FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ヘドウィグ41回目最後の公演③

最後の公演の最後の曲
5年前のヘドウィグコンサートでも歌ったナンバーだそうです




2001年発表の、クリード(=1995年にアメリカ合衆国 フロリダ州 タラハシー で結成されたハード・オルタナティヴ・ロック バンド)
3枚目のアルバム「ウェザード/Weathered 」に収録

My Sacrifice / Creed

ハロー 友よ
また会ったな
久しぶりだ
どこからはじめようか
永遠のように感じる
オレの心の中は思い出で一杯だ
君がオレにくれた完璧な愛の思い出
思い出したよ

君がオレと一緒にいるとき
オレは自由だ
オレは自然だ
オレは信じる
オレ達はみんなの上を飛ぶんだ
涙が出てくる
オレの犠牲

いい時も悪い時も二人で共有してきた
人生はなんて早く変わっていくのだろう
君自信の中身と君の心の中が再結合するほど気分がよければ
そこに平和を見つけよう

君がオレと一緒にいるとき
オレは自由だ
オレは自然だ
オレは信じる
オレ達はみんなの上を飛ぶんだ
涙が出てくる
オレの犠牲

また「ハロー」と言いたいだけさ×2

君がオレと一緒にいるとき
オレは自由だ
オレは自然だ
オレは信じる
オレ達はみんなの上を飛ぶんだ
涙が出てくる
オレの犠牲
×2

オレの犠牲

ただ「ハロー」と言いたいだけさ
オレの犠牲
http://kashiwayaku.net/creed/mysacrigice.php

ヘドウィグ41回目最後の公演②~画像追記あり~

公演の様子を書こうとすると
細かいことまで書きたくなってしまうので(^^;
最後の公演だけの演出を先に


トミーとヘドウィグの交通事故を
ヘドウィグが記者風の話し方でしゃべる場面
話そうとしたら
右手奥から
ジーンズに金髪のロングを後ろで一つに結んだ姿の
同じくヘドウィグ役のチョンムンソンさんが登場!!!
記者風のハキハキとした滑舌とは違う
ちょっともったりした言い回しで記事を報告

コーラの缶
いつもなら1本しか出てこないハズ
なのに5本出てくるwww
でも、舞台上に上げられたのは1人だけ
↑私が観劇した時は2本出てきて2人舞台上へ上げられたことがありました(^^;

アンコールの大コールの中
トレーラーハウスの上のスクリーンに
ポドウィグの舞台&舞台裏&練習風景のセピアな画像が
アルバムのように流れ
最後に英語でスクリーンに
「Bbodwig and the Angry Inch」の文字
切り替わって
観客への感謝のメッセージ←英語(^^;


Wアンコール
一度はけたバンドメンバーが再入場する時に
昨日が最後だったハズのギターリストさんがサプライズ登場
そして皆さんへのために用意したこの日だけの曲を
ポドウィグが歌いました←曲名がはっきりしたらまたお伝えしますね

歌い終わって挨拶の時に
アンコール!の大コールでしたが
お辞儀の後会場の照明が明るくなってしまって
終了

出待ちに並んだ時が23:23頃だったので
3時間近い公演でした


帰ったらまたレポ書きますね!

追記
ヘドウィグ千秋楽5

ヘドウィグ41回目最後の公演①

3月から続いたポドウィグ祭りが終わりました…

終演後
出待ちの際に
「Team.J」のメッセージカードを付けて
ジョンソクさんに花束を贈りました
ヘドウィグ千秋楽2-2

ヘドウィグ千秋楽1-1



最後の出待ちの様子です
挨拶の時の撮影は禁止でした
ヘドウィグ千秋楽3-2

別角度から
この右手にも人がたくさんいます
ヘドウィグ千秋楽4-2

今日は楽屋出口の高くなっている舞台状の位置から
みんなへの感謝の言葉を述べて
階段を下りて車へと向かったのですが

階段を下りる時に
韓国語で「お疲れさま~」の声が飛ぶ中
cyurinさんが
「サンキュー!」と声をかけたら
こっちの方を向いてくれて
とやってくれました

該当の記事は見つかりませんでした。