FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑥グラビア

グラビアがUPされてからインタビュー記事が出てくるパターンなので
先に~

時間記事61

時間記事62

時間記事63

時間記事64

時間記事65

時間記事66

時間記事67

時間記事87

時間記事88

時間記事89

時間記事86

時間記事92

時間記事93

時間記事91

時間記事90

CINE21「時間離脱者」映像

デジタル版の映像です


「時間離脱者」舞台挨拶スケジュール

早めにスケジュール出ましたね~

両日とも参加者は
イム・スジョン
チョ・ジョンソク
イ・ジヌク(未定)←ただ今MBCドラマ「グッパイ、ミスターブラック」撮影中なので…マスコミ試写会も欠席でしたね…
チョン・ジニョン
クァク・ジェヨン監督

時間舞台挨拶1

予定表の表記←表を書き起こさないままですみません^^;
劇場 上映館  映画開始時間 舞台挨拶施行 開始時=시작시 終映時=종영시
「時間離脱者」の上映時間は107分です

4/16(土)
CGV往十里 
MEGABOX COEX  
CGVピカデリー  
CGV龍山
 
4/17(日)
CGV永登浦
CGV汝矣島
          

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑤

★時間の離脱者'チョ・ジョンソクが振り子を回したい過去は

時間記事59

ホングクキ記者="現在の生活にとても満足します。 それでももし時間を戻せるならですか。 父が生きていた頃の高等学校、時には戻りたいです。"

来る13日に封切られる映画'時間の離脱者'に出演したチョ・ジョンソク(36)を6日午後、ソウル鍾路区三清洞(チョンログ・サムチョンドン)のあるカフェーで会った。

チョ・ジョンソクは'時間の離脱者'で婚約者の予定された死を防ぐため、1983年と2015年を行き来しながら追跡と死闘を繰り広げている高等学校教師、ジファン役を演じた。

お父さんの話をし、いつの間にか彼の目に涙が涙があふれた。 チョ・ジョンソクは、大学に入学する前の2000年に父を失った。
大切な人が生きていた時間です。 父親と離れて住んでいたんですよ。 軍人だった父親との葛藤もあった、愛憎の関係でした。 浪人、三浪するために勉強の口実によくお伺いすることができなかったです。 それが後悔されます。"

チョ・ジョンソクは主役として出演した'時間の離脱者'について公式の席上で"すごく自信のある映画"と自評したことがある。 しかし、今回の映画は好評と酷評が交錯する。

"あ、私は元気です。 (笑)どのような結果が出るか分からないが、私が参加した作品に対する愛情と自信が一番重要だと思います。 最近良い夢も見たけど言葉は差し上げられません。 いい夢を見たんだから知り合いたちが言っていないと言うんですよ。 (夢の良い気が)煙のように消えるかです。"


チョ・ジョンソクは'建築学概論'(2012)で'ナプトゥギ'役で映画ファンの関心を一身に受けた直後'観相'(2013)、'逆鱗'(2014)、'私の愛、私の新婦'(2014)などでいずれも主演の座を固めている。

時間記事60

また、昨年封切りした'特ダネ:リャンチェン殺人記'では初の単独主演を務めるなど、彼には短期間に主演に成長した多作俳優というイメージがある。

"休みたくても良いシナリオを受ければ、欲の上やるという方です。 負担が大きかった時期がありました。 特に、'特ダネ:リャンチェン殺人記'時は、単独主演を引き受け、膨大な負担に苦しめられました。 それでも私の長所は失敗を恐れてもじもじしていないということです。 それがこの世で最も馬鹿なこと思います。"

'時間の離脱者'に出演した意味についてもチョ・ジョンソクはそれなりの明らかな挑戦意識と理由をつけた。

"今回の映画が'感性追跡スリラー'を標榜したが、私はスリラー映画に初めて挑戦したという事実に重みをおいたいです。 昨年出演した'特ダネ:リャンチェン殺人記'は私にスリラーというよりは、ブラックコメディにもっと近いんですよ。 そして私がクァクジェヨン監督のファンです。 20代前半に'猟奇的な彼女'を見たんですよ。 多分その作品を面白くないと見た人はいないんです。 (笑)。以降、映画'クラシック'もそうですし。 郭監督映画は身近に接近することができると思いました

