FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「あぁ 私の幽霊様」キャラクター紹介②

幽霊HP6
イケメン警察のチェ・ソンジェ
32歳男性、ソンウ、義弟、地区隊警長

最近まれに善良な民衆の杖、イケメン警察だ。 幼い頃、富裕どころか、いつまでも不遇だった保育園で8歳まで育った。 しかし、これ以上社会で捨てられないように鬼に勉強して警察試験に合格し、昇進試験も一度に合格して他人より早く傾斜で警長をつけた。 同僚の警察たちは善良に一生懸命だけ住んでいていつか大きな鼻を怪我しているそうだ。 町の住民たちもこれちょっとしてほしい、あれちょっとしてほしい。 星に星頼みを全部する。 それでも黙々と、いつもいつも笑顔で人たちをついている。

足が不便で車椅子生活をする妻にもイライラ度出したことがない。 いつも優しくてきれいな妻は、3年前にひき逃げ事故によって足を失って、自ら人生を終えようとした日、偶然今の夫に出会い、新しい人生を得た。 たとえ痛いけど誰よりも善良できれいな妻恩姫と、妻のことを大事にする、よくいくお兄さん、カンソンウ。 鉄はないが、可愛い母と共に、かなり幸せに、平凡に生きている。 ところが、しばらく前から、妻の飲食店の厨房で補助で働く女の子が。 しきりに目に入ってきた。 忘れて暮らしていた不安が襲ってきて。 あの子はいったい誰かな。。?


幽霊HP4
娘の怨霊シンスンエ
コマンド(霊)番0825、死亡前の年35歳

幽霊の中でも最もきりが深いという娘の怨霊である。 かっとなって、短くて、干渉広くて、何よりも男なら目がない。 生前、結婚どころか、きちんと恋愛が一度もない見て、宇宙の摂理であり大自然の理の男女相悦之詞一度経験し切れないまま、処女と死亡したのが残念で九天を離れられずにいる。 故に、人間女性の体に憑依して、熱い一晩を図ってみるが、何度も男が幽霊lの陰気に勝てず、決定的な瞬間にひっくりかえってしまって。 体はますます盛り上がって、心はますます短くなってくる。

鬼は人間の体に許諾なしに憑依できない。 しかし、暇さえあれば基した女子たちの体を狙って男たちを魅了して通っているスンエを同僚の鬼たちは非難する。 一言で言えば鬼界でもいじめ、いたずらっ子だ。ところが..幽霊の世界と人間の世界をつなぐシャーマ(巫女)ソビンゴの目を避けて追撃戦を繰り広げが、偶然に周波数が正しい憑依した女性の体に、閉じ込められてしまった。 よりによってティルティルハことでは名状しがたい、性的魅力0%のナボンソンの体。そして、ナボンソンが働く厨房でお会いした虚勢炸裂のビョンマッシェフ。

ところが、よりによってこのシェフが、そのように探し回っ、鬼の陰を勝ち抜くヤンギナム?偶然憑依した体。以後、これまで記憶になかった父と弟も探して、夢に描いたヤンキナムまで訪れるようになるとは。 ところがこの男、どのように人欠かさ?死後2年6ヶ月...3年が終了すると、小悪魔になって永遠にグチョンを渡り歩いなければならない切迫した時点で、処女鬼の1つを解くことができるゴースト一生に一度の機会が訪れた。

③へ つづく・・・


★チェ・ヒョンソクシェフ"チョ・ジョンソク、ドラマで私のキャラクターの演技」

チェヒョンソクシェフが「わたしの幽霊さま」に言及した。

6月17日に放送されたMBC FM4U「チョン·ジュニョンの退屈打破」でDJチョン·ジュニョンはセムキムをモデルにしたドラマ「パスタ」に言及した。

チョン・ジュンヨンはチェヒョンソクに"シェフさんをモデルにしたドラマはないか"と聞き、チェヒョンソクは"記事で見たが、製作していると知っている。 打合せがあった"と明らかにした。

