FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

私達はすべての境界、だから愛そう

今日はポドウィグ39回目の公演
イムジナさんとは最後の共演です
あと残すところ2回…


最後の公演を前に
ミュージカル作品「ヘドウィグ」のストーリーに絡めて
韓国での記事がUPされていました


ヘドウィグ記事26
(▲自他共に認める名不虚伝、チョドゥウィグが<ヘッドウィグ>に再び戻った。 チョ・スンウその名前三字だけの重さでも舞台を一杯に満たすその。どうしてそのように彼の公演に恋いこがれいるか気になるなら、'チョオンニ'のフォースを直接感じてみばいい)

私は記憶して。
二つに分かれた後、お前は私を見て私はあなたを見たよ。
貴方の魂果てしなく漂うその悲しみ。それは私の悲しみ。
それは苦痛。それは愛。
そうなの私は再び一体となるため、お互いを愛して。
それは悲しい話、半分のなって寂しくなった我々のその話。
"-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.03'オリジン・オブ・ラブ(Origin of Love)'中で


プラトンの「饗宴>から取ったミュージカル<ヘドウィグ>ナンバー「オリジン・オブ・ラブ」は、愛の起源をこう説明する。私たちは、本来一つだった。一つとして完全な私たちを神境界で割れておいた。ゼウスは雷はさみで頭二つ、腕四本、足犬だったおひさま、お月様、お星様の子供を裂いた。私たちは、その失われた半分を満たす完全な一つになるとき、それにようやく、自分が誰なのか知ることができるようになる。私として存在することができるようになる。私わたし作ってくれるのは私ではなく、あなたです。ミュージカル<ヘドウィグ>の中のヘドウィグは、その「あなた」を見つけて、一生を迷った人物である。


ヘドウィグの誕生

ヘドウィグ記事27
(▲親切なチョオンニ渇望は喪失から来ている。 愛という感情が不在または不足から来たら、私たちが失ったのは一体何だろう。 人物の転写を類推することは容易ではなく、ストーリーが明快に迫るものができないのが<ヘッドウィーク>の短所だが、チョ・スンウはこの余白を自分だけのアドリブや演技で埋める。 彼は、利口な俳優であり、観客のためことができる良い俳優だ)

ソウル大学路の弘益(ホンイク)大学アートセンター大劇場で公演中のミュージカル<ヘッドウィグ>は愛に関する歌だ。 しかし、ヘッドウィグの愛は平凡ではない。 ヘッドウィークが平凡ではないから。 ヘッドウィグの本来の名前はハンセル。、ベルリンの壁が誕生する日、彼が生まれて、偶然に東から生まれた彼は、抑圧された空間に閉じ込められていた。 お父さんに性的暴行を受けて、捨てられた彼に初めて手を差し出したのは、米軍のルターだった。

米国は自由を、男根は快楽を意味した。 ルターが渡した甘い欧米・ベアに酔って、ハンセルはルターが自分の半分であると思った。 それで性転換手術まで敢行している。 彼の性器を切り取り、新たに作られた割れ目から血が殺到した。 それはハンセルの人生初の生理だった。 そして最後の生理だった。 隙はされ、6インチのペニスで5インチを切って残った1インチの正体不明宍むらだけが残った。

"運命の守護天使わき見をするとき、私の性転換手術は改版されて切り分けた肉むら跡残して。
残ったのは、アングリーインチ。
お母さんが作ってくれた偽の胸、恋人が作ってくれた偽のパスポート、医師がしてくれた偽の転換手術。
もともとペニスがあった場所、女性のそれもないのが一インチの宍むら。"
-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.04'アングリーインチ(Angry Inch)'中で


米国に渡ったハンセルに帰って来たのは何もなかった。 ベルリンの壁が崩壊した日、ルーターはハンセルを捨てた。 ハンセルに残ったのは偽パスポートと偽の胸そして腹が立った1インチの宍むらだけ。その残酷な過去を捨てて新しい人生を生きるために、ハンセルはかつらと化粧そしてロックを選ぶ。 ヘッドウィーク誕生の瞬間だ。