チョ・ジョンソクは"やりたい作品がその時その時状態によって違うようだ"、"次にはノワールジャンル映画で不気味な役に挑戦したい"と明らかにした。
http://m.entertain.naver.com/read?oid=001&aid=0008313628

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事④

★チョ・ジョンソク、これかなって...バック・トゥー・ザ1983その時代、純愛

時間記事54

シンヒョリョン記者="ある瞬間に爆発する涙ではなく、とても自然に流れる涙がある。 スリラーにしっとりした感性の感じられる恋愛がよく加味された作品だと思う。 あえて言えばその瞬間だけはユンジョンさんを愛した。"

離脱者'(監督クァクジェヨン)に出演したチョ・ジョンソク(36)は、このように述べた。
13日に封切られる'時間の離脱者'は、結婚を控えた1983年の男子(チョ・ジョンソク)と強力系刑事の2015年の男子(イジヌク)が偶然にお互いの夢を通じて愛する女(イム・スジョン)の死を目撃して、彼女を救うために切実な死闘を繰り広げている感性追跡スリラーだ。

チョ・ジョンソクは1983年を生きている高等学校音楽教師'ジファン'役を演じた。 事故に遭った後、夢の中で2015年を生きる'コンウ'(イジヌク)の日常を見るようになる。 ゴヌを通じて結婚を控えた婚約者'ユンジョン'(イム・スジョン)がすぐ殺害されるという事実を知ることになり、純愛とともに体を惜しまないアクションを見せてくれる。

シナリオを見たら、平凡だが、とても勇敢な人、そんなふうにアプローチをしたかった。 'ジファンを通じてチョ・ジョンソクのどんな姿を見せてくれなくてはならない'ではなく、この話によく付いたらなるような気がした。 そうすれば感情ラインが正確に見え、キャラクターが自然にあらわれていないだろうか 思った。"

シナリオがとても面白かった"という理由で選択した作品だ。""配役は監督が決定する事項である。 過去の男、現在の男に関係なく、この話に必ず参加したいと思った。"
"この映画は、ストーリーテリングがとても重要であるが、そんなに問い詰めるなら監督がストリーテイラーだ。 監督があまりにも楽しくしてくれた。 スリラー的な面を完全に持っていれば、建造できる作品だが、その中にメロドラマを加味して美しかったようだ。"


時間記事55

監督は'猟奇的な彼女'(2001)と'クラシック'(2003)などロマンス映画史に一線を画した。 監督がメロの演技と関連して特別に注文したものがあるのか。
"演技的にお互いに協議したものの、俳優たちに何か特別に要求したことはなかった。 そうだったがこんなに出たら不思議た。 監督が現場でとても愉快で楽しかったし、、少年の感性を持っている。 だから温かい感性が仕方なく聞いて出るしかないようだ。 映画の前半もそうであり、特に結末にうまく表現されないかと思う。 監督が期待したトーンと俳優たちが思ったトーンがよく合致したようだ。"

イム・スジョン(37)は1983年のユンジョンと2015年のソウン、1人2役をした。 イム・スジョンとの呼吸はどうだった。
"とても良かった。 作業してみて思ったのは本当にベテラン俳優であることだ。 私は'ユンジョン'役のイム・スジョンと演じているが、'ソウン'を演じるイム・スジョンの姿を現場編集でざっと見た。 その時とても驚いて不思議だったことが思い出される。 お互いを別に表現することはなかったようだが、オーラや感じがとても違って感じられた。 そんなことを見るととても鋭敏で、賢明な俳優のようだ。"

-2015年を生きていく'ゴヌ(イジヌク(35)と一緒に出るシーンがほとんどなかったようだ。
"現場でもっと早く来て見るもしたが、呼吸をよく合わせることができなかった。 講堂での場面を撮影するとき一度会った。 スリラーというジャンルとイジヌク顔がよく似合うようだ。 適格だと思った。"

-1983年の男らしく抜け出せて衣装で古典的な雰囲気を醸し出した。 それが照れくさくないしよく似合っていたようだ。 実際本人頭で撮影したのか。

時間記事56

最初は部分かつらをちょっとした。 監督も私もかつらを嫌っていた。 前髪が少し短くして部分かつらをしたところ、時間が経つにつれ、髪が長くなった。 それで部分かつらを取った。 他の俳優たちも変わらないだろうが、様々な姿によく似合うといいという気持ちが強いが、今回役割がよく似合うとしたら気持ちがいい。 ハハ。"

