FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

「賢い医師生活」OST Part11

賢明な医師生活OST P11




まず一番目トラックは歌手ウヒョ(OOHYO)の'生きていれば사노라면 ( サノラミョン)'で、チョンイングォンが歌った原曲をリメークした曲だ。



'賢明な医師生活'を通じて再解釈された'生きていればは温かくトレンディなシンセサイザーと歌唱を担当したウヒョの純粋で淡泊な声が完璧な調和を成した歌だ。 叙情的な前半部、明るいリズムが加味された後半部が印象的で、'愛の不時着'、'メロが体質'、'花様年華'など多くのドラマOST作業に参加している作曲チームNoddedが編曲を務めた。 歌唱を担当したウヒョは去る1987年に発売されたチョンイングォンの原曲、1998年に発売されたキムジャンフンのリメークバージョンとはまた違った自分だけのスタイルの曲を誕生させて感動を与える。 ウヒョは人生に対する肯定的な歌詞を淡々とした声として描き、劇中で伝えたいメッセージを温かく伝える。




さらに、OST Part 11 2番目のトラックはチョンミドの'愛するようになると思っていた'で、チョンミドが劇中の熱演に続き、OST歌唱にも直接参加したという点で注目に値する。

この2006年シンヒョボムが発売した原曲を新たにリメイクした'愛するようになると思っていたよ'はチョンミドの本当の歌唱力を見せてくれる反転が生きている曲だ。 実際にチョンミドはこの2006年ミュージカル'ミスターマウス'でデビューし、'ドクター・ジバゴ'、'スウィニートッド'、'ウェルテル'など多数のミュージカル作品に参加するなど優れた歌唱力を備えているという。 チョンミドは、今回のOSTを通じて本人の実力を遺憾なく繰り広げ、ファンの驚きをもたらすものと期待される。 'アロハ'が、音源チャートで好成績を見せてくれただけに、チョンミドの'愛するようになると思っていたよ'やっぱりファンたちの大きな反応を得るものと予想される。

また、'愛するようになると思っていたよ'はこれに先立ち、OST Part 7のジェイラビットの'君はいつも'を編曲したシンガーソングライターThe O、バンドMoonkockとして活動中のオドンジュンが編曲を担当して復古的なシンセサイザーサウンドと多彩なリズム・セクションを配置し、現在流行するニュ-トロ(新しいレトロ)コンセプトとして再誕生させた。

http://program.m.tving.com/tvn/doctorlife/9/Board/View

【続報】「賢い医師生活」OST

韓国のらぶじょんずさんに
日本の販売サイトから
「賢い医師生活」OSTが製作中止という連絡があったことを
お伝えしたところ
韓国でも

「一度、オーダーした分に関しては
返金されるようです」

とのことでした。

ただ
5/29発売予定!と銘打って
あれだけの特典も一緒に詳細な告知を
5/19にしたことを考えると…

発売時期か方式が変わるだけで
OST発売という展開になることを
念じて
待っていたいです←気持ち的に

「賢い医師生活」11話視聴率

★チョ・ジョンソク→チョン・ミド同期5人組の人生第2幕予告...自己最高13%突破

ishi11-31.jpg

賢明な医師生活'が各自の幸せのために最善を選択しようとする5人組の姿を通じて共感を形成、平均13%の視聴率を突破し、視聴者らの没入を高めた。


この21日に放送されたtvN 2020木曜スペシャル'賢明な医師生活'11回はケーブル、IPTV、衛星を統合した有料プラットフォームで世帯の平均13.1%、最高14.3%を、tvNのターゲットの男女2049の視聴率では平均9%、最高9.9%で、地上派を含む全チャンネル世帯、ターゲット、1050全年齢帯で同時間帯視聴率1位を占めた。 (有料プラットフォーム全国基準/ニルソンコリア提供)

同日、放送では人生2幕を控えた重要な時期に入ったイクジュン(チョ・ジョンソク)、ジョンウォン(ユヨンソク)、ジュンワン(チョン・ギョンホ)、ソクヒョン(キムデミョン)、チェソンファ(チョンミド)の新たな挑戦と選択が視聴者たちの共感を高めた。

先にこの放送では意識を失ったまま救急治療室に運ばれてきたソクヒョンブ(ナムミョンリョル)の状況に再び危機を迎えたソクヒョンの姿が遺憾を買った。 病院に一人で呆然としていたソクヒョンはソンファに"悲しいのか胸がすっきりしたかわからないよ。 表情もどうすれば良いかわからない"だと淡々としたが、少しは混乱したように言った。 5人組は順番にソクヒョンブの状態をチェックしたが、ソクヒョンブは結局、意識を回復していないまま、この世を去り、友達はソクヒョンのそばで彼を慰めながら力になってくれた。

