラクターがとても魅力的に近づいてきました。すべてのキャラクターには「欠乏」が存在するが、今回は特に欠乏がいっぱいウルスという人物に愛着が行きました。「チョ・ジョンソクが作ったウルス」を愛してくださって感謝します。"

2004年、ミュージカル「くるみ割り人形」でデビューした彼は、10年目の俳優らしくファン層も丈夫である。ファンはブラウン管スクリーンのデビューを縦横無尽に活動する彼の誠実な姿を高く買う。

「私は演技が好きです。演技嫌いな瞬間が来る前死ぬような気がするんですよ。だから、俳優として生きるだろうし、それは舞台件ブラウン管でもスクリーン選り分けない。

そして、私はどこで演技しても

絶え間ない愛情を示すファンがいて

心強いですね。非常に大きな力ですね。」


逆鱗記事48

ヒョンビンともう一つの魅力である。愉快で溌剌とした雰囲気でインタビューを導いていく彼は「逆鱗」が導き出した5月の劇場ブームについて尋ねると、「いざ私は知らなかった」と声高に笑う。

「私は「ラッフル」が損益分岐点を超えたのも、今日記者さんが言ってくれて知りました。うわ!凄くいいのか(笑)?実は私はそんなことを気にしないだろう。ちょうど撮影時に楽しければ良いだろうし俳優たちと呼吸が良ければそれでいいんです。そのような面で「ラッフル」は最高でした。先輩たちに多くのことを学びながら、撮影したヒョンビンの演技は本当に素晴らしかった。呼吸も良かった...すべての相乗効果が一点に集まって良い作品を作ったと思います。誰一人だけよくても興行作となる作品はありません。」

チョ・ジョンソクは、「コラボレーション」の重要性を最後まで強調した。彼は長い間様々な現場で演技して学んだ重要な教訓は、「チームワーク」だった。

「俳優生活をすればするほど感じるのが「共同体生活の重要性」です。作品を一つ作成するときに、さまざまな人々が一緒にコラボレーションじゃないですか。チームワークが良くなければ良い作品が出てくるんですよ。「逆鱗」も第分量が少ないと残念がっている方がたまにありますが(笑)。私は非常に適切であると思います。第分量が多くなると、「逆鱗」は、山に行ったんです。"
http://news.sportsseouli.com/read/entertain/1369014.htm

「近いうちに結婚の便りを聞くと思います&2年後に結婚計画&シン·ミナ、愛らしい

インタビューシリーズの理想像&結婚観を集めてみました。
最後はシン・ミナが愛らしいって話ですww

★チョ・ジョンソクが明らかにした理想のタイプは? 「近いうちに結婚の便りを聞くと思います

逆鱗記事42

俳優チョ・ジョンソクが自分の理想のタイプを公開した。

チョ・ジョンソクが16日、ソウル三清洞にあるカフェで行われたインタビューでいつも理想を打ち明けた。チョ・ジョンソクは、「ただ、特に誰を指してではなく、ぴったりの魅力を感じなければなりません」と口を開いた。

続いてコックピットは、「忠実な人でなければです。そして大人を敬うことを知っている女性が好きです。また、きれいにもしなければね」と言って注目を集めた。チョ・ジョンソクに、「配偶者の感覚を言っているようだ」と尋ねると、「そうだ。私言う理想は、配偶者の感覚を意味する」として笑いをかもし出した。特にチョ・ジョンソクは、現在交際中のガールフレンドがないと言いながら、「近いうちに結婚のニュースが出そうだと思う。仕事と結婚した」として注目を集めた。

http://www.baekn.com/view/news_view.php?varAtcId=7850

はいはい。「仕事と結婚した」
言っちゃいましたね~ww

★チョ・ジョンソク「妻帯者の友人中寂しい...2年後に結婚計画」

逆鱗記事43

ティブイデイルリ ユンヒョジョン記者] '逆鱗'俳優チョ・ジョンソクが結婚の計画を明らかにした。

映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ、制作チョイスカットピクチャーズ)は正祖即位1年、王の暗殺を取り囲んで起る生きなければならない者、殺す者、生かす者たちの行き違った運命と歴史の中にかくされた息をのむよう24時間を描いた。

「逆鱗」でチョ・ジョンソクは、子供の頃から請負殺人をする殺手に育てられる人物、後には正祖(ヒョンビン)の暗殺を試みる役割である。 「逆鱗」の公開後に会ったコックピットは、映画の裏話と共に、これからの計画も伝えた。

前にチョ・ジョンソクは、「これで友人祝歌はやめ呼びたい。結婚したい」という話をした。また、1つ歳をとったチョ・ジョンソクは、「まだ一人なんです。それでも私が祝歌をやめて呼びますか?分からないでしょう」と言って依然としてシングルだと明らかにした。

さらに、彼は「昨年までは本当に結婚したいという考えがすごかったです。私の友達が全部結婚をし、最初の子どもが生まれ、さらには二番目の子供まで生んだ友達があります。非常に大騒ぎでした。ハハ。友達とお酒一杯食べようと集まったらみんな子の話をしてゴルフ話して関心事が全部変わりました。私は子どももなくゴルフも打ってないけど。(笑顔)対話に合流することができないと言われました。話に入ることができませんでした。家が行ったら楽しく新婚のように見せかけてだからうらやましいです。うらやましいと負けることなのに昨年は本当にすごい'敗者」でした"と付け加え、友達の影響で結婚を夢見たと述べた。

しかし、休むことなく走っては、現在、チョ・ジョンソクは結婚より仕事にさらに邁進することにした。彼は "今年は「勝者」とは難しいが、うらやましいのは、しばし置いて走ってみようと決心しました。従って仕事に邁進していて、自分の欲には、2年後には結婚をしたいと思いますのに、それはどこまで計画なんだと、まだよく分からない"と付け加えた。

一方、チョ・ジョンソクが出演した「逆鱗」は、ヒョンビン、チョン·ジェヨンキム·ソンリョン、ハン·ジミンチョ·ジェヒョンパク·ソンウンなど有名な演技派俳優らと「茶母」「ベートーベンウイルス 'を演出したイ·ジェギュ監督の出会いで話題を集めた。開封後ずっとボックスオフィス1位を続けてきた。

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1400228360698568008

★'私の愛私の花嫁」チョ・ジョンソク、"シン·ミナ、愛らしい"

逆鱗記事44


俳優チョ・ジョンソクがシン·ミナの魅力を絶賛した。
二人は映画「私の愛私の花嫁」で、新婚夫婦で出演する。

チョ・ジョンソクは15日のインタビューで「本当に可愛くて魅力的だ」とし「私のミヨンが!」とシン·ミナの劇中の名前を叫んで愛情を現わした。

映画は1990年パク·チュンフン·チェ·ジンシルが主演を務め、新婚夫婦の生活を現実的に描いて話題となったロマンチックコメディーで、20年ぶりにリメイクされている。

彼は "しばらく前に本格的に撮影を開始し、具体的な封切り時期は会議中だ」と期待してくれるよう頼んだ。
http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2014051500257

「逆鱗」チョ・ジョンソクが語るガプスとウォルヒェ、そして殺手の希望

★「逆鱗」チョ・ジョンソクが語るガプスとウォルヒェ、そして殺手の希望

[マイデイリー=イ·ウンジ記者]か細く弱い少年がいた。.ら致され秘密組織につかまってきて、一日一日が死ぬ思いの峠だった。ひょっとしたら死が平安を与えかねない状況だった。しかし、乗り越え、固い殻を作った。実際は依然として弱くても、生きなければならないので固い鎧を着て生きた。そんなに殺手になった。映画'逆鱗'の中ウルスの一生だ

