FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソクの帰還Vsオ·ジョンヒョクの始まり

★「ブラッド·ブラザーズ」オ·ジョンヒョクの涙は、どういう意味だったのか

BB記事12

|オーマイスター■取材/イアン·ヒョク記者|2時間30分を超える公演が終わった後、観客の拍手を受けて再び舞台に上がったオ·ジョンヒョクの目はたくさん赤くなっていた。他の俳優たちが先に出て拍手喝采に微笑むの間、込み上げる感情を持て余し、舞台一方で、人知れず涙を流した気配がありありと見えた。彼のような真っ赤な目で舞台に上がってはいませんが、一緒に呼吸を合わせたチョ・ジョンソクも万感が交差する表情だった。

いきなり雨が降った2日午後、ソウル鍾路区大学路弘益大学校、大学路アートセンターでは、人々で賑わっていた。ミュージカル<ブラッド·ブラザーズ」を見るためだった。ミッキー役はチョ・ジョンソクが、ミッキーの双子の兄弟、エディ役はオ·ジョンヒョクが引き受けた。ミッキーとエディのお母さんであるジョーンズ夫人にはクウォンヨンが熱演を繰り広げた。あたかも<それが知りたい>を連想させたナレーター ムンジョンウォンの登場で公演は始まった。

"私を送ったらよかったんじゃない"…双子の運命分けた残酷な現実

BB記事13

<ブラッド・ブラザース>は1960年代、英国の工業都市リヴァプールを背景にしたミュージカルだ。夫が家を出た後、一人で生計を立てたジョンストン夫人が双子を妊娠した事実を知り、葛藤が始まる。ジョンストン夫人は子供を望んでいるが、産めないライオンズ氏夫人(キムキスン)に双子の一人を送って、その時からミッキーとエディは様々な生活を送ることになる。

お互いの存在を最後まで知らないように言おうとしていた母親たちの努力にもミッキーとエディは、義兄弟まで結ぶ。、紆余曲折の末には常に一緒にあるようであったが、ひどいまで冷酷な現実が二人の仲を断ち切るここは幼い時から同行していた一人の女性リンダ(チェユハ)も一役買っている。<ブラッド・ブラザース>は,銃を構えて初めて双子という事実を知った二人の悲劇を覗いている。

<ブラッド・ブラザース>を最初から最後まで引っ張っていくこれはナレーターだ。ムンジョンウォンは、俳優たちが現れて消えたりを繰り返しは舞台の上をスラスラと飲み歩きている。彼の役割はただ劇を説明することにとどまらない。セットを変えて、小物を整理して、人物たちに服を着せてはがすことまでを彼の役目だ。掛け金を督促する牛乳配達人で医者になるのも一瞬だ。

チョ・ジョンソクの帰還Vsオ·ジョンヒョクの始まり

BB記事14

舞台で俳優を始めたが、最近は映画やドラマなどに相次いで出演しながらミュージカルファンに懐かしさを抱かれたチョ・ジョンソクは<ブラッド・ブラザース>で水を得た魚のようにポルトクゴリている。とぼけた7歳の子供から反抗期幼い10代を経て、現実に挫折した20代までいずれも自然だ。映画<観相>の上映当時、"舞台に戻りたい。少しだけ待ってほしい"としたのが、うわべだけがなかったことを証明する。

<オンエア><痛む米><オーディション><その日たち><ウエディング・シンガー>など、様々な作品に出演しながらちゃくちゃくと舞台経験を積んだオ・ジョンヒョクやはり<ブラッド・ブラザース>でその才能を発散した。彼が温室の中の草花のように大切に育ってどこか少し足りないように見える7歳の少年を演じるときにも、観客も爆笑している。立派な青年に成長するエディの姿で一緒に育ったオ・ジョンヒョクの存在感を示すことができる。

ブラッド・ブラザース>はミュージカルであることにも演劇を見るような感じを与える。歌よりは大使を通じて劇が展開されているためだ。記憶に残るナンバーはないが、それにも退屈する暇はない。1階通路側に座った人なら2幕公演の終盤頃、舞台に向かうチョ・ジョンソクとクウォンヨンを近くで見ることもできる。爆薬の音に動転する代わりに、両手の人差し指と中指を組んで10を3時を願う。
http://star.ohmynews.com/NWS_Web/OhmyStar/at_pg.aspx?CNTN_CD=A0002010231

Jナンバー 82

コメントいただきありがとうございます。

敬称略ですみません。 

Team.J No.82  cosmos3

引き続き「Team. J」募集中です!

該当の記事は見つかりませんでした。