FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

アマデウス振付師インスタより

アマデウス振り付けのソビョングさんのインスタより



seo.byeonggu
死霊のはらわた←2007年
#私の心のオルガン←2008年
#アマデウス#三度目の出会い#
チョジョンソクモ-ツァルト#うまくいく♡


このニット
見た覚えがある!と思ったら
やっぱり~

映画「私の愛私の花嫁」撮影当時
ギャラリーのサポートの写真です

私の愛ギャラリー1
私の愛ギャラリー2-2
私の愛ギャラリー3-2
私の愛ギャラリー4-2
私の愛ギャラリー5-2
私の愛ギャラリー6-2
私の愛ギャラリー7-2
私の愛ギャラリー8-2

サポートの際
基本、映画やドラマの衣装の時は撮影NGになることが多く

「私の愛私の花嫁」のTeam.Jのサポートの時も
衣装だったので撮影NG
でも、撮影現場用サンダルと靴下をちょっとだけw

私の愛靴下

チョ・ジョンソク「2018年は変身の年に…恐ろしいスリラーに挑戦してみたい」

このタイミングで日本語版記事が配信です。
記録用に載せますね。

ツーカップインタビュー26

「ドラマ『トゥー・カップス』が終わってとてもすっきりしました、ハハ。一人二役を演じたので、分量がとても多くて体力的にもとても大変でした。3ヶ月間、一日3~4時間しか寝れずに撮影しながら点滴を打ち、拱辰丹(コンジンダン:高価薬材を厳選して調剤された最上級韓方薬)も2回飲みました」

チョ・ジョンソクは2016年「嫉妬の化身~恋の嵐は接近中!~」以降、2年ぶりに復帰作としてMBC「トゥー・カップス」を選んだ。ドラマの中で刑事チャ・ドンタクと詐欺師コン・スチャン役を演じ、デビュー後初めて一人二役を演出した。性格が極と極であるキャラクターを行き交い‟ワンマンショー”と呼ばれるほど、印象的な活躍を繰り広げた。しかし、俳優としてどうしようもない残念さが残ったという。

「ドラマで僕の演技を見た時、とても残念でした。演劇やミュージカルは公演をする前に準備する期間が十分にあって、映画も撮影前や撮影しながら時間がたくさん与えられる方です。でもドラマは準備時間も比較的に不足していて、撮影時間も差し迫っているので一番残念に感じます」

しかし残念さを感じる暇もない。チョ・ジョンソクは「トゥー・カップス」が終わる前に次期作を決めた。それは演劇「アマデウス」だった。次期作としてドラマや映画を選ぶという人々の予想とは違い、チョ・ジョンソクは再び舞台に戻ることにした。

「実際『アマデウス』は『トゥー・カップス』の撮影時から話があった作品です。とてもやりたかった作品なので時期的にも合って、可能になりました。これからもずっとドラマや映画、演劇の舞台を行き来しながら活躍したいです。使い道の多い俳優になりたいですね」

ツーカップインタビュー16

様々なジャンルを行き来し、活発に活動する原動力が何かと尋ねると、彼は‟経験”だと答えた。

「経験は無視することが出来ないと思います。ステージの演技とカメラの前でする演技は違うけれど、昔からやって来たので行ったり来たりしながら演じるノウハウが生まれました。公演は2004年からやってきたので、ある程度勘が生まれ、ドラマや映画など様々な作品を経ながらたくさん学びました。おかげであれこれ試してみることができました」

出演する作品ごとに人気を得て、俳優としての演技力も認められたが、チョ・ジョンソクにも悩みはあった。人々が願う俳優チョ・ジョンソクの姿と、自身が願う俳優チョ・ジョンソクの姿の間で距離を感じたことだ。

「距離感を縮めるのが僕ができることだと思います。これから作品を選ぶ時も、もっと神経を使わなければと思います。人々が願うものだけをずっと続ければ、俳優チョ・ジョンソクは消耗してしまうのでそうならないように努力しないといけませんね」

チョ・ジョンソクにとって2018年は様々な意味で期待する所が大きい年だ。40歳を目前にした30代の最後の年である上、俳優として新たな挑戦を決心したからだ。

「今年は‟変身”することに決めました。今までしてきたこととは違う、新たな姿をお見せしたいです。役割に多様性を持ちたいです。胸を刺すような切ないストーリーに出演もいいですね。恐ろしいスリラーにも挑戦したいです。人々が‟チョ・ジョンソク”と言えば思い浮かぶものと被らないことに挑戦してみようと思います」

元記事配信日時 : 2018年01月25日16時42分 記者 : イ・ウンジン、翻訳 : 浅野わかな
http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=2086513