半分割れる時

ヘドウィグ記事28
(▲正統ロッカーの力、ユンドゥウィク2016ミュージカル<ヘッドウィグ>に合流したユン・ドヒョン、様々なミュージカルに挑戦してきた彼だが、やはり一番よく似合うのは本業に最も近い<ヘッドウィグ>に合流した時だった。 まだ演技においては若干の名残を残しが、歌だけは誰も追従できない。 特にカーテンコールの時のフォースはすべてのヘッドウィークの中でもトップに数えるほどだ)

ヘッドウィグがなったハンセルはバンドをつくって歌う。 そしてそんな彼に一人の少年が近づいてくる。 トミー。ヘッドウィグはトミーに愛を感じてそれで音楽を教えてくれる。 トミーもそのようなヘドウィックを愛している。 いや愛した。 2人が口を合わせ、その正体不明の宍むらをばれ前までは。ヘドウィグは自分の一部であるその肉まで愛してほしいと哀願するが、トミーはそのようなヘドウィックを受け止めることができなかった。 驚いてトミーは逃げて、ヘッドウィークはまた、捨てられた。

もっとかんしゃく玉が破裂するのは、トミーがとても有名なロックスターになったという点だ。 ヘッドウィグが教えてくれたおかげで啓発することができた音楽的才能をもとに、ヘッドウィークが作曲した歌をまるで自分が書いた曲のように装って通いながら言葉だ。 ヘドウィグはロックスターになったトミーを追いかけ、トミーがコンサートを開くその近くの公演場を借りて歌う。 トミーがコンサートの時にたとえ自分の話をするどうか耳を傾けて聞いて、自分が作曲した歌をまるでトミーが書いた曲であるかのように紹介するときにはうずたかくでしゃばる。

ヘドウィグ記事29
(▲トミーを演技するポドゥウィク偶然再会したヘッドウィグとトミー。自動車での密会、交通事故、そして知らぬ存ぜぬ。再び会った時、トミーは、はっきり悟りました。 ヘッドウィグが自分にどんな存在なのか。 歴代ヘッドウィグのうちチョ・ジョンソクのヘドウィックを'最高'と言うのは難しいが、チョ・ジョンソクだけの'特別な'ヘッドウィグであることは明らかだ。 チョ・ジョンソクが理解して吐き出すヘッドウィグには、チョ・ジョンソクだけが表わすことができる奥妙な魔性がある。)


しかし、事実トミーも知っていたはずだ。 ヘッドウィグの片っぽ自分にあり、自分の半分もヘッドウィグであることを。。。あの時はとても不慣れのため、認めること難しかったですが、彼は一度もヘッドウィグの存在を忘れたことがない。 彼が、数多くのファンの前で先にヘッドウィークの話を持ち出したのもそのためだった。 ヘッドウィグがつけてくれた曲の歌詞を変えて、ヘッドウィグのための歌を歌う。 どこかでヘッドウィークがちゃんと聞いているだろうと信じながら、彼の告白が舞台の上を鳴らす。

"許して。、私は知らなかった。私はあなたより子供だった。
とても大きくて特別な女も男でもない不思議な神の創造物のような貴方。
残らずすべてを与えて暖かい温もりを吹いて冷たい都市を溶かした美しい君。"
-ミュージカル<ヘッドウィーク>No.11'(Wicked little town)Reprise'中で


トミーの歌を聞いたヘッドウィグはドレスを脱ぐ。 胸の代わりにつけていたトマトをすりつぶしてしまって、裸でマイクの前に立つ。 彼の象徴とも言えるかつらまで脱ぎ捨てたまま。そして、自分を向かって歌する半分の、トミーがいる舞台の壁に向かう。 光があふれているドアの外に、真っ裸にかけていく。

鬘を取る

ヘドウィグ記事30
(▲ムンドゥウィク、深さのある演技、大学路でしっかり内攻を取得してきたチョンムンソン俳優が今回の<ヘッドウィーク>に一緒にした。 チョンムンソンのヘッドウィグにはチョンムンソンだけの深みのある演技が目立つ。 <キャンパス・シネ21>とのインタビューで明らかにしたように"全体が感じられる演技"をする。)

