FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ELLE3月号Bカット

ネタありましたね~www
Bカットを見ると1枚だけ選ぶのって大変!って思いますよね

ELLE3月号4

ELLE3月号3

インタビュ―⑪チョ・ジョンソク"良い俳優として期待・信頼を得たい気死ぬまで変わらない"

ヘドウィグの練習で忙しいのか←あくまでも想像ですw
ネタが無いので←とか言ってたら出てきたりしてww
UPするタイミングを失って下書きのままになっていた
「ああ、私の幽霊さま」の時のインタビュー記事です~


★インタビュ―⑩チョ・ジョンソク"良い俳優として期待・信頼を得たい気死ぬまで変わらない"

[スターデイリーニュース=パクウンヒ記者]
"20代の時は'私が本当に狂ってしまうほどに芸人の最後を一度掘り返してみる'そんな欲心と情熱がとてつもない規模たが、年を取れば取るほど私の人生もあり、境界も大きくなってみると、あきらめることは放棄すると理解しなければならないと思う。 そしてもっと自分の欲について、ゆとりになれるという時点に来ているようだ。 それでも良い俳優として多くの方々に期待がなって信頼を与えることができる俳優になろうとするのは死ぬまで変わらないだろう。"

デビュー12年目のいつのまにか30代半ばになった俳優チョ・ジョンソク。彼は現在、年を取って、人間のチョ・ジョンソクと俳優チョ・ジョンソクの間で直面する部分を折衷し、その二人が会う地点を探そうと努力中だ。 彼の隙のない演技力は、慎重かつ真摯な人生観と相まって、感性を表現する職業を理性で治めることに可能だった。この27日、ソウル龍山区梨泰院洞のあるカフェで行われたインタビューでチョ・ジョンソクは平凡な30代の男性の悩みと演技に対する現実的な所信を率直かつ整然と告白した。

幽霊記事114

-実際家族関係はどうなるか。
"4兄妹、3男1女だ。 一番上の姉と19歳、長兄と16歳、次男と10歳の差がある。 甥も多い。 実の甥が五名だ。"

↑実のお姉さんが19歳上ってことは
ジョンソクさんの「ヌナ」の範囲はかなり広いってことになりますよねっ←ちょっとかなりウレシイ



-結婚したら、子どもは何人程度計画しているのか。
"20代の時は私が結婚をすれば子供4人を産みたかった。 子供が多かったら良いという考えをした。 年を取るにつれては、よく分からない。 今は子どもがどのくらいなりば良いか悩みをしている時期であるようだ。 具体的なものがまだ固まっていない。"


-パク・ボヨンと十歳の差まではなく見られる。 間の秘訣は何か。
"努力するのはあまりない。 肌の手入れといえば化粧品一生懸命に塗ってクレンジングうまくやってそんな部分か。私のほうが童顔のために努力することはあるか。(笑)私は行ったり来たりしている私の顔がいい。 どうやってみれば、世の中で一番変なようでなるように老けて見え、ある時は幼く見えたりもして思ったのよりハンサムたようなそんな感じが私は好きだ。 俳優の配役によってなるように、不細工に映るかもあり、ハンサムに見えるかもしれて老けて見えることもあり、若く見えもいるんだし…。 私がそうだというのではなく、そうだったらいいという考えだ。 そんなことを追求するのだ。 まもなく封切られる'ジャーナリスト'では今の顔とはぜんぜん違う。 社会部記者だから少し枯れすることだ。"


-俳優として年齢入ることについてどう思うか。
"私は大人になっていることについて、俳優としてはあまりにも大好きだ。 私が1年が経ってしわが一つできたのもとてもいい。 ただしわが深くが、ないように願いたい。(笑)俳優が一番良い時が年とするほど、その年代に相応した役をするできるということ、その役割が私に入っているというのが本当に良いのではないかと思う。 それが幸せなことで幸運だろう。 私は運がついているようだ。"


-それなら俳優としてなく30代半ば人間チョ・ジョンソクとしてはどうか。
"俳優としては年齢が入ることについてこれから私の未来が気になってとてもうれしかっただろうし'わたしはある作品でどのような役割をするか'、このような興味深い考えをするのに友達が子が二つで一つの家庭の家長になっているから何か遅れを取っている感じだ。 人間コックピットには年を取るのが、最近になって、一方では'遅れか'そんな考えをしている。

