FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「逆鱗」チョ・ジョンソク ジョン・ウンチェとナプトゥクこのようにキスをしたか?(笑)」

怒涛のインタビュー記事!
自動翻訳ですみません

逆鱗記事31

[TVレポート=チョ・ジヨン記者]俳優チョ・ジョンソクが相手役であるジョンウンチェとのキスシーンのエピソードを公開した

史劇映画「逆鱗」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手、ウルス役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで、「映画の中のウォルヒェ(ジョンウンチェ)とキスシーンがあったが、編集された」と明らかにした。

子供の頃からクァンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で殺人のために培われた朝鮮最高の殺手に一度引き受けた依頼は、間違いなく完璧に処理するウルスは愛するウォルヒェと残酷なクァンベク手から逃れるために正祖暗殺に加担する。ウォルヒェはウルスと同様に、クァンベクに培われた殺手の一人だ。二人は映画の中で切ない愛を分けて観客たちの目頭を濡らす。

チョ・ジョンソクは、「正祖暗殺を控えウォルヒェと別れのあいさつをしたときにキスシーンがある。映画の中ではウォルヒェウルスと「私も付いて行けばいけないの?」と言ってお互いに抱擁するシーンで仕上げたが、実際にはその後にキスする場面もあった。編集されたが、それだけの理由があって、編集なったと思う」としょげていた。

二人がキスシーンを撮影した当時チョ・ジョンソクのひげ扮装がジョンウンチェの口にくっついてひどい目にだったと。これに対し、「私のひげが接着剤と一緒にウンチェさんの唇についた。絶対激情的なキス場面ではなかったきれいなキスシーンだった 」と冗談を言った

映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)の名場面に選ばれるナプトゥクのキスシーンの講義のように激情的なラブシーンはなかったチョ・ジョンソク。「実際の実力は どうなのか?」という冗談に「実際には年齢があるから知って考えてほしい。ナプトゥクほどでは決してないが、年齢に応じた知識を持っている 」と才覚があるように受け入れた。
(以降略)
http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501435

インタビュー「ナプトゥクがトラウマ?全くない」&「仕事中毒?愛は時が来ればすること

インタビュー記事追記しています。

14日の観客数は4万5,914人

累積観客数は339万2,701人です

1日の観客数の順位が1位→4位に…公開15日目ですから・・・ね

逆鱗14


naoさんからの情報で
来週末からハワイで「逆鱗」上映だそうです!

いや~ハワイ
「観相」の時といい、公開早いっですよね~


★「逆鱗」チョ・ジョンソク「ナプトゥクがトラウマ?全くない」

逆鱗記事27

[TVレポート=チョ・ジヨウン記者]俳優チョ・ジョンソクが映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)のナプトゥクがキャラクターに対して"負担はない」と告白した。

史劇映画「逆鱗」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで「ナプトゥクというキャラクターが多くの方の愛を受けたが、あえてそのイメージを脱皮しようとはしない」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、過去2012年の「建築学概論」で過去スンミン(イ·ジェフン)の友人ナプトゥクが出演して多くの話題を集めた。図太くコミカルなセリフと表情で流行語を作って、今までにも広く知られている。

これに関連しチョ・ジョンソクは、「ナプトゥクこのキャラクターを考えている人がまだ多いが、あえて変えようと苦労使わない」と説明した。彼は "事実大衆はよく分からない。私は"映画をする前に、ミュージカルで演技を始めた公演を通じて多様な役割をたくさんした。非常に安っぽいプレーボーイから切々たる愛、劣等感に陥って、うつ病にかかったキャラクターまで数多くの役割を果たしてきた。だから、これといった画像固着の心配はない」と付け加えた。

続いて、「 ナプトゥクという役割が本当に面白いみると、大衆の記憶に強く残ったようだ。本当に感謝なことです。私にも「建築学概論」のナプトゥクがは忘れられないキャラクターだ」とし「そのようなイメージを壊したくて真剣な役割を見つけるではない。ひたすらシナリオを面白く見たイ·ジェギュ監督の信頼できるので、選択した作品が「逆鱗」である。「観相」(13、ハン·ジェリム監督)のペンホンを見て '朝鮮版ナプトゥクが」と呼ばれたりもした私はまったく気にしないない。ただ作品に忠実であることだけだと述べた。
(以降略)

