FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ブラッドブラザース関連Twitter &~追記~「ブラッドブラザーズ」の練習室公開

scenePLAYBILL

休日後、訪れた月曜日です。私たちは休みの間、うわさを立てたいてむずむずしました。みんな忘れないようです?みんなの月曜病を治癒するため、7月の表紙の主人公たちと突然帰って来ました。予想が的中しましたか?:-)...

こちらで撮影風景の動画が見られます


韓劇.com ‏

【ただいま会見中】ミュージカル「ブラッド・ブラザーズ」
チョ・ジョンソク、ソン・チャンウィ、オ・ジョンヒョク、チャン・スンジョ、チン・アラ、グ・ウォニョン、ムン・ジョンウォン、演出グレン・ウォルフォード出席中です。
BB23.jpg


scenePLAYBILL

<ブラッドブラザーズ>の練習公開見逃せないですね。並んで立っている両方のミッキーと、二エディの姿微笑ましいですね〜記者懇談会でだ聞かなかった話は、シーンプレイビル7月号で会ってみようよ!
BB24.jpg


~追記~
弘益大学路アートセンター小劇場で開かれたミュージカル「ブラッドブラザーズ」の練習室公開

BB25.jpg

BB26.jpg

BB27.jpg

BB28.jpg

BB29.jpg

BB31.jpg

BB33.jpg

BB35.jpg

BB34.jpg

「頭の中にはただこの作品だけ」チョ・ジョンソク ~追記あり~

BB19.jpg

映画が好きで演技を始めたチョ・ジョンソクは、<建築学概論>を通じて初めて、10年ぶりに映画に出演する「映画俳優」になった。その後、彼はその中の1つをフルように<観相><逆鱗>などの興行映画で自分のフィルモグラフィーを満たして一気にスクリーンスターになってしまった。しかし、多くのミュージカルファンは彼のミュージカルの舞台をまだ忘れられない。それに対する報いなのか?映画にドラマに縦横無尽していた彼が3年ぶりに再びホームグラウンドな舞台に戻ってきた。

彼は舞台に立つのが、「お母さんと家で楽しく遊ぶようだ」と話す。彼に舞台は故郷に帰ってきたように、最もリラックスした時間である。ひたすら作品だけを考えて、初めての公演を待っている彼の姿で舞台に向けた懐かしさの時間が見える。

Q.数週間、ついに初公演だ。
言葉にできないほど非常に楽しみだ。 (笑)舞台に再び上昇考えることに本当に毎日幸せに過ごしている。しかし、浮き立たないように努力する。以前に公演をしたときの心構えとその時の記憶を思い出している。

Q.再びミュージカルの練習するからどうなのか?
劇的に現在の自分の状態を表現しようと「空を飛ぶ感じ」であるが、本当に楽しく練習している。故郷に来た感じで練習をしているのにすぐに公演を上げて観客たちに直接会いたい。最近は本当に<ブルラブ·ブラザーズ」にはまっている。ただ頭の中にこの作品しかない。

Q.3年ぶりの舞台なのに、負担感はないのか?
良い作品というものを正確に知って襲い掛かって開始をしたことだし、負担感はない。もし少しでも作品性が低下したらそんな気持ちがしたのに作品性とキャスティングもとても良いです。公演というのが共同作業であるため、一緒に製作陣と俳優、スタッフたちを信じなければならない。舞台を離れている間多く懐かしかった。だから、負担感より幸せな気持ちの方が先だ。

Q.帰ってくるとしたら周りの同僚、先輩、後輩たちは何と言った?
新人たちに手本となる位置になったので任されたポストで、今までやってきたようにもっとよくしてくれてそんなことをしてくれた。すごく胸がいっぱいで気持ちの良い言葉だ。本当に一生懸命しなければならないという思いのほかにならない。

Q.なぜ<ブラッド·ブラザーズ」を復帰作で選択したのか?
この時期にピッタリの公演をしなくちゃという計画はなかったが、周囲で公演する姿を見たいと思っている方がかなり多かった。会う人ごとに公演はいつなのか、特に、ファンの方々がたくさん見たいと思った。そんな考えを持っていたこの作品を提案を受けて、多くの方にお勧めをしてくれた。良い作品だという話をたくさん聞いた。その話を信じて台本を見てそうなのか楽しみがあった。

この公演は、ストーリーテリングがとても魅力的な作品である。演出家であるグレン·ウェルフォードも継続し、その部分を強調するために、私のように共感をして、それをしていて、そこに重点を置いて演技をしている。ミュージカルだが、実際に演劇なのが我々の仕事の魅力ではないかと思う。私久しぶりに公演をするならばこのようなストーリーテリングが引き立つ作品にしたいという思いがあった。