この前に2人の友だち夫婦が家族旅行をした。 友人の妻は私たち小学校の同窓生である友達の妻はうちの高校の同窓だ。 全部学校の時友達だが、各夫婦の第一の2人の子供が手をつかんでいく後ろ姿をツーショットで写真を撮って団体のチャットルームに掲載した。 後に私が結婚して子供を作ると、その子たちに'オンニ、オッパ、ヌナ、ヒョン'の中でどんな呼び方を使うのにとても格差が大きくなれば、それがとても嫌なんだ。 まだ具体的な結婚計画はないが、あまりにも遅くしたくはない。"

幽霊115

-俳優チョ・ジョンソクと人間チョ・ジョンソクが共存する法。
"事実俳優芸人だ。 この広大(顔頬骨)ずに。(笑)20代の時は'私が本当に狂ってしまうほどに芸人の最後を一度掘り返してみる'そんな欲心と情熱がとてつもない規模たが、年を取れば取るほど私の人生もあり、境界も大きくなってみると、あきらめることは放棄すると理解しなければならないと思う。 そしてもっと自分の欲について、ゆとりになれるという時点に来ているようだ。 それでも良い俳優として多くの方々に期待がなって信頼を与えることができる俳優になろうとするのは死ぬまで変わらないだろう。

私は事実なるように平凡だ。 平凡なのが好きだ。 そして、ちょっとぶつかってしまう部分がある。 かつてインタビューの時は死ぬまで鉄がなかったらいいと言ったが、鉄が早く入ったようだ。 分別がなくべきあれこれ想像力を発揮して多くの絵を想像することができる。 私自ら私が普通だと言うが、人たちがみれば、尋常でないと言えるだろう。 平凡ないように努力するだけであって、私の自分は本当に平凡だ。


人間チョ・ジョンソクと俳優チョ・ジョンソクの違いがあるが、年齢が入っていた時に出会っている地点を私がよく考えてみなければならないと悩んでいる時のようだ。 俳優コックピットで続けば、人間コックピットの様子では周りの人に被害を与えたり、寂しい気持ちにすることもできる。 私がとても忙しいから家族たちを会えなくて家族たちが私を見たいと言ってそうしながら遠くになるのは嫌だ。 会う地点が必ずあるのだと思う。 その地点を探そうと努力している。 そのため、以前ほどの俳優としての欲は少しずつ下に置いている。"


-キャラクターに没頭した後現実と分離がうまくなるほうなのか。
"事実の演技には、真正性が明確に前提に敷かれている。 そうしたら、現実と見分けがつかない時もあるが、私は区分しようと努力をたくさんしている。 現実と演技の境界線を正確に守ろうと努力する。 以前に公演の時の役割が暗かった。 それが公演が終わっても私に影響をくれるから'こうしたらならない'たい、警戒を訪ねしようと努力をたくさんした。 その時から内面が自然に積もったようだ。 でも演技するときだけは完全に没入して本当にする。"


-パク・ボヨンがチョ・ジョンソクは目ですべてを表現して'カット'すればただの平凡な目つきに帰ってくると言っていた。
"あの子はそれが残念かな。 私はそれではない。 これにも話したが、公演する時はあまりにも舞台の上のその人物になりたいという欲が大きいから余韻があまりにもたくさん残った。 そのため人間チョ・ジョンソクはどんどんなくなっているようだという感じを受けたことがあって現実と演技の境界線を守ろうとしているのだ。 私は本当に演技した時に世間の誰よりもかわいらしく見、その誰よりも惜しみながら見た。


俳優の目つきは俳優の感情から出るようだ。 私の感情がどんな感情なのか、私の感情がどれほど大きく小さいかによって、その目つきの程度や目の気運が変わると思う。 私が本当に天使のような顔で見ても'私がお前を殺す'は考えを持っているならば、その目つきで暮らすことを明確に感じることができるだろうと考えている。 カットすれば、この場面がもっときれいに出たら良くてもっとよく出たらいいという理性的な考えがある。


演技するとき、感性が理性を支配してはならないと考えている。 もし感性が理性を支配するようになる、他の人は共感できない演技をすることと思う。 それでカットしたら'この場面はどうだっただろうか'、'この場面になるようによかったので'描いてみて、監督にどうだったのか聞いてくる。 パク・ボヨンはそんな部分を語ってくれているようだ。

実ははきれいでイチャイチャする場面を撮ったら私は相手役の女優としてパク・ボヨンがきれいに作ってあげたいた。 それが私が相対する女優に対する礼儀でマナーものようだ。 なぜなら私は良いケミで組んで叶えていくようにきれいでかわいくていとしいに見せれば、かなりいいようだ。"

