FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

シュナイダーペワンノル!CFの現場嫉妬のイ・ファシン チョ・ジョンソク

※ペワンノル=패와널
패완얼(ペワノル)は패션의 완성은 얼굴(ペショネ ワンソンウン オルグル)で直訳すると「ファッションの完成は顔」。どんな服を着ていても顔がよくてこそ、かっこよく見えるということ。

ファッションの完成は顔!
略語がペワンノルと言いますか。
ライフ・ウェア・シュナイダーペワンノルがまさにチョ・ジョンソクさんじゃないかと思います。
毎週熱い論争で連日話題になっています!
水木ドラマの強者! SBS、嫉妬の化身!
その中でもイファシン記者の役で女心だけでなく
すべての視聴者にチャンネを伝え、コミカルさまで担当しているんです。
本当にディテールな演技で"ああ、私の幽霊さま"から
ロマンチックコメディーの強者の中で強者として位置づけられています。

シュナイダー25

ドラマの中だけでなく、さまざまな露出された写真を見れば分かるでしょうが
コックピット氏はカジュアルながらもダンディーなスタイルが好きです。^^
あまりにもよく似合う理由は、やはりペワンノルでしょうね。

今日はこのような無限魅力の所有者であるペワンノルチョジョンソクさんが
ライフ・ウェア・シュナイダーと一緒にしたCFの現場レビューをしたいですが!
みんな期待されますか。

シュナイダー26

寝ていて目覚めるシーンのCFの現場写真ですが!
胸に席を構え撮られたシュナイダーが見えますか?

シュナイダー27

あ!胸を見ると、嫉妬の化身の中で乳がんを患っている
イファシン記者が急に思い出します。。
しっかりして見せているのだから、もう一度触れて見たいという...クククククク!

シュナイダー28

監督と相談したリアルな感じの写真もあります~
詳しくは見えないが、何か真剣に見えませんか。
もちろん、他の現場もそうであろうが、CFの現場のプロらしい姿があることに
嫉妬の化身、イファシン記者のディテールな笑えるけれど泣けてしまう演技が出るでしょう。

シュナイダー29


シュナイダー30


そのままティーシャツや綿ズボンだけを着ただけなのに
肌も白くてラインがはっきりしてなのか?
本当にペワンノルということを削減するようになりますね..
終始一貫してCFの現場ステッフ、関係者たちとも笑って対話する人間味まで。。
ドラマでのツンデレイファシンの記者は確実な要素であるのですか?
(その中に女の子に囲まれていますが美貌が目立った笑)

シュナイダー31


シュナイダー32


エブリデー・シュナイダーデー。
今回のコンセプトによって横断歩道での船場が切り替わる場面です。
左の寝て起きてすぐに出た船場で右の船場でぴょん!
手の下ではCGがトァッ!
CGが何といくかは、CF通じて確認することで~!

シュナイダー33

シュナイダー34

シュナイダー35


嫉妬の化身を見てみると
エブリデー~シュナイダーデーという
ライフ・ウェア・シュナイダーのスローガンのように
エブリデーチョ・ジョンソクさんを見ていたい!
CFの現場でみたけれど、見れば見るほど
人間チョ・ジョンソクさんについてもっとしりたいんですね。!

シュナイダー36


完全熱働くペワンノルコックピットさん!
和やかな姿で演技と、他の魅力が多少つけることもするそうです。
何チョ・ジョンソクさんの出演作を全部見たら納得がされるかと存じますが
このように熱働くチョ・ジョンソクさんを見ていると、
まだ低く評価されているという感じさえあるんですよ^^

シュナイダー37

私と同じ考えですね。?
"私が言葉をしたものだな~"

ㅋㅋㅋㅋㅋㅋㅋ
今回の嫉妬の化身で絞った私というキーワードと一緒に
大きな魅力を見せているが、
これからも見せてやる、より多くの俳優がになることは間違いないでしょう?

シュナイダー38

表情演技見て~!
アウチャンネ~~
エブリデー・シュナイダーデーも好きですが
エブリデーチョ・ジョンソクさんと一緒にしたいという考えがだんだん大きくなりますね!
エブリデー・シュナイダーデー。
エブリデーチョ・ジョンソク好きだってこの~

シュナイダー39

ライフ・ウェア・シュナイダーを着て
笑わせるけど泣けるイファシン記者の姿を捨てて
和やかさ装着したチョジョンソクさんとシュナイダーのケミが
早くから大いに期待されますが。。

今後も続くライフ・ウェア・シュナイダーとチョ・ジョンソクさんの同行に
一緒にしてくれますよね?
エブリデー・シュナイダーデー。
エブリデーチョ・ジョンソク好きだってこの~

http://blog.naver.com/sch1929/220824569103

該当の記事は見つかりませんでした。