FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

花よりシリーズFBより&ナヨンソクPD"アイスランド便は花よりシリーズの中で一番おもろいはず"

ヘラルド経済=ソビョンキ選任記者]"アイスランド便は花よりシリーズの中で最も面白い方になるはずだ。"先日終了したtvN'朝奇迹-漁村方2'後続として、来年1月1日に放送される'花より青春in、アイスランド'を演出したナヨンソクPDの言葉だ。

予告編を見るとコックピット、チョンサンフン、チョンウ、カンハヌルが大変に旅行しながらも楽しんで、オーロラまで発見する姿が公開された。 ナヨンソクPDはメンバーの特性を一人ずつ紹介した。

青春記事20

4人全部旅行の経験があまりないように無知な面を見せている。 30代3人はバカ三兄妹のような姿を見せる。 しかし、旅行地に投げかけておくと、右往左往するが、自分たちが知って訪れて、その意味を楽しんだ。 チョンウは障りのないスタイルで4人のうち最もうるさくて、最も無識なスタイルだ。 チョ・ジョンソクは礼儀正しい性格だ。 長兄にあたるチョンサンフンは弟たちを手に入れようとしながらも笑わせて、末っ子のカンハヌルは動物にも話をかけるなど無茶に笑わせる。"

'花より青春'シリーズは今回が三度目だ。 長年の友人で、先輩後輩間の-ユン・サン、ユ・ヒヨル-イ・ジョグと'応答せよ1994'で縁を結んだユヨンソク-ソンホジュン-バロに続く新しい構成である チョ・ジョンソク、チョンウ、チョンサンフンなど三俳優は、すべて無名の時代が長く、苦労の末に現在の場所に上がってきたという共通点を持っている。 20代時代をせっかく送って30代に有名になった。 20代のカンハヌルはこれらの中では最も早く名前を知らせたものの、ミュージカルをしながら苦しい時代を送る時チョ・ジョンソクとチョンサンフンと会って親しくなった。
青春記事21

"今回に'青春'という名で集まった人たちは単にそのままスターというよりは大変に現在の位置まできた。 これから進むべき道が多く残っている。 4人が全てミュージカルと映画、ドラマを通じて親しくなった先輩・後輩であるため、他の人の前ならしがたい話もある。 気楽な人同士で旅行をしたので、見ている人たちも良かった。"

続いて、ナPDは"彼らが今回の旅行を通じてしばらく息を選んで青春の真の意味を念を押して見て、今後進むべき道について話した。 そのような点で番組のコンセプトとよく合うと考えた"と伝えた。

花より青春-アイスランド'方を演出してナヨンソクPDが入った感じは"やはり旅行は誰と行くかが重要だ。 どこに行って、何を見るかも重要だが、自分たち同士もよく知って親しい間柄と時間を大切で楽しく過ごしている。 それがとても格好良かった"とした。

青春記事22

彼らは十日間の旅行中オーロラを発見したりもする。 ナヨンソクPDがKBS在職時代、アイスランドで個人旅行を発った時もオーロラを見たと言った。 しかし、多くの人たちが北欧、アイスランドに冬の旅を離れるが、オーロラを見られない場合が多い。

"オーロラは、冬にだけ見ることができるが、これらにオーロラは、一種のプレゼントであり、補償のようなことだった。 氷河と調和を成して美しい光を出すオーロラを期待してほしい。"

面白いのはオーロラを見たメンバーたちの反応だった。 個人差が存在するということだ。 虹が出たような自然現象程度に考え、たいしたものではないという反応が出たのか、とても素晴らしい自然現象として興奮するメンバーもあったと言った。

青春記事23

青春記事24

ナヨンソクPDの芸能は'事実的'(リアリティー)な段階をノムモ'本物'(リアル)だ。 オーロラを見ても、さほど反応がないのもそのまま伝えする。 '朝奇迹-漁村方1'で'夫'ユ・ヘジンは魚を上手にとれずに頭を下げた家長になった。 代わりに'チャジュムマ'チャ・スンウォンが貧弱な稠果を派手な料理実力で克服した。 漁村方2では、天候が暖かくなり、肉がよくとれているが、寝ても覚めても懐かしい'マンジェドサムデジャン'のうち、タコを引っ張ることに成功した。 マダイと石鯛釣りには失敗した。 最終回、ソウルの刺身屋から集まった会食でイシダイやタイを味わう。 アイスランド片道オーロラを見たメンバーたちの個人差を加減なく描く。

ナヨンソクPDの芸能が、大げさか大きいな楽しみがないようでもいつも良い反応と大きな反応が出るのは、ディテールが生きていて、そのディテールを通じて人々を理解して、その感情を同時に分ける姿で和やかさが息を吹き返すからだ。