幽霊116

-これまでドラマより映画がもっとたくさんしましたが、好みの差か。
"私が夢見るのは映画でもドラマも演劇でもミュージカルでも、いつもいつもどの住まいででも熱心にうまくできる俳優になりたいよくカバーできる俳優になりたいのが私の考えだ。 映画俳優、タレント、演劇俳優、ミュージカル俳優を分割するのが私は嫌いだ。 そのまま俳優コックピットとしてこのところあのところを歩き回りながら良い作品があれば訪れたいけどなんだかんだで、映画の方にたこがたくさんとれたのだ。 昨年にミュージカル'ブラッド・ブラザース'をしたが、それが終わってから映画両方を撮った。 それで人々が'チョ・ジョンソク何するか'と考えたかもしれない。

もし、そんなことまで全部計算したらドラマはフィードバックが速く、露出が早くなるからその中にドラマを一本しなかっただろう。 そんな計算なしで映画両方を撮ったので、半年以上は露出ができなかった。 ところで私は露出が足りなくて私を忘れずに'コックピットいったい何をするんだ'と思ってしてくれるのが本当になるように気持ちがよかった。 ところで'オ私の鬼さん'っていいドラマを会ってこんなにたくさんの方々に愛を受けるようになったのも幸運だ。"


-多作する特別な理由があるか。
"私も休みたいし旅も行きたいし私だけの時間をかけたいとしても入ってきた作品を読んで突き刺さるとすることになる。 それが俳優の仕方のない生理のようだ。 休み休みしたい。(笑)"


-次期作紹介をちょっとしてほしい。
"次期作は10月に封切りする映画'ジャーナリスト'になるだろう。 'ジャーナリスト'が仮題なのに私の役目は社会部記者だ。 記者がどのような事件に巻き込まれながら起こったことに対する話だ。 作品が有望に出てきた。 僕もすごく期待している。 コメディーもあり、スリラーもあり、複合的に混ざった。"


-映画'兄'に一緒にキャスティングされたドギョンス演技は見たことがあるか。
"映画'カート'を見た。 とてもいいと思った。 ぼくはアイドルの演技者に対する先入観は全くない。 演技が上手だったら上手なんだ。 その人の演技的な側面においての発言はできるが、その人の職業群について語りながら、評価するわけではないようだ。"


-映画'私の愛、私の新婦'でともにしたシン・ミナと'オ私の幽霊さま'パク・ボヨンのラブリーさを比較すると
"一応ラブリーしたのは共通点だ。 愛しいのは当然だ。 シン・ミナはパク・ボヨンより年の差があまりなくて劇中で夫婦として出て何かさらに実の妹のように強い関係が感じられた。

パク・ボヨンとは夫婦ではなく愛するかわいい、そういう方向に向けてときめきをたくさん感じて一緒に研究もたくさんした。 パク・ボヨンは演技についてとても考えが深く、そのために演技もメチャクチャうまくて経歴もある。 度胸もあり、プロの精神があるようだ。 そのような部分が呼吸するように良かった。"


-ミュージカル計画はまだないか。
"来年にしようとしている。 一作品は必ずするつもりだ。"


ーこれに挑戦してみたいジャンルやキャラクターがいたら。
"ジャンルはどんなジャンルでも挑戦したい。 私が興味が引いて、その物語が興味深ければやるだろう。 役割は多くの方々が悪役をする考えはないかと聞かれたが悪役するつもり多い。 いつかいい作品の悪役に一度出演してみたい。 体良く使われるアクションもいい。"

幽霊117

-作品が終わって暇があればどのような仕事がしたいか。
"これまで余暇活動はほとんどできなかった。 今年の夏、水に足をつけてみるのが夢だったので、うまくいけば、近いうちにその願いが行われるような気もする。 しなかった運動もちょっとしたい。

今年初めにゴルフを始めたが、ドラマ撮影しながら一度も打てなかった。 それで、もはやゴルフもちょっとしてできなかった家族旅行も行こうとする。 私の家が大家族だが、大家族の移動を4年前から一度やって見ようと思ったが今回にするなら、本当の果たすことだ。 国内旅行もよいが、私の母親孝行させてあげなければならないから、飛行機を一度乗ってみたいようだ。 母がお歳なので海外はお疲れのこと思って済州島を考えている。 10月に封切りする'ジャーナリスト'に対するとてもちょっとしたスケジュールがあるが、そのものを除いては、ほとんど休むから9月の一ヵ月間、かなり多くの時間を楽しむことができるだろう。"

http://www.stardailynews.co.kr/news/articleView.html?idxno=68334

該当の記事は見つかりませんでした。