FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

祝!「逆鱗」観客200万人突破

200万観客突破!

<逆鱗>舞台挨拶の現場から
監督と俳優の方々が
観客の皆さんに伝える感謝のメッセージです

逆鱗記事23

逆鱗FBより

連休制覇した「逆鱗」 ~追記~5月5日 「逆鱗」舞台挨拶

4日の観客数は40万5,396人

累積観客数は 1,69万7,203人です


逆鱗ポスター3

[OSEN=キム·ボムソクのサイドミラー話題作「ラッフル」(イ·ジェギュ監督)が封切り五日間万4日、200万目標を超えて見ながら、5月貴重品連休の劇場街を制覇した。当初の計画では、軽く及ばない成績だが、哀悼政局と開封前のメディアの塩辛い評価、すれ違う好き嫌いなどを勘案すれば、製作陣と主演俳優たちが安堵のため息を長く吐くだけの貴重な達成だ。

ヒョンビンなど主演俳優たちをさらに嬉しそうにしたのは7点台に上昇曲線を引いているポータルサイト観覧後の評価である。開封当日から酷評と1点の爆弾を投げたネチズンがあまりにも多く競合他社のの悪意'アルバ動員」が疑われたが、製作会社とロッテエンターテイメントは、長年の論争に一切対応していなかった。現実的証拠の収集も簡単ではないが、何よりも「良い映画は観客が調べてくれる」という素朴な期待と信頼のためだった。これらの風のように観客数が増えるほど、「逆鱗」の評価6点前半台から7点で徐々に上昇した。 「なぜよく作った映画にキズを出すのか」と1点に対抗し、10点が注ぎ込まれた結果だ。

開封前のにはの一部CGVで「逆鱗」の前売りが突然中断される釈然としないことも発生した。数時間ぶりに正常化したが、「ターゲット」の投資会社CJエンターテイメントとロッテの間の微妙な力比べがあったことが把握された。少なくともCJイ·ミギョン副会長級の別途指示がない限り、売上高で評価を受けるCGV店長たちが観客が集まる「逆鱗」を無視するのは困難であろう。

「逆鱗」このように、数多くの紆余曲折を経験しながら、観客の選択を受けたのは映画をめぐるいくつかの懸念が時間が流れ解消されているからである。まず、「逆鱗」は「思ったより退屈であるので、がっかり」といういくつかの評価を受けた。期待値が格段に高かったうえ、「光海」、「観相」のような史劇映画と比較するとスピード感が落ちるという不満だった。このようなディスカウント要素を製作や監督が知らないわけがなかった。シナリオ段階から、これを補完するために平均15分ごとに笑いのポイントを与えようという案も出たが、苦心の末、そのような機械的な装置をすべてなくした。暗殺者の殺害の脅威のために睡眠さえ楽に眠ることができなかった悲運の王、正祖の緊迫した一日を集中照明した「重たい」のシナリオに忠実ことにしたのだ。

封切り後は、最も多くの非難に上がった貞純后妃役ハン·ジミンの演技も複数のバージョンがあったが、やはり苦心の結果であった。監督は撮影前のハン·ジミンとあえて古語体にとらわれないものを注文したし、いくつかの試み終わりに現代語のセリフを選んだ。視点によって違うが、ハン·ジミンのセリフと演技が多少不自然に感じられたならば、それは演技自体の欠陥というよりはアクセントやトーンのリズム感と変化を与えなかったためであろう。多くない出演分量中きつい貞純后妃のキャラクターを効果的に見せようとして見ると、キャラクターのディテールたトーン·アンド·マナーまで気にしなかったと判断される。

イ·ジェギュ監督はインパクトはありますが、ハン·ジミンがあまりにも量が少なく、交渉の段階で慎重に連絡したところ、ハン·ジミンが気軽に出演を決めてくれて驚いたという。しかし、封切り後はハン·ジミンが、不本意ながら一部の酷評を受けると、自分のことのように苦しんでたという裏話だ。これに対し、監督は「俳優と作家はすべて最高だった。もし映画に不足な点がある場合は、それはすべて私のせいだ」と責任を回す成熟した姿を見せた。

予想以上にヒョンビンの出演分量が少なかったという苦情も製作陣の立場では悔しいした部分だ。これは、比較的ガプス - ウルスの履歴、チョ・ジョンソクとジョンウンチェのメロが「あまりにも過度なストーリー」という噂が出てきた背景でもある。しかし、「逆鱗」は、当初から、ヒョンビン、チョン·ジェヨン、チョ・ジョンソクのスリートップ映画として企画され、ヒョンビンもこの三角構図に魅了され、「逆鱗」を選択した。それぞれ各自の事情があった三人物の命をかけたクラッシュが「逆鱗」の骨格であった。チョン·ジェヨンが加勢してサンチェクの分量が多く整えたりしたが、最初から分量は三つだ大同小異だった。

