FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ソン・ジュンギ、パク・ボゴム、チョジョンソク…視聴者'シムクン'(胸キュン)させた今年のドラマナンジュ'トップ5

冷たい風が吹けば引っ張るものがある。 暖かいココア、甘酸っぱいみかん、そして布団の中に入って視聴しているメロドラマだ。 今年1~3四半期の視聴者を胸キュンさせた男の主人公たちの名場面を巻き戻すことした。 キスに泣き、笑った名場面を放送順に整理した。

化身14話記事16

■3月ソン・ジュンギ

今春、アジアをひとつの心ひとつの意味で集めたドラマは'太陽の末裔'だ。 ドラマの中ユシジン大尉はため口であるかのようにため口なくセリフが心を振った。 特にソン・ジュンギ特有のシックな口調で"なったと考えしないようにしましょう。。 どうせ私がもっと好きだから"、"謝罪しましょうか、告白しましょうか。"は、多くのパロディーを生んだほどだ。 特に名場面が多かったこのドラマではワインキスシーン(4回)、トラックキスシーン(9回)、口止めキスシーン(9回)が大きな話題となった。


化身14話記事17

■5月、エリック

"いたんだ"。ソン・ジュンギに続き、女心をムノトゥリた男はエリックだった。 'また、オヘヨン'のエリックは'ツンデレ'魅力で武装した。 愛は隠しながらも相手が見るに忍びない状況は、ひとまず中止してくれる心を見せた。 お互いに隠された気持ちを確認した激情的な街中キスシーンはこの5月末、ネイバーTVのキャストに掲示後、230万件に近いアクセス数を記録した。 '二人が付き合っているのではないか'は誤解を招いて起こしたほど、TVでなかなか見られなかったキスの場面に歓呼した女性たちの心たちは一人や二人ではなかった。


化身14話記事18

■7月、キム・レウォン

夏に責任を負った男はキム・レウォンだった。 メディカル・ロマンスドラマ'ドクターズ'のキム・レウォンは決意したかのように熟練したロマンス演技で視聴率の上昇を主導した。 キム・レウォンは劇中の姿は慇懃しなかった点だった。 愛を回して話さないで,愛情を表現した。 猪突的な魅力は大使の文章順序から明らかになった。 "結婚したの? 恋人いて?それともなった"、"私が行くよ。 君に"のように最後まで聞いてみなければ意味を知っているセリフがジャブを飛ばした。 6回雨脚ダンス・シーンでは恋人を愛する男の純粋な面貌も明らかになった。


化身14話記事19

■9月 パクボゴム

2016年を通じてお茶の間劇場の男は断然パクボゴムだ。 年明け'応答せよ1988'に続き、下半期にはカムバック作KBS2の月火劇'雲が描いた月明り'で世子のチョーハーの直進愛は危機にも消えない。 パクボゴムは情況上、大変な峠を送って抱えながらも、愛するあなたに対する心を表わしている。 女心をたたいた'雲が描いた月明り''名場面は花園キスシーン(7回)、手話告白シーン(9回)が有名だ。 気づかなかった隠れた名場面もある。 パクボゴムの癖な'ほっぺポンポン、'だ。 キム・ユジョンを抱いたり膝に座らせるたびにほっぺを軽くたたきながら愛をささやいた時、視聴者たちは感情移入するしかない。



化身14話記事20

■10月チョ・ジョンソク

チョ・ジョンソクは韓國ドラマ初の乳がんにかかった主人公を演じている。 SBSスモクグク'嫉妬の化身'の中チョ・ジョンソクは初めてには笑いを召還し、、もう恋を呼ぶ。 "記者さんは悪い男だ"という言葉に"認定"とし、突進する脱衣室キスシーンは瞬間視聴率15.7%まで跳ね上がった。 ネイバーTVのキャストに掲載されたキスシーンクリップ映像は196万5,800件(10日午後現在)のクリック件数でシムクン(胸キュン)指数を記録した

http://www.sporbiz.co.kr/news/articleView.html?idxno=48005


7月、キム・レウォン以外は見ているので
このランキングに 納得!です。

ここにランクインしてくるあたり
やっぱりウリジョンソク

さっきネイバーをチェックしたら
196万7,847回になってました~

[メイキング]コスモスの祭りに私の心が#シンナリ(Feat.ヘリコプターに乗った王子様)

コスモス祭りが真っ最中の撮影場。
監督と仲良くショットを残して、
楽しくてあちこち花畑も見物する
花より愛らしいナリ~^0^/
その時、ヘリコプターに乗った王子様ファシンが到着して
撮影場の雰囲気はとても興が上がるのに! 一緒に立っているだけでもケミがこんこんと爆発する
シンナリの得意な嫉妬の現場!
今すぐに会ってみてくださいねPLAY
♡♡♡

動画はコチラ←クリック


化身14話インスタ

チョジョンソクか、コギョンピョか'…嫉妬の化身コン・ヒョジン、最高の難題&スーツを脱いでトレンチコートを着ていた'…嫉妬の化身チョジョンソク、泣けて笑える状況

私たちは最初から決まってますけど…


★チョジョンソクか、コギョンピョか'…嫉妬の化身コン・ヒョジン、最高の難題


化身15話記事2

'嫉妬の化身'コン・ヒョジンが最高の難題に会った。
最近、SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌ)が視聴者を選択不可の沼に陥れている。

嫉妬の化身'は最初から二股ロマンスを掲げ、三角関係の典型的な枠組みをひねった。ピョナリ(コン・ヒョジン)とイファシン(チョ・ジョンソク)、ピョナリと、コジョンウォン(コギョンピョ)が会った時発せられるシナジーがそれぞれ異なった魅力ウロダカ行っている。 これに、視聴者らはシンナリ(イファシン-ピョナリ)カップルか、ジョンナリ(コジョンウォン-ピョナリ)カップルかという難題の前に立った。