チョ・ジョンソク、疲れを知らない演技中毒「増える皺に合った役を演じて生きたい」

日本語版の記事です。

ツーカップインタビュー11

俳優チョ・ジョンソクが『トゥー・カップス』というまたひとつの挑戦を終えた。1人2役の演技にアクションまで、新たな挑戦に大胆に飛び込んだチョ・ジョンソクは自身の真価であるコミック演技を200%発揮し作品を導き、『トゥー・カップス』を通じて再び「信じて観る俳優」の真価を発揮した。

今月22日、チョ・ジョンソクがソウル市江南区にてシックニュースと出会った。3ヶ月間MBCドラマ『トゥー・カップス』のチャ・ドンタクとして休むことなく駆け抜けてきた彼は、つらかった撮影当時を思い返しながら放送終了所感を伝えた。

「すっきりしつつ寂しいです。最初には本当に3ヶ月が1年のようにつらかったのですが、終わってみれば『すぐに過ぎたな』という考えになりました。体力的につらかったことは事実です」

彼の言葉のように『トゥー・カップス』は詰まった撮影日程により体力が必要な作品だった。中でも1人2役を消化し、ほとんどのシーンに登場せねばならなかった著・ジョンソクは負傷闘魂まで敢行して撮影を続けた。

「序盤には私が本当にたくさん登場しました。ただつらいのではなく、とてもつらかった。アクションシーンを撮影して右側のすねの筋肉が切れました。最大限早く治療できるものに何があるかと悩んでいたところ漢医院に行って針を打ちました。つらいほどに遅れを取りたくなく『少し休まないと』ではなく『もっと頑張らないと』という考えでさらに頑張りました」

ドラマの中でチョ・ジョンソクが演じたチャ・ドンタクは刑事であると同時に詐欺師コン・スチャンの魂が憑依しカリスマと飄々とした面を行き来する独特な人物だった。体力的につらい部分もあったが、多様なキャラクターを表現してみたいという欲は彼をこの作品に引き寄せた。

「1人2役は俳優たちが一度はやってみたい演技だと考えます。私も同じでした。とても大変ではないかと質問されますが、キャラクターについて良く知り作品をはじめたのでつらくはありませんでした。(私が)チャ・ドンタク役を演じていて、コン・スチャンが入ってきて憑依されているのですから、スチャンが入ってきたときに私の想像力が発揮されるほど面白そうだという考えをしました。例えば後半部に私が「選手を探していたでしょう」と手首を回したり、そんなことは台本にありませんが想像力から出た行動でした。私がどれだけ人物について想像を広げるかによってその花が満開になることができると考えました」

何よりも『トゥー・カップス』は、チョ・ジョンソクとキム・ソンホの幻想的なケミストリーが呼応を引き出した。中でもコン・スチャンという同じ人物を同時に演技せねばならなかった二人は多くの会話と悩みを通じてひとつのキャラクターを作っていった。

「私がコン・スチャンを担当したわけではないので(キム・ソンホの演技と似ねばならないと)悩みました。コン・スチャンを担当したのはキム・ソンホなので、彼が演じるコン・スチャンを観察したくさん対話しました。後々には互いに見つめる観点が似るようになりその対話が減り始めました」

ツーカップインタビュー9

二人は作品での呼吸ははじめてだが、同じ学校の先輩後輩であり演劇俳優として演技を開始したという共通点を持っている。これにキム・ソンホは「大学路の俳優であれば誰もがチョ・ジョンソク兄さんを夢見る」とチョ・ジョンソクに向かう愛情を表している。自分を夢見て俳優の道を歩んでいる後輩を見つめるチョ・ジョンソクの気持ちとはどんなものだろうか。

「気分の良いことです。けれど責任感を感じねばなりませんでした。先輩方が私に『お前をロールも出るにした後輩が、お前が考えるよりもずっと多い。だからファイトしろ』と話してくださいました。その言葉が気分を良くしろと話してくださったのではなく、もっと頑張って手本となれるように、疲れるなという話のようでした。その話を聞いて責任感を持たねばという考えになりました」

デビュー後、これといった空白期なく、着実に作品活動を続けているチョ・ジョンソクは『トゥー・カップス』が終わるやすぐに演劇『アマデウス』の準備に突入した。休む暇なく駆け抜けることで疲れる瞬間もありそうだが、7年ぶりの演劇復帰を前に彼の顔からは疲れた気配よりも胸の高鳴りが溢れて見えた。

