FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑨

今日はポドウィグ19回目の公演です


インタビュー記事から抜粋して載せますね

★'時間の離脱者'チョ・ジョンソク"近いうちに何ヶ月休む予定…お母さんと旅行行きたい"

時間記事96

俳優チョ・ジョンソク が破格的な(?)旅行計画を明らかにした。

チョ・ジョンソク は8日、ニュースピム・とのインタビューで"'花より青春'を帰って来てから考えが変わった。 特に旅行を必ずよく行きたいと思った。 ずっと仕事をしてみると、私の時間と日常が不足したが旅行を行って変わった。 思索を楽しむようになったら自然にリフレッシュもなったよ"と切り出した。

誰と行きたいかという質問には、"恋人(コミ)がいるから当然愛する人と旅行も一緒に行きたい、時には一人で旅行を行きたい気持ちもする。 また、いつも言うが、母とも必ず行きたい。 私が年老いて生んだず、お母さまが七十八だ。 年歳が多くて近い東南アジア、中国、日本などを行って見ようとする。 開始は済州道と江原道で計画した"と答えた。

チョ・ジョンソクはまた、忙しいスケジュールのため、可能かと聞くと、"正確にいつかは分からないが、決心する日が来るよ。 (活動を休んでいる)数ヵ月が私にも会社にも大きな打撃であろうが、、近いうちに破格的に会社にこの時からこの時まで何もしないとシナリオにも与えないと言うこと"と明らかにした。

ところが、間もなくチョ・ジョンソクは"それでも広告はしなければならないようだ"と付け加えて笑いをもたらした
http://www.newspim.com/news/view/20160408000348


★チョ・ジョンソク"83年の記憶。四歳の時初めて行ったテコンドー道場"

1983年はどんな思い出に残っているのだろうか。 1980年生まれのチョ・ジョンソク"は1983年当時、四歳の子供だった。 四歳の記憶がない人もいるが、チョ・ジョンソク"は違った。 彼は"四才の時、母親の手に引かれて初めてテコンドー道場に行った覚えがある"とした。

彼は"子供のころ、今は空港洞人江西区地域に住んだ。 その時は空港がなかった。 遊ぶだけあった田舎の町だった"と回想し、"四歳に初めて行ったテコンドー道場の床の匂いまで鮮明に記憶が出る。 熱心にする兄ちゃんの間でぎこちなく立っていた"とした。

四歳で初めてテコンドー道場に行ったちびっこチョ・ジョンソク"はテコンドーの有望選手に成長した。 小学校に行く前1段を獲得し、中学校1年生の時まで着実にそれをやった。

ずっとテコンドーをしたら選手になったようだ。 ところが、テコンドーをしたくなくて中間中間道場に行かず、わき道に逸れた。 館長にかなり打たれたこともある。"

チョ・ジョンソク"は'時間の離脱者'でのように時間を離脱することになるならばどんな職業を持つようになったかを問う質問にも"テコンドー選手"と答えた。 それほどテコンドーの実力には自信があるという彼だ。

テコンドーの有望株チョ・ジョンソク"はソウル芸大に進学し、演技者になることを心を変えて食べる。 そして、ミュージカルスター、映画スターに生まれ変わった
http://enews24.interest.me/news/article.asp?nsID=1032151


★'時間の離脱者'チョ・ジョンソク""作品の中の道具に使用されることを"

時間記事97

俳優チョ・ジョンソク"が1983年に時間を離脱した。 映画'時間の離脱者'で1983年の男子、ジファンを演技した彼は"今は昔の人はこりごりだ"とおどけて笑いながらも、"事実いい。 '建築学概論'のナプトゥギから'観相'、'逆鱗'まで過去の人物も現在のようによく似合う俳優になりたい"と話した。

"シナリオがすらすらと読まれるほどとても面白かったです。 作品に参加したいという考えが一気に聞きました。 過去のジファンであれ、現在のゴヌであれ、誰でもかまわないから、ぜひ出演したかったんです。"

'クラシック''猟奇的な彼女'などを演出したクァクジェヨン監督に対する信頼も大きかった。 彼は"私たちの世代で、監督のファンがない人がいるのでしょうか。"と聞いてから、"シナリオにメロドラマ感性がよく付いていた。 スリラーだけで展開されれば、乾燥することができるが、しっとりした部分がうまく表現された"と説明した。

時間記事98


キャラクターを構築して向かう際、彼が整えていったコンセプトは'平凡だが勇敢な人'だった。 音楽教師であるジファンが'捜査班長'を見ながら"私も刑事なるのが夢だった"と語るシーンは彼の勇敢な性格を知らせてくれるポイントと思った。 "ユンジョンがスリに遭った時、警察のように駆けつけて戦う姿が最初の場面でした。 それがジファンです。"

婚約女性を失うことになるという切羽詰った思いを演技するときは、恋人の歌手コミを思い出したりもした。 "恋愛をするから共感がもっとうまくなったみたいだ"は、彼は"あえて申し上げますと、演技する瞬間だけはユンジョンを本当に愛した"と告白した。

"この他のものは、ストーリー・テーリングに'埋めて行けと'は考えでした。 'チョ・ジョンソク"のどんな姿を見せてくれなければならない'がなく、道具として使用されることを希望しました。 '建築学概論'のナプトゥギや、'私の愛、私の花嫁'のヨンミン、'観相'のペンホンはキャラクターとして見せられる余地が多かったです。 ところが今回の映画はそのような感じがないとみました。"

彼は"映画の特性上、物語がもっと重要な映画だったに話に埋めて行けば自然に人物の特徴が現れないだろうか たかった"、"笑わせな話を頭の中に記憶しておいて他人にしてくれるものが好きだけど、多分'時間の離脱者'も私にはそういう映画だったようだ"と付け加えた。

時間記事99

チョ・ジョンソク"は'建築学概論'として注目され、'観相''逆鱗''私の愛、私の新婦''特ダネ:リャンチェン殺人記'、そして時々ドラマや芸能まで出演し、相当な多作動きを続けている。 疲れそうだが、依然として演技がとても幸せだという。

幼い頃、教会でソングクをしながら遊びのように接した演技はいつのまにか宿命のように受け入れられたという彼は"人間に傷ついても人間に治癒されるように、感情労働で、演技が大変だけど、演技をしながら、治癒を受けてエネルギーを得る"と打ち明けた。

"普段は学者のように過ごしながらも演技するときは完全に他の人がある方があります。 その人らはその瞬間、その人物に噴出するんでしょうね。 演技の魅力はそのようです。 たとえ'チュクリ'役割を任されてもその瞬間だけはずっとくんでいるんです。 私がエネルギーをもらうことは依然として演技です。"


時間記事100
http://tvdaily.asiae.co.kr/read.php3?aid=14601063991099249008

「時間離脱者」舞台挨拶スケジュール最新版

舞台挨拶追加がありました。
20160409141531e8b.jpeg

チョ・ジョンソク主演『特ダネ:リャンチェン殺人記(原題)』2016年秋公開

日本公開はないのかも⁉︎と思ってました。
・°°・(>_<)・°°・。←嬉し泣きっ

20160409131504149.jpeg

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑧グラビア

時間記事69

時間記事70

時間記事71

時間記事72

時間記事73

時間記事75

時間記事76

時間記事74

「時間離脱者」チョ・ジョンソク インタビュー記事⑦グラビア

時間記事78

時間記事79

時間記事80

時間記事81

時間記事83

時間記事82

時間記事84

時間記事85

該当の記事は見つかりませんでした。