FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

イ・ユンジ結婚式に出席 チョ・ジョンソク 「結婚おめでとう~」

今日はジェシン王女(イ・ユンジ)の結婚式に出席です

結婚式1


結婚式2


結婚式11

「私の愛 私の花嫁」インタビュー記事⑤

取材写真
すっごく渋い感じで撮ってますが
パンツの話してますからっww

★チョ・ジョンソク「私の愛、私の花嫁」「パンティー露出シーン、私よりシン·ミナがもっと笑わせる"

私の愛記事28

劇中で、チョ・ジョンソクは新婚の初期、シン・ミナだけ見れば、ズボンを脱ぐ。"が恥ずかしいのではないか"は質問にチョ・ジョンソクは"その撮影するときは、シン・ミナとたくさん仲良くなった状態だった"と"実は私たちは時間が重要で早く撮影した。私が(パンティーを)ずっと着替えなければならないから準備が遅れざるを得なかった。同じ日にまとめて撮った"と説明した

続いて彼は「「新婚夫婦はどうだろうか。おもしろくてあれやこれやした姿をスケッチしてみよう」という趣旨の下での撮影を開始したミナさんが「目だけ合ってもそうに新婚ではないか」という話をしたよ。だからそうになった"としながら"何度も私は話題になっていますが、再び映画を見ると、(新)ミナさんも一緒に脱いでいる。私は脱ぐつもりよりミナさんが脱ぐのがより面白いです。私は一発で露出ですが、ミナさんはジュソムジュソムエプロンを脱ぐ」と述べた。

チョ・ジョンソクは、"こんな言うから映画がまたみたいでしょう"と冗談を言って笑いを誘った
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=1411634894770078008


★チョ・ジョンソク"可愛い男?愛嬌?縮んで丸くなる

私の愛記事29

2014年、再び同じタイトルに尋ねてくる'私の愛、私の新婦'は変わった世相や生活の様子を溶かし出した作品に変貌した。しかし、礼儀に愛らしくて愉快な雰囲気は相変わらずだ。朴重勲の後を継いで、男主人公ヨンミンと扮したこれはまさにチョ・ジョンソク(34)。2012年'建築学概論'のナプトゥク後スクリーンとブラウン管を縦横無尽して親しまれているチョ・ジョンソクは初の主演作で'かわいい普通の男'の魅力を存分見せている。

原作「私の愛、」のシーン一つ一つを覚えている映画のファンであり、今回の作品でデビュー後初めての映画で単独主演を務めたチョ・ジョンソクは、「感激」を連発して感慨に浸った。あちこちに直接出したアイディアをいっぱい溶かし出すほど愛情に作業を終えたチョ・ジョンソクは、観客が笑うたびに感激してかっとして映画を見た。第ムービーが可愛らしく狂いない俳優の満足感が彼の顔に溶け込んでいた。

私の愛記事30

-試写会を終えた。

▶映画をおもしろく見てくださったようでいい。試写会で感激だという話をしたが、単独主演というタイトルがとても重要ではないか。それでもっと緊張して胸がわくわくした。映画を見ても熱くなった。観客が笑い、それを見て私はかっとするのだ。懸命に努力した甲斐がある気がした。

-成功した映画のリメイクに出演するのが負担されることはないか。

▶原作を幼いとき会ったけど、とても面白く見て考えがある。コンドーム買いに行ったら、コンテック600買う場面、新婚旅行に行く場面、初日夜のシーン全て記憶が出る。それで出演の提案を受けたというのがすごく胸が一杯だった。実はリメイクという事を聞いてシナリオを受けてもいなかった。タイトルを見て'うん?'したらリメークということだ。シナリオ自体だけでもとても面白かった。負担がないていたが、最初から違う、新しい映画だと思った。、時代的背景が完全に違うから。おかげでパク・チュンフン先輩がしたヨンミンがに対する負担も少なく感じられた。ただ、原作の代表的なシーンを生かして撮影するときは負担になった。原作に劣らないリメークという話を当然、聞きたかった。

-シン・ミンアとの呼吸はどうだったか。ケミストリーが好きだ。

▶ミナさんが先にキャスティングになった状態だった。その時からよく合うという感じがあった。そうでなかったらやめないはずだ。ところが、最初はよく似合うという話を聞いていない。かえって何か似合わないとした。心配したり、やる気が生まれたというよりも、まだよかって引き渡した。なぜならケミストリーは二人の呼吸だから、自分があった。呼吸を合わせて行ったらケミストリーを生産できるという。普段にも相手にだいぶ合わせようとしている。合わせたほうが楽だ。思いやりが確実にあるのかもしれない。(笑顔)