逆鱗記事35

「逆鱗」でウルスは、幼い頃からクォンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で唯一の暗殺のためだけに育てられた。後日、朝鮮最高の殺手に育ち、一度引き受けた依頼は、間違いなく完璧に処理した。クォンベクから抜け出して新しい人生を生きたかったが、彼から抜け出すためには、成功をしても買えない任務を完了する必要がした。まさに正祖(ヒョンビン)を暗殺しろということ。多分をすることができからクァンベクから抜け出す方法は死だけなのかもしれない。

幼いウルスが生きていくことができた理由は、ガプス(サンチェク。チョン·ジェヨン)であった。自分に「ウルス」という名前を付けてくれたし、自分を生かすために、内官となり、宮殿に入った。それはウルスを大人になるまで生きることができようにした原動力だった。 "ガプスの記憶"と "ガプスが持つ強さと精神力は憧れの対象」であり、それはウルスが死なずに生き残ることができる理由だったのかもしれない。

以来、大人になって殺手がされたウルスはウォルヒェ(チョンウンチェ)を会って、愛を感じました。ウルスにウォルヒェは希望であり光であった。正祖暗殺を拒否した場合ウォルヒェまで危険たので、クァンベクに外の理由もあったが、ウォルヒェを守るためもあった。

ウルス役を引き受けたチョ・ジョンソクは、「正祖暗殺はウルスに希望と同じだった。ウルスのように暗い過去を経験した人ほど、希望の切実さがあると思う。正祖暗殺後の死を予想したが、それでも一筋の望みを残せなかっただろう」と述べた。結局、ウルスに正祖を暗殺することは状況が変化することができるのではないかと最後に残った希望だったのだ。

今までまっすぐで善良なイメージだったチョ・ジョンソクは、人間味とは見つけることができない殺手役を通じて冒険を敢行した。 "イメージ変身を意図したものではない」が、結果的には彼の別のイメージを作り上げたことだけはは確かだった。 「人間ではないと思った」は、チョ・ジョンソクの言葉のように、ウルスは一瞬箸で人を殺して、何ことなかったように、飲み物を飲むことができるような人物である。

逆鱗記事41

映画'建築学概論'以降、チョ・ジョンソクにつきまとった修飾語は'ナプトゥク'だった。キャラクター自体は強烈なこともあったが、ミュージカルで有名だったチョ・ジョンソクという俳優をもっと大衆的に知らせた理由からだろう。以後ドラマとスクリーンを行き来しながら様々なキャラクターを務めてきたが、依然として"ナプトゥクが修飾語に対する負担感はないか"は質問を受けなければならなかった"ナプトゥクによって人々に私を知らせたから負担ではなく、ありがたいこと"というのがチョ・ジョンソクの一様な返事だった。

ナプトゥクというキャラクターが強烈だったが、ひとつひとつの作品でチョ・ジョンソクは、自分が引き受けたキャラクターを100%消化した。これは、特有の誠実さであることもあって、チョ・ジョンソクのキャラクターに接する態度から始まったものである。彼は「負担感を持たないようにする。プレッシャーを持つなら、私は持った能力値よりもはるかにできないようだ。その役割に固執し、その人物に最善を尽くすことだけだ」と述べた。

ウルスは、敵役のような悪役はなく、悪役のような存在だ。冷静な殺手で培われない、本性が冷血漢ではないという意味だ。今までのイメージとのギャップが大きかったし、そこに来ている異物感が生ずることもあった 「黒いシミをまく扮装をしたら、最初は当惑した」とし「それがウルスが生きてきた人生であり、人生、ウルスの歴史が見られると思うと、そのようなこと(戸惑い)が消えた」と述べた。大衆が感じる違和感に対する負担はなかった。

これと共にチョ・ジョンソクに与えられた宿題はまさにウルスの感情だった。ウルスはなかなか感情を現わさない人物だったが、ウルスの本音をチョ・ジョンソクだけは理解している必要がありました。だけでは解決することができる内面演技が必要だったし、露出しないにも観客たちにとって感じることができるようにする必要がありました。

逆鱗記事36

チョ・ジョンソクが説明するウルスは「感情をうまく表現しませんが、最も脆弱な点を触れたときに最も多く揺れる人物」だった。そのような隙間をたくさん広げようと努力をした。日常的な生活をする人々は知らないような感情だった。

本当につらい撮影だった。チョ・ジョンソクは「ジョンヒョン閣が一体なんでこんなにも入るのが大変か」という思いをするほどであった。これは、ジョンヒョン閣に入るまでの撮影の疲れを端的に表現したものだった。ジョンヒョン閣の入口で雨の中撮影だけで1ヶ月がかかった、寒さのせいで凍りついた体を温めててもう一度撮影に入るの繰り返しだった 「すべての俳優とスタッフたちが寒さと戦った」と言うほどだった。

正祖役を引き受けたヒョンビンが羨ましかった。キャラクターではなく、ジョンヒョン閣の中で雨に当たらず、正面対決をしたときでさえも、雨を避けて中に立つことができるヒョンビンが羨ましかったとかわいい文句を言った。どのくらい寒かったのかという問いに、無言の表情ですべてのことを言った。 「最善を尽くしただけだ」という一言でまとめた。

イ·ジェギュ監督はウルス役にチョ・ジョンソクをキャスティングした理由として「少年の感性」を挙げた。ウルスは弱い子供だったし、生きるために堅い殻を着た子供だった。その殻が割れた際弱い、柔らかな内情が現われなければした。チョ・ジョンソクにはそんな少年の感性があった。もチョ・ジョンソクも「少年の感性があるようだ。正確にどのようなことを言うかは分からないが、わんぱくな姿もあり、脆さもある。心も弱い。そんなことをあわせて話をすることだ」と述べた。

最近のチョ・ジョンソクは、シン·ミナと呼吸を合わせた映画'私の愛私の花嫁」の撮影を終えた。今はちょっと休もうしたが、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の公演準備で忙しい日々を送っている。 「幸せな日々である。実家、故郷に戻った気分だ。ランランしながら通っている。休みたいという考えはしない。」

しばらくの間、チョ・ジョンソクの活躍は続くと思われる。をすることが行けば「ブラッドブラザーズ」が来るはずですし、下半期には'私の愛私の花嫁」が待っているのだから。
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201405160747141127&ext=na

ムービートーク映像1弾&2弾公開

ちょっと油断してたら
ムービートークがUPされていました


ムービートーク映像1弾←クリック

インタビュー記事の写真をほめたばっかりだったのに…
ムービートークだからって
ウルスっぽくしなくてもよかったんじゃ?

逆鱗トーク1

逆鱗トーク2

逆鱗トーク3

逆鱗トーク4

逆鱗トーク5


ムービートーク映像2弾←クリック

逆鱗トーク6

逆鱗トーク7

「逆鱗」は「ボルメ」(見るほど魅力的な)映画&真冬の雨の中のアクションシーン

★チョ・ジョンソク、「逆鱗」は「ボルメ((見るほど魅力的な)映画..見るほど違う」

OSEN =チョン·ユジン記者]俳優チョ・ジョンソクが自分が出演した映画「ラッフル」について「ボルメ」映画だと称して愛情を表わした。

ジョソンソクは15日OSENと会った席で「逆鱗」の観戦ポイントについて、「実は私は「これでおもしろいでしょみたい」と言われるタイプです。強制しない性格だ」と言いながらも"私たちの映画は本当に「ボルメ'だ」と明らかにした。

続いて「見れば見るほど異なって感じられるのだ。ご覧頂き見れば私たちの映画が面白いんだな​​感じることができる部分が多い」と映画を紹介した。

逆鱗記事38
http://osen.mt.co.kr/article/G1109852451


注:映画の内容に関する部分が含まれています

★逆鱗「チョ・ジョンソク」真冬の雨の中のアクションシーン、二度とない "