幽霊記事3

彼は"どうせ作るなら、主人公を立派に作ってほしいとした。 背も190cmなる俳優を選択してほしいと要求した"と述べると、チョン・ジュンヨンは"190cmグァンスさん?チョ・インソンさん?"と言って笑いを誘った。

チョン・ジュンヨンが"誰がキャスティングされたらいいか"と聞くとチェヒョンソクは、"チョ・ジョンソクさん、ナプトゥギをしたハンサムな方。その方が主演にして製作すると聞いた"tvN新金土ドラマ'オ私の幽霊さま'を言及した。

チェヒョンソクは"私をモデルにして能力あるが、虚勢酷いし…"と"キャラクターしか思えない。 ストーリーは全く違う"と説明した。
http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201506181042362410

「あぁ私の幽霊様」'パク・ボヨン-チョ・ジョンソク、ぴったりはりついた…'ドクンッ' &キャラクター紹介① 

★'オ私の幽霊さま'パク・ボヨン-チョ・ジョンソク、ぴったりはりついた…'ドクンッ'

[OSEN=パクヒョンミン記者]tvN新金土ドラマ'オ私の幽霊さま'で小悪魔憑依ロマンスを披露するパク・ボヨン(ナボンソン役)とチョ・ジョンソク(カンソンウ役)の「ケミシナジー」が感じられる現場スチール写真が公開された。

18日tvN側を通じて公開された写真を見ると、二人がレストランの厨房を背景にお互いを優しげな眼差しで眺めて話を交わしながら、笑いの花を咲かせるなど、姿が目を引く。 特にお互いに似たような2人の俳優の笑う姿が、和気あいあいとした現場の雰囲気をしのばせるのはもちろん、'オ私の幽霊さま'でどのようなカップルの姿を披露するかどうかさらに疑念を抱かせている。

演出を担当しているユジェウォン監督は"撮影初盤であることにもかかわらず、二人の俳優の演技の呼吸が本当に嬉しい。 特に、純粋さと腹黒さを行き来するパク・ボヨンの魅力とナルシストスターシェフに扮したチョ・ジョンソクのセクシーなカリスマが俳優たちの名品演技でより立体的に表現されてカップルケミにシナジー効果をあげている。 パク・ボヨン-チョ・ジョンソクカップル明美を期待してもよい"と伝えた。

幽霊記事2

一方、'オ私の幽霊さま'は淫蕩な娘の怨霊に憑依された小心な厨房アシスタント'ナボンソン'とナルシストスターシェフ'カンソンウ'が繰り広げる小悪魔憑依ロマンス物。パク・ボヨンは小心な性格のために親しい友達もいなくて、働くレストランでも上手いのない虐待の塊キャラクターで自信ゼロの厨房アシスタント'ナボンソン'と扮している。チョ・ジョンソクは優れた料理実力だけでなく、和やかな外見で一気にスターシェフとして定着した人物でパク・ボヨンがひそかに片思いする自己陶酔スターシェフ'カンソンウ'で演技変身を披露する予定。

パク・ボヨン、チョ・ジョンソク、イム・ジュファン、キムスルキ、パクチョンアなど魅力的な俳優たちのキャスティングはもちろん、'高校世渡り王'製作陣ユジェウォン監督とのヤン・ヒスン作家が、再び意気投合して1年余りの準備期間を経て誕生した作品で多くの関心を集めている。 来る7月3日午後8時30分を皮切りに、毎週金、土曜日放送。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110180675


セクシーなカリスマ
セクシーなカリスマ
セクシーなカリスマって今まで言われたことありました?www←かなりニヤついてます


2人の柔らかい感じお印象が似てるのか・・・
年齢差も身長差もちょうどいい感じだし←
見ていて、なんかとってもいい雰囲気ですよね~




昨日「暫定キャラクター紹介」のブログ記事をUPした後に
公式HPに正式に「キャラクター紹介」がUPされていました

改めて載せますね←記録用にも必要で・・・(^_^;)

