FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

映画「兄貴」1次予告

イキイキしてますっ

動画はコチラ←クリック



兄9


兄10


兄11


兄12

「嫉妬の化身」撮影中 インスタより

化身17話3

高校生ファシンでしょうか
これって過激に揺れるのですよね?

右側の女の子が彼女な設定?←同じメガネだしw

'嫉妬の化身'側"チョジョンソクのニュース謝罪、スタッフも笑みを我慢できずに"&'嫉妬の化身'、聞く楽しさまで保障するドラマ、BGMからも笑わせたり泣かせたりことがある...

記事から抜粋です

★'嫉妬の化身'側"チョジョンソクのニュース謝罪、スタッフも笑みを我慢できずに"

化身16話記事14


関係者は"コックピット氏がニュースルームで謝罪する場面は撮影当時、スタッフたちも、笑いをこらえることができなかった。 彼がとても自然に消化して雰囲気がさらに生きた"と紹介した。

嫉妬の化身'の中ニュースルームは重みと厳格さそしてアンカーの発言に対する責任感が同時に感じられるところだ。 ここで'記者'アファ神は兄が運営していたフランチャイズの不正、外壁の清掃員の苦情、チムジルバンを装った不法賭博場など、事件事故を伝えた。 そんな化身が今度は真剣なその姿そのまま、ピョナリに謝罪するニュースを伝える特別なエピローグで視聴者の視線を釘付けにした。

'嫉妬の化身'関係者は"面白く見てくれた方々に心から感謝して、果たしてまた、このようなびっくりエンディングが登場するようになるか、残りの放送分で面白く見てほしい"と伝えた。
一方、'嫉妬の化身'は19日夜10時17回が放送される。

http://sbsfune.sbs.co.kr/news/news_content.jsp?article_id=E10008041783


★嫉妬の化身'、聞く楽しさまで保障するドラマ、BGMからも笑わせたり泣かせたりことがある...

化身16話記事15


SBS水木ドラマ'嫉妬の化身'(脚本ソスクヒャン/演出パクシヌ、イチョンフム/製作SM C&C)が視聴者の耳を、ぜいたくさせて、聞く楽しさまで保障している。

適材適所で流れて鬼神のようなタイミングを自慢している'UFOに乗ってきたのか?'、'Lovesome'、'Step Step'、'私に来ます'、'君のために'など、計8曲のOSTはドラマの雰囲気を高める役割はもとより、視聴者たちの感性を刺激している。

そのうち'嫉妬の化身'のシグネチャ音楽とも呼ばれるキム・ゴンモの'誤った出会い'は目立ってシリ、イファシン、コジョンウォン(コギョンピョ)の二股三角ロマンスを最もよく表す曲。イファシン、コジョンウォンが干潟戦闘を行った時も、チョジョンソクが試着をしてピョナリがひざまずいた瞬間にも登場したこの歌は今は、ドラマから外れると、さびしい思いをするほどになったという反応だ。

http://www.viva100.com/main/view.php?key=20161018001445031

チョ・ジョンソク-パク・ハソン、2030、未婚の男女が選んだドラマ魅力男女

世子さまが私を迎えに来てくれるって
思わないような年代にアンケートしてくれました

化身16話記事13

未婚の男女らが挙げた最近のドラマの中の魅力の男女は、チョ・ジョンソクとパクハソンだった。 結婚情報会社デュオが10日から17日まで2030、未婚の男女369人(男性156人、女性213人)を対象に'未婚男女とドラマ'アンケートを行った。


最近、ドラマの中の最も魅力的な主人公を問う質問に23.8%がチョ・ジョンソクを挙げた。 特にチョ・ジョンソクは女性たちの高い支持を受けた。 チョ・ジョンソクは現在SBS'嫉妬の化身'でコン・ヒョジンと呼吸を合わせている。

チョ・ジョンソクに続き、'The K2'のチ・チャンウク(20.9%)、'雲が描いた月明り'パクボゴム(14.4%)、'ショッピング王ルイ'ソ・イングク(11.4%)が後を継いだ。

最も魅力的な女性主人公にはtvN'ホンスル男女'を通じて、久しぶりに復帰したパクハソン(25.5%)が1位に上がった。 次に'クルミ描いた月の光'の金裕貞(キム・ユジョン)が19.2%で2位を、'空港に行く道'はキム・ハヌルと'嫉妬の化身'コン・ヒョジンがそれぞれ13.8%を得票し、共同3位を占めた。

同日、アンケート調査結果では未婚の男女10人のうち8人(75.6%)このドラマの主人公にすっかりはまったことがあると答えて注目を集めた。 女性は、主演男優(73.2%)と主演助演(12.7%)など、主に男性俳優(85.9%)の魅力に落ちることが調査された。 主演女優(1.9%)と、助演女優(0.5%)など女優に魅力を感じたという回答は2.4%に過ぎなかった。

反面、男性は主演女優(37.2%)だけでなく、主演男優(26.3%)、助演女優(16.7%)、助演(9.6%)、男優助演(5.1%)、カメオ(5.1%)など、相対的に多様な配役の魅力にはまることが分かった。

未婚の男女にドラマ没入に最も重要な要素は何だろうか。 男性は俳優の外貌(29.5%)、女性は配役の性格(33.3%)と答えた。 さらに、男子は配役の性格(26.3%)、女性は俳優の外貌(20.2%)を挙げて、男女の認識の差が表れた。

キムスンホデュオ広報チーム長は"ところだった構図とところだったキャラクター設定が殆どだったドラマが最近の変化を図りながら、主な視聴層だった女性はもちろん、男性まで魅力に取り入れている"、"これからも興味津々な展開と魅力的なキャラクター設定に大韓民国の未婚男女はもちろん全世界が注目するKドラマになることを期待する"と伝えた

http://joynews.inews24.com/php/news_view.php?g_menu=700210&g_serial=985850&rrf=nv

該当の記事は見つかりませんでした。