チョ・ジョンソク、ジョンウンチェのメロでも編集して貼り直して見て数十回繰り返したが、劇後半部殺手チョ・ジョンソクと正祖の対決に力を吹き入れるためには必ず必要であると判断したものである。ランニングタイムが長くなるほど回転数が低くなり、収益性が落ちますが、映画の完成度のために容易ではない決定をしたものである。 「泥棒たち」や「奴奴奴」のようなキャラクターが強調された映画ではないことにも「逆鱗」は、劇場を出た後も、多くの人物が残像に残る。尋常ではない演出の結果なのに、逆に色々なノイズに苦しめられたようで残念だ。

ドラマスターPDに長い期間のスクリーンデビューを準備してきたイ·ジェギュ監督は、誰よりも映画の感覚と愛情が多かったので、ショー脇役たちまで適切水位を超えない線で、観客の脳裏に残る印象的なシーンを作ってあげたかったのだろう。映画の主要なプロットを担当した子供ナイン役ボクビンに対する好評が多いことも偶然ではないという考えだ。恵慶宮洪氏の諜者の役割をしていた少女は、貞純后妃のヒントやトリックに巻き込まれ、毒茶を恵慶宮に渡すときの表情演技を覚えている。圧巻だった今のところ、簡単に忘れられない名場面だった。監督はこのように「茶母」ボクビンがまで膨大なエネルギーと愛情を注ぎ込んたのだ。

http://osen.mt.co.kr/article/G1109844756


~追記~

5月5日 「逆鱗」舞台挨拶

逆鱗0505-1

逆鱗0505-3

逆鱗0505-2

逆鱗0505-4

チョ・ジョンソク側」「時間の離脱者'出演確定じゃない、提案だけ受けた "

確定ではないという記事が
「私の愛私の花嫁」の時もこんな感じでしたよね…
そうだったらいいのに~


★チョ・ジョンソク側」「時間の離脱者'出演確定じゃない、提案だけ受けた "

ヤン·ジオン記者]俳優チョ・ジョンソク側が映画「時間の離脱者」の出演について、「提案だけされた作品」という立場を伝えた。

チョ・ジョンソクの所属事務所の関係者は5日ティブイデイルリとの電話通話で "'時間離脱者」は、出演が確定された作品ではない」と一線を画した。

続いて、 "まだ決定したことは何もない状況だ。現在の「私の愛私の花嫁」もクランクアップしていなかった」とし、「今すぐにミュージカルを準備する期間であるため、5月中旬までに出演を決められない状況だ」と付け加えた。

「時間離脱者」は「猟奇的な彼女」と「クラシック」を演出したクァク·ジェヨン監督がメガホンを取ったメロー映画だ。

一方、チョ・ジョンソクが出演した映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ、制作チョイスカットピクチャーズ)は封切り5日間で160万観客を突破してボックスオフィス1位を固守している。

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1399253882693003008

チョ・ジョンソク、クァク·ジェヨン監督「時間の離脱者」の主演に抜擢

久々に大きな揺れの地震で飛び起きた早朝
二度寝して起きてPCを見たら
跳びあがるような嬉しいニュースが!

★チョ・ジョンソク、クァク·ジェヨン監督「時間の離脱者」の主演に抜擢

時間記事1


俳優チョ・ジョンソクがクァク·ジェヨン監督の新作「時間離脱者」の主人公を務める。

5日、映画界によると、チョ・ジョンソクは最近、映画「時間の離脱者」の出演を決定し、詳細を議論している。 「時間離脱者」は、「猟奇的な彼女」「クラシック」などを演出したクァク·ジェヨン監督が準備中の新作。過去の時間の中の男と現在の時刻の中の男が一人の女性の運命のために努力恋愛映画。

チョ・ジョンソクは、「時間の離脱者」で過去の時間帯の人の役割を引き受ける。

ミュージカル俳優として名の高かったチョ・ジョンソクは、「建築学概論」にナプトゥクで映画界に彗星のように登場して注目を集めた。以後チョ・ジョンソクは、「観相」と「逆鱗」など注目される映画の中で比重ある役割を任せ始めたシン·ミナと「私の愛、私の花嫁」のリメイクを撮るのに続いて「時間の離脱者」で映画の主人公に位置づけるようになった。

「時間離脱者」は、別の男主人公で人気絶頂のイケメンスターが有力な候補に上がったし、女主人公の交渉を盛んに進めている。

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2014050113552703193&type=1&outlink=1

該当の記事は見つかりませんでした。