チョ・ジョンソクが激しかった「ラッフル」雨の中のアクションシーン所感を伝えた。

俳優チョ・ジョンソクが5月15日、ソウル三清洞の近くのカフェでニュースエンとのインタビューで、映画「ラッフル」(監督イ·ジェギュ/制作チョイスカットピクチャーズ)の話を伝えた。

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」で、幼いころからクァンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で殺人のための残酷なキラーで培われた殺手ウルス役を演じる。朝鮮最高の殺手らしく、すべての仕事をミスなく完璧に処理する人物で、最初は消極的でしたが、クァンベクの手から抜け出すために正祖暗殺に加担する。

逆鱗記事39

逆鱗記事40



ドラマ「ザ·キング·ツー·ハーツ」のイ·ジェギュ監督と呼吸を合わせたコックピットは、「逆鱗」にも参加して映画監督デビューを支援射撃した。しかし、今回の作品でも殺手の運命は死であるしかない。イ·ジェギュ監督の作品で、二回とも死んだわけだ。

特に、ヒョンビンとの対決で腕の長さが短く、死んだことはないかという笑い話もあったただの言葉にチョ・ジョンソクは"文字通りのいたずらでしょう?冗談でファンの方々がそんなことを言っているようだ」と笑いを噴き出した。

チョ・ジョンソク、"珍しくも死ぬ役割をたくさんした。公演でも3〜4回死んだ。演技しながら別の感じはない。ただ死ぬのだ」と、自分だけのノウハウがあるのかという問いに「かっこよく死ぬ演技が事実だろうと思う。話の流れで私が引き受けた役割が死ぬのがなポイントだなそう思って演技ている」と答えた。

「逆鱗」と「ザ·キング·ツー·ハーツ」では、実際に死が確実に現われるように適切に死んだ。公演では死ぬ演技をしても象徴的に表現したり、誰かの台詞で表現された。自分の特別な秘訣はないようだ。"
殺手が王の命を狙って死を迎えるまでチョ・ジョンソクは、キャラクターのために走ってまた走った。真冬に雨に降られ、撮影することはもちろんであり、負傷も後に続いた。そう激しく演技したウルス役はチョ・ジョンソクに多くのことを残した。

ウルスに付いている苦悩と哀歓、痛みがディテールに触れる感じだった。最後のジョンヒョン閣の決闘シーンでは本当に大変だった。体力的にもそうだが難しいアクションシーンを消化しながら感情線まで持って行かなければならなので、より大変だったよ。刀を一度振り回しても、その中でウルスの感情を表現しなければならいた。だから、それ自体にも多くのエネルギーが消費された。ジョンヒョン閣の中に入るまでも大変だったし、最終的には入ってはすさまじい姿でなかったか。その月を撮影するのにも精神統一し軍曹仏性言いながら王を殺すために進まなければしました。"

もう一度しろと言うならみ、自分のかという問いにチョ・ジョンソクは首を横に振りながら「まだまだもう一度したくない "とし、"時間が過ぎて、当時苦労したものの感覚が落ちた時は再びそれを行うものではなかっ気もするが、今ではない。おそらく6ヶ月後にも今のような考えではないか」と話して笑いをかもし出した。

「撮影しながら、負傷もあった。剣を持ってアクション和を合わせる実際には、一度にオッケーにならない。だから、何回かしてみると必ず怪我をするところだけ傷ついたよ。だから、手を負傷した。これまでのところにまたこれまでのところだ。正面に走るが、ジミーの家のカメラが私の速度を勝て額を本格的に打ち込んだこともあった。あざが聞いた次の日も撮影をしなければならない状況だから病院行って注射を打たれた。怪我はまあその程度だ。(笑)」

チョ・ジョンソクは、負傷よりも寒さとの戦いがより苦痛だったと"雨に打たれ、撮影をした後、少し経つと頭が凍りつく。別名カーテンの髪だったが触ると髪がよくなろうとしたよ"と"雨に打たれながら、冬に演技をするというのは本当に大変だったよ」と、再び首を振った。

封切り3週を迎えた「逆鱗」。まだチョ・ジョンソクには言いたいことが多いようだった。それと共に彼は好評も酷評もすべて理解するとして気にしないし。前日、新しい作品が封切りしながらボックスオフィス順位が押されたという事実も、「どのようになったんです?れて見てわからない」と取るに足りないように渡して「見る人の視点に応じて、映画の評価は変わることができる。好き嫌いが分かれるというのに、私は「ネバーマインド」だ。私たちの映画は見るほど面白い」と観客に呼びかけを伝えた。
(以降略)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201405151630299610



「逆鱗」インタビュー記事 画像

今日は、ちょっと明け方からバタバタしてまして
インタビュー記事に追い付いていけてないですが
きっと公式さんが記事UPしてくれるんじゃ?と期待を込めて

とりあえず
インタビュー記事の画像を少しだけ先に

今回のインタビューの中でこの画像シリーズが一番ステキング

逆鱗記事35


逆鱗記事36

隅っこに座らせて
見上げさせるって考えた人←カメラマン?

逆鱗記事37

インタビュー記事は後ほど~

「逆鱗」チョ・ジョンソク、"交錯した評価?ネバーマインド!"

OSENさインタビュー写真、前の使い回しじゃ?←

OSEN =チョン·ユジン記者]映画「ラッフル」の殺手は、「ナプトゥクがチョ・ジョンソクを記憶する大衆に不慣れにできるキャラクターだ。すでにキャリア10年目の信頼の俳優だが、彼の名前を確実に刻印させた配役はやっぱり映画「建築学概論」の「ナプトゥク」だった。この強烈なキャラクターは、かなり長い間俳優の後を追ってなんてだろうが、それはあまり気にならない理由はなぜだろうか。おそらく1つのキャラクターに閉じ込められているチョ・ジョンソクという俳優が持つ内面の根が硬く深いであろう。

一般的に俳優たちは自分の名を知らしめてくれた強烈なキャラクターの感謝と悩みを同時に示してはならない。大衆の愛を受けてくれたキャラクターだが、同時にとても強い余韻が原因で一度は俳優としての限界を実感するようにする温かい品であり、監獄の役割をするからである。しかし、15日OSENと会ったチョ・ジョンソクは、「「ナプトゥクイメージ」が与える圧迫が全くない」と自信を表わした。

映画に出演する前にも公演を10年以上行ってきました。多くの方が公演で、私はどのような役割をしたのかよく分からないが、公演をして、世界で誰よりも浮気があふれる浮気もしてみ、女性のために命を捧げてしまうことがある人物もしてみ、ふざけ向かっておもしろくて愉快な役割もしたし、劣等感に包まれて自殺まで行く人物も鳴った。多様な役割をしたが、そんなことはありませんでした。ナプトゥクこの役割は非常に面白い配役だったし、忘れられない作品です。しかし、それを破ったくてわざわざ慎重なの役割をして、このようなことはないです。"

逆鱗記事32

チョ・ジョンソクは、自分に戦略的にどのような配役を選択するかが重要なわけではないとしている。ただシナリオを「面白い」と感じたら選択だけである。もちろん、「おもしろい」の基準は、客観的ではない。すべての人が完璧な映画だと言ったときに、自分は面白くない感じることができ、誰もが不完全な映画だとするときも、自分は面白いどのようなことを見て選択することができる。

「戦略的に何かをしないのでは私に重要なものではない。シナリオを見た時、面白い、私は中で何かを行うことができ、そのような部分を見ることだけでしょう。 「観相」の時、多くの方々が「朝鮮版'ナプトゥク」といわれましたよ。もし、「ナプトゥクイメージ」を回避しようとわざわざ心配している場合そのような選択はしなかったんです。私には面白いのが重要です。そして、その楽しさの基準は、本能的な感覚なんです。そのような面で、自分自身の選択を信じている。」