特に12日の放送ではピョナリを隔ててイファシン、コジョンウォンの激しい争奪戦が本格的に開始されるだけでなく、ピョナリに向けた二人の男の切実なこだわりが胸を切なくする予定だ

この14回放送でピョナリは激情的なキスシーンで、歴代級のエンディングを飾った。 イファシンはその間すれあい笑ポイントを担当した。 しかし、理性ではなく、本能によってその瞬間に充実し、妙なテンションを爆発させて、これを皮切りに、哀切ながらも、セクシーなケミを放ち、再び強力なアタックを予告している。

ここは、見る人も甘やかさに取るように作ったピョナリ、コジョンウォンは全く予想できなかった雰囲気で急反転し、お茶の間劇場をびっくり仰天させた。 これは票もの人の心にイファの信徒浸水しただけに、嫉妬と不安、すまなさなど複合的な感情が二人の関係に大きな変化を引き起こすこと。

何よりもピョナリはお互い反対される魅力を持っているイファシン、コジョンウォンの間で混沌と深い悩みに落ち、彼女ができる最善の方法で二人の男の前に立つとして期待を吹き込んでいる。

だけでなく、今まで聞いたり問い詰めたりもしないで'セガッサル(三人で一緒に生きて)'の道を歩いていた視聴者も優劣を問わない二つのカップルの魅力熱戦の前に悩みがますます深まる見通しだ。
'嫉妬の化身'は12日15回が放送される。

※セガッサル=세같살(세 명이서 같이 살아)’

SBS funEㅣソンジェウン記者
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008028571



★スーツを脱いでトレンチコートを着ていた'…嫉妬の化身チョジョンソク、泣けて笑える状況

化身15話記事1

'嫉妬の化身'チョジョンソクがトレンチコートを着ていた。
11日SBS水木ドラマスペシャル'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン、演出パクシヌイチョンフム)の製作社SM C&C)側はチョジョンソクの撮影の様子を写した写真を公開した。

先日の放送でイファシン(チョ・ジョンソク)は愛の前に自分の全てを出しする大胆さと切迫さが心を強く揺さぶった。 しかし、今回は愛のためにスタイルも壊れるハプニングを展開することになる。

イファシンはいつも固執する'イファシンピッ'オーダースーツで記者のプロフェッショナルさとマッチョ男らしさを最もよく見せてくれた。 特別する時間を除いてはいつも彼が好む服はスーツだ。 体に剥製でもなったただぴったり付いていたスーツだったが、自らスーツを脱ぐことになるだけでなく、真夜中にトレンチコートだけをわたってなるウップの状況まで、ぶつかることになる。

イファシンは嫉妬や憤り、水くささと寂しさなど、感情に巻き込まれる一般的な30代の男性の姿を予告し、お茶の間劇場にもう一度、イファシン魅力を散布する予定だ。

これにチョジョンソクは感情の振幅が大きくたイファシンの状態を全身に出す中でも繊細な感情を逃さない'嫉妬の化身'だけの笑いのコードとイファシンの複雑な心理をまともに立て直したという。

特に急に寒くなったに脱衣までしなければならなかったが、楽しく撮影を続けた。 コジョンウォン役コギョンピョと共に、主体してない感情が爆発するシーンであるだけに、リハーサルを重ねて素敵なチームワークで撮影を終えた。
チョジョンソクがスーツを脱いで投げるようになったいきさつが公開される'嫉妬の化身'15回は12日に放送される。

[SBS funEㅣソンジェウン記者]
http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008028837

嫉妬の化身'チョ・ジョンソク人生の演技、こうして誕生した

化身14話記事15

俳優チョ・ジョンソクの狂った演技の秘訣がリハーサル現場でも発見された。

SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'でもう一度の人生の演技を披露しているという好評を受けているチョ・ジョンソクの練習現場が再び彼の演技情熱を実感させている。

実戦さながらのチョ・ジョンソクの目つきと演技は見る人まで没入されるように作る底力を発揮している。 これは本放送の中の彼の密度高く、ディテールあふれる演技がどのような過程を経て誕生しているかを知ることができるところだ。

実際にもチョ・ジョンソクは撮影現場での1分1秒をぞんざいに使わないで練習に専念していると。 ボクシングシーンを撮影するためには数日前から暇さえあれば、いつどこでも動作を練習する一方、几帳面さで定評のある巨匠パクシヌ監督と絶え間ない会議でキャラクターに対する研究を重ねている。

チョ・ジョンソク側の関係者は"作品とキャラクターに対する愛情と責任感が特別なチョ・ジョンソクはファシンの感情をさらに精密に説得力をもって描き出すため、脚本や動線チェック、リハーサルに特に心血を傾けている。 彼の真正性のこもった努力が視聴者たちにも伝えられるだろうと思う"と伝えた。

[OSEN=パクジンヨン記者]
http://m.entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0003410330

tvN10Awards ③

コンテンツ本賞

Oh My Ghost team Tvn10awards




6位に登場です
tvNfestival&awards[tvN10・アワーズ]tvNベストキス



tvNfestival&awards[tvN10・アワーズ]'トゥースター賞'チョジョンソク、芸能-ドラマ二兎を得た! 161009 EP.2



ナプトゥギに挨拶するスンミン
赤いタキシードのエリック→イジェフン→ジョンソク
と、追うとわかりやすいです

動画はコチラ←クリック

該当の記事は見つかりませんでした。