FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

JAMエンタInstagramより


jament_official
今日は緑豆日~!⠀⠀
⠀⠀⠀
間違いなくチェミが準備してみたビハインドカットの主人公は..
まさに名前さえ切ない#クニャン(그냥)カップル
⠀⠀⠀
昨日,漢陽に発った#ペクイガン
漢陽に発つ決心したジャインが
⠀⠀⠀
いくら漢陽の土地が広くて広くても私達#ただ(그냥)...
ただ(그냥),会わせていただけないでしょうか。
⠀⠀⠀
チェミも見たい心で準備したビハインド6コマ💧💧
⠀⠀⠀⠀
果して...彼らの出会いはいつ頃実現するか...もしかして今日!?
気になったら
今夜SBS 10時、緑豆の花 本放送死守❣
⠀⠀⠀
⠀⠀⠀
ジャムエンターテイメント #チョ·ジョンソク #CHOJUNGSEOK😭
#今夜#SBS#10時#ノクドゥコッ#本放送死守

"緑豆の花"漢陽行チョジョンソク·官服を着たユン·シユン..."予測不可能"の兄弟運命

2019060815550156b.jpeg

"緑豆の花"のチョ·ジョンソク、ユン·シユン兄弟の運命はどうなるか。

SBS金土ドラマ'緑豆の花'(脚本チョンヒョンミン/演出のシン・キョンスキムスンホ)が昨年7日放送分から本格2幕を始めた。

これに先立ち,農民軍と討伐隊に分かれて戦わなければならなかった残酷な運命の白二江(ペク·イガン,調整席分),白利鉉(ペク·イヒョン(ユンシユン)異母兄弟は,それぞれ漢陽とコブで異なる人生をスタートさせた。 それでも相変わらず切ない彼らの兄弟愛は"緑豆の花"大叙事の強力な没入図を誘発し,視聴者を感動させた。

東学農民軍戦闘に参加したベクイガンは緑豆将軍チョンボンジュン(チェムソン)命令を受けて漢陽に向かった。 そこで高宗(イユンゴン)の父親である興宣大院君(イハウン)と出くわした。 衙前として農民軍を討伐しなければならなかったペク·イヒョンは,東学農民軍改革の象徴の執綱になって,故郷に帰って来た。

このようにまたも兄弟の運命が分かれた。 ここに激動の朝鮮という時代的背景まで加わり,"緑豆の花"後半部はさらに吹き荒れるものと予想される。 このような中,予想できない状況で向かい合った兄弟の姿が公開され,再び熱血視聴者たちの好奇心を刺激する。

そんな中、'緑豆の花'製作陣は27~28回本放送を控え、以前とは違う姿のベクイガン、ベクイヒョン兄弟の姿を公開した。 ペクイガンは興宣大院君のイハウンに会うため,絹服を着て両班のように変装した状態。 ペク·イガンは,そんな弟ペク·イヒョンを見て驚いたように,非常に深刻な表情であるため,好奇心を刺激する。

ペクイガンが漢陽で弟ペク·イヒョンを見たのだろうか。 執綱になってコブに帰ってきたペク·イヒョンが官服を着た理由は何だろうか。 激動の朝鮮のように,一寸先も予測できない異母兄弟の波乱万丈な運命が気になる。

これと関連'緑豆の花'製作陣は"27~28回ではベクイガン、ベクイヒョン兄弟の運命にもう一度強力な渦が訪れる見通しだ。 それぞれ民衆とエリート階層を象徴し、前半部、強力な敍事を率いてきた腹違い兄弟が激動の朝鮮でどのような暴風と向き合うか、チョジョンソク、ユン・シユン二人の俳優はこの叙事をどのような熱演で描いて出すか視聴者の皆さんらの関心と期待お願いする"と伝えた。

一方、'緑豆の花'27~28回には激動の朝鮮を象徴する高宗、皇后閔氏(キムジヒョン)が初めて登場する予定だ。 '緑豆の花'27~28回は8日午後10時に放送される。

https://m.entertain.naver.com/read?oid=421&aid=0004030662

"緑豆の花"のチョ·ジョンソク座り込んだ興宣大院君目撃。波乱予告

20190608142128aa8.jpeg


「緑豆の花」チョジョンソク興宣大院君と会うやいなや波乱予告だ。

SBS金土ドラマ「緑豆の花」が折り返しを回って、強力なストーリー爆弾を爆発させた。 コブをはじめと局所的な地域の話を広げた前半部とは異なり、ペクイガン(チョジョンソク)をはじめとする別動隊が漢陽に向かいながら、本格的に激動の1894年、朝鮮の話を解いて始めた。

