FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

釜山国際映画祭スケジュール 詳細 & ハン・ジェリム監督(観相)Twitter

釜山だったら・・・
博多に遊びに行ってきますって
ウソじゃない本当を言ってww
ちょっと行っちゃうとかできるんじゃ???

はいっ妄想終了


★私の愛、私の新婦Twitterより

私の愛、私の新婦10月3日!チョジョンソク、シン・ミナが釜山に映し出される!
3時30分海雲台ビーフビレッジ野外舞台挨拶。
6時30分[イン・スタイル]シネマトークの開催


★'私の愛、私の新婦'チョ・ジョンソク、シン・ミナ、3日、釜山(プサン)国際映画祭舞台挨拶

私の愛記事52

[スポーツトゥデー ソンファシン記者]映画'私の愛、私の新婦'の俳優チョ・ジョンソク、シン・ミナが釜山映画ファンたちを訪れる。

来る3日金曜日、2人の俳優とイムチャンサン監督は、第19回釜山国際映画祭のために釜山を訪れて、予備観客との特別な出会いを持つ。

10月8日封切りを控えた'私の愛、私の新婦'チームは3日、海雲台のビーフビレッジ野外舞台挨拶とファッションマガジン'イン・スタイル'が主管するシネマトークに参加する予定だ。

彼らは同日午後3時30分海雲台ビーフビレッジに設けられた野外舞台で約15分間の舞台挨拶を進行する。のマックスムービー編集長パクヒェウンモドキュレーターの進行で行われる今回の野外舞台挨拶は釜山国際映画祭を訪れた映画ファンたちに意味深い時間をプレゼントする予定だ。

さらに、イムチャンサン監督とチョ・ジョンソク、シン・ミナは午後6時30分新世界(シンセゲ)百貨店センタムシティ店の屋外噴水広場に場所を移してファッションマガジン'イン・スタイル'で進行するレッドカーペットとシネマトークに参加する。

今回のシネマトークではファンと直接会っているスペシャルイベントも予定されており、ファンの関心が集中するものとみられる。

http://stoo.asiae.co.kr/news/naver_view.htm?idxno=2014100116451427512


★ハン・ジェリム監督(観相)Twitter

原作の力と愛らしい俳優たち、監督と製作陣のおかげで私の愛、私の新婦はつやが出る。厳しい寒さと風雨はなろうと襟を正させが、純粋で暖かい映画の光はすべての警戒を脱いで観客を裸になるようにした。武装解除。余韻が長くなりそうだ。

チョ・ジョンソク"チェ・ジンシル、パク・チュンフンと比較。負担なかったら、嘘

次回作「時間の離脱者」の役どころについても
語ってます!

★チョ・ジョンソク"チェ・ジンシル、パク・チュンフンと比較。負担なかったら、嘘

私の愛記事45

24年が過ぎてリメイクされた<私の愛、私の新婦>は過去の愛しいて愉快な雰囲気をそのまま引き継いだ。朴重勲の後を継いで、男主人公ヨンミンに選択されたチョ・ジョンソクは最近、興行保証小切手として浮上してのある俳優だチョ・ジョンソクは映画<建築学概論><観相><逆鱗>とドラマ<最高だイ・スンシン>などで良い成績を示し、主演に堂々と位置づけられた。

<私の愛、私の新婦>はチョ・ジョンソクの初主演作だ。彼は、映画で、シン・ミナと夫婦で呼吸しながら'かわいいた普通の男'の魅力を存分に示した。シン・ミナ他の俳優とアイデア会議もしながら映画に自分が追求することを溶かして出すほど、現場の雰囲気が良かった。この25日、三清洞(チョンログ・サムチョンドン)のあるカフェでラウンドのインタビューを通じて会ったチョ・ジョンソクは映画に対する満足感を示した。

私の愛記事46

-今回の映画に出演するようになった契機があったら何とか?
"事実、作品の選択をする時、最も先に映画と似合うか思います。ミュージカルをする時も観客たちが私について知りたいようにしたいし、私に対する期待を満たしたいです。そのように演技するためにシナリオを一番大事に思っています。<私の愛、私の新婦>のシナリオはとても面白かったです。私が受け持つことになるキャラクターを考える前にシナリオが面白いため、果敢に乗り出すことになりました。"

-原作がうまくできて負担感もあったろうに。
"原作を見てチェ・ジンシル先輩のファンになりました。映画の中でキスをして、病院でキスする場面が印象的でした。原作がヒットしたためにリメーク作ということに対する負担感がなかったとすると嘘かも知れません。私がパク・チュンフン先輩の役割をするようになりまして、ヨンミンという役割が面白く、また、シナリオを見た時、原作とは別の映画だと思いました。ヨンミンという役割が再創造されたために新しい心で臨むことができました。"

:それでは原作とリメーク作の違いがあれば?
"原作にはチェ・ジンシル、パクチュンフン先輩が新婚旅行に行く場面があるが、現代ではその場面を無くしました。過去と現在が相当変わったために今回の映画には、現代的な要素がたくさんできたようです。一方、幼い時に見た映画のように、この映画でも共感できる平凡な素材を導き出すようです。簡単に言うと私の愛、私の新婦>の2014年型再創造が合わないかと思います。原作とは違う映画のような感じがあります。そのために原作を見た方々は比較をしないことはできないだろうが、、新しい感じで見ることができたら嬉しいです。"