- シン·ミナの頭をジャージャー麺に二度打ち留めシーンのアイデアを出したというが。シン·ミナがそれをOKしたのを見ると両方の呼吸を推測するに値する。

▶ミナさんとはあまりにも呼吸がよく話もよく通じた。ジャージャー麺のシーンがその代表的な例であることだ。シン·ミナという俳優が"OK"をしたので、成功させることができる場面だった。私「そうすればどうだろうか」と考えを出し、ミナさんも監督も「コール」した。それほどミナさんや話をたくさんした。私もミナさんが楽で才気煥発にミヨンが消化できるようにはしゃいでたりもした。複数回撮らなかった。 3〜4回程度。


-予告編でも出てくる、新婚夫婦が目さえ合えば、パンツを脱ぐ場面も笑わせた。

▶ただ熱心に脱いだ。一生懸命に脱いだからそんな場面になった。(笑顔)そのアイデアはミナさんが提出した。新婚夫婦の楽しくした姿をスケッチしてみようと言ってご飯食べても、目が合っても火がつくのが新婚ではないかとてそうなったのだ。私がズボンを脱ぐ場面だけを集中照明をしてくださったが、よく見ると、ミナさんも熱心に無意識に脱いでいる。私はそれがもっと面白かったよ。どうもズボンは一度、フックに脱いだら目立つようだ。10度を一日二日以内に撮った。私は服だけ着替えているのではなく、下着まで全部着替えなければならなくてとてもそれが大変な苦労だった。(笑顔)

私の愛記事31

-'ナプトゥクが'から知っていた可愛い男でカムバックした。

▶可愛く見ていただければ感謝する。実は私がヨンミンというキャラクターで最も重点をおいたのは男の方たちが共感してほしいということであった。その人物が、平凡な普通の男に比べるとを願った。エッチ悪魔が使われる場面、女性の方たちの怒りを買う場面でもとても鼻摘まみがなく、憎くてもとても憎いばかりではなかったヨンミンを表現したかった。

-現実と比較すれば優しくてきれいに描かれたという感じもある。

▶私の映画に出演する全てのキャラクターがすべてそうだ。リアルながらも、本当にリアルはしないで、共感街道現実と同じではない。領民の長年の友人たちが出ているが、現状なら、表現がはるかに荒れて悪口もしてそうしたはずですが、そうしなかった。同時にロマンチックに表現してはならない映画とも考えた。本当の表現をそのままする必要があり、私たちの映画の共感も大きくなるだろうよりよく見ていただけるだろうと考えた。

-劇中の領民は'愛してるミヨン'を連発するほど愛嬌が多い。実際にはそのようなスタイルではないか。

▶男として愛する誰かに愛嬌があるスタイルはないようだ。それでは手足が縮んで丸くなる。'愛してるミヨン、ミヨンのおかげで、ミヨン殺して、ミヨン'こんなの、実際はよくできない。実は似た面を検討して、探すのは大変だ。ただ、ヨンミンを演技した私の普段の姿がどの程度反映されるものがある。私がいらいらしたり、気持ちがいいたりするときに現われるもの。どうせそれは私が演技するのだから。具体的にちょうどどこだと示すことはできない。そのためにみた方たちが'チョ・ジョンソクがそう、'してくださるようだ。それもある程度合った話だから。シンクロ率が約70%はならないだろうか。

-実際にも映画よりもっと真剣な感じだ。

▶思ったより確実に真剣だ。ところで、このように語ることはとても照れがある。ところで私をとても面白くみから。ただ、センスよく受けたほうが必要なようだ。

-映画ニュース後に結婚したいという話を続けた。

▶40歳前にするつもりだ。そうなんだ。20代前半は28歳で結婚して子供たちも生んでするという人生計画を立てた。食べて生きてみると、家族も導かなければならない、そして遅れたが、。別に準備されたものはない、現在希望事項である。そうでなければならない。(笑顔)個人的に家族計画は多ければ多い方がいいんですけど、私の未来の花嫁には嫌がられるかもしれない。(笑顔)

-開封だけが残っている。

▶それで本当に感激している。主演をしたこと自体が幸せで感激だ。公開するというのも感激で責任感も大きい。興行に対する負担にならないかすれば、それよりは'多くの方々が愛してあげられるだろう'するマインドコントロールしている。この作品が大好きだ。

http://star.mt.co.kr/view/stview.php?no=2014092516091512330&type=1&outlink=1

該当の記事は見つかりませんでした。