7日に放送された'緑豆の花'25~26回では歴史的人物の興宣大院君イハウン(チョングックァン)が初登場した。 イハウンの強烈な登場と共に、今後'緑豆の花がどのような話を展開して出すか、1894年、朝鮮の運命はどうなるか関心や疑問が高騰した。

こうした中,8日,"緑豆の花"制作陣が尋常でない初対面の後,さらに意味深長な状況に置かれたペクイガンと興宣大院君イ·ハウンの姿を公開し,耳目を集中させている。

公開された写真は8日に放送される'緑豆の花'27~28回一シーン。 写真の中のイ·ハウンは,君主である高宗(コジョン)の父親であるにもかかわらず,床にむしろを敷き,あぐらをかいて座っている。 剛直な表情と姿勢から鎖国政策を強く主張した興宣大院君の特徴がそのまま表われる。 興宣大院君前の京軍たち,後ろから頭を下げた民たちの姿が,より尋常でない雰囲気を醸し出している。

そうかと思えば,興宣大院君の後ろに立っているペクイガンの存在も気になる。 リードしていた放送でベクイガンは緑豆将軍チョンボンジュン(チェムソン)の書状を興宣大院君に伝えるため、漢陽にたどり着いた。 しかし,興宣大院君に会うことから,容易ではない課題だった。 数回の山場を越え,船の上で目の前に銃口が入ってきた状況まで経験した。 そうして結局,興宣大院君に会ったのだ。

そんなに会った2人はどのような話を交わしたかも、写真の中の二人がいるところはどこか、数多くの疑問をもたらしている。

これと関連'緑豆の花'製作陣は"ベクイガンと興宣大院君イハウンの出会いは折り返し点を金'緑豆の花'展開にとても重要な意味を持つ。 この出会いを機に,東学農民軍が激動の朝鮮中の暴風の核に浮上するためだ。 チョジョンソク、チョングックァン二人の俳優は誰も否定できない強力な熱演と存在感を見せながら、'緑豆の花が'強力な2幕を始めた。 視聴者皆様の関心と期待をお願いしたい"と伝えた。

一方、SBS金土ドラマ'緑豆の花'25~26回は8日午後10時に放送される。
https://m.entertain.naver.com/read?oid=311&aid=0001001292&spi_ref=m_entertain_twitter

興宣大院君→高宗..."緑豆花",新しい人物大挙登場

20190607183207a93.jpeg


緑豆の花'本格2幕とともに新しい人物が大挙登場する。

SBSドラマ"緑豆の花"(脚本チョン·ヒョンミン/演出シン·ギョンス,キム·スンホ)が折り返し点を回った。 '緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーだ。 '緑豆の花'前半部は,全く違う人生を生きる異母兄弟を通して,東学農民革命が起こった理由と民衆の凄絶な抗争を見せ,お茶の間劇場を虜にした。

このような中、今日(7日)放送される25~26回を起点に緑豆の花'が本格2幕を開ける。 2幕とともに'緑豆の花'は激動の時代、急変する国際情勢とともに乱高下した朝鮮と民衆たちの運命を描いて出す予定。 ここに私たちが歴史教科書で見たことのある,あるいは虚構の主要人物が登場を予告した。 これに登場順に主要新人物四人を電撃的に分析してみた。

一番目の主人公は興宣大院君(フンソンデウォングン=イハウン)(チョン·グクファン扮)だ。 イハウンは当時,朝鮮の君主だった高宗(コジョン)の父で鎖国政策を展開した人物として有名だ。 日清外勢の登場とともに,朝鮮に向けた列強の野望が予告された状況。 この決定的瞬間に興宣大院君イハウンがピークに登場、どんな姿を見せてくれて劇中にどんな影響を及ぼすのか気になる。 さらに,線の太い演技で作品の強烈な存在感を示した俳優チョン·グクファンの活躍も期待される。

二番目の主人公は、日本軍の外交官、武田陽介(イ・キチャン)だ。 武田陽介は,劇中の朝鮮に向かって野心を隠している日本を象徴する人物だ。 以後、朝鮮と日本の残酷な歴史端緒となる1894年の話を明確に示すことが期待される。 歌手兼俳優のイキチャンは,一層深まった演技力と集中力で武田洋介を演じ,劇展開に重要な役割を果たすものと見られる。

