FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

絶え間ない愛情を示すファンがいて心強いですね。非常に大きな力です。

SS探査-5月男風の吹く③]「逆鱗」ヒョンビン - チョ・ジョンソクの裏話(インタビュー)Only

逆鱗記事45

[スポーツソウルドットコムㅣソンジヨン記者]"ヒョンビン、チョ・ジョンソクこそ5月の「南風」の主人公でしょうか?"

封切り3週、先月30日封切りした映画「ラッフル」(監督イ·ジェギュ、配給ロッテエンターテイメント)の人気は相変わらずだ。観客数300万を突破して、損益分岐点まで超えたが、封切り前から俳優ヒョンビンが除隊後初の復帰作に選択して、チョ・ジョンソク、チョ·ジェヒョンパク·ソンウンなど派手な俳優たちが大挙出演して話題を集めたことだし、興行の底力はしばらく続く見通しだ。

これ<スポーツソウルドットコム>取材陣は、「ラッフル」の二つのヒーロー俳優ヒョンビンとチョ・ジョンソクをそれぞれ13日と15日、ソウル鍾路区三清洞のカフェで会って人々が実感している人気の温度と様々な映画の中の裏話を直接聞いてみた。

逆鱗記事46

二人の男が出演した映画「逆鱗」は、朝鮮の第22代王の正祖の話を基にした作品で、歴史の中の実話'チョン流域便」をモチーフにした。ドラマ「茶母」「ベートーベン·ウィルス」「ザ・キングトゥハーツ」を演出したイ·ジェギュ監督がメガホンを取ったしヒョンビンは正祖役をチョ・ジョンソクは、正祖を殺す任務を担当した架空の人物殺テを演技した。

作品の中の二人の男のきっ抗したカリスマ対決と同じように直接会った二人の男の魅力も非常に異なっていた。しかし、二人の男皆「逆鱗」に向けた愛情のこもった視線は真剣だったしインタビューの後、後味は愉快だった。

5月スクリーン「南風」の主役、俳優ヒョンビン(31·本名ギムテピョン)とコックピット(33)と交わした多様な話を今から解放したい。
(中略)

チョ・ジョンソクが言う「逆鱗」、そしてチョ・ジョンソク

逆鱗記事47

チョ・ジョンソクは、「逆鱗」で、架空の人物殺手(ウルス)を引き受けて演技した。正祖を殺さなければなら買う悲運のキャラクターを演技した彼特有のしらじらしい目つき演技とカリスマあふれる剣術でもう一度劇場を訪れた女性観客の心を盗んだ。

"イ·ジェギュ監督とドラマ 'ザキングトゥハーツ」で呼吸を合わせたことがありますよ。当時、第「少年の感性」を知ってご覧ゴンありがたいことにキャスティングを提案してくださったと思います(笑)。私はまたウルスキャラクターがとても魅力的に近づいてきました。すべてのキャラクターには「欠乏」が存在するが、今回は特に欠乏がいっぱいウルスという人物に愛着が行きました。「チョ・ジョンソクが作ったウルス」を愛してくださって感謝します。"

2004年、ミュージカル「くるみ割り人形」でデビューした彼は、10年目の俳優らしくファン層も丈夫である。ファンはブラウン管スクリーンのデビューを縦横無尽に活動する彼の誠実な姿を高く買う。

「私は演技が好きです。演技嫌いな瞬間が来る前死ぬような気がするんですよ。だから、俳優として生きるだろうし、それは舞台件ブラウン管でもスクリーン選り分けない。

そして、私はどこで演技しても

絶え間ない愛情を示すファンがいて

心強いですね。非常に大きな力ですね。」


逆鱗記事48

ヒョンビンともう一つの魅力である。愉快で溌剌とした雰囲気でインタビューを導いていく彼は「逆鱗」が導き出した5月の劇場ブームについて尋ねると、「いざ私は知らなかった」と声高に笑う。

「私は「ラッフル」が損益分岐点を超えたのも、今日記者さんが言ってくれて知りました。うわ!凄くいいのか(笑)?実は私はそんなことを気にしないだろう。ちょうど撮影時に楽しければ良いだろうし俳優たちと呼吸が良ければそれでいいんです。そのような面で「ラッフル」は最高でした。先輩たちに多くのことを学びながら、撮影したヒョンビンの演技は本当に素晴らしかった。呼吸も良かった...すべての相乗効果が一点に集まって良い作品を作ったと思います。誰一人だけよくても興行作となる作品はありません。」