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501396


★「逆鱗」チョ・ジョンソク「仕事中毒?愛は時が来ればすること "


[TVレポート=ジョジヨウン記者]俳優チョ・ジョンソクが仕事と愛のうち「まだ演技がいい」と答えた。

逆鱗記事28

史劇映画「ラッフル」(イ·ジェギュ監督、チョイスカットピクチャーズ制作)で、正祖(ヒョンビン)を暗殺しなければなら朝鮮第一の殺手役を引き受けたチョ・ジョンソクは、15日午後TVレポートとのインタビューで「休むことなく働いているが苦にならない」と伝えた。

チョ・ジョンソクは、映画「建築学概論」(12、ヨンジュ監督)でデビューして「鋼鉄の隊伍:救国の看板娘」(12、ユクサンホ監督)、MBCドラマ 'ザキングトゥハーツ'、KBS2ドラマ「最高だイスンシン」、映画'観相'(12、ハン·ジェリム監督)そして、「逆鱗」まで休むことなく活動を続けている。最近では「私の愛私の花嫁」(イムチャンサン監督)の撮影を終え、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の準備に真っ最中だ。

このように着実に作品活動を継続しているチョ・ジョンソクは、リラックスのための 「苦ではない。最近は公演の練習をしているのに、まるで実家に戻った気分だ楽しい。本当によかっ的にも楽しくて幸せである。もちろん、体力的に枯渇して疲れますが、現在は演技が本当におもしろい 」と話し始めた。

「盛んに愛する年齢に働くだけのように思えるファンが切ないようだ」という取材陣の質問に「愛は時が来ればということだ。親しい友人が結婚して子を産むのを見ればうらやましいのに、今はしばらくその羨望をたたんでおきたい。私の最大の目的は、音楽を多くの方にご提供し愛されたい 」と「公演の練習に行く道が幸せで楽しくて疲れない」と答えた。

続いて 「本当に休息が必要な時もあるだろう。その時は旅行をやろうとする。いつもの旅行を本当に好きなのに、デビュー後は、しっかりとした旅行ができない去った。後で本当に大変で疲れたときに旅行をしたい」と付け加えた。 (以降略)

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=501409

~追記~
ジョンソクさん髪切った?

旅行!その時はぜひ日本に~
だって雪で新宿御苑行けてないし…
熱で別府も堪能しきれてないし…ねっ


★逆鱗「チョ・ジョンソク」打席連続の興行、本能的感のおかげ

[ニュースエン イソダム記者]

チョ・ジョンソクが演技に対する率直な考えを打ち明けた。

俳優チョ・ジョンソクが5月15日、ソウル三清洞の近くのカフェでニュースエンとのインタビューで、映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ/制作チョイスカットピクチャーズ)の話を伝えた。

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」で、幼いころからクァンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で殺人のための残酷なキラーで培われた殺手ウルス役を演じる。朝鮮最高の散水らしく、すべての仕事をミスなく完璧に処理する人物で、最初は消極的でしたが、クァンベクの手から抜け出すために正祖暗殺に加担する。

逆鱗記事29

逆鱗記事30

セウォル号の惨事により、封切り3週になってようやく行われた取材陣とのインタビューで、チョン·ジェヨン、ヒョンビン、イ·ジェギュ監督に続き、最後の走者に出たチョ・ジョンソク。彼は最近'私の愛私の花嫁」の撮影を終え、来る6月27日、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の撮影を控えて練習に邁進中である。忙しいスケジュールの中でもチョ・ジョンソクは、「大変なのは全くない」とし、「ミュージカルの練習を始めてばかりなのに故郷、実家に来た感じだ」と述べた。

チョ・ジョンソクは、「本当に幸いな練習がおもしろいということだ。体力的に枯渇して疲れもできますがそんなことをさておき演技に、俳優という職業がとてもおもしろい"と"10年になるように継続して演技をして過去の公演する時も休んだことはほとんどない。特に準備することはない。紅参を食べるほどだ」と説明した。