ジョンウォンは病院長(チョ・スンヨン)に今年まで病院にいると述べ、その消息を伝えて聞いたロサ(キム・ヘスク)は衝撃を受けた。 病院にきたローサは幸せな笑みを浮かべ、キョウル(シン・ヒョンビン)と一緒にいる庭園を発見、理事長(キム・カプス)に"私思い出した。 私たちのジョンウォンが神父ではなく、私の息子で暮すことにする最後の方法"と述べて、確信に満ちた表情をして疑惑を増幅させた。

ロサが思った最後の方法の鍵はキョウルだった。 ロサはキョウルに会い、"先生とうちの子と話する姿を見ました。 私はジョンウォンが目を見てもちょうど知り。 うちの子がいつも大切に、好きな人だな"とし、キョウルを温かく見つめた。 何の返事もできないキョウルにロサは"私の干渉で間違った直感の可能性もあるが、それでも最後の希望として先生に無理な願い一つだけします。 先生がジョンウォンに神父放棄して病院に残ってほしいとお願いをしてください"と切実に述べ、キョウルは困惑して途方にくれて言って、視聴者たちの好奇心を高めた。

一方、神経外科の会食の席に出席したイクジュンはゲームにかかり、ソンビン(ハユンギョン)は"私たちのチェソンファ先生に一度でも異性的な感情を感じてみたことがある、ない?"と尋ねた。 しばらく物思いにふけったイクジュンは返事の代わりに焼酎を飲んでは"ノーコメントするよ"と述べ、ソンビンは"これは何のノーコメントです。 イエスだ!"と会食雰囲気を盛り上げた。 以内ゲームにまたかかったイクジュンに代わってお酒を飲んだチホン(キムジュンハン)は"私が飲んだんだから訴願話してもいいのでしょう?"と"ちょっと前にした質問回答してください 教授、チェソンファ教授の異性だと感じたことあると思います。"と真剣に尋ねた。 みんなが集中した瞬間イクジュンは"うん。あった"と答えて、興味津さを加えた。

また、ジュンワンはイクスン(クァク・ソンヨン)李博士課程のために英国に行くことになった状況で、遠距離恋愛を選択することになった。 時差が8時間で連絡することも容易ではなく、お互いに誤解して戦うんと心配したイクスンにジュンワンはまだ起きてもいないことをどうして今から心配するかと彼女を安心させた。 ここにイクスンが希望すれば5年でも10年でもこんなに過ごせると心強い言葉でイクスンを感動させた。

特にソンファは一年だけ束草(ソクチョ)分院に向かうという爆弾宣言をして友達を驚かせた。 すでに病院長にも話したというソンハにジュンワンは"何言ってんの? お前は、そんなことを、どうして相談もせずに一人で決定して?"と興奮して遺憾を吐露した。 ソンファは"私の首がたくさん痛い。 少し休まない。 ちょっと休みながらディスクの治療もしてできなかった勉強もしたい"と述べ、遺憾を買った。 すぐソンファは週末にはソウルに来つもりでVIP病棟手術を獲得できるのと友達を安心させた。 各自の幸せのために最善の選択をするようになった5人が再び散ることになるかも知れない状況は視聴者たちの好奇心を極大化、12話を期待するようにした。

一方、'賢い医師生活'は誰かは生まれて誰かは、生を終えた人生の縮小版と呼ばれる病院で平凡なように特別な一日一日を生きていく人たちとまなざしだけが見てもわかる20年来の友達たちのケミストーリーを描いたドラマだ。 毎週木曜日午後9時に放送される
http://www.xportsnews.com/?ac=article_view&entry_id=1274109

「賢い医師生活」11話あらすじ記事

もうバチバチしてて
目が笑ってないですもん2人とも(>_<)💦

見てるこっちも
力が入った11話←
あらすじ記事です。



★チョ・ジョンソク、酒に酔って告白"チョン・ミド女に感じた"
シン・ヒョンビン、ユヨンソク神父なるの防ぐのか?


