FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「麻薬王」12月19日公開確定

制作報告会まで発表しないのかと思ったら~

※日本語版記事がでたので差し替えました
★ソン・ガンホ、チョ・ジョンソク、ペ・ドゥナ'麻薬王'、12月19日封切り確定。・ティーザー・予告編初公開

麻薬王予告8

映画『麻薬王』(監督オ・ミンホ)が12月19日の公開を確定してティーザー予告編を初公開した。

『麻薬王』は麻薬も輸出すれば愛国になっていた1970年代、密輸商人が伝説の麻薬王になった話を描いた映画。公開された予告編では、国家は犯罪者、世間は王と呼んだ「伝説の麻薬王イ・ドゥサム」に変身したソン・ガンホの姿がパノラマで繰り広げられ、圧倒的な熱演で期待を高める。『麻薬王』のティーザー予告編は、これまで『タクシー運転手 約束は海を越えて』、『弁護人』、『グエムル-漢江の怪物-』などの映画で見せてくれたソン・ガンホの小市民的な姿に加え、夕焼けをバックに立つオーラと予告編の後半の狂気じみた姿まで、彼の限界のない演技スペクトルを見せている。

ここに「台湾から原料を受けとって朝鮮で作って、それを再び日本に持ってきて売る、これは愛国だろう?」というイ・ドゥサムのセリフが『麻薬王』の時代的背景となった「よく生きてみよう」と叫んでいた1970年代の実際の大韓民国の姿を複合的に含んでおり好奇心を刺激する。

ソン・ガンホはもちろん、チョ・ジョンソク、ペ・ドゥナ、キム・デミョン、キム・ソジン、イ・ヒジュン、チョ・ウジンそして特別出演したイ・ソンミンなど、1970年代の人物に完璧に変身した彼らのユニークなクレジットと演技のケミストリーが熱い期待を集めて、一気に年末の最高の期待作となった。

『インサイダーズ/内部者たち』と『内部者たち:ディオリジナル』で約900万人以上の観客を動員して韓国のR18映画の興行歴史を塗り替えた演出の王、ウ・ミンホ監督の鋭い洞察力も込められた作品だ。12月19日に公開。

毎日経済 スタートゥデイ ハン・ヒョンジョン記者
入力 2018-11-14 14:27:19.0

【追記あり】「麻薬王」予告



【追記】
麻薬王予告1
麻薬王予告2
麻薬王予告4


麻薬王予告5
麻薬王予告6
麻薬王予告7

「麻薬王」はどうして青少年観覧不可になったのか?&「麻薬王」ソン・ガンホXウミンホ監督の信頼の組み合わせ

※青少年観覧不可
「青少年が観覧することがない映画」韓国の民法で成年は19歳を意味するが、「青少年観覧不可映画」は映画振興法に沿って18歳で年齢を制限しており、18歳以上でも高校の在学中の学生なら観覧することができない。

↑18歳の高校生と18歳未満は観覧禁止ということで
それだけ観客数が限られる中で
どこまで観客数を伸ばせるか?ってことになるんですね

そして本格的な情報解禁は
11月19日の制作報告会からってことなんですね…

もう、
このクランクアップの画像が頭の中に
こびりつくだけこびりつき続けるしかない状態で(>_<)
麻薬王記事5


我が家のもう1人のジョンソクファンなんて
Netflix のオリジナル作品「ボディガード -守るべきもの」の主人公が
ボディーガード1-2
ボディーガード2-2
↑チョ・ジョンソクに見えてきちゃってるそうなので(>_<)

キング628
キング617

そりゃ黒スーツで要人警護してれば
目つきとか出で立ちは似てくるってもんだとは思いますが…
にしても、もうジョンソク不足にもホドがある
我が家のもう1人のジョンソクファンの症状がこれ以上進む前に
新鮮なジョンソク画像情報早く下さ~い!

ちなみにNetflixの主人公は
2015年に公開されたディズニー映画「シンデレラ」の王子役も演じているそうなので
ジョンソク不足症状としては許容範囲ってことにw


「麻薬王」に関する色々記事です

★「毒戦」は15歳、「麻薬王」はどうして青少年観覧不可になったのか?

同様に薬物を素材にした映画「麻薬王」は、青不観覧等級を受けたのに対し、「毒戦」は15歳観覧可等級を受けた。

映像物等級委員会は先月9月、ソン・ガンホ主演の映画'麻薬王'(監督ウミンホ)を早くから青少年観覧不可(以下、青不)映画に分類した。

麻薬王記事13

麻薬王記事14

麻薬王記事15

昨年8月'タクシー運転手'で1,200万観客を動員した国民俳優のソン・ガンホの強烈な次期作に早くから話題を集めている'麻薬王'は麻薬も輸出すれば愛国になった1970年代、根無し草の密輸者が伝説の麻薬王になった話を盛り込んだ強烈な青不映画だ。

これと関連、映像物等級委員会は"70年代を背景に麻薬に一時代を風靡した一人の男の一代記を描いたアクション映画"と"麻薬の不法製造や不法取引、麻薬の投薬の場面など薬物に対する内容や暴力など、模倣の危険水位も高い"と等級を青少年観覧不可の等級に決定した理由を説明した。