アイスランドは幻想的な自然景観を持った国だ。 ハリウッド映画にもよく登場するほど優れた自然景観を誇る。 冬だから大自然の風光はオントン白色だ。 氷河を旅行して氷壁に登る。 ナヨンソクPDに"アイスランドが寒くて苦労しなかったのか"と聞いたら"しのぎことができた。 地道に0度前後を維持していた。 韓国江原道の冬が一番寒い"と話した。

ヘラルド経済=ソビョンキ専任記者
"http://news.heraldcorp.com/view.php?ud=20151215000114



★花よりシリーズFBより

アイスランド可愛気発光ナプトゥギ
おまえ..どうする?
<花より青春アイスランド>
#D-17
2016年1月1日(金)夜9時45分

青春FB4
↑こんなキヨミピース
我が家のKPOPファンも出来ませんっ(^_-)-☆

2015の決算 月間の検索ランキング

月別検索ワードランキング1位に関する記事からの
抜粋です

 
2015、ネイバー月別の検索語の決算キーワードの結果が公開された中でネチズンたちが今年一年間、最も熱い関心を示していた月別キーワードに放送-芸能界の懸案がほとんどであり、注目を集めている。
5月に大韓民国を襲ったメルス(MARS)キーワードを除いて、残りの月別の最高の検索語は、放送界人気番組とその月の話題のスターが飾った。

幽霊記事128

1月'・キルミーヒルミー'…知性取り付かれた1人7役
2月'ソンホジュン'…'三食ごはん漁村編1'漁夫の利固定ゲスト
3月'イェウォン-イテイム'…"お姉さん私が気に入らないです"悪口か?ため口か?
4月'チャン・ドンミン'…舞踏ではお言葉に注意!'シックスマンジャジン下車'
5月'メルス'…大韓民国を恐怖と悲しみに染めた伝染病ウイルス。
6月'ユサンムハンサムだ'…8億ウォンの誕生日イベント

7月'ああ私の幽霊さま'…パク・ボヨンチョ・ジョンソク再発見

幽霊記事129

7月の検索語の主人公はパク・ボヨン、チョ・ジョンソクのロコ・tvN'ああ私の幽霊さま'。
淫蕩な娘の怨霊が憑依した小心な厨房アシスタント ナ・ボンソン(パク・ボヨン)とナルシストスターシェフ カン・ソンウ(チョ・ジョンソク)が展開する甘く殺伐としたドラマは7月3日の初回放送以来、持続的な視聴率上昇とともに、視聴者たちの熱い愛を受けた。

シェフ・メンテナーらの活躍が最も輝いていた放送界にブームのなかで、シェフが主人公として登場してレストランの厨房が主な背景になったのも得をしたものの、何よりもツンデレナム チョ・ジョンソクとグィヨミ魅力が発生したパク・ボヨンのケミが見る人を騒がせた。 特にパク・ボヨンの生涯初キスシーンと演技のようで、演技ではないチョ・ジョンソクの赤裸々な頬骨昇天'表情がドラマに夢中になった魅力ポイント。

パク・ボヨンは以降、映画'情熱のようなことしているね'で好評を受けており、チョ・ジョンソクは最近、ナヨンソクPDの'花より青春'メンバーとして合流して初の放送する来年1月1日から新たな人気を予告している。

8月'ヨンパり'…、今年一年ミニシリーズ最高視聴率
9月'新西遊記'…ナヨンソクまた、一度興行不敗'イ・スグンもカン・ホドンも生かした'
10月'彼女はきれいだった'…不細工もきれいになってもファン・ジョンウムはきれいだった!
11月'応答せよ1988'…全世代が回答した!

スポーツ朝鮮 イユナ記者
http://m.entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0002858531

花より青春の公式HPリニューアル&Facebookより 追記 予告編動画

ただいま~(^O^)

いや~3日間が5日間にも感じるようなwww旅でしたが←どんな旅?^^;
夢のような3日間に大満足の我が家のKPOPファンは
さすがに疲れたらしくお昼まで寝てました←

私の朝食はもちろん!
グラノーラに牛乳かけてw

グラノーラ14-2
↑パッケージの裏表でこんな風になってます

インスタには
こんなディスプレイがUPされてたんですが

グラノーラ16

残念ながらソウル駅のロッテマートでは
ココモのスプーンのおまけ付きのしか発見できず(;_;)…でした
グラノーラ15-2

EXOがイメージキャラクターをしているぺぺロは
ちゃんと活かしたパッケージ作りをしてるのに~

グラノーラ17
↑我が家のKPOPファン購入&撮影
ちなみにパケージの左下にいるのが
映画「兄貴」の弟役のD.O(ド・ギョンス)


★花より青春の公式HPがリニューアルです
リンク先からどうぞ~

青春HP1


青春HP3


★花よりシリーズFacebookより

青春FB

青春FB1

青春FB3

そしてこちらは、1月1日放送スタートということで
新年の挨拶はがき公募キャンペーン告知

青春HP6
受賞作品は実際のはがきになるそうですよ~

追記

該当の記事は見つかりませんでした。