しっかり感が良い俳優であるのがよい。 「建築学概論」、「観相」のすべてその年の興行成功作リストの最上位圏に腰を据えた、「ラッフル」も、開封後は3週間ボックスオフィス上位圏を占めている。映画の評価は少し食い違ってるけど、多くの観客がヒョンビン、チョン·ジェヨン、チョ・ジョンソク、チョ·ジェヒョン、パク·ソンウン、ハン·ジミン、キム·ソンリョン、ジョンウンチェなど派手なマルチキャスティング俳優たちのハーモニーを見るために喜んでチケットの値を支払う。次に、チョ・ジョンソクが「逆鱗」で魅力を感じた点は何だろうか。

精油逆変、たった一日、その時間の間繰り広げられる物語がどの道ますか?それを圧縮しておいたし、圧縮されたシナリオ内のすべての人物が絡んでいます。その構成自体が全く興味深かったです。精油逆変自体に対する気がかりなことはあまりなかったが、虚構的人物と実在の人物が出会う話、正祖とサンチェクのガプス、その話ドラッグ行く人々の間の友情と哀歓、そんなものはあまりにもよく見えました。ウルス役もガプスとの関係、をすることができガプスを害するしかなかった悲劇であり、悲惨なそのストーリーテリングがとてもおもしろく届きましたよ。"

逆鱗記事33

映画を撮りながら、最も記憶に残るのは、どうしても厳しい寒さ、それよりもしたアクションシーンとの戦いだった。真冬に撮影が進行されたせいで、多くの苦労をした。特に最後の正祖を襲うジョン閣のシーケンスでは、真冬に水を迎えて屋根の上を飛び回るアクションシーンを消化するために大きな苦労をしたチョ・ジョンソクは、「今後6ヶ月の間アクションシーンはないようだ 」と冗談を言った。

「高所恐怖症を持っている。これ言うほどの症状なのか、こんなのよく分からない....バンジージャンプもしてみて見るに値するのは試してみました。ただとても恐れただけですよ(笑)。ワイヤーを飛び降りシーンがあるが、ワイヤーアクションの中で最も恐ろしいのアクションでした。その場でただ飛び降りるだろうと3-4m自由落下をするのと同じですね。落ちる前にたくさん怖がっていた。」

チョ・ジョンソクが引き受けた役割は、特質上、他の俳優とつくシーンが多くなかった。常に先輩俳優たちと一緒にいるシーンが多かった「観相」とはまた違った雰囲気であった。ので、寂しさを感じることが多かったでも、映画が終わった後には、先輩·後輩たちと一緒に通って友情を積む機会が多く与えられ、今ではあまりにも粘着性がある間になってしまった。

逆鱗記事34

"もう一つの幸福感ですね。撮影をすると、「観相」の時はいつものように、そのようなことから、喜びと楽しさを感じていた、今回の撮影が終わった後にどのように本当にたくさん親しくなってね。 「ウシャウシャ」が多くの時間を与えててしまった。兄さんの役割が大きいですね。ジェヨン兄さん、ソンウン兄さん、お二人の集まりをよく導いてくれよ。よく会うこともした。"

「逆鱗」は、交錯した評価についての話をするしかない作品である。いくつかは、あまりにも多くのことを表現した惜しさを示したり、いくつかは、俳優たちの演技の饗宴とストーリー自体が与える楽しみの好評をしたりする。ため、チョ・ジョンソクは、「どのような視点でアプローチするかによって異なりしかない」とし、映画やキャラクターに対する自信を表わした。

「誰かにおもしろくて、誰かはつまらなく見ることができると思います。私たちの映画の評価が好き嫌いが分かれるということについて前に「ネバーマインド」しています。大きく気を使われません。(省略)ただし、私たちの映画は本当に「ボルメ「(見るほど魅力的な映画)です。見れば見るほど異なって感じられるんです。よりご覧頂き見れば私たちの映画が面白いんだな​​感じることができる部分が多いです。」

映画が終わり、休むこともところがコックピットは"演技がとても楽しくて幸せだ」と休まないことを発表した。ミュージカルを準備していること。しかし、いつの日か休むことができる時間があると旅立つのが小さな願いである。

「大変じゃないです。幸いであること。練習するのがきつくなくとても楽しいんです。演技が幸せです。もちろん、休息が必要なときに持っている。個人的には感じている。これは体力的な部分であるだろうし、精神的な部分はとてもいいですからね。もし本当に体力的に休みであるはずの瞬間が来ると旅行に行こうとしている。」

http://osen.mt.co.kr/article/G1109852527

「逆鱗」チョ・ジョンソク ジョン・ウンチェとナプトゥクこのようにキスをしたか?(笑)」

怒涛のインタビュー記事!
自動翻訳ですみません

逆鱗記事31

[TVレポート=チョ・ジヨン記者]俳優チョ・ジョンソクが相手役であるジョンウンチェとのキスシーンのエピソードを公開した

史劇映画「逆鱗」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手、ウルス役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで、「映画の中のウォルヒェ(ジョンウンチェ)とキスシーンがあったが、編集された」と明らかにした。

子供の頃からクァンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で殺人のために培われた朝鮮最高の殺手に一度引き受けた依頼は、間違いなく完璧に処理するウルスは愛するウォルヒェと残酷なクァンベク手から逃れるために正祖暗殺に加担する。ウォルヒェはウルスと同様に、クァンベクに培われた殺手の一人だ。二人は映画の中で切ない愛を分けて観客たちの目頭を濡らす。

チョ・ジョンソクは、「正祖暗殺を控えウォルヒェと別れのあいさつをしたときにキスシーンがある。映画の中ではウォルヒェウルスと「私も付いて行けばいけないの?」と言ってお互いに抱擁するシーンで仕上げたが、実際にはその後にキスする場面もあった。編集されたが、それだけの理由があって、編集なったと思う」としょげていた。

二人がキスシーンを撮影した当時チョ・ジョンソクのひげ扮装がジョンウンチェの口にくっついてひどい目にだったと。これに対し、「私のひげが接着剤と一緒にウンチェさんの唇についた。絶対激情的なキス場面ではなかったきれいなキスシーンだった 」と冗談を言った

映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)の名場面に選ばれるナプトゥクのキスシーンの講義のように激情的なラブシーンはなかったチョ・ジョンソク。「実際の実力は どうなのか?」という冗談に「実際には年齢があるから知って考えてほしい。ナプトゥクほどでは決してないが、年齢に応じた知識を持っている 」と才覚があるように受け入れた。
(以降略)
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501435

インタビュー「ナプトゥクがトラウマ?全くない」&「仕事中毒?愛は時が来ればすること

インタビュー記事追記しています。

14日の観客数は4万5,914人

累積観客数は339万2,701人です

1日の観客数の順位が1位→4位に…公開15日目ですから・・・ね

逆鱗14


naoさんからの情報で
来週末からハワイで「逆鱗」上映だそうです!