「不思議なことに先週(トゥー・カップスの)打ち上げをし、数日休んで『アマデウス』の練習室に行ったのですが、疲れはひとつもなく充電されていました。舞台という空間が私にとっては実家であり、故郷のような空間であるため今も生き生きとしています。もし数ヶ月休むとすれば体調を崩すかもしれません。『アマデウス』はサリエリとモーツァルトの物語が描かれますが、その色彩は過去、現在、未来を通じて後世にも永遠に残る物語だと思います。この作品でモーツァルト役をできることそのものが光栄です。サリエリがモーツァルトに嫉妬することと、その人の口から出る台詞一言が、ともすれば劣等意識に陥って人生を生きるかもしれない我々に本当に多くの助けを与えるのではないかと思います」
こうして熱心に駆け抜けてきた間に、チョ・ジョンソクはいつしか30代の後半に立っている。最後の30代を生きる今、彼が描く40代チョ・ジョンソクはどんな姿だろうか。

「私が29歳のときに30歳を考えなかったように、『私が40歳になったらどうなるか』そんな考えはしたくありません。目標はひとつあります。40歳になっても50歳になっても、私の目元と額にできる皺くらいに私に合った役を演じたい。俳優が自分の年齢に合うように役割を演じるときが一番良いように思います。しわができるほど『どうしよう』ではなく、良いという考えで生きています」

ツーカップインタビュー25

シックニュース キム・ダウン記者 / 写真=文化倉庫
http://mottokorea.com/mottoKoreaW/Funjoy_list.do?bbsBasketType=R&seq=68729

NHKの世界入りにくい居酒屋 爆弾酒のグラス~Team.J Twitterより~


「トゥー・カップス」OST




ドラマ「トゥー・カップス」OST

チョ・ジョンソク主演、Girl's Day ヘリと共演したドラマ「トゥー・カップス」OST登場!
VOISPER、ユ・ソンウン、TheVANEらジャンルを超えた実力派アーティストが参加した7曲の歌唱トラックと46曲のスコアトラックを収録。

発売日: 2018/2/6
DISK01.
01. Don't Ask - VOISPER
02. Fall In Love - ユ・ソンウン
03. Dreamer - TheVANE
04. You Make Me - Salt'N Paper
05. ところでね - ク・ユンフェ
06. 外套 - イム・ジョンヒ
07. Lie - Car, the garden
08. トゥー・カップス(TWO COPS) - キム・ジュンソク
09. 約束の重さ - チョン・セリン
10. 生まれながらの詐欺師 - キム・ジュンソク
11. 帰ってきたナイフの刃 - チュ・インロ
12. 生きている真実 - キム・ジュンソク
13. 信じてくれる人 - チョン・セリン
14. 必ずやらねばならないこと - イ・ユンジ
15. 検挙 作戦 - ク・ボンチュン
16. 刑事と詐欺師 - チュ・インロ
17. 特級ヘルパー - ク・ボンチュン
18. COP - ILULIY
19. 大騒ぎ - キム・ヒョンジュ
20. Case - チョン・セジン
21. 本当の大人 - キム・ヒョンジュ
22. 運命の相手 – チョン・セリン

DISK02.
01. これがオレの方式だ - キム・ジュンソク
02. ひと目で恋をした - チョン・セリン
03. 甘い散歩 - ク・ボンチュン
04. 出会いの始め - チョン・セリン
05. そんなにキレイでいいの? - チュ・インロ
06. 熱血記者 変身! - ILULIY
07. 気分のいい日 - イ・ユンジ
08. 運命のパートナー - ILULIY
09. 素っ頓狂な2人の男 - ノ・ユリム
10. Respect! - キム・ヒョンジュ
11. 危険な同衾 - ク・ボンチュン
12. 詐欺師の微笑み - ノ・ユリム
13. 間違った出会い - イ・ユンジ
14. 人と幽霊の間 - キム・イェスル
15. 怠け者の一日 - イ・ユンジ
16. 行動開始! - ノ・ユリム
17. 軽い勢力争い - ソン・ソンラク
18. きれいだから - イ・ユンジ
19. マインドコントロール - キム・ヒョンド
20. 思い心 - ノ・ユリム
21. 原則または信念 - キム・ヒョンド
22. あの時あの日 - キム・ジュンソク
23. 正義の人 - チョン・セリン
24. 恋しい兄, 恋しい刑事 - ノ・ユリム
25. 未解決事件 - チョン・セリン
26. 無念の死 - チョン・セリン
27. 怪しい行動 - ILULIY
28. 憑依 - チュ・インロ
29. 一触触発 - キム・ヒョンド
30. 真相調査 - キム・ヒョンジュ
31. 慰労 - ソン・ソンラク

該当の記事は見つかりませんでした。