これは5月に封切られ500万観客を動員したチョジンウン、リュジュンヨル主演の映画'毒戦'(監督イヘヨン)を思い浮かばせる。 アジアを支配する幽霊麻薬組職の実体をめぐって繰り広げられる強い者たちの戦争を描いた犯罪劇を扱った'毒戦'は公開前の全ての予想を破って15歳以上観覧等級に分類され、多くの人々を不思議にした。 映画には麻薬の不法製造や不法取引などの薬物に関する内容も頻繁に登場し、腕が切り取られて拷問を加えるなど、一部、残酷な場面と俳優ジンソヨンの胸の露出など刺激的な場面も含まれたが、青少年たちも観覧が可能だった。

これに対して映像物等級委員会は当時"制限的に描写されて、映画全般の水位を考慮すると、15歳以上の青少年が観覧することができる"と15歳以上観覧可の等級と規定した理由を明らかにした。 映像物等級委員会は麻薬を素材にした映画だが、映画を全般的に見たときに危険の所持がいる場面を制限的に描写したと考えている。 一部の刺激的な場面よりも麻薬組織の掃討に向けたある刑事の孤軍奮闘に焦点を合わせ、勧善懲悪に帰結された企画意図なども反映したものとみえる。

一方、企画段階から'水位が強い'はうわさが広まった'麻薬王'の場合、異見なく、青少年入場不可映画になった。 映像物等級委員会は'麻薬王'について麻薬の投薬のシーン、暴力場面などの水位が高く、青少年たちが真似できる危険性が高いとみた。

一方、'毒戦は15歳以上観覧可の等級に支えられ、500万観客突破に成功した。 それなら、成人だけが見ることができる'麻薬王'はどうだろうか。'麻薬王'はこの2015年、青少年観覧不可の等級というハンディキャップにもかかわらず、700万観客を突破し、清仏映画新しい歴史を書いたイ・ビョンホンチョ・スンウ主演の'内部者'ウミンホ監督の次回作だ。 青不等級を受けたといって、不利とみられないという意味だ。 12月の最盛期の劇場街家族連れの観客をターゲットにした映画が相次いで封切りを控えている中、唯一の青不等級の映画である'麻薬王'が収めた成果にも関心が集まっている。 果たして今度はソン・ガンホと手を握ったウミンホ監督が'麻薬王'で、もう一度青不映画史を直して使えるか、その帰趨が注目される。

麻薬王'はソン・ガンホのほかにもチョ・ジョンソク、べ・ドゥナ,キムソジン、キムデミョン、イ・ヒジュン、チョウジンなどが出演し、12月の封切を確定した。 当初今年夏に公開する予定だったが、映画的雰囲気が冬に最も似合うという判断のもとに封切りを冬シーズンに持ち越した。 '麻薬王'は11月19日、製作報告会を皮切りに本格的なプロモーション活動に突入する

http://www.newsen.com/news_view.php?uid=201811120903181910


★王たちの出会い"...「麻薬王」ソン・ガンホXウミンホ監督の信頼の組み合わせ

2018ジョンソク_181114_0236

'演技王'と'演出王'の出会いだ


映画'麻薬王(ウミンホ監督)'が12月の封切を確定し、映画ファンのときめきを刺激している中、最高の演技王のソン・ガンホと青少年観覧不可の最高興行作'内部者'ウミンホ監督の歴代級の出会いに信頼感も包まれている。

'麻薬王'は麻薬も輸出すれば愛国になった1970年代、根本のないの密輸者が伝説の麻薬王になった話を盛り込んだ映画だ。

ソン・ガンホは今回の映画で、国家は犯罪者、世間は王と呼んだ'伝説の麻薬王'イドゥサムに扮した。

イドゥサムは、釜山(プサン)の下級密輸業者から始まり、アジアを制覇した麻薬王の地位まで手に入れようになっている人物だ。 ソン・ガンホは'タクシー運転の際、''弁護人''怪物'など映画で見せてくれた身近な小市民の姿から、まだいかなるフィルモグラフィーでも見せたことないいう狂気とカリスマまで広範なスペクトラムをイドゥサムに溶かして出す予定だ。

ソン・ガンホを麻薬王として、破格変身できるようにした存在が'内部者'と'内部者:ディオリジナル'に統合900万以上の観客を集め、歴代大韓民国の清仏映画の最高興行の大記録を書いた演出王ウミンホ監督だ。

ソン・ガンホがいなければ、映画'麻薬王'もなかっただろう"とし、無限の信頼を示したウミンホ監督は今回の映画でもう一度鋭い洞察力を見せる。

1970年代、実際の麻薬密売事件に対する資料調査内容に、当時の社会像や感じを映画に描いたウミンホ監督はイドゥサムの一代記から多様なキャラクターの活躍が緻密に機織した。 ソンガンホは今回の映画で初めて会ったウミンホ監督について"演出、世界が強烈な監督"と好評したりもした。

ここにチョ・ジョンソク、べ・ドゥナ,キムソジン、キムデミョン、イ・ヒジュン、チョウジンなど俳優たちが1970年代の人物で完璧変身、目を離さ暇ない演技饗宴を繰り広げる。 ウミンホ監督の指揮の下にソンガンホをはじめ定評の出た俳優たちが作ったケミストリーは信じて見ざるを得なくさせる。

12月、スクリーンを占領する王たちの帰還を熱烈に歓迎する。

http://isplus.live.joins.com/news/article/article.asp?total_id=23119251&cloc=

該当の記事は見つかりませんでした。