FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

InStyle Korea


i Padのアプリ「InStyle Korea」を購入すると見られるようなのですが
検索してもヒットしません(T_T)

ギャラリーからお借りしてきました

in13-2.jpg


in15-2.jpg


in16-2.jpg


in20-2.jpg


in17-2.jpg


in18-2.jpg


in19-2.jpg


in21-2.jpg


in22-2.jpg


in23-2.jpg


in24-2.jpg


in25-2.jpg


in26-2.jpg


in27-2.jpg

「私の愛 私の花嫁」インタビュー記事④

まだまだ続く昨日の取材記事
いったいいくつ受けたんでしょう

重複している内容はカットして抜粋して載せますね


★チョ・ジョンソク"シン・ミナ、最初からよく合うという感じ

私の愛記事27

映画'私の愛、私の新婦'に、シン・ミナと夫婦呼吸を合わせた俳優チョ・ジョンソクが、シン・ミナと出会う前からよく合うという感じがしたと話した

チョ・ジョンソクは25日、映画の封切を控えてスターニュースとインタビューを持って"シン・ミナが先にキャスティングになった次の出演を提案されたが、はじめからよく合うという考えをした"、"そうでなかったら出なかっただろう"と明らかにした

チョ・ジョンソクは、「映画が公開された後ケミストリーがいい話を聞いたが、最初にキャスティングになった時はそのような話をできない聞いた」とし「むしろ」シン·ミナコックピット、何か似合わない」という話があった」と打ち明けた。しかし、チョ・ジョンソクは"憤慨したり、来るのを持つようになったというよりは、まだよかった"と。

彼は"ケミストリーはすぐに二人の呼吸だ。それで自分がいた"、ミナさんと呼吸を合わせて行ったらケミストリーを作れると思った"と説明した。

チョ・ジョンソクは"やっぱり、シン・ミンナとはあまりにも呼吸が良かったし話もよく通じた"、"お互いにブリリアントにキャラクターを消化できるようにはしゃぎながら映画を撮った"と付け加えた。
http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2014092512330902243&type=1&outlink=1

「私の愛 私の花嫁」インタビュー記事③

★私の愛、私の新婦'チョ・ジョンソク、"40歳前に結婚したい

私の愛記事24

先立って、チョ・ジョンソクは'私の愛、私の新婦'を通じて結婚がしたいと明らかにした。"もともとも結婚に肯定的な人だったが、映画撮影後、さらに肯定的に変わった"、"初めてシナリオを受けて撮影を終える瞬間まで'本当に結婚したい'は考えに変わりがない"と説明した。

http://www.tvreport.co.kr/?c=news&m=newsview&idx=573194


★、私の愛私の新婦'チョ・ジョンソク"ひたすら真面目に演技したかったです"

私の愛記事25

"これまで演技した配役の中で最も自分と同じような役割を務めた"チョ・ジョンソクを25日午前、ソウル鍾路区三清洞(チョンログ・サムチョンドン)のあるカフェーで会った。

かっこよく走りたくなかったミヨンをロマンチックに見たくなかった。ひたすら真実に演技していました。ように映画のトーンもヨンミンキャラクターも巻き込まれるだろうと思いました。真実と現実的にヨンミンを表現したかった。"

チョ・ジョンソクは"原作を見たた方々に残念さや惜しさを伝えたいと思っていなかったため、もっと面白くて今日の現実に合致するように生かそうと努力した"と強調した。

彼とのインタビューを一問一答形式で整理した。

--初の単独主演は初めてですが

本当に映画をしたかった私には並外れて意味深い映画です。昨日の試写会で映画を見るとき涙が出るところでした。

--キャスティング事実が明らかになった直後二人の主人公が似合わないという反応もあったが…。

主人公たちの間に'化学作用'を作るのは、2人の呼吸のようです。私たち二人が似合わないという人たちの反応に私も'そうでないのに'という惜しさがありました。二人が撮影を控えてテストを行う写真が出た後、にはそのような反応がなかったんですよ。

私の愛記事26


- ヨンミンを演じたときに主眼は。

ヨンミンは2014年大韓民国で生きていく普通の人の表象でしょう。ところが、通常の人がどのような人なのかについて、監督と多くの相談しました。ヨンミンの職業だけでなく、思考や行動自体、「ボール友達」に会った時の姿など、通常の人をしっかりと入れて出そうと努力しました。

--原作と比較した場合

幼い頃の原作を見たからこそ、今回の映画を撮るためにわざわざ見ていなかったんです。当然、原作と比較するたくさんあるはずだが、二つの映画のトーンが少し違います。私たちは映画がリメイク作品ではあるが、確かに新しいまた、他の映画のような感じがあります。パクチュンフン先輩が務めた役の再演技することになって本当に無限の栄光です。パクちチュンフン先輩のヨンミンはその当時、普通の男性表象を描いて私は2014年度一般の男性表象を描いたんです。もちろん嫉妬のように原作で基本的に続く感情はあります。、シン・ミナさんが語ったように、映画が10年、20年後にまた、リメイクされたらその時も明確に共感する素材であることだと思います。

--映画を撮りながら結婚観に変化があったかどうか。

もともと結婚について肯定的な考えを持っているが、より肯定的に変わりました。結婚について私の考えははっきりしています。結婚が犠牲と言いたくはないです。結婚は配慮のようです。私が相手を配慮することに私のことを犠牲にして放棄できるのです。そんな考えを基盤に映画を撮ったでしょう。

--いつ結婚するつもりか。

もともと28歳で結婚したいのにもう35ですね。40歳前にはもちろん、します私は夫としてよくできそうです。私がこんな話をすると、所帯持ちの男友達が'お前も一度やってみろ'してきいます。友達がとてもそんな話をするので、怖くもあり、緊張してことはしています。(笑顔)私恋愛すると、自由奔放に一緒に公開デートを楽しむためにです。隠れて恋愛するのではなく、です。彼女を説得しなければなりません。

--次に挑戦したいジャンルがあったら

演技自体が本当にいいです。悪役でも善良な役割も、面白い役割も、重厚な役割もみんな好きです。これからもっと変化した俳優活動をしたいです。スリラーや本当にしっとりて切ないメロ作品をしたいです。

--チョ・ジョンソクの演技でまだ'ナプトゥギ'を発見したい人もあるが。

そのような期待がある多くの観客にこの映画はそれなりの朗報ではないでしょうか。(笑顔)。人たちが納得が話をたくさんしてうんざりすることはしかしその感じを変えたくないんです。それはレッテルではなく私の自慢です。今の私を作ったとても立派で面白いキャラクターだったからなんです。



該当の記事は見つかりませんでした。