FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

EXIT衣装&インタビュー2019年韓国映画遺産収集キャンペーン

彗星のように登場し、興行と作品性の二兎をつかんだ。 イ・サングン監督が初めて演出した商業映画は最大の激戦地である夏市場(7月31日封切り)に公開しておよそ942万人あまり(映画館入場券統合電算網集計)を呼び集め、興行に成功した。 この映画はヨンナム(チョ・ジョンソク)とウィジュ(ユナ)、二人の主人公が欲招かるざる客のようなな正体不明の有毒ガスを避け、ある日の夜からその翌日の朝まで一晩休む間もなく逃げなければならない状況を描いたパニック映画だ。 しかし、災難を視覚的に最大化し、そのような状況に直面した人物の感情を強要する普通の災難のジャンルと違って、災難映画として超えてはならないことが倫理的基準を厳格に守ったという点で、普通の災難映画とはずいぶん違う。 はセックス・恋愛・結婚・出産など四つを拒否する'4B'時代で、かろうじて生きていく青春たちの悩みをジャンル的にアレンジした作品でもある。 映画の上映が終わった後、今月9月20日、韓国映像資料院でイ・サングン監督と会って、映画に対する話を交わした。

EXIT101_convert_20200116071754.jpg

EXIT102_convert_20200116071829.jpg

EXIT103_convert_20200116071908.jpg

EXIT104_convert_20200116071930.jpg

EXIT105_convert_20200116071959.jpg

EXIT106_convert_20200116072027.jpg

EXIT107_convert_20200116072049.jpg

EXIT108_convert_20200116072115.jpg

EXIT109_convert_20200116072211.jpg

EXIT110_convert_20200116072227.jpg

EXIT111_convert_20200116072511.jpg

EXIT112_convert_20200116072531.jpg

EXIT113_convert_20200116072554.jpg

EXIT114_convert_20200116115230.jpg

EXIT115_convert_20200116072713.jpg

EXIT116_convert_20200116072733.jpg

EXIT117_convert_20200116072754.jpg

EXIT118_convert_20200116072814.jpg

EXIT119_convert_20200116072833.jpg

EXIT20_convert_20200116072854.jpg




キムサンフン(シネ21記者):900万観客突破を祝う。 所感から聞いてみなければならないようだ。

イ・サングン:観覧してくれたすべての観客の方々に感謝する。 逆に反応が悪かったら大変なことになるところだったよは思った。 最初は興行が大きく触れなかった。 初の商業映画演出作品なのに、こんなに多くの関心を持ってくれて嬉しいし、嬉しい。 開けて呆気に取られて現実的な感覚もなかったようですが、今になって見れば、本当に大変な夏を過ごしたなぁ~と思いながら楽しかったデビューだったと思う。 周辺でもみんな好きになってくれた。

キム・ソンフン:多くの観客が見た分だけ観客ら評価も多様ではないか? SNSや映画関連コミュニティに掲載された評価の中で気に入った向きがあるか。

イ・サングン:とても多くて一つを決めるのは難しい。 (笑)毎回観戦しながら映画に植えておいた、計算された美術的な装置を探し出して、ツイッターに上げる観客がいる。 概ね演出した装置もあるが、個人的な楽しさのために植えておいた装置もある。 名前、衣装、色こんなところに意味を付与したものがあるが、観客たちがそんなことを調べて意味づけもたくさんしてくれてくださって、びっくりした。 これが容易に接近するのがないという気がした。 ただすれちがうこともあるが、几帳面に探している観客らが、遊び文化のような面白さを感じたのかもしれない。


キムサンフン:自分を義務消防出身だと紹介した観客が残した観覧口コミが印象的だった。 災難映画を構想する過程で、'災難安全対策の現状'ようなマニュアルを親切に説明しておきたい意図もあったのか。

イ・サングン:積極的に観客に知らせなければならないという意図はなかったが、映画で人物たちが生き残るための方法を研究した。 ヨンナム(チョ・ジョンソク)とウィジュ(キム・ユナ)、二人がどのように生き残ってするだろうかという面で、現実的な対策を講じてみると、自然に出た設定だ。 普段も地下鉄を乗って通いながら地下鉄の床に表示された案内点字ブロックのようなものも意味があり、防毒救護することのようなものも写真を撮っておいて、危急状況によって生存方式に対する調査も別々にした。 民防衛訓練に行って講師に連絡先を聞いて別に調査もした。


キムサンフン:民防衛訓練で講師の方が退屈な話をすることよりを見せてくれてどうかな?という考えもした。 (笑)たとえば保育所でを教育用に流してくれたら?

イ・サングン:事実、現実に合わない部分がもっと多い。 例えば、防毒マスクと防毒フィルターのようなものも交替する際、10分という時間の制限設定を行ったものであり、どのようなガスかによって異なり、一日の間使用することができる防毒マスクもあるという。 映画で見せてくれたやり方が正確ことよりも、映画のための蓋然性だと考えてくれたらいいな。


キムサンフン:初め物語の出発が気になる。 どのようにガステロ・災害に対する話を構想することになったのか。

イ・サングン:以前、オウム真理教事件もあったし、社会的に有毒ガスが話題になったことがあった。 タクシーを乗っていく途中にラジオで専門家らが有毒ガスについて詳しく説明するのに入った。 有毒ガスの種類によって、空気と重さの違いによって10メートル以上上昇しないで敷かれているガスがあるという話を言ってたよ。 その時にきっぱり浮かんだしたイメージがあった。 霧の都市のような感じと、その上にある人たちが閉じ込められていると、その中で防毒マスクをかけた青年たちが走り回るそんなんな見慣れないイメージが湧いてきた。 このアイディーをメモしておいた後、徐々に発展させていった。 通常はイメージを思い浮かべながら、文章を書き始めたほうだ。


キムサンフン:ヨンナム母親(コ・ドゥシム)の還暦のパーティーシーケンスは、今まで見てきた韓国映画の中の還暦祝いの宴会の中では最も韓国的に描写したようだ。 この場面を構想する過程でどんな悩みをしたのか。

イ・サングン:家族が多い家族で生まれ育った。 親戚たちがそろったら大騒ぎになった。 おばあさん、還暦の宴の際に汗流しながら踊って遊んでそうだった。 我が家だけがそうと思っていたが、他のお祭りに行ってみたらそうやったよ。 (笑)私の経験を反映して設計したシーンだが、それがとても韓国的な情緒で受け入れられていたようだ。 そのための空間で、ドレスを着てステーキを切ったらおかしくないか。

この後インタビューは
映画の内容に関するすることも入ってくるので
↓Read More↓で


該当の記事は見つかりませんでした。