いや~ハワイ
「観相」の時といい、公開早いっですよね~


★「逆鱗」チョ・ジョンソク「ナプトゥクがトラウマ?全くない」

逆鱗記事27

[TVレポート=チョ・ジヨウン記者]俳優チョ・ジョンソクが映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)のナプトゥクがキャラクターに対して"負担はない」と告白した。

史劇映画「逆鱗」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで「ナプトゥクというキャラクターが多くの方の愛を受けたが、あえてそのイメージを脱皮しようとはしない」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、過去2012年の「建築学概論」で過去スンミン(イ·ジェフン)の友人ナプトゥクが出演して多くの話題を集めた。図太くコミカルなセリフと表情で流行語を作って、今までにも広く知られている。

これに関連しチョ・ジョンソクは、「ナプトゥクこのキャラクターを考えている人がまだ多いが、あえて変えようと苦労使わない」と説明した。彼は "事実大衆はよく分からない。私は"映画をする前に、ミュージカルで演技を始めた公演を通じて多様な役割をたくさんした。非常に安っぽいプレーボーイから切々たる愛、劣等感に陥って、うつ病にかかったキャラクターまで数多くの役割を果たしてきた。だから、これといった画像固着の心配はない」と付け加えた。

続いて、「 ナプトゥクという役割が本当に面白いみると、大衆の記憶に強く残ったようだ。本当に感謝なことです。私にも「建築学概論」のナプトゥクがは忘れられないキャラクターだ」とし「そのようなイメージを壊したくて真剣な役割を見つけるではない。ひたすらシナリオを面白く見たイ·ジェギュ監督の信頼できるので、選択した作品が「逆鱗」である。「観相」(13、ハン·ジェリム監督)のペンホンを見て '朝鮮版ナプトゥクが」と呼ばれたりもした私はまったく気にしないない。ただ作品に忠実であることだけだと述べた。
(以降略)

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501396


★「逆鱗」チョ・ジョンソク「仕事中毒?愛は時が来ればすること "


[TVレポート=ジョジヨウン記者]俳優チョ・ジョンソクが仕事と愛のうち「まだ演技がいい」と答えた。

逆鱗記事28

史劇映画「ラッフル」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで「休むことなく働いているが苦にならない」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)でデビューして「鋼鉄の隊伍:救国の看板娘」(12、ユクサンホ監督)、MBCドラマ 'ザキングトゥハーツ'、KBS2ドラマ「最高だイスンシン」、映画'観相'(12、ハン·ジェリム監督)そして、「逆鱗」まで休むことなく活動を続けている。最近では「私の愛私の花嫁」(イムチャンサン監督)の撮影を終え、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の準備に真っ最中だ。

このように着実に作品活動を継続しているチョ・ジョンソクは、リラックスのための 「苦ではない。最近は公演の練習をしているのに、まるで実家に戻った気分だ楽しい。本当によかっ的にも楽しくて幸せである。もちろん、体力的に枯渇して疲れますが、現在は演技が本当におもしろい 」と話し始めた。

「盛んに愛する年齢に働くだけのように思えるファンが切ないようだ」という取材陣の質問に「愛は時が来ればということだ。親しい友人が結婚して子を産むのを見ればうらやましいのに、今はしばらくその羨望をたたんでおきたい。私の最大の目的は、音楽を多くの方にご提供し愛されたい 」と「公演の練習に行く道が幸せで楽しくて疲れない」と答えた。

続いて 「本当に休息が必要な時もあるだろう。その時は旅行をやろうとする。いつもの旅行を本当に好きなのに、デビュー後は、しっかりとした旅行ができない去った。後で本当に大変で疲れたときに旅行をしたい」と付け加えた。 (以降略)

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501409

~追記~
ジョンソクさん髪切った?

旅行!その時はぜひ日本に~
だって雪で新宿御苑行けてないし…
熱で別府も堪能しきれてないし…ねっ


★逆鱗「チョ・ジョンソク」打席連続の興行、本能的感のおかげ

[ニュースエン イソダム記者]

チョ・ジョンソクが演技に対する率直な考えを打ち明けた。

俳優チョ・ジョンソクが5月15日、ソウル三清洞の近くのカフェでニュースエンとのインタビューで、映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ/制作チョイスカットピクチャーズ)の話を伝えた。

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」で、幼いころからクァンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で殺人のための残酷なキラーで培われた殺手ウルス役を演じる。朝鮮最高の散水らしく、すべての仕事をミスなく完璧に処理する人物で、最初は消極的でしたが、クァンベクの手から抜け出すために正祖暗殺に加担する。

逆鱗記事29

逆鱗記事30

セウォル号の惨事により、封切り3週になってようやく行われた取材陣とのインタビューで、チョン·ジェヨン、ヒョンビン、イ·ジェギュ監督に続き、最後の走者に出たチョ・ジョンソク。彼は最近'私の愛私の花嫁」の撮影を終え、来る6月27日、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の撮影を控えて練習に邁進中である。忙しいスケジュールの中でもチョ・ジョンソクは、「大変なのは全くない」とし、「ミュージカルの練習を始めてばかりなのに故郷、実家に来た感じだ」と述べた。

チョ・ジョンソクは、「本当に幸いな練習がおもしろいということだ。体力的に枯渇して疲れもできますがそんなことをさておき演技に、俳優という職業がとてもおもしろい"と"10年になるように継続して演技をして過去の公演する時も休んだことはほとんどない。特に準備することはない。紅参を食べるほどだ」と説明した。

その中でも光る蛍光体の皮膚を自慢したチョ・ジョンソクは、「少し前に写真を撮ってきてメイクをした状態だとそのように見えることだ "とし、"肌がすごく好きではないされた。メイクを消した様子をみるべきでしょう」と言って笑いを誘った。

「観相」に続き「逆鱗」に二つの作品の連続時代劇に出演したチョ・ジョンソクは、ペンホンと殺手のウルス両方を全く別の役割として解放出して、再び自分の演技力を立証した。連続で時代劇に出演することをめぐり、周辺で引き止めたりもしたチョ・ジョンソクは、「そんなの全然関係ない」と答えた。

"史劇ジャンルに対して負担を感じたことはなかった。 「観相」の時も同じだった。どのようにしてみると「観相」の後すぐに「逆鱗」をすることになったような時代劇でも、私の心に持ってシナリオが面白い場合は出演する理由は十分だと思う。また、イ·ジェギュ監督とは、ドラマ「ザ·キング·トゥ·ハーツ」を一緒にして、お互いをよく知る上で、それに対する信仰もあった。"


チョ・ジョンソクを世に知らしめた「建築学概論」ナプトゥクとは異なり、 「逆鱗」ウルスは真剣であったいろんなキャラクターだ。 「ザ·キング·トゥ·ハーツ」ウンシギョンともナプトゥクこれとは道を異にしている。

「真剣な演技をしなければならないという圧迫感は全くない。公演を10年以上行ってきているがそこでは本当に様々な役割をしてきた。人々がそのような姿がわからないだけだ。よく知られたのが「建築学概論」であるため、次回作のキャラクターを置いてそのような考えをされるようだ。公演では天下の浮気者、女性を命を捧げて愛するすさまじい人、誰よりもふざけ距離は愉快なキャラクター、劣等感に包まれて、うつ病で自殺する演技まで多様に試みた。次期作選択基準は、私がどのようなシナリオを面白く見たのかということだ。もしナプトゥクを脱したい場合は「観相」にも出演していないだろう。ペンホンも朝鮮版ナプトゥクではないかと(笑)。 」

チョ・ジョンソクは、「作品を見て私の選球眼を信じる。シナリオを面白く見ることができる自分なりのものを信じているので作品を選択したときに円の役割に忠実であることだけだ」とし、「例えば、重い正劇であっても、その中で、私は本能的に楽しさを感じて演じてみたい気がするときに選択する方である。本能的な感覚が少しはあるようだ」と付け加えた。

興行失敗せずに継続して成功を続けてきた彼にシナリオを見て触が良いようだと賞賛しましょう​​チョジョンソクは照れくさそうに顔を赤くして「感覚だけで興行になることがあるのではないかつて私は面白いと思った部分は、一般の人々もおもしろく感じると思いして演技する "と"代わりに楽しさを強要はしない。 「逆鱗」も好き嫌いが別れてはないか。十分に見る人の視点に応じて異なる可能性があると思う」と答えた。

休むことなく走ってきたチョジョン祖k。彼に今は演技のほか、愛などの他のものに目を向けてみるつもりはないのかと尋ねると、「愛というものは時が来ればすること」とし「友達が結婚して子産んでそういうの見ると羨ましいです。しかし、恋愛はしばらく脇に置くことで」と言いながら

