FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

2016 Birthday Card 企画

この企画は締め切りました。
皆さまの想いは大切にお預かりして
ジョンソクさんへお届けします。
ブログ内でご報告させていただきます。

cyurinさんと共同掲載しています。
締め切りまでこの記事をトップにしています。
最新の記事はこの下からになります。


12月26日はジョンソクssi の誕生日です
そこで 今年もTeam.J恒例のこの企画!
手作りのバースデーメッセージカードをジョンソクssiに届けたいと思います

2015BD企画アルバムはコチラ←クリック


「2016 Birthday Card 企画」はどなたでも参加できます
参加費用等一切必要ありません
締切 11月30日(水)消印有効 です


忙しくなっちゃって投函できなかった…ということもあると思います
「バースデーカードを書くつもりでエントリー」でも
大丈夫です
ぜひ!送付先住所だけでもゲットしておいて下さい!

デコるのが苦手という方も
cyurinさんがスケッチブックにまとめる時に
うま~くやってくれるので大丈夫!ですよ~

スケッチブックに貼ってしまうので
ハガキをそのままポストに投函するのでも
全然OKです!

カードはcyurinさんと私だけしか扱いません
思いの丈を書いてくださいね~

韓国語が難しそう…という方も!
今年は強力な助っ人が登場です!
我が家のKPOPファンの友達 韓国人留学生J君が日本語訳を手伝ってくれるそうです
日本語の文章をメールしていただけたら、韓国語訳しますので
その文章をカードに書いてください


注意事項

・サイズは官製ハガキの大きさでお願いします。(厳守)

・裏面は貼り付けますのでデザインは表面だけにお願いします。
 両面書いても悲しい結果になります 

・シールなどでデコるのはOKですが、
スケッチブックに貼るので厚みのないようにお願いします。 

・締切 11月30日(水)消印有効 とさせていただきます。

参加希望の方は、
メールの件名を「2016BDカード参加希望」にしていただき

lovechojungseok@yahoo.co.jpまで連絡をお願いします。
折り返し、送付先住所をお知らせいたします。

11月29日の観客数は12万3,960人←1位
累積観客数は 128万6,053人です


また後ほど~って書いたまま…
復活できずにすいません(;^_^A


昨日は検診では、検査薬を注射してから検査まで
90分間安静にしていなくてはいけなかったのですが
その間…
寝ましたwww

その検査後、
遅い昼食を食べていたら
我が家のKPOPファンから第一報が

「朴槿恵大統領が任期満了前の退陣を表明」

ソウル滞在中直接デモに出会うことはありませんでしたが
仁寺洞の道端にはデモの時に使用したと思われるスローガンが落ちていました

ひょん1-2
パク・クネ退陣

ひょん2-2
パク・クネOUT

この退陣表明に関しても色々あるみたいですが
少しでも早く落ち着くといいですよね…


検査後待っていたら結果を
教えらえると言われ
待っている間に今度はcyurinさんから第一報が

今週末からの舞台挨拶発表です!
兄舞台挨拶4


12/3㈯はプチョン(富川)←ここはジョンソクさんと監督

12/4㈰はジョンソク&ギョンスの兄弟揃って登場です
14:00まではスウォン(水原)ですが
その後はロッテシネマワールドタワーで19:45(17:45の回上映後)から6回!

12/5㈪は同じくロッテシネマワールドタワーで18:10(16:10の回上映後)から
10分刻みで実に12回!舞台挨拶です!

この日程なら行けそうな皆さん!
レポよろしくお願いします!m(__)m


そしてcyurinさんからもう一件
「コレ写ってるよね?」

ひょん4
日曜最後の舞台挨拶
CGV永登浦です

画質よくないので
自分にしかわからないですが
めっちゃ笑ってますwww


★「兄貴」チョ・ジョンソク&パク・シネら、舞台挨拶に登場…“心温まる時間を過ごして”

ひょん3


映画「兄貴」(監督:クォン・スギョン、制作:チョイスカット・ピクチャーズ、配給:CJエンターテインメント) が28日に、EXO ディオ(ド・ギョンス) の単独舞台挨拶を行った。

「兄貴」が公開第1週目に観客動員数100万人を突破し、ヒットを飛ばしている中、26日と27日にソウル地域の舞台挨拶を行い、チケット完売のリレーが続き「兄貴」に対する熱狂的な反応を証明した。初雪が降っていた26日には、チョ・ジョンソク、キム・ガンヒョン、イム・チョリョン、クォン・スギョン監督が出席し、27日にはスヒョン役のパク・シネも合流し、観客たちと特別な時間を過ごした。

寒い中でも客席を埋め尽くした観客たちは、映画が届ける感動に涙をこぼし、俳優と監督の登場に熱い歓呼と拍手を送り「兄貴」に対する人気を実感させた。ドゥシク役のチョ・ジョンソクは「寒い中でも客席を埋め尽くしていただきありがとうございます。寒い日にピッタリな『兄貴』を観て、心温まる時間を過ごしてほしいです」と感謝の挨拶を伝えつつ、「弟役のギョンスは来れなかったんですが、近所の兄さんたちと一緒に来ました」とし、デチャン役のキム・ガンヒョンとサプライズ舞台挨拶に参加した中年男役のイム・チョリョンを紹介し、笑いを誘った。

最近相次ぐPR活動を通じて、ハート職人と呼ばれるチョ・ジョンソクに「ハートを見せてください」という観客の要請が殺到すると、チョ・ジョンソクがハートを作って見せ、現場の雰囲気を盛り上げた。パク・シネは「『兄貴』を観ている間、幸せな気分になれると思います。温かさを感じてお帰りになってほしいです」とし、映画への自信を示した。キム・ガンヒョンは「『兄貴』は幸運の手紙のようで、この映画をご覧になった皆さんに幸せが届くはずです。そして周りの7人にぜひ勧めてください」とし、センス溢れるコメントをした。クォン・スギョン監督も「寒い中『兄貴』をご覧に来てくださり、ありがとうございます。観客の皆さんを慰められる映画になれたら嬉しいです」と感謝のコメントを伝えた。


28日にはディオがバトンを引き継ぎ、ソウル地域の単独舞台挨拶に乗り出した。週末に続いた「兄貴」に対する熱い反応に支えられ、3日連続リレーの舞台挨拶を設けた。
元記事配信日時 : 2016年11月28日20時00分
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2057881&utm_source=dlvr.it&utm_medium=twitter

該当の記事は見つかりませんでした。