FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「私の愛 私の花嫁」舞台挨拶 10/15 ①

「私の愛 私の花嫁」Twitterより

10月、興行強者#私の愛新郎 「チョ・ジョンソク」が劇場にやってきた!
今、この瞬間!チョ・ジョンソクのびっくりゲリラ舞台挨拶現場を確認してください!

私の愛挨拶45

私の愛挨拶46

私の愛挨拶47

私の愛挨拶48


いつにも増して色白に写ってるなぁ・・・と思ったら
記事のお題も・・・

チョ・ジョンソク'頻繁な舞台挨拶に疲れて見える顔'
私の愛挨拶52


チョ・ジョンソク'容易に消化しにくいチェックのコート←で、消化できてるの?できてないの?www
私の愛挨拶51


ブーケ投げるチョ・ジョンソク'私の新婦になってください~←は~い!←返事くらい自由にねww
私の愛挨拶50


チョ・ジョンソク'劇場明るくするまぶしい美貌'
私の愛挨拶53

重要な時期に訪れた作品チョ・ジョンソク

★重要な時期に訪れた作品<私の愛、私の新婦>チョ・ジョンソク

私の愛記事105


試写会の反応がいいです。

面白いという話を聞いて気分がいいです(笑顔)。


反応が良くて、むしろより期待されて震えると思います(笑)。

今の良い評価が煙のように分散するみたいです。。気体ではなく固体にそのような反応を感じたい(笑)。責任感が格別な場所のようで負担が多くなりません。興行たらいいですね。


映画を見て、シン・ミナと話す機会がありましたか。

試写会の時、シン・ミナと一緒に映画を見ました。私たちの前で、映画を観覧する方たちが映画を非常に楽しく見てるようで気分がよかったです。、シン・ミナに言葉はできなくて(ひじで突くふりをして)(笑顔)。

完成された映画を、シナリオと比較すると

シナリオもとても楽しかったですが、映画がもっと面白いように出てきたようです。シナリオは映画よりもっとロマンチックな感じだったんですよ。例えば、シナリオはチャプターを詩を挿入して分けました。


映画がシナリオよりもっと楽しく出た理由を考えてみましたか。

私たちの情熱。(笑顔)本当に熱意が溢れました。いつもアイデア会議をしながら対話もたくさんしてるし。会話がうまく通じたために呼吸も良かったようです。

私の愛記事106

<私の愛、私の新婦>はリメーク映画です。原作でパク・ジュンフンが演技した領民をどうして再誕生させるかどうか悩みが多かったようです。

個人的に原作をとても好きでした。2014年<私の愛、私の新婦>は原作が持っている普遍的な情緒を明確に持っています。

しかしパクチュンフン先輩が演技したヨンミンと差をつけて表現することより原作と時代的背景が違う新しい映画という考えで作品に臨みました。そうしてみると、自然にヨンミンのキャラクターに私だけの感じを増して少し新たに表現したようです。

そして、ヨンミンは9級公務員じゃないですか。住民センターで働く社会福祉士は極めて平凡ながらも非凡な職業です。静的でもありますチョ・ジョンソクという俳優が持つ長所を生かして社会福祉士領民をもっと動的に表現するならそれなりに魅力的なキャラクターになると思いました。


本人の姿が多く投影されましたか。

新婚初期の楽しく艦をスケッチする場面は普段いたずらをする私の姿がたくさんあります。なぜなら結婚序盤の場面のような場合、シナリオには状況だけを与えられ、台詞がなかったんです。それでその場面はほとんどシン・ミナと即興的に演技しました。そうしてみたら、私もシン・ミナも、普段いたずらをする姿が多く付いていたようです。他のヨンミンの姿は、メソッドです(笑顔)。どこまでもメソッドに立脚した演技です(笑顔)。


エッチ悪魔」の章のヨンミンは本人の姿ではないということですね(笑顔)。

そのシーンが一番メソッドに立脚したんです(笑顔)。それなりに保守的な人なので、そのシーンが好きではなかった(笑顔)。しかし、その場面は<私の愛>で必要な部分でした。だからヨンミンをどのように表現するのか演技的に多く思いました。そんな悩みの結果が今ヨンミンのキャラクターです。 <私の愛>のトーンがとれたような気もして。