「私にとって最大の目標は、
 
ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の公演を多くの方々に楽しんで、

愛されることができようにすることだ」
と述べた。

「俳優チョ・ジョンソクにとって本当に幸いな演技が面白いということだ。大変ではない。幸せである。とても楽しく暮らしています。休憩が必要だと個人的に感じ、長いならない。体力的な部分ではなく、それでも精神的な部分で勝ち抜く。演技はエネルギーを発散することができる原動力になるようだ。代わりに、しばらくの間、旅をれて行った後に機会があればいつも旅行がしたいと思う(笑)。」以降略)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201405151444179610

逆鱗「雨に濡れたチョ・ジョンソク、アクションシーンのすべてを直接消化'スタント必要無し

「逆鱗」ヒョンビン、チョン·ジェヨンチョ・ジョンソク未公開スチールが公開された。

公開13日でに328万観客を動員して、損益分岐点を突破し、劇場興行突風を証明した映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ/制作チョイスカットピクチャーズ)が未公開スチールを公開する。

常に暗殺の脅威の中に住んでいた孤独な王の正祖ヒョンビンと複雑な感情線を完全に消化してミョンブルホジョンの演技力を披露したサンチェク、チョン·ジェヨン正祖暗殺に加担した殺手役で映画の中のすべてのアクションシーンを直接演技したチョ・ジョンソクまでのキャラクターそれぞれの魅力を込めてている

逆鱗記事100

「逆鱗」は、体を惜しまない俳優たちの熱演とウェルメイドプロダクションが完成したスタイリッシュな映像美、「小さなことにも誠意を尽くせば、世界を変えることができる」は、中庸の詩に代表される映画のメッセージとして全国に逆鱗病を広めている。(以降略)

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201405141004399610

「私の愛私の花嫁」チョ・ジョンソク、シン·ミナ束草(海岸)捕捉、実際の夫婦のようなスキンシップ

チョ・ジョンソク、シン·ミナ'私の愛私の花嫁」が撮影を終えた。

大勢のスターチョ・ジョンソクとシン·ミナの出会いでキャスティングから話題を集めた映画 '私の愛私の花嫁」(監督イムチャンサン/製作映画の勢い)が5月初めの3ヶ月間の撮影を終えてクランクアップした。

イ·ミョンセ監督の同名の作品をリメイクしたロマンチックコメディ'私の愛私の花嫁」は、去る5月9日江原道束草に位置する海岸沿いのカフェで最後の撮影を進行した。ヨンミン役チョ・ジョンソクとミヨン役シン·ミナが争いの最後に関係回復のために束草浜を見つけるシーンで二人の俳優の完ぺきな呼吸の中に最後まで和気あいあいとした雰囲気に仕上げられた。

私の愛11

私の愛12
撮影を終えた「私の愛私の花嫁」チームは、広い海を背景に記念写真を残してスタッフと俳優を選ばない粘着性があるチームワークを見せてくれた。また、今回の映画の主人公チョ・ジョンソクとシン·ミナカップルは一緒に砂浜に座って一緒にハートを作って、映画の中ヨンミンとミヨンが飛び出したような愛らしい姿に周囲の羨望を買ったりもした。

チョ・ジョンソクは、「すでに最後の撮影だなんて信じられない」とし、最後の撮影の惜しさを示しており、シン·ミナも「ミヨンで生きている間、本当に楽しく撮影しており、記憶に末永く残る作品になるようだ "と所感を伝えた。

チョ・ジョンソクとシン·ミナカップルが、今回の作品で披露する最強ケミのファンたちはすでに期待を示している。だけでなく、ラ・ミラン、シオン、ユン·ジョンヒなど忠武路大勢の俳優たちからソガンジュン、ユハジュン、ソ·シネなど新鋭スターたちまで参加している脇役キャスティングの便りが話題をもっとして映画に対する関心を集めた。

束草ビーチでの撮影を最後に、5月初めにクランクアップした映画「私の愛私の花嫁」は、今年の下半期封切りする予定だ。
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201405140820579610

イム·スジョン、チョ・ジョンソク、イ·ジョンソク、「時間の離脱者」共演?

13日の観客数は6万1,689人

累積観客数は334万6,384人です

12日の時点で損益分岐点を超えたそうで
よかった。よかった←リアルな話


昨日、「国立代々木競技場 第一体育館」で開催の
「XIA the Best Ballad Spring Tour Concert In Japan」に行ってきました
ジュンス(JYJ)のソロのバラードコンサートです

席はなんと!
アリーナAブロックの最前列!
会場のほぼ中央ちょっと右より最前列という…←今年1年の運をここで使ったんじゃ?←cyurinさんからのツッコミ←あ~だからBBのチケットが…(泣)

バラードコンサートなので
ミュージカルナンバーからスタート

途中、ゲストにチョン・ソナさんが登場して
ジュンスとのデュエットも披露
ソナさんのソロで宇多田ヒカルの「First Love」と
「ウィキッド」のナンバーも歌ってくれました

ソナさんの日本語をしゃべる時の声がとってもかわいかったです


ジュンスは歌う時は左を向き
高音の時は右に向く癖があって
ず~っと私の 私たちの 方を見て歌ってくれて←
幸せな時間を過ごしました


ここはジョンソクブログっ
バラコンで感動している間にこんな記事が!


★イム·スジョン - イ·ジョンソク - チョ・ジョンソク、「時間の離脱者」連れ出撃か

[OSEN=チェ·ナヨン記者]俳優イム·スジョン、チョ・ジョンソク、イ·ジョンソクがした作品で意気投合することになるのか注目される。

映画関係者たちによれば、これらは映画「時間の離脱者」の主人公たちに挙げられている各所属事務所は「台本を受けて検討中」という立場だ。

「時間離脱者」は、映画「猟奇的な彼女」、「クラシック」などを演出したクァク·ジェヨン監督の次期作。タイムワープを素材にした新しいメロー物である。過去の時間の中の男と現在の時刻の中の男の話が行き来し、そしてこれらの運命の中一人の女性がいる。メロの感覚を認められたクァク·ジェヨン監督の作品だからこそ注目される。下半期クランクインを目指して準備中だ。

時間記事2


映画「私の妻のすべて」に青龍映画祭主演女優賞を受賞して映画界を代表する女優となったイム·スジョンは、今年の映画ユ·ヨンソクと一緒に呼吸を合わせた '秘密の誘惑」を披露する。

現在、映画「逆鱗」で観客たちに会っているチョ・ジョンソクは、スクリーン初主演を引き受けた '私の愛私の花嫁」の公開を控えている。ドラマ「君の声が聞こえる'で演技力を認められ、さらに株価を高めたイ·ジョンソクは、現在ドラマ「ドクター異邦人」の人気をリードしているところだ。
http://osen.mt.co.kr/article/G1109850674


第一報の時に「別の男主人公で人気絶頂のイケメンスターが有力な候補に」っていうのは
イ・ジョンソク=若ジョンソクだったんですね~
「観相」の叔父&甥コンビの復活なるか?

そして、イム·スジョン!
青龍映画祭で一緒になった時に
映画祭に通り過ぎながら挨拶したが嬉しそうに挨拶していただきましたよ。その姿が印象的でした(笑)と言っていて
今、一番共演したい女優として名前を挙げてましたよね!

確定じゃないとういう記事ですが…
この感じ…
「私の愛私の花嫁」の時と同じ匂いもするような?です


ブラッドブラザーズ 1次チケットオープン

12日の観客数は6万9,727人

累積観客数は328万4,285 人です

逆鱗13-2

Team.Jの「逆鱗に触れない隊」も無事帰国
落ち着いたら報告してくれると思いますが


「逆鱗」のウルスは・・・

「ジョンソクssiの目の演技ハンパない」
「まさにアクション俳優」
「見終わったら放心状態。魂持っていかれました(笑)」
だそうですよ!


