FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「緑豆の花」チョジョンソク、名不虚伝名品内面演技

★「緑豆の花」チョジョンソク、名不虚伝名品内面演技‥やはり「信じて見る俳優 」

名不虚伝=さすが、名に恥じない、名に背かない

20190509163407209.jpeg

俳優チョジョンソクが出演中のSBS金土ドラマ'緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。

このうち,チョ·ジョンソクは自分の過去に向かって蜂起した"東学軍別動隊長ペク·イガン"に分解キャラクターの心理変化を纎細にしながらも,説得力を持って描き出し存在感をあらわにしているのはもちろん,目を捕らえる短剣アクション演技で俳優のチョ·ジョンソクの真価を立証している。

先月26日に放送された'緑豆の花'1~4話でチョジョンソクは毒蛇のような姿の通引として登場し、完璧な方言を駆使するのもちろん、深い目つきの演技で視聴者たちにベクイガンの心理を視聴者に重厚に伝え、チョンボンジュン(チェムソン)と対立する場面で、劇の没入度を高める熱演で緊張感を引き上げて視聴者たちの大きな反響を得た。

また、先週放送された'緑豆の花'5~8回ではチョンボンジュン(チェムソン)に"コシギは死んだ"という言葉を聞いたベクイガン(チョ・ジョンソク)が混乱して生まれて初めて父ペクカ(パクヒョクグォン)に"吏房ができない"と反旗を翻してチョンボンジュンに会うために離れる姿が描かれ、今後、チョジョンソクが見せるベクイガンの変化に対する視聴者たちの好奇心と期待感を高めた。

これに対し,放送を見たネットユーザーらは,"やはり,信じて見る俳優のチョ·ジョンソク失望させない""チョ·ジョンソクのもう一つの人生キャラクターの誕生!""チョ·ジョンソク演技はあまりにも上手で,さらに没入したようだ"などの反応を見せた。

このようにどんなキャラクターも自分のものにして"信じて見る俳優"というタイトルを得たチョ·ジョンソクは,今回の"緑豆の花"でも変わらぬ演技力でペクイガンを完璧に具現し,今後彼が描いていく白伊江の叙事に対する帰趨が注目される。

一方、チョジョンソクが出演中のSBS金土ドラマ'緑豆の花'は毎週金、土曜夜10時に放送される。

https://m.entertain.naver.com/read?oid=112&aid=0003162365

メイキング このようにカップル誕生か?

メイキング
このようにカップル誕生しますか?
緑豆の花 3話メーキング★


「緑豆の花」第3~4回 総集編

本放送を逃したら?
心配しないで要約された3-4話まとめてみて本放送死守しよう!!

〈緑豆の花〉は毎週、金~土曜日の夜10時に放送されます!!
たくさん視聴願います


9日午後6時メイキング公開 キム·ジュンス"緑豆の花"OST"舞い散る"参加

正式な邦題がまだよくわからないので
とりあえずこの訳で


緑豆の花OST

キム·ジュンス(XIA)がSBSドラマ'緑豆の花'のOSTで"舞い散る"を歌う。 そして,彼が歌う姿が映されたメイキング映像も電撃的に公開される。

ジュンスはクロスオーバー歌手ポレステルラが歌った'鳥よ鳥よ青い鳥よ'に続いて二番目のOSTに'舞い散るを歌った。 同曲は,キム・ジュンスが軍除隊後に参加する初のOSTであるだけに,大きな関心を集めている。

特に、正式音源発売に先立ち、9日午後6時にはSBS公式SNSのSBSNOW、そしてスブスキャッチ、でブランディングチャンネルを通じて録音現場メイキング映像が公開される。 キム・ジュンスのインタビューと歌を録音する姿だけでなく,キム・スジン音楽監督,パク・ギュテ作曲家と積極的に意見を交わし,曲が持つ感情を解釈する姿も見られる。 この他にも録音当時,和気あいあいとした雰囲気とともにキム・ジュンスの多様な魅力も確認できる。

ある関係者は"今回、キム・ジュンスが歌うOST曲'舞い散るは、主人公のベクイガン(チョ・ジョンソク)とソン・ジャイン(ハンイェリ)のラブテーマ曲で、歴史の渦の中でも、互いに抱いていた切ない心を描いている"と"悽絶な時代を生きたが、希望と愛を放棄できなかった二人の節制された感情を、キム・ジュンスだけの訴える力、濃いボイスで描くことで、さらにおぼろげさが加わった。 あらかじめ公開するメイキング映像を通してこれらの点を一緒に楽しんでください"と伝えた。

https://entertain.naver.com/read?oid=109&aid=0004005606&lfrom=twitter

該当の記事は見つかりませんでした。