三番目の主人公は高宗(イユンゴン)だ。 高宗は1894年挫折に彩られた朝鮮の君主であり、以降大韓帝国の初代皇帝がなる歴史的人物。 興宣大院君イハウンの息子でもある。 激動の時代,日本を含む多くの列強が朝鮮に向かって野心を現わす時,高宗はどんな姿を見せるのか。 高宗の登場は,その後,東学農民軍や主人公の異母兄弟の運命にどのような影響を及ぼすのだろうか。

最後に登場する人物は,皇后閔氏キムジヒョンさんだ。 皇后閔氏は高宗の夫人であり、1894年、朝鮮の国母。朝鮮の歴史上最も恥辱的な瞬間を経験した悲運の人物でもある。 中田敏氏は様々なドラマを通じて数回取り上げられた人物。 民草たちの立場で話を解く"緑桃の花"が,中戦の閔氏という歴史的人物をどのように変奏するだろうか。

上4人のほかにも様々な人物が大挙登場し、'緑豆の花'本格2幕を飾るものと知られた。 これと関連し,"緑豆の花"制作陣は"新しい人物が大挙登場し,ストーリーの場をさらに拡大していく。 もちろん,展開もさらに激しくなり,それだけ没入度も上がるだろう。 今日(7日)から始まる'緑豆の花'本格2幕に多くの関心と期待お願いする"と伝えた。

一方、折り返し点を回りながら、本格2幕を予告したSBS金土ドラマ'緑豆の花'25~26回は、今日(7日)金曜日の夜10時に放送される。
https://m.entertain.naver.com/read?oid=112&aid=0003173325

「緑豆の花」27-28話予告

[6月8日予告]"命をかけてきたので"チョジョンソク、揺れる朝鮮作り出すのか?

「緑豆の花」25-26話③

★チェ·ムソン,悩むパク·ギュヨンに温かいアドバイス

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337598

チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)は,パク·ギュヨン(ファン·ミョンシム)に"恐怖に立ち向かうのが方法"と温かい助言をする。


★"ぺクイヒョンに戻りたい"ユン・シユン、パクギュヨン向けた心♥


ユン·シユン(ペク·イヒョン)は,自分に別れを告げて振り返るパク·ギュヨン(ファンミョンシム)を捕らえてペクイヒョンに戻りたいと本音を言う。 まもなく二人は抱擁して愛を誓う。


★イ·キチャン,本格的な"朝鮮介入"の作戦を指示

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337600

イキチャン(武田陽介)は自分の上司にチェ·ムソン(チョン·ボンジュン)に断られたことを話しながら,これから軍隊に直接出なければならないという。


★[手汗エンディング]チョジョンソク、銃の前でも守った書状(ft.、興宣大院君登場)


チョ·ジョンソク(ペクイガン)は,"銃を突きつけ,書状を出せ"という言葉に最後まで出さず,チョングックァン(興宣大院君)は,"チェ·ムソン(チョン·ボンジュン)が良い使いを選んだ"と言う。


★"緑桃の花"チョジョンソク,興宣大院君に会った

緑豆の花13話記事7


ペク·イガン(チョ·ジョンソク)が,チョン·ボンジュン(チェ·ムソン)から漢陽に行って,興宣大院君に会って来いという要請によって,別動隊のヘスン(アン·ギルガン)とポドゥリ(ノ・ヘンハ)と一緒に道を進んだことで始まった。 その後,彼らは変装を強行した後,漢陽に辛うじて入ることができた。

一方,ペク·イヒョン(ユン·シユン)はファン·ソクチュ(チェ·ウォンヨン)を訪ねては執綱所の改革に協力してほしいと要請して断られたが,両班(ヤンバン)たちが見ている前で"ユウォリの奴婢文書"を燃やしながら改革への意志を明らかにした。 さらに,チョンボンジュンを訪ねてきた日本人の間で親交のあった武田陽介(イキチャン)をしては,日本の行動を疑わしく思った。 そして,"ファンミョンシム(パク·ギュヨン)に会った彼は,彼女のおかげでこれまで道を失わずにこれまで耐えてきた"と打ち明けた。