そして!
昨日はブラッドブラザーズの1次チケットオープンでしたね
韓国のらぶじょんずさんから
思うようなチケットを取るのはかなり難しいと思う
とは聞いていたんですが…

ホントにそうでした

いや~
ジョンソクさん、やっぱり人気ですね

ご存知の方も多いと思いますが←昨日はこの画面にイヤってほど見た人も?←一緒ww
interparkに日本語のサイトがあって←クリック

BBチケット1

公演日と時間を選んで予約をクリックすると
予約可能な席数が出てくるので「次へ」をクリック

ちなみにこちらは昨夜のジョンソクさんの初日チケット
BBチケット2

色が付いている席が購入可能
って真っ白~~~
BBチケット3

他の出演者の平日の公演
こんな風に色で席の種類が分かれてます
BBチケット4

キャンセルが出ると
今は白い席が購入可能になったりするので
ちょっと気にしてチェックしてみるのもいいかもですね←自分に言ってる?

5月11日 「逆鱗」舞台挨拶 ③ 動画

11日の観客数は22万7,625人

累積観客数は321万4,595人です


舞台挨拶も金浦で最後
楽しかったな~ジョンソク&隊長コンビ←そこ?


ジョンソクさんの挨拶からスタート
2分56秒から隊長のジョンソクいじりがスタートww
その後、チョン・ジェヨンと隊長でハグ大会?を仕切ります



別角度から
隊長のジョンソクいじりは1分2秒くらいから




そしてこちらは妄想用←
逆鱗0511-7

逆鱗0511-10

5月11日 「逆鱗」舞台挨拶 ② チョ・ジョンソク♡パク・ソンウン

逆鱗0511-6

このシーンの動画です

「私の愛 私の花嫁」クランクアップ

DSエンタ ソ室長のツイより

みんなお疲れ様でした。
グッバイ〜私の愛私の花嫁!

私の愛クランクアップ


ヨンミンを探せ!ww

私の愛ツイ7

5月11日 「逆鱗」舞台挨拶 ~追記あり~

記事のタイトルは11日舞台挨拶ってなってるんですが…
ギャラリーに抱っこ画像がUPされていたのでww


自分の子ども 甥っ子抱っこしてるみたいな…ね
逆鱗0510-55


今日のジョンソクさん
逆鱗0511-1

逆鱗0511-2

逆鱗0511-3

~追記~


ハグイベントに誰も出てこなかったので←もったいない!ってその場になったら出て行けるの~~~
隊長とハグ!
逆鱗0511-4

「逆鱗」観客数300万人突破 ~追記①② 10日舞台挨拶 画像&動画~

10日の観客数は23万7,368人

累積観客数は298万6,970人

そして!今日300万人突破です!

★「逆鱗」300万人突破、ヒョンビン - ハン·ジミン - チョ・ジョンソク花束持って認証ショット

逆鱗記事26


「逆鱗」が観客動員数300万を超えた。

映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ製作チョイスカットピクチャーズ)が11日連続ボックスオフィス1位を占めており、今日(11日)300万観客を突破した。


同日公開された「逆鱗」の俳優たちの写真で主演俳優ヒョンビン、ハン·ジミンチョ・ジョンソク、チョン·ジェヨンパク·ソンウンとイ·ジェギュ監督は、花束を持ってポーズを取ったパク·ソンウンの息子まで一緒に撮った認証ショットが目を引く。

配給会社ロッテエンターテイメント基準逆鱗」は11日午前、 303万2177人の観客を動員した。 2014年封切り映画の中で最高のオフのスコアを記録した「逆鱗」は、開封後一度もボックスオフィス1位の座を逃さずよどみない興行突風を続けている。
(以降略)
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1399771595695612008



新たにスチールカットも公開です

逆鱗未公開カット

Team.J メンバーの「逆鱗にふれない隊」も昨日ソウル入り
初日から精力的な活動をスタートさせてww
いよいよこれから舞台挨拶だそうです!

10日の舞台挨拶画像と動画は後ほどUPしますね~


~追記①~
10日舞台挨拶 画像&動画

逆鱗0510-6-2

逆鱗0510-7-2

逆鱗0510-8-2

素敵な笑顔の先には隊長がっ
逆鱗0510-9-2

あれっブレスレット気になる~
逆鱗0510-12-2

逆鱗0510-13-2

あれっ←また
逆鱗0510-11-2

爪が長い
逆鱗0510-14-2

けど、左手は短い 右手の爪はギタリストには命なのね
逆鱗0510-22-2

逆鱗0510-23-2

逆鱗0510-24-2

逆鱗0510-25-2

逆鱗0510-26-2

ちなみに外はこんな感じ
逆鱗0510-4


そして、
ジョンソク&隊長 とうとう手を!
逆鱗0510-5


2分27秒くらいからジョンソクさん挨拶
2分58秒 隊長のマイクをもってあげる
4分10秒 息の合った腕長さww比べ
4分41秒 隊長に耳打ち
4分50秒 隊長ジュニアに 抱っここっちにおいで
6分37秒 ハグ!!!




~追記②~

4秒 手を振ってます




逆鱗0510-27-2

逆鱗0510-28-2

逆鱗0510-29-2

逆鱗0510-30-2

逆鱗0510-33-2

逆鱗0510-34-2

逆鱗0510-35-2

逆鱗0510-38-2

逆鱗0510-39--2

逆鱗0510-40-2

逆鱗0510-41-2

逆鱗0510-42-1

5月10日 「逆鱗」舞台挨拶

今日と明日で終わりなんて…ちょっとさみしい…

逆鱗0510-1

逆鱗0510-3

もはや親戚の集まりみたいです
逆鱗0510-2

Jナンバー 77

コメントいただきありがとうございます。
敬称略ですみません。 

Team.J No.77 1226

引き続き「Team. J」募集中です!



『観相師』映画試写会に5組10名様をご招待 !

『観相師』
映画試写会に5組10名様をご招待 !


日時 6月24日(火)18:00開場/18:30開映

場所 シネマート六本木
   (東京都六本木3-8-15)

上映時間139分

応募締切 6月17日(火)14:00まで

詳細&応募はこちらから←クリック

「逆鱗」ポラロイド写真イベント

8日の観客数は9万106人

累積観客数は263万3,591人です。

★「逆鱗」ポラロイド写真公開、堅くヒョンビン - パッとチョ・ジョンソク'温かく'

逆鱗記事25


[ティブイデイルリ ユンヒョジョン記者] '逆鱗'俳優たちがポラロイド写真を残した。

ボックスオフィス1位を守って観客たちの熱い支持を受けている映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ製作チョイスカットピクチャーズ)の配給会社であるロッテエンターテイメントは9日、 Facebookを介して俳優たちのポラロイド写真を公開した。

これは、イベントのために撮影されたもので、 「逆鱗」に出演した俳優ヒョンビン、チョン·ジェヨン、ハン·ジミンコチョ・ジョンソク、パク·ソンウン、チョン・ウンチェの姿が盛られた。ヒョン·ビンは証明写真を撮るように「堅く」した姿だが、チョン·ジェヨンチョ・ジョンソクハン·ジミンなどは手で「 V」文字を描いた。相反した俳優たちのポーズが笑いをかもし出す。

ヒョンビンが除隊後の復帰作で話題を集めた「逆鱗」は、精油逆変、当時24時間宮廷で繰り広げられる日を描いた映画で、 9日、映画振興委員会統合コンピュータ·ネットワーク基準累積観客数263万3591人を記録し劇場突風を起こしている。

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1399618594695130008

ミュージカルブラッド・ブラザースプロフィールの撮影現場公開!~追記あり~

5月12日(月)午前11時1次チケットオープン逃さないでください!





