FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

tvN10Awards

ただいま、第1部が終了してインターバルです。
第1部の結果


コンテンツ本賞ドラマ
受賞作品は「ナイン~9回の時間旅行~」
「また?!オ・ヘヨン 〜僕が愛した未来(ジカン)〜」
「シグナル(原題)」
「ああ、私の幽霊さま」


201610092149434d8.png



twoスター賞!
受賞者は「ああ、私の幽霊さま」チョ・ジョンソク!

2016100921453153e.jpg

tvN・アワードtvN授賞式 祝賀公演ラインアップ 出席者候補

追記
レッドカーペットには不参加でしたが、
客席にいるのを確認しました〜^ ^



授賞式の概要です。

この後18:30~Mnetで放送スタートです。
ポスターには花青春のジョンソクさんがいるんですが
出演者リストには名前が登場してません(>_<)

ただ今ドラマ撮影中のパク・ボゴムとか
一緒にドラマ出ているコ・ギョンピョは名前あるのに…
チョ・ジョンソク名前ないですね…


tvnの授賞式の放送

tvnの授賞式の放送はtvN、OtvN、tvN Asiaなど全世界13か国に生放送されてTV中継を見ることができ、tvN、オンエアティビンを通じてtvnの授賞式のネット中継、tvnの授賞式モバイル中継などをすることになり、tvnの授賞式のハイライトは、tvNの授賞式の公式ホームページを通じてtvnの授賞式を再び見ることなどができます。


tvnの授賞式時間

tvN10・アワード、tvNフェスティバル、tvNアワード(tvN10Awards)は2016.10.09.(日)午後06:30にtvnの授賞式の場所、一山(イルサン)キンテクスで開かれることになり、カン・ホドン、シン・ドンヨプによって行われてtvnの授賞式チケットはCJのショッピングモールで販売されており、tvnの授賞式・レッドカーペットから始めるようになり、なります。


tvnの授賞式ラインアップ

tvnの授賞式のラインナップは、キムヘス、チョジンウン、イ・ジェフン、イム・シワン、ソ・ヒョンジン、エリック、パクボゴム、ヘリ、リュジュンヨル、ユ・ヘジン、チャ・スンウォン、カン・ホドン、ウン・ジウォン、チョンサン、ソンホジュン、クォン・ヒョクス、ソンミン、キムデミョン、アン・ジョンホ、イ・ドンフィ、コギョンピョ、ヤン・セヒョン、ヤンセチャン、パクナレ、ジャンドヨンなどが参加するようになり、tvnの授賞式パクボゴム、tvnの授賞式のエリック、tvnの授賞式ヘリなどがtvnの授賞式の候補中に期待され、tvnの授賞式ユン・ドゥジュン、tvnの授賞式ジョンウンジも出席する可能性があり、tvnの授賞式投票はtvnの授賞式の公式ホームページを通じて可能です。

tvkアワード1

tvnの授賞式の祝賀公演

少年24公演、またオヘヨンOST公演その他の祝賀公演歌手は、授賞式で公開予定

「造られた殺人」チラシゲット

東京ドームの巨人戦の後
シネマート新宿に行ってチラシをゲットw←遅っ←自分で自覚あり(;^_^A
せっかくなので前売り券も買ってきました~

メイジャーを利用すると
前売り&特典ポストカードを発送してくれるので
もうすでに手元にはあったのですが
ここはやっぱりせっかくなので窓口でも←ジョン活

メイジャーについての記事はコチラ←クリック

窓口の後ろの棚に
「造られた殺人」のチラシストックが
まだまだたくさんあるのを目撃しちゃったので
新宿方面へお出かけの際は
ぜひ!チラシ&前売りゲットしに行ってみてください‼

特ダネシネマート2-2


Jメンバーさんからいただいた情報によると

「シネマート新宿で「グローリーデイ」を見ましたら
予告編で「造られた殺人」が流れました!それも結構長くです。


そちらも機会があったらぜひ!
我が家のKPOPファンは「グローリーデイ」
EXOのスホ出演映画なので見に行くって気合い入ってます。←特典狙いで日程調整している模様w



kiyori_matsumoto←strobo編集長 / KpopStarz日本語版編集長
@kiyorimatsumoto

11月19日公開映画「造られた殺人」を観た。脚本おもしろい!
猟奇殺人事件の誤った…でも自分しか知らない特ダネを報じて大スクープをものにするが…。
緊迫感溢れる恐怖とユーモアのギリギリみたいな展開にぐいぐい引きこまれました。
正しいことが世の中の全てとか正義じゃないって怖さ…。


楽しみです!←韓国で見てるけど?←やっと意味わかる(^^ゞ

あっそれから
公開日の11月19日にはオフ会開催予定ですので
来月その日は空けておいてくださいね~

オフ会告知&詳細は、また改めてさせていただきます。

映画「兄貴」海外仕様ポスター

昨日はプロ野球CSシリーズ第一戦で
東京ドームへ←解説席に近くて生☆亀梨くん見られました~

初戦に勝ったチームがほどんど第2ステージに進出するという
とっても大事な試合なのに…
負けました(>_<)