そうかと思えば,ソン·ジャイン(ハン·イェリ)は医官を備えたまま,道を出ようとする父親のソン·ボンギル(パク・ジイル)を全身で止めながら反対した。 すると彼女は,キム·ガ(パク·ジファン)が持ってきた村田銃を見て,"イヒョンが銃の所有者であることを言及し,彼を驚かせた。 しばらく後,イ·ガン考えに耽っていた彼女はチェ·ドクギ(キム·サンホ)から"怯えず,自分らしく行動せよ"という言葉に漢陽に行くことを決心した。

画面が変わり,漢陽に到着したイガンは,清の軍隊が女児に暴行を加えた後,殺害するのを見ても知らん振りをして,結局,うっ憤をぶちまけた。 その後,パク·ドンジン(パク·ソングン)についていった彼は,渡し船の上でチョン·ボンジュンの手紙を要求して銃を突きつけるや,すべてをあきらめようとしたが,その時,船をこいでいた士工が自分を"イハウン(チョングックァン)"と明らかにすると,イガンはびっくりしてひざまずいた。

チョンヒョンミン作家とシン・ギョンス監督の'緑豆の花'は1894年、東学農民革命の渦の中で農民軍と討伐隊に分かれて闘わなければならなかった腹違い兄弟の波乱万丈なヒューマンストーリーに毎週金、土曜日の夜10時に放送される。 27、28回は6月8日土曜日の夜10時に公開される。

http://sports.donga.com/3/all/20190608/95893959/1?adtbrdg=e#_adtReady

「緑豆の花」25-26話②

★くそくらえ(直訳:飴を食べろ)日本の策略に気づいた爽快 将軍


日本の集団の内心を悟ったチェ·ムソン(チョン·ボンジュン)は,"くそくらえ"という発言で爽快感を贈る。


★[目の保養]チョジョンソク、変装したノヘンハぶつぶつ!

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337592

チョ·ジョンソク(ペクイガン)は,妓生に変装したノ·ヘンハ(ポドゥリ)の姿に笑いを誘う。


★チョジョンソク、清の蛮行に'大義のための後退


チョ·ジョンソク,アン·ギルガン,ノ·ヘンハは清国にヨクジョル(駅卒)で連れて行かれたが,結局死を迎える女性を見て憤りを感じるが,大義のために我慢して後退する。


★チョジョンソク♥ハンイェリ、お互いを考える'心残り


チョ·ジョンソク(ペクイガン)とハン·イェリ(ソンジャイン)は,遠くで互いを思い,惜しむ気持ちをなだめる。


★[感動]ソ·ヨンヒ,燃える奴婢の文書を見ながら涙

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337595

ユン·シユン(ペク·イヒョン)はソ·ヨンヒ(ユウォル)に奴婢文書を渡して直接燃やすように言う。 その後,ソ·ヨンヒは燃える奴婢文書を見て涙を流す


★"財産じゃないんだから!人だから!"ユン·シユン,腐った両班に怒り!


ユン·シユン(ペク·イヒョン)は,奴隷たちを財産と考える腐った両班たちの考えに憤りを感じている。

「緑豆の花」25-26話

振り返りの途中ですが昨日の視聴率です

(記事より抜粋)
SBS金土「緑豆の花」(脚本ジョンヒョンミン、演出シンギョンス、キム・スンホ)でチョジョンソクが興宣大院君(ジョングクファン)に会う緊迫したストーリーが繰り広げられ、最高視聴率9.94%を記録、同時間帯全体1位の座を守った。

7日に放送された'緑豆の花'25、26回の視聴率の場合、ニールセン・コリアの首都圏基準(以下同一)にそれぞれ7.8%(全国6.8%)と8.4%(全国7.5%)で記録した。 最高視聴率は、最後に達し、9.94%まで跳ね上がった。

おかげさまでドラマは同時間帯の地上波とケーブル、そして総合編成で放送されたすべてのプログラムのうち1位を獲得することができた。 また、広告関係者たちの判断指標である2049の視聴率でも'緑豆の花'はそれぞれ2.7%と2.6%を記録した。率9.94%を記録し、同時間帯全体1位の座を守った。


http://sports.donga.com/3/all/20190608/95893959/1

「緑豆の花」25-26話①

いや~
まさに!
第2幕の始まり!っという展開でしたね


★"興宣大院君...イ·ハウン"折り入って書状伝えるチェ·ムソン!


