FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

映画「兄貴」5月公開!?

Mnetはドラマ終わりに
ドラマ出演者が出ているMVを放送してくれるんですが
ジョンソクさんは出演作がないので(;_;)
ほとんどがボヨヨン出演作MV

今日は
「ああ、私の幽霊さま」終了後
SPEEDの「It's over」ドラマ編
パク・ボヨン、チ・チャンウク、ハ・ソクジン出演で
14分の大作

「長いよ~」とKPOPと画面にツッコミ入れてたら←我が家のKPOPファンはSPEEDも陰ながら応援していますw
cyurinさんからLINEが!←本題に入る前の前振りも長かった^^;

EXOのD.O=ド・ギョンスが出演作映画「純情」のインタビューの中で!
(抜粋)

インタビューを終えて、
今後の計画をこっそり耳打ちをしてくれる?

多分エクソとしての活動を優先的にしそうです。 海外でツアーを飛び立つからです。
そして来る5月にチョ・ジョンソク兄さんと撮影した映画「兄貴」が公開されます。 多くの関心お願いします。
あ、もちろん映画「純情」も多くの関心と愛お願いします。 (笑)
http://m.lifetoday.co.kr/news/articleView.html?idxno=19578

私たち、すっごく忙しくなりそうですよ~っ(>_<)


このギョンス他のインタビューでは・・・

兄記事7

グループEXOのディオがラブストーリーを演じてみたいと伝えた。

映画「純情」(監督:イ・ウニ、制作:JUPITER FILM) に出演したディオは1日午前、ソウル鍾路(チョンノ) 区八判洞(パルパンドン) で行われたインタビューで映画に対する様々な話を率直に打ち明けた。

「純情」で病気のスオク(キム・ソヒョン) の傍を黙々と守るボムシル役を演じたディオは劇中でのキム・ソヒョンとの傘のキスシーンについて「実際にキスをすることはできなかったので、残念だった。相手役が6歳も年下のソヒョンだったので、面白かった」とし「観客の反応が気になる。これまではなかった傘のキスなので」と明るく話した。

ディオは「いつか年をとればラブコメディや濃いラブストーリーを演じてみたい。チョ・ジョンソク先輩が出演した『ああ、私の幽霊さま』を全部見たが、『ああ、私の幽霊さま』のような作品にも出演したい」と付け加えた。

「純情」はラジオの生放送中にDJに届いた23年前の過去から来た手紙を通じて、現在と過去を行き来する切ない初恋と5人の友達の友情を描いた映画だ。EXO ディオ、キム・ソヒョン、ヨン・ジュンソク、イ・デビッド、チュ・ダヨンなどが出演した。韓国で2月24日に公開される。
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2038032

年末の歌謡祭は
映画「兄貴」の撮影で
他のメンバーに比べて髪が短くて
また、そこが かわいかったです~

「花より青春 アイスランド編 」エピソード6予告&花青春アイスランド'フォーストーンズの10年間の友情のつながりは?

floweryoungboy[6回予告]フォーストーンズ&制作陣、アイスランド極限状況体験160205 EP.6





花青春アイスランド'フォーストンズの10年間の友情のつながりは?





★チョンウ&チョ・ジョンソク&チョン・サンフン&カン・ハヌル、4人の接点は?“無名の頃からの知り合い”

青春記事76

俳優チョンウ、チョ・ジョンソク、チョン・サンフン、カン・ハヌルの接点が公開された。

1日に韓国で放送されたtvN「名簿公開2016」では、「あなたと私の輪!アベンジャーズ顔負けの芸能界人ライン名簿」が公開された。

4人は接点がないように見えたが、「花より青春」アイスランド編で微笑ましい友情を見せている。

チョ・ジョンソクとチョン・サンフンはソウル芸術大学出身で、デビュー前から格別な友情を築いてきた。演劇俳優をしていた頃、チョ・ジョンソクとチョン・サンフンは毎日のように一緒に寝たほどだったという。

チョンウとチョン・サンフンは一緒に出演した映画が公開されず、出演料を半分しかもらえなかったことがある。チョ・ジョンソクとチョンウはドラマ「最高です!スンシンちゃん」で共演した。

カン・ハヌルは3人全員と接点があった。チョ・ジョンソクとは2009年にミュージカル「春のめざめ」で共演し、チョン・サンフンとは「アサシン」、チョンウとは映画「セシボン」で共演した。

「名簿公開」はスターのすべてをユニークなランキングで紹介する番組で、韓国で毎週月曜日の午後8時40分に放送されている。

元記事配信日時 : 2016年02月01日21時03分 記者 : カン・ソジョン

該当の記事は見つかりませんでした。