BB20

Q.オリジナル公演の初演の演出家グレン・ウェルフォードが演出を担当しましたがどんな注文をいうか。
私が引き受けたミッキーは、7歳の子供から大人まで演技しなければならないが、子供を演じるのではなく、子供がどのような考えを持っているかどうかがに子どもに何が一番重要かを先に心配してみろ注文をする。私もそれについて同意をする。私は7歳であると、私は自分自身を合理化させるのではなく、7歳の子供になって、その子がどのような考えをしているのか、私に一番重要なのが、今何、私が一番恐ろしく恐れているのは何なのか考えようとする。

三人称の観測者視点ではなく、一人称視点でのアプローチだから本当にその子がされているようだ。その子としてこの公演を進行しているという感じを受けて、新しい経験をしている。本当に楽しい作業である。最初は子供をどのように演技するのか、自分の疑問もあり、不安もあった。しかし、私はこの子になってしまう瞬間、その疑問や不安は一瞬にしてなくなった。

Q.ミッキー役割について、もう少し説明してくれれば?
エディと双子の兄弟であるが、一旦汚れる。貧しい家の息子だと見ると、大人が使う悪口もとてもたくさん知っていて、それをためらいなく吐きだす。劇中セリフにも出てくるが、「大人はみんな足りない、母親は多足りない」と、子供が大人を皮肉ることができるほど成熟した子だ。しかし、その年齢で持っている可愛さと活発さもあわせ持っている。

ここで一旦UPします
続きはのちほど~

~追記~

Q.ミッキーという人物をどのように見つけていますか?
キャラクターを研究するときは新しい人物をモチーフにしてもできますが、私はサブテキストに対する考えをたくさん使っている。今回の場合、ミッキーは貧しい家で育ってきた子供。いつもお金のために貧窮して枯れ枯れの母から育ってきたまあ,お母さんがたまに、元気に笑う姿を見ると、とても驚いた子だ。そんな子供が成長すればどんなに育っただろうか?そんなサブテキストを考えをたくさんしている。どんな作品でもそうだ。この作品も同じだ。

Q.双子の兄弟ミッキーとエディはお互いに引かれている。、単に双子兄弟という関係を離れ、エディにそんなに惹かれた理由は何だろうか。
ミッキーとエディはお互いの環境の違いのために気に入ったようだ。環境があまりに違うから"来てあんな子もいね。"そんな疑問や好奇心によってお互いに魅力を感じるようになるようだ。お互いに惹かれるその姿が後に結末に行っては暗鬱な悲劇に突っ走ることになるのが公演の重要なポイントとなる。

彼らの兄弟がお互いに持っている主な感情はうらやましいだ。エディにはミッキーの大胆で堂々として素敵な姿が羨ましい。うらやましいな感情が私たちの作品の感情の最も重要な部分だ。

Q.双子の兄弟の悲劇の扱った作品だから、何よりも相手エディ駅の合計も重要なようだ。チャンスンジョ、オ·ジョンヒョクと実践を合わせてみるとどうなのか。
二人が違うんだから、他のエディが出るどちらもいい。彼らが引き受けたエディは正しくてきれいで優しくスマートな姿だとたくさんうらやましい。 (笑)

Q.同じ役のソン・チャンウィとも話をたくさんする。
創意をお兄さんにたくさん学ぶ。お互いに満たさなかった部分、見つけられなかった部分をやりとりしながら練習していてたくさん学んで感じて助けがたくさんなる。これでダブルキャストがとてもいいともう一度感じている。違うため、やむを得ず他のミキーが出るしかないであろう。それで楽しみになる。

BB21.jpg

Q.映画とドラマでたくさんの愛を受けた2012、2013年はどの時より特別なようだ。
とても特別な時間だった.個人的にチョ・ジョンソクという俳優をより多くの人に知らせることができた時間だった。それで感謝してな時間だった。私の一生において絶対忘れられないとても大事な時間になりそうだ。

Q.大きなスクリーンで本人が出てくる姿を初めて見た時どうだったか?
今の適応となったが、最初<建築学概論>の試写会時には、私は出てきた場面を見ると、体が縮んで頭を上げることができなかった。今ではいくつかの編した適応がされたようだ。 (笑)

Q.週末ドラマと映画が大衆性を持っているだけに、周辺の変わった反応を感じるか?
一番先に感じることは認知度だ。どこに行けばたくさん調べてくれて、そんな部分において確かに変わったようだ。しかし、それは俳優として、公人として不便さよりもありがたさをたくさん感じるため、甘受しなければならない部分ではないかと思う。