明日も我が家のKPOPファンは友達と一緒に
ドームで観戦&応援予定だそうです
↑KPOPに止まらず色々守備範囲広いw



@bbrother_do
アジア・フィルムマーケットCJエンターブース「兄貴」ポスター(海外仕様)
兄ツイ2-2


ポスターのアップ
英題は「僕の迷惑な兄」になるんでしょうか?
兄ツイ1

相変わらずポスターでは普通の顔してません(;^_^A
役柄を表すという点では正解だと思いますが…

実物はホントっとってもすんごく←いっぱい並べたw
イケメン&可愛いのにな~
伝わらないのはもったいない(>_<)

パク・ボゴム-チョ・ジョンソク通じてパターン サブナンジュ成功法則

※サブナムジュ=作品の最も中心となる男女の主人公ではなく、主人公に劣らない比重のある男性キャラクターの意味。

化身14話記事9

もちろん、サブナンジュすべて成功することができるのではない。 前例を見てみよう。 名前すら思い出せないほど微弱な存在感をあらわした彼らがあれば、ソン・ジュンギ,パクボゴム、イ・ジョンソク、キム・ウビン、チョジョンソクなど、大韓民国放送界を牛耳る大勢俳優として成長した人もいる。 これらの運命が分かれるしかなかった理由は明確だ。

化身14話記事10

サブナンジュ成功法則、その最初の機会は魅力だ。 主人公とは違う魅力をアピールすることができてこそ、視聴者に強い印象をまともに撮ることができる。 KBS2'成均館スキャンダル'のソン・ジュンギは原理原則に従う生真面目な儒生パク・ユチョンとは違って、余裕があり、とぼけたキャラクターとして大きな人気を博した。 チョジョンソク、やはり映画'建築学概論'で純真無垢なイ・ジェフンと正反対に、世の中の理に通達したナプトゥギキャラクターとして注目され始めた。

ある関係者は"最近サブナンジュキャラクターは純情派が多い。 これらのは姿がむしろもっと応援を受け、分量が増えている"と明らかにした。 また、他の関係者は"最近、男主人公のキャラクターはほとんどツンデレだ。 がさつな人が女主人公に会って変貌される絵が多い。 これに共感する人々もいるが、逆に甘くて愚直に女主人公だけを眺めるサブナンジュに対する支持も少なくない。 伝統的な視聴者たちはまだファンタジーのような愛を夢見ているからだ。 それでサブナンジュは、ひとまず素敵で見なければならない"と話した。

化身14話記事11

二番目は共感能力だ。 視聴者と共感を形成して彼を通じて感情移入をするようにしなければならないということだ。 MBC'ハイキック-短い足の逆襲'でのイ・ジョンソク)思い浮かべてみよう。 当時、イ・ジョンソクのキャラクターはキム・ジウォンを片思いするロールだった。 そして視聴者たちは彼の純愛を応援した。 キム・ジウォンは、好調だったホッケー選手だった家運が傾き、運動をやめて馬鹿扱いを受けているというイ・ジョンソクの心を推し量ってくれた唯一の人物だった。 そんな彼を好きになるしかないイ・ジョンソクの心に共感したためだ。 KBS2'君を記憶して'のパクボゴムも同じだ。 子供の頃の傷で刑を憎悪するしかなかったキャラクターの心を感じたため、視聴者もパクボゴムとソ・イングクのブロメンスを応援した。

関係者は、「男女主人公のロマンスだけサブナムジュの愛にも説得力を吹き込むことができなければならない。単に寛容に女主人公の周りの回転ではなく、なぜすべてのものを持った男がその女性に陥ったのかをうまく表現することができなければならない。ここで視聴者たちが応援を送ることができるポイントが加われば、もっと良いだろう」と伝えた。

化身14話記事12

何と言っても大前提は演技力が裏付けられなければならないということだ。 関係者は"これまで視聴者の目が相当高まった。 サブとして演技力が不足してもカバーされるという考えは禁物だ。 むしろシーンスティールと極の全体的な流れのため、さらに堅固でディテールな演技力が必要だ"と分析した。 また、他の関係者も"最近、主流の仲間入りをした俳優たちをじっと見つめてもわかる。 これは典型的な美男子よりは自分だけの魅力を持ってそれを演技で解決できある俳優たちが人気を集めている。 劇の比重やキャラクターはドラマの特性上、いくらでも変わり得るもので、その中で自分がどれだけハード・キャリーしてキャラクターを立て直し、自分の分量をくうかが最も重要な要素"と説明した。

ベクジウン記者
http://m.entertain.naver.com/read?oid=076&aid=0002996901


「主人公に劣らない比重のある男性キャラクター」という意味では
キングのウンシギョンも入ると思ってますっ

該当の記事は見つかりませんでした。