エッチ悪魔'エピソードで下着のために苦労しているヨンミンが可愛く見えました。

かわいく見せようと意図したのではないです。<私の愛、私の新婦>ではヨンミンとミヨンが対立して和解する過程が繰り返されて、感情が着実に蓄積と思います。それで'愛して、ミヨンというチャプでヨンミンとミヨンがお互いの気持ちを確認する時の感動がもっと大きく感じられるんです。

エッチ悪魔'チャプでヨンミンというキャラクターを表現する時もそういう感情のうっ積・解消を悩みました。ヨンミンはスンヒをオオカミのように眺めないです。瞬間的に逸脱を夢見る男のように表現しました。自分の本能を隠すための努力するが、隠せないヨンミンの様子がかわいくて見せたようです。

下着は、この時代の普通男の表象です。冬に着てじゃないですか(笑顔)。領民のキャラクターもよく表現されそうで出したアイデアでした。そんなコミカルなシーンが人々にヨンミンをもう少し伝えるのに役立つと思いました。人々がヨンミンを悪いやつに思わないようにです。また、瞬間的に緊張を解消させることができると思いました。人たちが現実的に多く共感できるようにヨンミンを平凡な男で表現したかったです。

私の愛記事107

ヨンミンとミヨンが争う姿は実感できました。

共感がいくと私は思います(笑顔)。個人的にはヨンミンとミヨンが争うシーンをとても好きです。すごく面白いんですよ(笑顔).男女が戦う大部分の理由は、互いに異なる話をするからです。

例えば、ヨンミンがミヨンにプロポーズをししている場面でミヨンが'付き合ってから4年になると、何して、ヨンミンさんは一人も私を知らないので、'と話すにヨンミンは、いきなり'お前どこに痛くなるね'と全く違う話をしてじゃないですか。そのような状況が映画の中間中間にたくさん起きます。ジャジャンメンの場面でもミヨンが'恥かしげにそれは何か'と言ってるからヨンミンは'私が恥ずかしいか'て怒り出すんじゃないか。本当に闘う男女のように言葉がずれて争うヨンミンとミヨンの姿がとても面白いです。そのような点を念頭して計算して演技したんです。


日常の発見を映画に応用するためには、観察力が良くなければならないそうです。

誰かを観察することが好きなので観察力はあると思います(笑顔)。しかし、観察力を離れ、シン・ミナと呼吸がとてもよく合いました。神を分析する笑いのコードがよく合ったんですよ。私が話する部分を、シン・ミナがよく理解してくれて共感して収容しました。シン・ミナの言葉を聞く、私も同じですよ。だからそんな場面が演出されることができたようです。

シン・ミナに'私たちはとても真剣だが、状況があまりにも笑わせる時あるじゃない。それで笑わせにもかかわらず、ただ笑われるものではない状況のことだよ'を話せば、シン・ミナは'何か知っている'と、'分かったから一度やってみよう'としました。そんなふうに呼吸がとてもよく通じました。シン・ミナの口を借りて話をすれば'高級なコメディー'であるのです(笑顔)。


ジャージャー麺食べる場面で食器を向けるアイデアを直接出したと聞きました。、シン・ミナに申し訳ない思いはなかったんですか?(笑顔)