-プレーするシーンが多いが、きつくはなかったのか。
"事実プレーするのはそのまま走るとなる。 屋上で撮ったアクションシーンは雨が降る状況で撮らなければならないのて大変だった。 シャツを着て撮るのに雨が降って保護装備着用が不可能だった。 本当に角材で殴られたり、打撲傷をちょっと着た。 その時はちょっとつらかった。 天気もすごく寒かった。"

観客たちがぜひ見てほしい映画ポイント。
"一つの単語でちょうど表現することは難しいが、永遠不滅の愛、変わらない愛に対する話だと見てくれたらいいな。

-映画のタイムスリップという素材がtvNのドラマ'シグナル'を自然に想起させる。
"事実'シグナル'をちゃんと見なかったからよく分からない。 あまりにも人気が良かった作品なので言及になるということ自体がいい。 私たちは映画に及ぼす得と失を離れて観客たちが関心を持ってくれた方が重要なようだ。 無関心ならどんな話がない。"

時間記事57


2004年ミュージカル'くるみ割り人形'でデビューした。 映画の設定のように、時間を離脱してみたらどんな気が入っているか。
"最初に始める時、演技を宿命のように受け入れた。 どのような新人俳優に'演技がなぜ好きです'と聞き、人によって答えが違うだろうが、典型的に'多くの人たちの暮らしを経験して観察できる'、この話をたくさんしている。 その決まりきったような言葉が正しいようだ。 人間に傷受けるが、治癒してくれるのも人間だ。 演技で感情労働をして大変だが、私が治癒されることも演技だ。 そんなのが面白いようだ。"

-演技の魅力は何だと考えるのか。
"たまになるように静かな学者のような人が演技する時、完全に他の人に変わる。 そんな欠かすことの見ると、人々は'演技した瞬間にその人物に噴出するようだ'と話す。 演技の魅力はそのようなようだ。 誰が急によく過ごしながら怒ったら'どうしたの? 君らしくない'という。 それならその人が話す。 '我ながら何だ。 私も堪えて堪えて決めたのだ。'ところで演技は毎瞬間、我慢しないで泣き崩れる。 それが魅力のポイントだ。"

-実際にこのようなことは起きないだろうが、劇中の人物と似た状況に置かれると、。
"私はジファンがのようにはできないようだ。 本当にすごいことだ。 ジファンがジャージャー麺の家で'刑事なるのが夢だった'と言うシーンがある。 これが勇敢な性格を見せてくれる部分だと思う。 女の友達がひったくりにあった時もそのように警察のように追いかけながら走っているような人があるだろうか。 非常に勇敢な男がジファンだ。 それで演技するときそのような部分、平凡さをさらに強調したかった。"

-最も記憶に残る場面は。

時間記事58

試写会の時映画を観てから撮影の時のことが走馬灯のように浮かんだ。 寒さとの戦いでもあった。 2014年10月から撮影に入って11月、12月、翌年1月ずっととった。 素肌に本当に角材で腹部を殴られて苦労した記憶が出た。 撮影翌日目を覚めたら、腹に汽車道ができたよ。 当時、寒さに保護装備なしで素肌にアクションシーンをするのが大変だったけど、今見たら、'やった'する気がした。 本当に胸が一杯だった。

時間を題材にした作品だ。 10年後にどのような姿だったら良いのか。
"ずっと俳優として熱心に活動しているようだ。 そしてまた、他の何かをしていたらいいな。 演技では俳優としては継続しているが、私自身をために何かをしてほしい。 tvN'花より青春'に出演して旅行の大切さを悟った。 事実旅行を大好きなのに、デビューしてからちゃんと休んだことがない。 家庭の事情が良くなかったし、家長としての責任感が大きいため、一度も休まずに走って来た。 そのため、'花青春'撮影が意味深かった時間だ。 重要なのはどれほど勇気をもって実践するかなんだけど、10年後には、演技的にも生活人の面で私がやりたいこととしようとすることを思う存分繰り広げている姿ならいい。"

http://m.entertain.naver.com/read?oid=003&aid=0007150195

該当の記事は見つかりませんでした。