チョ・ジョンソクは、「コラボレーション」の重要性を最後まで強調した。彼は長い間様々な現場で演技して学んだ重要な教訓は、「チームワーク」だった。

「俳優生活をすればするほど感じるのが「共同体生活の重要性」です。作品を一つ作成するときに、さまざまな人々が一緒にコラボレーションじゃないですか。チームワークが良くなければ良い作品が出てくるんですよ。「逆鱗」も第分量が少ないと残念がっている方がたまにありますが(笑)。私は非常に適切であると思います。第分量が多くなると、「逆鱗」は、山に行ったんです。"
http://news.sportsseouli.com/read/entertain/1369014.htm

「近いうちに結婚の便りを聞くと思います&2年後に結婚計画&シン·ミナ、愛らしい

インタビューシリーズの理想像&結婚観を集めてみました。
最後はシン・ミナが愛らしいって話ですww

★チョ・ジョンソクが明らかにした理想のタイプは? 「近いうちに結婚の便りを聞くと思います

逆鱗記事42

俳優チョ・ジョンソクが自分の理想のタイプを公開した。

チョ・ジョンソクが16日、ソウル三清洞にあるカフェで行われたインタビューでいつも理想を打ち明けた。チョ・ジョンソクは、「ただ、特に誰を指してではなく、ぴったりの魅力を感じなければなりません」と口を開いた。

続いてコックピットは、「忠実な人でなければです。そして大人を敬うことを知っている女性が好きです。また、きれいにもしなければね」と言って注目を集めた。チョ・ジョンソクに、「配偶者の感覚を言っているようだ」と尋ねると、「そうだ。私言う理想は、配偶者の感覚を意味する」として笑いをかもし出した。特にチョ・ジョンソクは、現在交際中のガールフレンドがないと言いながら、「近いうちに結婚のニュースが出そうだと思う。仕事と結婚した」として注目を集めた。

http://www.baekn.com/view/news_view.php?varAtcId=7850

はいはい。「仕事と結婚した」
言っちゃいましたね~ww

★チョ・ジョンソク「妻帯者の友人中寂しい...2年後に結婚計画」

逆鱗記事43

ティブイデイルリ ユンヒョジョン記者] '逆鱗'俳優チョ・ジョンソクが結婚の計画を明らかにした。

映画「逆鱗」(監督イ·ジェギュ、制作チョイスカットピクチャーズ)は正祖即位1年、王の暗殺を取り囲んで起る生きなければならない者、殺す者、生かす者たちの行き違った運命と歴史の中にかくされた息をのむよう24時間を描いた。

「逆鱗」でチョ・ジョンソクは、子供の頃から請負殺人をする殺手に育てられる人物、後には正祖(ヒョンビン)の暗殺を試みる役割である。 「逆鱗」の公開後に会ったコックピットは、映画の裏話と共に、これからの計画も伝えた。

前にチョ・ジョンソクは、「これで友人祝歌はやめ呼びたい。結婚したい」という話をした。また、1つ歳をとったチョ・ジョンソクは、「まだ一人なんです。それでも私が祝歌をやめて呼びますか?分からないでしょう」と言って依然としてシングルだと明らかにした。

さらに、彼は「昨年までは本当に結婚したいという考えがすごかったです。私の友達が全部結婚をし、最初の子どもが生まれ、さらには二番目の子供まで生んだ友達があります。非常に大騒ぎでした。ハハ。友達とお酒一杯食べようと集まったらみんな子の話をしてゴルフ話して関心事が全部変わりました。私は子どももなくゴルフも打ってないけど。(笑顔)対話に合流することができないと言われました。話に入ることができませんでした。家が行ったら楽しく新婚のように見せかけてだからうらやましいです。うらやましいと負けることなのに昨年は本当にすごい'敗者」でした"と付け加え、友達の影響で結婚を夢見たと述べた。

しかし、休むことなく走っては、現在、チョ・ジョンソクは結婚より仕事にさらに邁進することにした。彼は "今年は「勝者」とは難しいが、うらやましいのは、しばし置いて走ってみようと決心しました。従って仕事に邁進していて、自分の欲には、2年後には結婚をしたいと思いますのに、それはどこまで計画なんだと、まだよく分からない"と付け加えた。