★番組紹介
幽霊HP2

幼い時は見えないのが怖くていたのに
大人になったら見せているのがもっと怖い。
要するに、人間が怨霊よりもっと怖い存在かも知れない。
もしかしたら、幽霊が人間よりもっと人間的な存在かも知れない。
人間よりもっと人間的な娘の怨霊が、軟弱で利己的な人間たちを成長させるドラマ。
人間よりもっと高貴な愛を勝ち取るドラマ... を作ろうと思う。
彼女によって、今年の夏は涼しいたらいいな。
彼女によって、君たちの心には、きた。風。この吹いたらいいな。


★キャラクター紹介

幽霊HP5
憑依女 ナ・ボンソン
28歳、サンレストランの厨房アシスタント

幼い頃からちょっと足りなかった。 健康も足りず、人物も足りず、親和力も足りず、それでもそれは耐えられるほどた。

周辺で亡霊たちがしきりに言葉をかけ始めた後でもっともっと世の中深いところに隠れなければならなかった。 夜ごとに寝そびれて、昼はいつもこっくりこっくり居眠りして事故を起こしてばかり。

有名なスターシェフの食堂での厨房アシスタントといつも皿洗いをしながら生きて行っているが、ここもいつクビになるか知れない。神を称えるという意味でおばあさんが作ってくださった'ボムソン'という名前。しかし、厨房の家族にはただ甘いボンソンイルだけだ。 それにもかかわらずこの食堂を出て行けない理由は、ここに長年の片思い。カンソンウシェフがあるからだ。 シェフを向けた長年の純情は誰もしれない。

しかし一番知らない人はまさにシェフ。何事も公私の区分確実、冷静な人ではあるが、特にボムソンにだけはいつももっと冷ややかだ。 そして結局、厨房をすっかり焼いてしまうところだったその日、ボムソンは、涙をのんでそこを出てしまった。 そして、長い時間記憶がない。 精神を失わなかったらちょっと朦朧として、人々は自分がしない行動をしたという。 誰かが、ボムソンの体の中に訪れたのだろうか?



幽霊HP3
スターシェフ カンソンウ
33歳男性、サンレストランの社長兼シェフ

偉そうな顔を除けばしないホセナム(料理するセクシーな男)。 空に太陽が二つのできないように、最高のシェフも自分一つだと信じている。 彼もそうなるように、最近一番よくいくスターシェフだ。 道を通り過ぎると、普通の芸能人より人気がましだ。 料理が本業ではあるが、顔ちょっとなってしまう時間が経っての力はもっとなり、放送局でもただではドゥジルず、周辺の女性たちもただではドゥリない。

周辺の多くの女の中、一番痛い女性はすぐおとなした妹ウンヒ。ひき逃げ事故で足を失って,自分のレストランの仕事を手伝って住む妹を見ると、胸が張り裂けそうだが、かぜをふかさない。 そして、胸の中の奥深いところからいやな女。 すぐお母さん。 幼い頃から産み、のみ設けて、知って大きいことを願っていた忙しい母の下で育ち、、一度も母のご飯を食べてみたことがない。 それで食欲を知らず、いつからかご飯を切ってしまった。 それで現在もミョンチョンムンレストランを運営している。

そして留学時代に出会った初恋の人、ソヒョン。不幸にも友達の妻になった。 そして、遠くないうちに、友達の死が彼女を未亡人で作った。 今は友達の妻よりは、ただ私が持つことができない女であり、ベストフレンドだ。 善良な妹、憎い母、そして人知れず好きな友達。 これらで十分だろうと思ったが、しきりにまた、一人の女性が目障りに始めた。 しきりに幼い時いじめの記憶を想起させる愉快でない女性。 ナ・ボンソン。ところが度をある日の間にかあの女が違って見えている。 何かにとりつかれたのか。 いけない。しっかりしなさい!

該当の記事は見つかりませんでした。