ブラッド9

~追記~

バタン←ステキングすぎて倒れた
ブラッド11

ブラッド12

ブラッド13

ブラッド14

ブラッド15

ブラッド16

ブラッド23

ブラッド17

ブラッド18

ブラッド19

ブラッド20

ブラッド21

ブラッド22

「逆鱗」7日観客数&「観相師」前売り&ジョンソクさん掲載雑誌

7日の観客数は8万1,976人

累積観客数は254万3,561人です。

この連休で韓国で舞台挨拶参加!だった皆さんの話を聞くと
生ジョンソクさんはもちろん
映画の方もとってもいいそうですよ~
素敵な連休の過ごし方!ですよね

この連休
私は…というと


新宿で前売り券購入のはしご!です

まずは、バルト9で「結婚前夜」の前売り券を購入
ついでに?もちろん?!
我が家のKPOPファンは2PMテギョンとツーショットww

前売り2-1

そして、シネマート新宿へ
エレベーターを降りると
大きな「観相」韓国版のポスターがお出迎え

観相前売り6

階段の踊り場にあったチラシもチケット販売の並びにお引越ししてました。
「上島ジェーン」の立て看板がちょっと被っていたので
もう1回撮り直してww

観相前売り4

チケット販売カウンターの後ろにも
「観相師」日本版のチラシ(大)が貼ってありました。
観相前売り5

他にお客さんがいなかったので
携帯を向けたら係のおねえさんがしゃがんでくれました。ありがとうございます

もう「観相師」の前売りは買っていたのですが
きっと1回しか観ないってことなないよね~と
さらに2枚購入ww

特典のファイルは3種類ともまだありましたよ~

これからという方もまだ大丈夫なので、ぜひ!


この週末に韓国で舞台挨拶!とういう方!
ジョンソクさんと隊長の掛け合いもよく見てきてくださいね~

報告楽しみにしていますっ!


★ジョンソクさんインタビュー掲載雑誌

昨日、
な~んかモヤモヤ忘れ物をしているような気がずっとしていて
cyurinさんがUPしたTeam.J Twitterで思い出しました!

韓流ラブストーリー完全ガイド―愛の誓い号←発売日だった

雑誌8

「人気急上昇中のチョジョンソクが
 若手社長役でキュートな魅力を炸裂」

P96、97に掲載です。

[逆鱗]ミュージックビデオ「花火」公開!

DSエンタのソ室長もTwitterで

[逆鱗]ミュージックビデオ「花火」公開!

切ないメロディーと一緒にペク·ジヨンの訴える力濃厚なボイスで
<逆鱗>のドラマチックなストーリーが溶け込んだ「花火」のミュージックビデオ

ジョンソクさん演じるウルス登場シーンは
59秒~1分25秒
2分
2分50秒です!


ミュージカル「ブラッドブラザーズ」初顔合わせ中!

ミュージカル「ブラッドブラザーズ」初顔合わせ中!

ブラッド7

5月6日 「逆鱗」舞台挨拶???

6日の観客数は32万373人

累積観客数は246万1,638人です。


昨日はジョンソクさんは舞台挨拶には参加しない日だったのですが
タイトルを
5月6日 「逆鱗」舞台挨拶???
にしたのは…

こんな画像がギャラリーにUPされていたからwww

逆鱗0506-1
「チョ・ジョンソク❤」って

ネタプラカードを仕込んでいるところから
お隣りのチョン・ジェヨン ガン見してますが
逆鱗0506-2

手を振っちゃってますが
今度はチェン・ウンチェがガン見w
逆鱗0506-3

こんなおすまし顔も
逆鱗0506-4-2

きっと相方のジョンソクさんがいなくて寂しかったんですよね…
パク・ソンウン隊長!あなたも「らぶじょんず」ですね~

舞台挨拶の画像がたくさんUPされていますが
その中で5月3日の「ジョンソク&パク・ソンウン」コンビのを←勝手に呼んじゃってますが
お借りしてきました

逆鱗0503-1

見~つけた
逆鱗0503-2

ず~
逆鱗0503-3

ず~~
逆鱗0503-4

ず~~~
逆鱗0503-5

ず~~~~
逆鱗0503-6

ず~~~~
逆鱗0503-7

ず~~~~っと触ってイジッてるから
逆鱗0503-8

ほらっ嫌がられたっ
逆鱗0503-9

けど嬉しそう
逆鱗0503-10

笑ってるし
逆鱗0503-11


逆鱗0503-12

逆鱗0503-13

逆鱗0503-14

こんなにジョンソクさんをのけ反らせ&笑顔にさせられるのは…
逆鱗0503-15

逆鱗0503-16

逆鱗0503-17

逆鱗0503-18

隊長!あなたしかいないかも?
逆鱗0503-19

ジャケット掴んでるし
逆鱗0503-20

そう、隊長しかいないかも
逆鱗0503-21

逆鱗0503-22

逆鱗0503-23

最後はカメラ目線で
私たちのところへ戻ってきてくれたのね~←
逆鱗0503-24

今度、このコンビが見られるのは5月10日です
楽しみ~

5月5日 「逆鱗」舞台挨拶 画像&動画 ←色々必見ww

5日の観客数は44万4,075人

累積観客数は214万1,271人に!


昨日は大邱で開催の舞台挨拶
aldiさんからコメントが~

こんばんは♪

見てきました~!!

隊長さん、今日(もう昨日ですね)も、
ジョンソクssiの肩を触ってました(笑)
そして、ジェヨンさんはギャクを飛ばしてました。
三人のコンビ、いい感じですね。

『逆鱗』、ウルス目立ってました♪
早く日本公開してほしいですね!



そしてLINEの方にも連絡いただきました~

「俳優さんたち皆、すごいオーラ」


「上映の後の挨拶立ったので、盛り上がって」いて

ジョンソクさんの挨拶の途中で
『かっこいい~』っていう声援が響いて、
ありがとうございますって言ってました。
そして、やはりアクション俳優になった、ってコメントされてました

だそうですよ~

その舞台挨拶の画像は
aldiさんのブログで!「aldiのLOVE Kな日々」←クリック


昨日の舞台挨拶の画像を

韓国のらぶじょんずさんによると
とても気分よさそうだったそうですよ


逆鱗0505-5-2

逆鱗0505-6-2

逆鱗0505-7-2

逆鱗0505-8-2

逆鱗0505-9-2

逆鱗0505-10-2

逆鱗0505-11-2

逆鱗0505-13-2

逆鱗0505-14-2

逆鱗0505-15-2

逆鱗0505-16-2

逆鱗0505-17-2

逆鱗0505-18-2

逆鱗0505-19-2

逆鱗0505-20-2

逆鱗0505-21-2

逆鱗0505-22-2

逆鱗0505-23-2

逆鱗0505-24-2

逆鱗0505-25-2

逆鱗0505-26-2

★動画

この日の服が
ジョンソクさんとパク・ソンウンが被っているような・・・
2人で前の夜n何着ていくか相談した?


ビハインドストーリーを紹介するパク・ソンウン
前々から思ってたんですが
司会者みたいですw


2分32秒くらいからジョンソクさんの挨拶
観客からツッコミ掛け声が

3分24秒くらい
ジョンソクさんからパク·ソンウンにバトンタッチ
で、その直後、隊長(=パク·ソンウン)さっそくジョンソクさんの背中をバーン

4分28秒
このシーン腕の長さをネタに
逆鱗記事6

ジョンソクさんと腕の長さ比べしてますww






2分20秒くらいからジョンソクさん挨拶

次の隊長にマイクを渡しますが
ジョンソクさんにツッコミ入れるためか?
隊長がマイクを持ち替える3分20秒

中3でテコンドー3段~身長も~の鉄板ネタを披露←この為のマイク持ち替えだった?
鉄板ネタ攻勢に隊長の腕にしがみつくジョンソクさん3分48秒

そして!
チョン・ジェヨンの粋な計らい?で←仕切りはパク・ソンウンww
ハグ大会
ジョンソクさんは6分35秒くらいです←きゃ~


該当の記事は見つかりませんでした。