すまないと思いました。しかし、情熱と熱意が溢れました(笑顔)。情熱がなかったら、シン・ミナがその場面を快く受諾しなかったんです。


俳優たちが楽しみながら撮影したというのが感じられました。

悩んでいたが撮影現場では、シン・ミナと本当に幸せで楽しく撮影しました。


結婚した人たちは<私の愛、私の新婦>がファンタジーに過ぎないという言葉も言うんですよ。

それが<私の愛、私の新婦>のトーンのようです。<私の愛、私の新婦>は現実的でありながら、とても事実的ではないんですよ。結婚という題材を扱っているが、包括的に話せば<私の愛、私の新婦>は男女間の愛を語っているようです。<私の愛、私の新婦>は愛の様々な考えや感想を確認させてくれる映画です。
花火のように愛しているカップルは映画を見て愛がさらに花火のように燃え続けるかもしれません。手も待機できないほど冷たく冷えてしまったカップルは相手をもう一度考えてみることができもあります。新婚夫婦なら、私たちはああならまいと、と考えることもできます(笑顔)。
<私の愛、私の新婦>が未婚らにはとても多くの共感を与えるが、長い結婚生活を一分にはファンタジーという音を聞くのは映画のトーンのせいのようです。

私の愛記事108

チョ・ジョンソクの演技はプルショッでさらに輝きを発していると感じました。身体の動きがとてもはっきりと見えますが舞台の上での経験が影響を及ぼしたのでしょうか。

舞台の上での経験と経歴が確かにスクリーンで演技するのにプラスになります。しかし<建築学概論>封切り後に2年半の間、映画やドラマ作業もたくさん経験しました。その経験がまた、舞台にも役立つようです。ディテールな部分であり、具体的に、どんな演技がどのように役になると言うのは大変です(笑顔)。とにかく2ジャンルの演技がお互いに役になるみたいでいいです。


スクリーンデビューして2年ぶりに主演を務めた。

他の人が少し早いと感じたら早いのが正しいでしょう。しかし、私は引き受けた最善を尽くして熱心にするだけです。このような幸運の作品、こんな面白いシナリオが私に来るなんて、常に感謝の気持ちを感じます(笑)。


作品を選択する時何を最も重要と思いますか。

面白いなければなりません。一応ストーリーが面白いなければなりません。物語が最も重要です。いくらキャラクターが面白いもストーリーが面白くなければ、好きじゃないです。そして、シナリオを読むと、この役割をどのように演技するかどうか頭の中に絵が描かれるキャラクターがあります。想像がなるキャラクターが面白いです.その二つがともに満足しなければならないと思います。


<私の愛、私の新婦>のヨンミンもシナリオを読む時から想像した姿そのまま演技したのですか。

そうですね。ヨンミンがどんな姿だろうか、想像になったんです。しかし、想像したヨンミンの姿をどのように映画的に演技して表現するかは撮影しながらたくさん悩んでいた部分です。ヨンミンは憎いように憎いず、本当にデレデレとことのようであっても、それなりロマンスを持っているキャラクターです。素敵でロマンチックというより真実の人物です。ヨンミンのそんな姿を研究しながら演技しました。


映画を見て結婚に対する考え方が変わったんですか。

結婚がもっとしたくなりました。(笑顔)。

私の愛記事109

特に夢見る結婚生活がありますか。

夢見る結婚生活はありません。ささやかで快活な結婚生活をしたいです。結婚してこうすれば幸せだろう、このような考えはないでしょう。ただ妻と友達のように過ごしたいです。


恋愛する時の姿はヨンミンと似ていますか?

無愛想ではないが、ざっくばらんで愛嬌がありません。ロマンチックたり、イベントをたくさんしません。愛嬌だったり、鳥肌の立つかすごく嫌いです(笑顔)。


結婚した友達も多いが友達の話も演技に参考にしましたか。

友達はいつも幸せしていないようです。こんなに話してください(笑顔)。友達もたまに悩みがあったり、大変ならば話する部分があります。友達の話を聞きながら間接経験をたくさんしたようです。また、結婚した兄の話を聞けば来て触れる部分があります。そのようなものが縮尺されてヨンミンを演技するとき役立っていたようです。


デビューして10年になったが特別に記憶に残ったり、役者として成長に大きく役立ったと思われる作品がありますか。

2004年にデビューしたが、2005年にミュージカル'グリースをしました。その作品を9ヵ月間、単独キャスティングで出演しました。デビューしたばかりなのにもマンネリを感じました。体力的にも精神的にも非常に大変だった時期でした。それで記憶に残ります。演技生活に役になった作品はデビューして以来、出演したすべての作品、すべての瞬間です。


<私の愛>はどのような意味がありますか?