一方、チョ・ジョンソクが出演した「逆鱗」は、ヒョンビン、チョン·ジェヨンキム·ソンリョン、ハン·ジミンチョ·ジェヒョンパク·ソンウンなど有名な演技派俳優らと「茶母」「ベートーベンウイルス 'を演出したイ·ジェギュ監督の出会いで話題を集めた。開封後ずっとボックスオフィス1位を続けてきた。

http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1400228360698568008

★'私の愛私の花嫁」チョ・ジョンソク、"シン·ミナ、愛らしい"

逆鱗記事44


俳優チョ・ジョンソクがシン·ミナの魅力を絶賛した。
二人は映画「私の愛私の花嫁」で、新婚夫婦で出演する。

チョ・ジョンソクは15日のインタビューで「本当に可愛くて魅力的だ」とし「私のミヨンが!」とシン·ミナの劇中の名前を叫んで愛情を現わした。

映画は1990年パク·チュンフン·チェ·ジンシルが主演を務め、新婚夫婦の生活を現実的に描いて話題となったロマンチックコメディーで、20年ぶりにリメイクされている。

彼は "しばらく前に本格的に撮影を開始し、具体的な封切り時期は会議中だ」と期待してくれるよう頼んだ。
http://www.metroseoul.co.kr/news/newsview?newscd=2014051500257

「逆鱗」チョ・ジョンソクが語るガプスとウォルヒェ、そして殺手の希望

★「逆鱗」チョ・ジョンソクが語るガプスとウォルヒェ、そして殺手の希望

[マイデイリー=イ·ウンジ記者]か細く弱い少年がいた。.ら致され秘密組織につかまってきて、一日一日が死ぬ思いの峠だった。ひょっとしたら死が平安を与えかねない状況だった。しかし、乗り越え、固い殻を作った。実際は依然として弱くても、生きなければならないので固い鎧を着て生きた。そんなに殺手になった。映画'逆鱗'の中ウルスの一生だ

逆鱗記事35

「逆鱗」でウルスは、幼い頃からクォンベク(チョ·ジェヒョン)の秘密組織で唯一の暗殺のためだけに育てられた。後日、朝鮮最高の殺手に育ち、一度引き受けた依頼は、間違いなく完璧に処理した。クォンベクから抜け出して新しい人生を生きたかったが、彼から抜け出すためには、成功をしても買えない任務を完了する必要がした。まさに正祖(ヒョンビン)を暗殺しろということ。多分をすることができからクァンベクから抜け出す方法は死だけなのかもしれない。

幼いウルスが生きていくことができた理由は、ガプス(サンチェク。チョン·ジェヨン)であった。自分に「ウルス」という名前を付けてくれたし、自分を生かすために、内官となり、宮殿に入った。それはウルスを大人になるまで生きることができようにした原動力だった。 "ガプスの記憶"と "ガプスが持つ強さと精神力は憧れの対象」であり、それはウルスが死なずに生き残ることができる理由だったのかもしれない。

以来、大人になって殺手がされたウルスはウォルヒェ(チョンウンチェ)を会って、愛を感じました。ウルスにウォルヒェは希望であり光であった。正祖暗殺を拒否した場合ウォルヒェまで危険たので、クァンベクに外の理由もあったが、ウォルヒェを守るためもあった。

ウルス役を引き受けたチョ・ジョンソクは、「正祖暗殺はウルスに希望と同じだった。ウルスのように暗い過去を経験した人ほど、希望の切実さがあると思う。正祖暗殺後の死を予想したが、それでも一筋の望みを残せなかっただろう」と述べた。結局、ウルスに正祖を暗殺することは状況が変化することができるのではないかと最後に残った希望だったのだ。

今までまっすぐで善良なイメージだったチョ・ジョンソクは、人間味とは見つけることができない殺手役を通じて冒険を敢行した。 "イメージ変身を意図したものではない」が、結果的には彼の別のイメージを作り上げたことだけはは確かだった。 「人間ではないと思った」は、チョ・ジョンソクの言葉のように、ウルスは一瞬箸で人を殺して、何ことなかったように、飲み物を飲むことができるような人物である。

逆鱗記事41

映画'建築学概論'以降、チョ・ジョンソクにつきまとった修飾語は'ナプトゥク'だった。キャラクター自体は強烈なこともあったが、ミュージカルで有名だったチョ・ジョンソクという俳優をもっと大衆的に知らせた理由からだろう。以後ドラマとスクリーンを行き来しながら様々なキャラクターを務めてきたが、依然として"ナプトゥクが修飾語に対する負担感はないか"は質問を受けなければならなかった"ナプトゥクによって人々に私を知らせたから負担ではなく、ありがたいこと"というのがチョ・ジョンソクの一様な返事だった。