私の愛記事47

-映画の中のヨンミンと実際のコックピットはある程度似ているか。
"ヨンミンは実際私の姿と非常に似ているようです。映画の中でヨンミンのいたずらな姿が溢れる場面が実際私と結構似てました。今回の映画では即興演技をたくさんしたために、シン・ミナさんとのいたずらな姿などがよく感じました。"

-今回にヨンミンというキャラクターをどう分析したか。
"先にヨンミンの職業である社会福祉士が本当に魅力的でした。この職が私とよく合うと思いました。私は映画やミュージカル、ドラマをするたびに'共感'をできるように演技に集中します。今度私が果たす役割が子犬に似ているという話をたくさん聞いていましたが、この話を聞く度に良いです。私も家で犬を飼ったら子犬がトイレでなく、居間におしっこをすると憎いが、愛しい目で私を見ると愛しいんですよ。このようにヨンミンという人物も子犬のように憎みながらも愛らしいキャラクターではないかと思います。"

-映画を見てみると結婚をするやいなや他の女に関心を持つが。
"映画ではヨンミンが結婚してすぐ他の女に関心を持っています。しかし、実は私は保守的な性向が強くて共感していない部分もあります。実際に(辛)ミナさんのような美貌の妻があれば他の女に目が行くのが変なものがないかと思われます。(笑)"

私の愛記事48

シン・ミンナと、今回の映画で呼吸を合わせたが。
"ミナさんとは本当に対話がよく通じました。演技するときも呼吸が合って、。ずっと頭を突き合わせながら映画についてアイディアを話しました。二人とも演技に対する熱意が強くて、今回の映画をより面白く作るためでした。それで翌日お酒を飲むシーンがあれば前日の俳優たちと酒を飲みながらアイデア会議もしました。"

-女優シン・ミナの長所は?
"多くの方々が、シン・ミンアという俳優の演技力に疑問を抱くが、実際には本当に演技が上手という感じを受けました。演技しながらも感じたが、撮影が終わって映画館で映画を見ても感じました。特にシン・ミナさんは演技についたディテールがいいです。賢明にディテールな部分を演技する姿を見ながら私も多くのことを学ぶことができました。"

-映画を撮影しながら、女の心を感じたかどうか。
"すでにシナリオから女の心を感じました。女の心をよく知っていたために私がヨンミンを憎むことができないようにした演技をしないかと思います。恋愛経験を通じて女の心を少しでもさらに知ることができたようです。恋愛しながら争ったりしながら35歳の年輪を感じさせました。"

-きれいな愛を繋ぐための秘訣を話してくれたら?
"配慮です。映画を撮りながら結婚を肯定的に考えるようになりました。配慮しなかったら放棄することはできず、犠牲にせざるをえないということを感じました。そのために'配慮'しながら愛してるなら長い間、きれいな愛を続けることができないと思っています。"

私の愛記事50

-映画で自分の身長を話していたが、。
"シナリオには背が170cmに出たが、実際の背丈を入れたほうがいいと思って174cmに変えました。多くの方が背に対してコンプレックスがないのかと聞かれますが、コンプレックスはありません。むしろ私は私の背が適して私が元気に暮らせているのではないかと思います。(笑)"

-美貌の女優のシン・ミナと演技をすると言う時、周囲の反応はどうだった。
"ミナさんと演技をすると言う時、周りから私よりもっと好きだったようです。ミナさんと演技を一生懸命にすると周囲で応援してくれました。"

-映画の予想スコアはあるのか。
"ありません。しかし、300万も500万も私の映画が観客から多く愛されて高いスコアを記録すればこの上なく幸せになると思います。"

-初めて主演を務めた感想があれば。
"本当に込み上げてきました。私がマスコミ・配給試写会の時、配分館で映画を見たが、あの時の観客たちが楽しく見る姿が良かったです.ミナさんと共同主演だが、男一人では主演だからこそ意味がある作品です。"

-次の作品である<時間の離脱者>について話をしてくれたら。
"<時間の離脱者>で私がやってきた役は音楽先生、ジファンです。タイム・ワープの映画だが、私は1983年の音楽の先生で、イジヌクさんは現時代の強力系刑事として、イム・スジョン氏は、過去と現在で同一人物で出ます。事故によって私とイジヌクさんが交流するようになるメロー・スリラー映画です。

-最後に<私の愛、私の新婦>の魅力を選んでほしいと。
"10月に多くの韓国映画が出るのですが、私たち映画は他の映画とは違って'共感'を感じることができるというのが魅力です。多くの方々が共感しながら見ることができるために笑うことができる、棟が痛む感動も受けることができないと思っています。"

私の愛記事51

http://m.news.naver.com/read.nhn?mode=LSD&sid1=106&oid=047&aid=0002069182

「私の愛 私の花嫁」 Twitter スタート & 新聞記事

もう!10月!!
そして「私の愛 私の花嫁」公開まであと1週間です

★「私の愛 私の花嫁」 Twitter

 私の愛ツイ12



★Team.J Instagramより

※ご報告遅れましたが、cyurinさん管理の下Team.JでInstagram始めました
  「team.j 2013」です

私の愛記事43

suuさんが「私の愛私の花嫁」の新聞記事を機内で発見です!