<建築学概論>も同様であったが、<私の愛>は俳優チョ・ジョンソクに非常に重要な時期の作品だと思います。
<建築学概論>がチョ・ジョンソクという俳優の顔を初めて映画に知らせる作品だったら、<私の愛>は、それとは別の意味を持つ映画だと思います。

実際に、毎分、毎作品がとても重要な時期だと思います。すべての俳優たちがそんなんです(笑)。他の人が考えているチョ・ジョンソクの時期が、私考える時期と同じだと思う。他の人がチョ・ジョンソクが男主人公としてどのように映画を導いて行くか、興行に成功するかどうか、注目されるように、私もそのような考えをそのまま持っているので、プレッシャーもあります。しかし、興行は天の意味に任せて楽しむしかないですね(笑)。

私の愛記事110

今後どのような作品に挑戦したいんですか。

正統メロ、スリラー、アクションなど多様なジャンルをほとんどやってみたいです。


露出演技はどうですか?

示しささげじゃないですか(笑)。 <私の愛>ですごく脱いだじゃないですか。トップス、ボトムス、すべて脱いだったが、それより過剰な露出演技をどのようにしている(笑)。シン·ミナがどんどんパンティーを脱ぐシーンが面白かったと話しており、私はいつパンティーを脱いだとそうなのかわからない(笑)。パンツを脱ぐことになった(笑)。


ズボンを脱ぐのも本人のアイデアだったんですか?

シン・ミナのアイデアでした。新婚ばお互いに目が合ってもそうでないかとして映画に象徴的に適用して多様に延期したのです。


自らをどのような俳優だと思いますか。

欲深な俳優。やりたいことが多い俳優が欲深い俳優でしょう?そして最善を尽くす俳優。考えてみると、答えがとても典型的ですね(笑顔)。ところが、事実がそうなんですよ。いつも最善を尽くします。


俳優としての目標は何ですか?

信頼の良い俳優という話を聞いてみたい。信じてくれる人たちありがとう。

http://www.movist.com/star3d/read.asp?type=32&id=22566

シン・ミナ-チョ・ジョンソク'私の愛、私の新婦'、不動のボックス1位

やっぱり!今朝の記事はこの話題!

★シン・ミナ-チョ・ジョンソク'私の愛、私の新婦'、不動のボックス1位

私の愛記事104

映画'私の愛、私の新婦'がボックスオフィストップを記録し、着実に観客動員している。
4年間恋愛の末に結婚した夫婦の話を描いており、シン・ミナとチョ・ジョンソクの愉快な呼吸が目立つ作品だ。
http://news.tf.co.kr/read/entertain/1430658.htm

★私の愛、私の新婦'100万目前、
オフシーズン期の劇場街生かしたロコ(ロマンティックコメディー)・力(ヂカラ)


チョ・ジョンソク、シン・ミナの新婚夫婦呼吸が目立つ映画'私の愛、私の新婦'は累積観客数91万5,252人に100万突破を目前にして、ロマンチックコメディー神復興期を率いている。特に夏やお盆の最盛期を過ぎ、劇場を訪れる観客の足が遠のいた中でも成し遂げた意味のある結果だ。
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201410150830039610

本日「私の愛 私の花嫁」ジョンソクさん登場舞台挨拶

14日、公開7日目の観客数は 6万2,891人で1位!

累積観客数は 91万4,802人です


そして、今日はジョンソクさん登場の
ゲリラ舞台挨拶←予告しちゃった時点でゲリラじゃないかもですが

今日、100万人超えそう?な予感


★昨日の「私の愛 私の花嫁」Twitterより

2014年最高のロマンチック・コメディー#私の愛、私の新婦
ゲリラ舞台挨拶!
すぐ明日!チョ・ジョンソクが劇場に行きます!今すぐ前売りしてください!

週末の舞台挨拶と合わせた予定表
今週末は大邱ですね

私の愛挨拶44

該当の記事は見つかりませんでした。