FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「ヤノルジャ」CFメイキング

[ヤノルジャ]遊んでみては、こうして誕生した!



#遊んでみての製作ビハインドストーリー!
企画も遊んでみて! 撮影も遊んでみて!

「嫉妬の化身」第1話ティーザー&公式HP イファシン紹介文&~追記~チョ・ジョンソクが「『嫉妬の女神』とても新しいドラマが誕生しそう」

「嫉妬の化身」第1話ティーザー←クリック

~動画追記~



化身ティーザー6-2


化身ティーザー7-2


化身ティーザー8-2


化身ティーザー9-2


化身ティーザー10-2


化身ティーザー11-2


化身ティーザー12-2


化身ティーザー2


化身ティーザー15-2


化身ティーザー3


化身ティーザー14


化身ティーザー4


化身ティーザー5


化身ティーザー1

★公式HP イ・ファシン紹介文

イ・ファシン(36、男)SBCでのアンカー
"靴はなぜ私にミスするのか。 私は、雄の本能満タンなマッチョだ。"

記者。 現在、バンコク特派員。
頭いい、学閥良く、長身で爽やかな外見と信頼感ぽろり出る話術、

やくざのように水かもいとわない執拗な取材の実力を備えたベテラン記者、
生まれつきの肌美人にストゥバルテレビ映りもよく受ける男前だ。

お金の多くの母がいるということが長所なのか短所かについては未だに分からなくて、社会生活をするのに、
女を会うことには男性的なものが優れていると信じる'マッチョ'だ。

出世好きで、スポットライトを受けることが好き、女性好きで、きれいな女性とても好きだ。

女と友達になりことはできないと思う。
便宜や組織、社会ライン、そこに退屈して、
私一人で偉そう、能力があったらいいと考えてきた。
勝負欲強くて負けては眠れなかった。

しかも、女性になること、我慢できない。

こうして私偉そうな味に困難も知らずに生きたマッチョが、焼肉店フランチャイズでよく出ていた兄の会社が
これまで数百個の霜降り肉専門店で偽の霜降りヒレ(右の三段バラを霜降りヒレに偽装)を販売したという
特ダネを報道して、本人は記者賞を受けたが、兄はその道に没落の道に入るように作る。

私がなくても時間差をついて、結局は報道されることだったので、結局、弟の本人がナイフを持ったものだが、
その日以来、兄の娘であるパルガンはファシンを仇のようにし、お金持ちのお母さんは10ウォン一枚手伝ってくれなくて、
兄と離婚した2人の義姉たちは呪いをかけて、家族と絶縁状態だ。 ない人扱いしている。

3年後、逃避のように離れたバンコクで特派員生活を終えて韓国にカムバックする。 そして9時のニュースのメインアンカーがなるため、自分を片思いしたピョナリの助けを受けことにするが…

そうするうちにピョ・ナリが突然良くなる。

あの日、ピョ・ナリは一人だけの片思いであってもファシンにこっぴどく振られていた。

悲しく実演された。ファシンは、自分に向けたピョナリの片思いを楽しみながら、彼女のプライドを容赦なく踏みした。
絶対忘れることはできないだろう、ピョナリは。それでピョナリはどんどんファシンに暇を与えながら過ぎし日の複数を胡麻だけは楽しむ。

そして堂々と他の男を眺めている。

マッチョがどうしてこんなになったのか。 マッチョが片思いって!! マッチョが女になすすべもなく愛を物乞いするなんて!


~追記~
★チョ・ジョンソクが「『嫉妬の女神』とても新しいドラマが誕生しそう」

化身記事47


俳優チョ・ジョンソクがSBS新水木ドラマ『嫉妬の化身』に対する愛情を表した。

『嫉妬の化身』は嫉妬など知らなかった記者と財閥男が生計型気象キャスターと出会い、嫉妬でスタイルを壊していきながら愛情を求める二股ロマンスだ。独特で斬新なストーリーと信頼できるラインナップを誇り話題を集めている。

作品の中でチョ・ジョンソクは執拗な取材力を持つベテラン記者イ・ファシンに扮する。特に、ロマンチックコメディと男らしい気質のある男性主人公という新鮮な組み合わせで出撃を控えているため注目が集まる。

チョ・ジョンソクは「ドラマの素材も独特であり、人間が持っている本質的な嫉妬という感情を愉快、痛快に描き出す部分が魅力的に感じられた。さらにはコン・ヒョジン(ピョ・ナリ役)とソ・スクヒャン作家のコラボレーションを想像すれば、出ない理由がなかった。とても新しいドラマが誕生すると思う」と作品に対する硬い信頼と愛情を伝えた

続けて「イ・ファシンという人物を構築していきながら、男らしいというタイトルを強調し『こんな姿だろう』と断定するよりも、男らしいイ・ファシンが見つめる世界に集中しようとした」と付け加えた。

何よりもチョ・ジョンソクは出演する作品ごとにときめきを誘発させてお茶の間を甘くさせるロコの定石を見せているだけに、今回もチョ・ジョンソク印のロマンチックコメディに視聴者の関心が高まっている。

これにチョ・ジョンソクは「作品の中のファシンの話に集中してみれば自然とときめき、愛を見せることができると考えている。今回の作品でも私だけのロマンチックを期待して欲しい」と『嫉妬の化身』に対する期待を高めた。

SBS新水木ドラマ『嫉妬の化身』は現在放送中の『ウォンテッド』後続作として8月中に放送される予定だ。

MBNスター ユ・ジヘ記者 / 写真提供=SM C&C
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/FunJoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=40284&cate3=&pageNum=

「嫉妬の化身」8月24日スタート&ロゴ&撮影中

昨夜cyurinさんから
SBSのHPだと放送開始が8月24日スタートになってる!と第一報が

化身HP1

放送開始日
2016.08.24

放送時間
水、木22:00~23:15

HPに掲載なので
ドラマの題字もコレに決定だと思われます←♡がたくさんw


撮影中~
化身撮影中34



登場人物の紹介
主要人物の居住空間

左の屋根部屋にピョナリ&弟
右の屋根部屋にイ・ファシン
化身撮影中36


とういうわけで
ドローン撮影ているこちらがその建物になるのでは?
ということのようです

化身撮影中37


化身撮影中38


化身撮影中39


化身撮影中40

映画「徳恵翁主」VIP試写会 動画







該当の記事は見つかりませんでした。