チェムソン(チョンボンジュン)はチョジョンソク(ペクイガン)に漢陽へ行くように言いながら書状を一つ届けろする。誰かチョジョンソクの質問に「興宣大院君...イハウン」と言って驚きを醸し出す。


★ミョンシムから消えなさいチェ・ウォニョン、ユン・シユンに断固たる態度


チェ·ウォンヨン(ファン·ソクチュ)はユン·シユン(ペク·イヒョン)に"パク·ギュヨン(ファン·ミョンシム)の心を諦めろ"ときっぱりと言う。


★心が張り裂ける 涙浮かべるバクギュヨン無視するユン・シユン!

https://programs.sbs.co.kr/drama/nokduflower/clip/59071/22000337588

ユン·シユン(ペク·イヒョン)は涙ぐみながら,自分を見つめることができないパク·ギュヨン(ファン·ミョンシム)を通り過ぎて残念でならない。


★パクジファン、ハンイェリ言質に気付いたドチェビの正体


ハン·イェリ(ソン·ジャイン)は,パク·ジファン(キム·ガ)に"銃の持ち主について知っている"と言う。 続いて,チョンギョスはトチェビの正体に気づく。


★パクヒョックォン、土地文書献納するというユン・シユンに'突然


パクヒョックォン(ペクカ)はチェ·ムソン(チョン·ボンジュン)に物心両面で助けたいと言う。 まもなく"ユン·シユン(ペクイヒョン)が計画になかった土地文書を献納する"と言うと,驚かされる。

JAMエンタInstagramより


jament_official
今日は緑豆日~
でも,ただの緑豆日ではありません。
⠀⠀⠀
多くの方々がお気になさってお待ちになった
#チョ·ジョンソク俳優の"絹の服"緑豆day
⠀⠀⠀
やっぱりいいのは二度見て三回見なきゃいけないもの
チェミが用意した#ペク若様カットたちと一緒に
⠀⠀⠀
ドキドキ #緑豆の花を待ってみましょうか。💖

今夜SBS 10時、緑豆の花 本放送死守❣
⠀⠀⠀
⠀⠀⠀
#ジャムエンターテインメント#チョ・ジョンソク#CHOJUNGSEOK
#緑豆日#絹の服#着た#ベクイカンでなく#ペク若様#期待満点💜
#今夜#SBS#10時#緑豆の花 #本放送死守

「緑豆の花」OST Part.5 「待っているから」

ダムソネ工房 パク・ヨン


チョジョンソク、ユン・シユン、ハンイェリ主演のSBS金土ドラマ緑豆の花の五番目の音源'待っているから'が発売された。
今回の歌はインディーズシーンで愛されているダムソネ工房ボーカル,"パク・ヨン"が歌唱に参加した。 ダムソネの攻防はピアノ キム・ダムソ、ボーカル、パク・ヨンで構成された女性デュオとして2016年シングル'人たちはなぜ'を発表し、デビューした。

以後,"夜空に","もう一度もっと"などの曲を通じて淡泊で清潔な音楽感性を披露し,"バッドパパ","宮廷女官チャングムの誓い"など多彩なドラマOSTの歌唱に参加し,特有の暖かい音色で魅力的なOSTの感性で視聴者から好評を得ている。

[緑豆の花]OST Part.5'「待っているから」は愛する人に対する懐かしさと切ない感情が感じられる曲だ。 ピアノとアコースティックギター,そしてストリングからなるサウンドは歌に哀切さを加えており,パクヨンの節制された清雅な声が曲の感性に頂点をつける。 春に似合うワルツと共に歌を構成するストリングサウンドは視聴者に大きな感動を与えるだろう。




私の両手が届かないところにあなたがいたら
その記憶が捕まらなくても,いてほしい。
もう私が探すから


何も言いづらいのを知ってただ私が立っているから
何にも言えないけれど私は大丈夫ここで待つから


わからないどんなとこにあっても あなたが幸せになるように
私の希望が届かなくても,夢見てほしい。
そこで会うから


何も言いづらいのを知ってただ私が立っているから
何にも言えないけれど私は大丈夫ここで待っているから


行くなと私の肩を抱きながら言った言葉が
思い出だと思うほど胸が詰まって苦しい。
もうすべてを消そうとして


懐かしさに疲れているだけは一歩もっと踏み出してるから
あまり遠く離れているのを知っているけどそのままそこにいてくれればいい


何も言いづらいのを知ってただ私が立っているから
何にも言えないけれど私は大丈夫ここで待っているから

該当の記事は見つかりませんでした。