その中でも光る蛍光体の皮膚を自慢したチョ・ジョンソクは、「少し前に写真を撮ってきてメイクをした状態だとそのように見えることだ "とし、"肌がすごく好きではないされた。メイクを消した様子をみるべきでしょう」と言って笑いを誘った。

「観相」に続き「逆鱗」に二つの作品の連続時代劇に出演したチョ・ジョンソクは、ペンホンと殺手のウルス両方を全く別の役割として解放出して、再び自分の演技力を立証した。連続で時代劇に出演することをめぐり、周辺で引き止めたりもしたチョ・ジョンソクは、「そんなの全然関係ない」と答えた。

"史劇ジャンルに対して負担を感じたことはなかった。 「観相」の時も同じだった。どのようにしてみると「観相」の後すぐに「逆鱗」をすることになったような時代劇でも、私の心に持ってシナリオが面白い場合は出演する理由は十分だと思う。また、イ·ジェギュ監督とは、ドラマ「ザ·キング·トゥ·ハーツ」を一緒にして、お互いをよく知る上で、それに対する信仰もあった。"


チョ・ジョンソクを世に知らしめた「建築学概論」ナプトゥクとは異なり、 「逆鱗」ウルスは真剣であったいろんなキャラクターだ。 「ザ·キング·トゥ·ハーツ」ウンシギョンともナプトゥクこれとは道を異にしている。

「真剣な演技をしなければならないという圧迫感は全くない。公演を10年以上行ってきているがそこでは本当に様々な役割をしてきた。人々がそのような姿がわからないだけだ。よく知られたのが「建築学概論」であるため、次回作のキャラクターを置いてそのような考えをされるようだ。公演では天下の浮気者、女性を命を捧げて愛するすさまじい人、誰よりもふざけ距離は愉快なキャラクター、劣等感に包まれて、うつ病で自殺する演技まで多様に試みた。次期作選択基準は、私がどのようなシナリオを面白く見たのかということだ。もしナプトゥクを脱したい場合は「観相」にも出演していないだろう。ペンホンも朝鮮版ナプトゥクではないかと(笑)。 」

チョ・ジョンソクは、「作品を見て私の選球眼を信じる。シナリオを面白く見ることができる自分なりのものを信じているので作品を選択したときに円の役割に忠実であることだけだ」とし、「例えば、重い正劇であっても、その中で、私は本能的に楽しさを感じて演じてみたい気がするときに選択する方である。本能的な感覚が少しはあるようだ」と付け加えた。

興行失敗せずに継続して成功を続けてきた彼にシナリオを見て触が良いようだと賞賛しましょう​​チョジョンソクは照れくさそうに顔を赤くして「感覚だけで興行になることがあるのではないかつて私は面白いと思った部分は、一般の人々もおもしろく感じると思いして演技する "と"代わりに楽しさを強要はしない。 「逆鱗」も好き嫌いが別れてはないか。十分に見る人の視点に応じて異なる可能性があると思う」と答えた。

休むことなく走ってきたチョジョン祖k。彼に今は演技のほか、愛などの他のものに目を向けてみるつもりはないのかと尋ねると、「愛というものは時が来ればすること」とし「友達が結婚して子産んでそういうの見ると羨ましいです。しかし、恋愛はしばらく脇に置くことで」と言いながら

「私にとって最大の目標は、
 
ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の公演を多くの方々に楽しんで、

愛されることができようにすることだ」
と述べた。

「俳優チョ・ジョンソクにとって本当に幸いな演技が面白いということだ。大変ではない。幸せである。とても楽しく暮らしています。休憩が必要だと個人的に感じ、長いならない。体力的な部分ではなく、それでも精神的な部分で勝ち抜く。演技はエネルギーを発散することができる原動力になるようだ。代わりに、しばらくの間、旅をれて行った後に機会があればいつも旅行がしたいと思う(笑)。」以降略)
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201405151444179610

該当の記事は見つかりませんでした。