Q.ブラウン管、スクリーン、舞台を経験してきたそれぞれの魅力は何ですか?
映画とドラマはカメラの演技なので、ディテールな部分の多くを学ぶことができ、舞台演技はどのように見ればデカデカと線が太く、何よりも生き生きとしたライブの現場に出会うことができる。すべての魅力がある。 (笑)

Q.映画やドラマでは、俳優のチョ・ジョンソクをまだ全部れて見せてくれたようだ。本人の才能をより発散したい作品がある場合は?
ジャンルで言えば、<ラッフル>を通じてアクションに挑戦してみたが、今はスリラーを一度してみたい。メロやロマンチックコメディーは、<私の愛私の花嫁>をしばらく前に撮った(笑)公演でも放送でもドラマでもジャンルに計算したときにスリラーを一度してみたい。後は、ショーで華麗な公演も一度してみたい。

Q.今回<ヘドウィック>この十周年を迎えた。チョ·スンウ、ソン·ヨンジン、キム·ダヒョンなど援助の俳優たちが再び出演するポドゥウィクカムバックを期待してみてもか?
私はだめそうだ。したくても、この作品のためにだめじゃないか?しかし、<ヘドウィック>という作品をとても好む。それだけ魅力的な作品であり、私は<ヘドウィック>のすべてのナンバーを愛する。今はありませんが、いつかは必ずするようになるだけだ。後であっても必ず戻ってしたい作品です。
※ポドゥウィク=色白のジョンソクさんが演じるヘドウィックについたあだ名

Q.今までした作品の中で一番幸せだった作品は?
十本の指を噛んで痛くない指がないように毎作品たびにいつも幸せだった。だから、その幸せを論じるが、常に惜しい。しかし、2009年に「スプリングオウェイクニン>話をしないことができない。私に賞を2つも抱かせた作品で(笑)練習する時や公演の時もチームワークがとても良かった。まだ互いに情を交わしている。

BB22.jpg

Q.2004年<くるみ割り人形>でデビュー後、もう十年が過ぎたが、舞台の上で過ごした時間を振り返ってみると、どうか、自らその時よりよくなった点があると思うか。
よく歩いているようだ。私は自分のした作品に対する自負心は非常に大きい。それほどその作品を愛したし、心残りなく情熱を注いたのに対して残念な気持ちがない。

様々なジャンルを行き来することができるようになったということ。それが最も変わったことはないか?使い道が多くの俳優になりたいのが俳優の欲望の一つだ。そうなっているようで気持ちがいい。十年前にはこのようになるとは全く知らなかった。 (笑)デビュー時はいよいよ舞台に立ってみるんだな、公演をしてお金を稼ぐんだそんな考えをした、それ自体としての喜びがあった。

Q.これからどんな俳優を夢見ているのか?
今までやってきたようにこれからも一所懸命頑張るつもりだ。どんな時に歩いて、ある時走って、ある時は後ろも振り向いてそうしてきた。誰は後ろも振り向かないで前だけ見て走れするのに私はたまに後ろも振り向いてたまに散歩もしながら一生懸命走ったり、走ったり、ゆっくり歩きたい。これからもそうだろう。

Q.いつでもどこでもファンの対する感謝をいつも表現するが、この場でファンに一言言ってくれれば…。
"本当にありがたい"という話を一番先にしたい。たくさん待ってくれて懐かしがってくださって感謝する。それだけ期待に絶対裏切らないよう熱心に公演を準備しているので、すぐステージに上がりれるミュージカル<ブラッド・ブルラドス>を満喫してくれたらうれしい。

http://www.playdb.co.kr/magazine/magazine_temp_view.asp?kindno=1&no=433&page=1

「私の愛私の花嫁」ツーショット

ギャラリーからお借りしてきました

「新婚カップル」役な2人
シンミナさんの腕の手
後ろのおじさんの手かと←思おうとした
私の愛14

「ヨンミン」役な人の
手の甲の角度が気になる←手?つないでます?

あ~撮影中だ←後ろに人がいっぱいいすぎ!
あ~じゃあ、リハ中だ←って思おう
私の愛15

観相師Newチラシ

kazuyoさんがさっそく観相師の新しいチラシを貰ってきたそうで
画像をお借りしました
二つ折りの手のひらサイズ「手を広げた大きさ」(おおよそ13センチ×18センチ)wwだそうですよ

観相師4

観相師3

当たってるのでしょうか~ww

観相的雨男と本当の雨男と
2人の雨男がいるってことに?

該当の記事は見つかりませんでした。