FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

ソン・ガンホ&チョ・ジョンソク『麻薬王』特級キャスティング…『観相師』に続き2度目の共演

第一報はcyurinさんから
記事が出て14分でキャッチ

「スケジュールを調整中=確定」パターンでいいですかね?
だって、いくら休みたくても+休ませてあげたくても
映画&ドラマ&バラエティー界が許すわけないって思ってた~

「検事役」って悪人かな~善人かな~
正直、悪役も見てみたいっ

※日本語版が出たので記事を差し替えました。
麻薬王2

俳優ソン・ガンホ、チョ・ジョンソクが、映画『麻薬王(原題)』(ウ・ミンホ監督)で会う。

23日、映画界によるとチョ・ジョンソクは最近『麻薬王』の検事役で出演オファーを受けて細部スケジュールを調整中だ。『麻薬王』は、1970年代の釜山(プサン)を背景にする麻薬王の話を描いた作品。かつてソン・ガンホが映画『密偵(原題)』(キム・ジウン監督)、『タクシー運転手(原題)』(チャン・フン監督)に続く次期作で選んで期待を集めた。

これでチョ・ジョンソクとソン・ガンホは映画『観相師』(ハン・ジェリム監督)に続き3年ぶりに2度目の共演となる。演技派ソン・ガンホと映画『兄貴(原題)』、ドラマ『嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~』まで続けてヒットし、興行力と演技力の両方を認められたチョ・ジョンソクとの出会いがどんなシナジーを起こすのか関心事だ。

その他にも最近映画『ザ・キング』のアン・ヒヨン検事役を演じ“女ソン・ガンホ”という絶賛を受けた女優キム・ソジンが劇中ソン・ガンホの妻役にキャスティングされて信じて見る演技ラインナップに力を加えた。

『麻薬王』は『インサイダーズ/内部者たち』のウ・ミンホ監督が演出と脚本を引き受けた。主なキャスティングを終え次第、上半期にクランクインする。
http://contents.innolife.net/news/list.php?ac_id=6&ai_id=229604

チョ・ジョンソク、ハロービーナス ナラ、2017韓豚広報大使委嘱~追記あり~

23日に開かれた'2017韓豚広報大使委嘱式'で広報大使に委嘱された俳優チョ・ジョンソクとハロービーナスナラが一緒にハートを描いてポーズを取っている。

ハントン3
http://www.yonhapnews.co.kr/photos/1990000000.html?cid=PYH20170223222800013&input=1196m


ハントン4
http://www.yonhapnews.co.kr/photos/1990000000.html?cid=PYH20170223223600013&input=1196m


ハントン5


ハントン6

~追記~

ハントン7

ハントン8
https://www.facebook.com/taejun.ahn.5

該当の記事は見つかりませんでした。