ナプトゥクというキャラクターが強烈だったが、ひとつひとつの作品でチョ・ジョンソクは、自分が引き受けたキャラクターを100%消化した。これは、特有の誠実さであることもあって、チョ・ジョンソクのキャラクターに接する態度から始まったものである。彼は「負担感を持たないようにする。プレッシャーを持つなら、私は持った能力値よりもはるかにできないようだ。その役割に固執し、その人物に最善を尽くすことだけだ」と述べた。

ウルスは、敵役のような悪役はなく、悪役のような存在だ。冷静な殺手で培われない、本性が冷血漢ではないという意味だ。今までのイメージとのギャップが大きかったし、そこに来ている異物感が生ずることもあった 「黒いシミをまく扮装をしたら、最初は当惑した」とし「それがウルスが生きてきた人生であり、人生、ウルスの歴史が見られると思うと、そのようなこと(戸惑い)が消えた」と述べた。大衆が感じる違和感に対する負担はなかった。

これと共にチョ・ジョンソクに与えられた宿題はまさにウルスの感情だった。ウルスはなかなか感情を現わさない人物だったが、ウルスの本音をチョ・ジョンソクだけは理解している必要がありました。だけでは解決することができる内面演技が必要だったし、露出しないにも観客たちにとって感じることができるようにする必要がありました。

逆鱗記事36

チョ・ジョンソクが説明するウルスは「感情をうまく表現しませんが、最も脆弱な点を触れたときに最も多く揺れる人物」だった。そのような隙間をたくさん広げようと努力をした。日常的な生活をする人々は知らないような感情だった。

本当につらい撮影だった。チョ・ジョンソクは「ジョンヒョン閣が一体なんでこんなにも入るのが大変か」という思いをするほどであった。これは、ジョンヒョン閣に入るまでの撮影の疲れを端的に表現したものだった。ジョンヒョン閣の入口で雨の中撮影だけで1ヶ月がかかった、寒さのせいで凍りついた体を温めててもう一度撮影に入るの繰り返しだった 「すべての俳優とスタッフたちが寒さと戦った」と言うほどだった。

正祖役を引き受けたヒョンビンが羨ましかった。キャラクターではなく、ジョンヒョン閣の中で雨に当たらず、正面対決をしたときでさえも、雨を避けて中に立つことができるヒョンビンが羨ましかったとかわいい文句を言った。どのくらい寒かったのかという問いに、無言の表情ですべてのことを言った。 「最善を尽くしただけだ」という一言でまとめた。

イ·ジェギュ監督はウルス役にチョ・ジョンソクをキャスティングした理由として「少年の感性」を挙げた。ウルスは弱い子供だったし、生きるために堅い殻を着た子供だった。その殻が割れた際弱い、柔らかな内情が現われなければした。チョ・ジョンソクにはそんな少年の感性があった。もチョ・ジョンソクも「少年の感性があるようだ。正確にどのようなことを言うかは分からないが、わんぱくな姿もあり、脆さもある。心も弱い。そんなことをあわせて話をすることだ」と述べた。

最近のチョ・ジョンソクは、シン·ミナと呼吸を合わせた映画'私の愛私の花嫁」の撮影を終えた。今はちょっと休もうしたが、ミュージカル「ブラッドブラザーズ」の公演準備で忙しい日々を送っている。 「幸せな日々である。実家、故郷に戻った気分だ。ランランしながら通っている。休みたいという考えはしない。」

しばらくの間、チョ・ジョンソクの活躍は続くと思われる。をすることが行けば「ブラッドブラザーズ」が来るはずですし、下半期には'私の愛私の花嫁」が待っているのだから。
http://www.mydaily.co.kr/new_yk/html/read.php?newsid=201405160747141127&ext=na

ムービートーク映像1弾&2弾公開

ちょっと油断してたら
ムービートークがUPされていました


ムービートーク映像1弾←クリック

インタビュー記事の写真をほめたばっかりだったのに…
ムービートークだからって
ウルスっぽくしなくてもよかったんじゃ?

逆鱗トーク1

逆鱗トーク2

逆鱗トーク3

逆鱗トーク4

逆鱗トーク5


ムービートーク映像2弾←クリック

逆鱗トーク6

逆鱗トーク7

該当の記事は見つかりませんでした。