FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

インタビュー⑥'アマデウス'チョ・ジョンソク"立体的なモーツァルト期待してください"

ツーカップインタビュー17

ツーカップインタビュー18

演技者としてチョ・ジョンソクの目標は"使い道の多い俳優になること"だ。 そんな風に多様なジャンルを行き来する原動力となる。 どんな作品でも使われる材料になりたいという。

2004年ミュージカル'くるみ割り人形'でデビューしたチョ・ジョンソクは'グリース'、'ヘッドウィグ'、'オールショックアップ'、'壁抜け男'、'スプリングアウェイクニン'など、舞台で活躍した。 以後、ブラウン管とスクリーンに活動領域を広げた。 ドラマ'ワッツアップ'、'ザ・キング・トゥ・はつ'、'最高だイスンシン'、'ああ私の幽霊さま'、'嫉妬の化身'映画'建築学概論'、'観相'、'逆鱗'、'兄貴'など様々な作品で熱演した。

最近終演したMBCドラマ'トゥカプス'では正義感透徹した刑事チャドンタクとコンスチャンの魂が憑依された詐欺師チャドンタクまで1人2駅を熱演した。 2017 MBC演技大賞で月火ドラマ部門最優秀演技賞を受賞し、活躍を認められた。

次回作は2月28日からごクァンリムアートセンターBBCHホールで公演する演劇'アマデウス'だ。

チョ・ジョンソクは"(エネルギーを)充電する気分です。 舞台という空間は実家であり、故郷のような所です。 気持ちいい空間です。

"気に入っている作品であり、栄光に思っています。 ドラマ以来、演劇をするそうだから多くの方が疑問に思ったんです。 私には当たり前です。 悩んだ末に、今度は演劇を瑕疵ではなく、次の作品の手順が演劇'アマデウス'になったことだけです。 特別な計画というよりも時期的に重なったので、好きな作品をするということ自体が嬉しいです。 ファンらに、毎年舞台にいる姿を見せてあげると約束を守ったようで特別です。"

"演劇とは思えないほど音楽がたくさんいて劇を際立たせてくれるんです。 舞台メカニズムも新しくてです。 アマデウス役に想像力を土台に接近しています。 その当時の言い方を帯びているが、現代的は言葉を駆使しそうな人物です。 観客に訴えるように感情を伝達しないつもりです。 まだ練習序盤ではあるが、想像力を加えて立体的なアマデウスを作ろうと努力しています。 キム・ジェウクとは'ヘッドウィグ'を一緒にしてよく知っている間柄だが、すごく楽しみにして知りたいです。 どこへ弾けるか知らないキム・ジェウクのアマデウスを期待しています。

ジャンルを行き来しながらたくさんの愛を受けるチョ・ジョンソクも過去スランプを経験したことあるか。

"2005年ミュージカル'グリース'をする時9ヵ月間ワンキャストで公演しました。 何をしているのかわからないほど、マンネリに陥りました。 いつも生きている俳優を夢見たが私が何しているという気がしたんです。 正解は、休みだったんです。 休息期を経て、いくら作品が良く、演技が良くても、私の体を酷使させればいけないと思いました。

2009年ミュージカル'スプリングアウェイクニン'時はその人物にはまっていて普段の自分の姿がなかったんですよ。 久しぶりに会った演技する友達があまりにもその人物にはまっていて心配されると言ってくれたことがあります。 普段のおまえはチョ・ジョンソクだから日常から外されていないという話をしてくれました。 個人的に俳優として振り返るきっかけになりました。"

デビュー15年目チョ・ジョンソクの風は途方もない。今のように精神と肉体が健康俳優で視聴者と観客、ファンと向き合うしようとしている。

健康を失えばすべて失うことじゃないですか。 'トゥカプス'をしながら大変だった部分があるが、私が健康でなければ何もできず、大切にして応援してくれるファンが憤慨しそうなんです。 俳優としても人間としても健康な肉体の所有者になりたいです。 精神的にも本当に切実なほど、そんな気があります。 そうしてこそ、いい作品として挨拶することができるので、多くの方々と会うことができ、笑えるようです。"
http://m.entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0000816355


9ヵ月間ワンキャストで公演してスランプに陥ったというグリースのナンバー




役にハマりすぎたスプリング・アウェイクニング←モリッツは自殺してしまう役でした

インフィニットソンギュ、デビュー後初の演劇挑戦…'アマデウス'出撃

モーツァルトも3人体制ってことですよね⁉
今後のキャストスケジュールが、気になるところですね。

アマデウス記事4

グループインフィニットソンギュが演劇'アマデウス'に出演する。
複数の歌謡関係者によると、インフィニットソンギュは最近、演劇'アマデウス'出演を決めた。

ソンギュが演劇に挑戦するのは2010年デビュー以後、初めてだ。 最近、ポスター撮影まで終えた。

グループ活動やソロ活動など歌謡界を中心に活躍してきたソンギュが、MBC'千番目の男'、KBS 2TV'一抹の純情'などでカメオ出演しながら演技経歴を積んだことがあ

以降ソンギュは演劇'アマデウス'を通じてデビュー8年ぶりに芝居に大衆を訪れる予定だ。
英国劇作家ピーター・シェポの'アマデウス'は才能を持ったモーツァルトと彼の才能を嫉妬するサリエリの話を盛り込むことになる。 チョ・ジョンソク、ジヒョンジュン、ハンジサン、イチュンジュ、キム・ジェウクなど、豪華なキャストを誇る。 2月27日ご光臨アートセンターBBCHホールで公演される。
http://osen.mt.co.kr/article/G1110821360

INFINITE(インフィニット)=2010年デビューの韓国出身の男性アイドルグループ。昨年8月にホヤ(トゥーカップスのトッコ刑事役でした)の脱退により6人体制に。

キム・ソンギュ=1989年生28歳。リーダー、メインボーカル

つい最近、6人体制でカムバックして音楽番組で1位を獲得していました。



ソンギュはソロ活動もしてます

麻薬王'、夏に公開確定…ソン・ガンホの破格変身

夏って夏のどの辺なのかなぁ…←お盆には絶対に動けない人

麻薬王記事7

麻薬王'が夏に公開を確定してベールを現した。

25日のショーボックスでは男優のソン・ガンホと'内部者'ウミンホ監督の強烈な出会いだけでも話題を集めた映画'麻薬王'のスチールカットを公開した。

時代とお金、権力をまとめた麻薬王イドゥサム役のソンガンホは今まで見なかった破格的かつ圧倒的な威容を現した。 スチール一枚だけで'タクシー運転手'とは全く別の姿を予告した宋康昊は"70年代を貫通した人たちを集約しておいた映画的キャラクター'イドゥサム'を通じて、我々が生きて来た一時代を照明しとした"、キャラクターに対する説明を付け加えた。

ソン・ガンホを筆頭にチョジョンソク、べ・ドゥナ,イソンミン、キムデミョン、キムソジン、イ・ヒジュン、チョウジン、ユ・ジェミョンなど大韓民国の煙の王たちの目を離せない演技饗宴まで行われる予定だ。

'麻薬王'は1970年代に韓国、麻薬に一時代を風靡したイドゥサムと彼を助けて追って一緒にした人たちの話を描いた作品で、2018年夏、スクリーンで会うことができる。
http://biz.heraldcorp.com/culture/view.php?ud=201801251059323228282_1

該当の記事は見つかりませんでした。