記事の内容は・・・

映画'私の愛、私の新婦'1990バージョンと2014バージョン比べてみたら…

私の愛記事44
2014年'私の愛、私の新婦'には、シン・ミナ(左)とチョ・ジョンソクが出ている。1990年に公開された原作は、韓国、ロマンチックコメディの始祖と評価される。当時、トップスターだったパク・チュンフン(下の写真左)とチェ・ジンシルが出演したが、ソウルで観客20万人を動員して、興行に成功した。


来月8日に封切られる'私の愛、私の新婦'は1990年明世(イ・ミョンセ)監督の映画、同名の映画をリメークした作品だ。新婚夫婦に起こる変化を描いたイムチャンサン監督のこの映画は原作のキャラクターや構成、エピソードを相当部分そのまま使った。しかし、20世紀と21世紀の結婚生活が異なるように変わったこともある。主人公ヨンミンとミヨンカップルは、パク・チュンフンと故チェ・ジンシルでチョ・ジョンソク-シン・ミナに変わった。当時、パクチュンフンとチェ・ジンシルが24、22歳だったが、チョ・ジョンソクと、シン・ミナは34、30歳だ。晩婚のトレンドが、俳優の年にも反映されたわけだ。

○声大きくなった妻、可愛くなった夫

最も目に付く変化は、妻の声デシベル。専業主婦のチェ・ジンシルは夫の写真に向かって八つ当たりした臆病な妻だった。唯一の対話の相手は、家主のおばさん。逸脱を口実に、一人で日帰り旅行に出発したチェ・ジンシルは初めてタバコを接して"男たちは、このような書いたことをどうして吸うのか分からない"と泣き言を言う。しかし、時間制美術塾講師のシン・ミナには職場の同僚とおしゃべりする友人がいる。彼は夫に"小便、便器の蓋上げなさい"のような小言を浴びせる。

夫キャラクターはもっと可愛くなった。出版社の職員であり、作家のパク・チュンフンは、妻に"夫苦労していることを知らずに家で無造作にいる"と声を張り上げているマッチョだった。一方、詩人を夢見た社会福祉士チョ・ジョンソクは妻の小言にもかかわらず、自我の実現に邁進する世間知らずに近い。


○マスクしてコンドーム買っていたその男、今は?

新婚の初夜は原作序盤で大きく扱ったエピソードだ。パク・チュンフンは、忍びずマスクで顔を隠してコンドームを買いに薬局に行くけど言葉を取り出すことができない、'コンテック600'を買う。結婚前まで"キスも許諾しなかった"チェ・ジンシルは夫と同じ布団覆うことも恐れる。しかし、2014年、映画では新婚旅行のエピソードが消えた。その代わり、序盤を達成するのは色とりどりフィットするトランクスに隠されたチョ・ジョンソクのお尻だ。(大きい期待はしないでみよう。15歳以上観覧可)


○'結婚の危機誘発者たち'の進化

夫婦関係を揺るがす危機誘発者たちも変わった。チェ・ジンシルさんの劣等感を刺激していたパク・チュンフンの文壇先輩ミスチェ(キムボヨン)は縁のメガネをかけたデチャンキャリアウーマン。一方、シン・ミナの気持ちを逆なでするチョ・ジョンソクの'睾丸友達'スンヒ(ユン・ジョンヒ)は、成功した女性であることにもしなやかな鼻声を出して女性性を隠していない。

パク・チュンフンは、チェ・ジンシルさんの元職場の上司イム課長(ソンヨンチャン)を妻の昔の男と勘違いする。2014年には、シン・ミナの職場の同僚のソカンジュンが出ている。ハンサムで、外車を乗り回しているこの年下男のために'背が低く、車もない'チョ・ジョンソクの嫉妬心は爆発する。


○歳月が過ぎても変わらないもの

チェ・ジンシルは"夫の実家は、米国産牛肉3斤を獲得しながら妻の実家には手ぶらで行く"夫が、シン・ミナは"夫の実家に30万ウォン、妻の実家には10万ウォンする"夫が憎い。家事が妻に集まるのも相変わらずだ。チェ・ジンシルのように、毎日夫の靴を磨いていないが、シン・ミナも"結婚をしたのか養子縁組をしたのか分からない"と泣き言を言う。

夫の尿の幹が弱くなるのは共通の関心事。ただ、解決策は'玄米酢'から'塗るバイアグラ'に進化した。リメーク作を製作したフィルムのモメンタムのシンヨンイルプロデューサーは"原作に対するオマージュ(尊敬の意味で印象的なエピソードを毀損しないようにした。しかし、事前にアンケートを通じ、最大限、時代相を反映した"と話した。

http://news.donga.com/Main/3/all/20140929/66796137/1

該当の記事は見つかりませんでした。