事実のヘッドウィークにかつらは避難先だった。 かつらだけ付ければ"美人大会の女王様"利子"映画の中の上げた髪お姫様"になったから。 トミーは彼女を歌った瞬間、これ以上は付け毛なんかは必要がなかった。 そんなにかつらを脱いで投げる瞬間、ヘドウィグは本当にヘッドウィグになる。

手術に失敗したトランスジェンダーだったヘッドウィグはただ一人の人間ではなく"東と西、束縛と自由、男と女、上と下"にある境界人だった。 彼が歩いていく姿に私たちが込み上げてきたのは、事実私たちは皆も境界人の性格を持っているためだ。

だから私たちも愛しましょう。 嫌悪と憎悪が横行する世の中で、私たちがしなければならないのは韓国より弱い誰かに嫌悪を浴びせるのではなく、やっぱり韓国のように不完全な半分を抱えてお互いに愛するのだから。 そんなに一つになって、完全な自分になるのだから。 ヘッドウィグのように。

ヘドウィグ記事31
▲五お姉さんたちの<ヘッドウィーク>ポスター、ベルリンの壁は嫌悪と憎悪の象徴だった。 しかし、その象徴でも、崩れてしまった。 ヘドウィグは愛だ。 この3月1日、ソウル大学路の弘益(ホンイク)大学アートセンター大劇場で開幕したミュージカル<ヘッドウィーク>の閉幕がもう近くてきている。 本来来る29日に幕を閉じる予定あった<ヘッドウィグ>は観客の声援に支えられ、6月5日まで延長公演に建設される。 6月25日と26日には、京畿道水原公演も予定されている。
http://m.entertain.naver.com/read?oid=047&aid=0002116772

「ああ、私の幽霊さま」Yumiさんの韓国語レッスン初級編を公開!チョ・ジョンソクの裸体をチラ見しながら、韓国語を即実践

1stファンミの司会だったYumiさん
「ドラマに合わせて一緒に読んでみましょう~」って
コレこのままじゃ使えないですよねぇ(;^_^Awww

でも、初級編①ということは…
②もwありますよねw←期待大




ツンデレ・カリスマシェフのカン・ソヌに片想い中で、弱気な落ちこぼれのナ・ボンソンが、恋愛体質のおてんばセクシー幽霊シン・スネに憑りつかれ大変身!前代未聞の<全身全霊>ロマンティック・ラブコメディ「ああ、私の幽霊さま」が、6月2日(木)&7月2日(土)に待望のDVDリリース!

ミュージカル界のトップスターであり、「最高です!スンシンちゃん」の実力派俳優チョ・ジョンソクが、幽霊に愛されてしまうイケメンシェフ役を好演! ヒロインを演じるのは、『過速スキャンダル』『私のオオカミ少年』のパク・ボヨン。小心者でうぶな素顔と、幽霊が取り憑いたときのエッチで大胆な正反対の2つの顔を演じ分け人気上昇! “幽霊”に憑依されるというあり得ない状況から始まる恋の行方から目が離せない。

幽霊記事132


6月2日(木) DVDリリースを記念して、フリーアナウンサー・タレントとして年間150本以上の韓国関連のMCで大人気のYumiさんによる韓国語レッスン①初級編を公開。本作の台詞の中から、気になるフレーズをセレクトし、Yumiさんが解説! セクシー幽霊に憑依されたヒロインのボンソン(パク・ボヨン) が、カリスマシェフのソヌ(チョ・ジョンソク) に襲いかかるシーン。「1回だけやりましょう」(ハンボン マン ヘヨ)と、大胆に迫るボンソン。思わず笑いが込み上げ、ドキドキ感もヒートアップ! その台詞をYumiさんが優しく解説してくれる上に、このシーンに合わせて復唱できるという優れもの。チョ・ジョンソクの裸体もチラ見しながら、即実践することができる、リピート必至の映像となっている。

幽霊記事133

幽霊記事134

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2045503

該当の記事は見つかりませんでした。