賢い医師生活'11話でジュンワン(チョン・ギョンホ)は手術の休憩室でイクスン(クァク・ソンヨン)と電話デートを楽しんだ。 イクスンは"私今週にはソウル行く。 私の兄の家で寝たらなる。 ウジュとても会いたい"と話した。

その瞬間イクスンの兄であるイクジュン(チョ・ジョンソク)が入ってきた。 ジュンワンは電話を切らず"そう? じゃ~お兄さんがその家に行く。 理由なんか作ればいい"と"愛してる"と話した。 イクジュンはジュンワンの電話を盗聴しようと彼の体の上に乗って笑いをもたらした。

ishi11-28.png

イクジュンは"今回はかなり長持ちする。 なかなか良い人みたい?"と聞き、ジュンワンは真剣に"うん"と答えた。 イクジュンはジュンワンの女友達が自分の妹ということを知らない状況。 それで"似合わない、その真剣な表情など。 変えてくれる?"と大したことはないように乗り越えた。

さらに、イクジュンにもイクスンの電話がかかってきた。 今度はジュンワンがイクジュンの対話を盗聴しようとした。 しかし、彼はズワイガニの食べたいというイクスンの言葉を聞いて数日後、イクジュンの家にズワイガニを買って行った。 イクジュンの家でデートしたい気持ちだった。

驚くイクジュンにジュンワンは"宇宙がだいたい好きというたくさん買ってきた。 家に急に水が出ない。 手抜き工事"と釈明した。 イクジュンは"水も出ないんですけど、こざっぱりしたお兄さんセッティングは何だ"と指摘した。

イクジュンは二人を家に置いて病院に行ってくると言った。 ジュンワンは"遅れて。 一人でいる時間お久しぶりだが、"だと述べ、イクスンも"ウジュ、我々がよく見ているから。。 遅く来ても良い"だと擁護した。 これにイクジュンは"お前らの事こそ、争っていな"と転じた。

彼が行くやいなやジュンワンは皿洗いをしているイクスンにバックハグし、"おいて。お兄さんがやるよ。 兄皿洗いをよくして"とキスした。 その瞬間イクジュンがまた入って来、驚いたジュンワンは床に倒れて拭き掃除しているふりをした。

二人の愛は熟した。 ジュンワンはイクスンが留学を行くことになると、"私がこの年で遠距離恋愛するとは知らなかった。 すまないと思わないで。 いいチャンスじゃない"と慰めた。 イクスンは"お兄さん3年後には、四十三歳だ。 時差が8時間でお互いに連絡すること易しくないだろう。 それではお互いに誤解して戦うんだ。 そのまた、別れてそうだね?"と話した。

ジュンワンは"お前まだ行ってもなかった。 おきてもいないことをなぜもう心配して?"と述べ、イクスンは"お兄さんは結婚もしたいし、子供も持ってたくなっちゃうじゃない。 私のせいで時間の浪費するのなら本当にすまなくてどう"と本音を打ち明けた。

ジュンワンは"君が望めば5年度待てるよ。 私が願うのは結婚ではなく、あなたと長く一緒にいるのだ。 もちろん、結婚したく。 しかし、君が嫌ならしなくてもいいよ。 今も私はとてもいい。 3年すぐだ。 40年も待ったが、まあ"と微笑んだ。

ishi11-29.png

チホン(キムジュンハン)はソンファ(チョンミド)に夕食を一緒に食べようとした。 自分の誕生日だったからだ。 彼は自分を連れてきたソンファに"もらいたいプレゼントあるが、"だとし、"タメ口一度だけしてもいいですか。 線超えないです。 気をつけて行って。 月曜日に病院で会おう"と肩を軽くたたいた。

イクジュンはソンファがいる神経外科の会食に従って行った。 後輩たちは、お酒を飲みながら真実ゲームをし、イクジュンがかかると"私たち、チェソンファ先生に一度でも異性的な感情を感じてみたことがあるない?"と尋ねた。

ソンファは"私たち本当の友達だよ"と述べたがイクジュンは答えずお酒を飲んだ。 これを見たチホンは妙な表情を浮かべた。 続いて再びイクジュンがかかっており、今度は初恋質問が出た。 すると、チホンが代わりにイクジュンの酒を飲んだ。

彼は"私が代わりに酒飲んだので、願いの話してもいいのでしょう? 少し前にした質問回答してください。 チェソンファ教授を異性だと感じたことあると思います。"とイクジュンに堂々と聞いた。 酒に酔ったイクジュンは"うん、あるよ。当然ある。 ところでそれがそんなに知りたい?"と問い返した。

酔ったイクジュンを連れてソンファは帰宅したが、ジョンウォン(ユヨンソク)とジュンワンがいるカラオケに行った。 イクジュンは'愛するようになると思っていたよ'を意味深長に呼び、隣で聞いていたチェソンファも意味深長に彼を見た。

酒に酔って歌を聴いていたジュンワンの表情も硬くなった。 先立って、彼はイクスンにプレゼントをあげようとしたが断固として拒否するため、エア・ポットを与えた。 しかし、彼が持っていたくれなかったプレゼントは、指輪だった。

ソンハを好きな内本の頭も複雑になった。 2016年初出勤の時を思い浮かべたが、エレベーターで会ったソンハに一目ぼれした彼だった。 ソンハに"もしインターン? 私がインターン初出勤なのに同期なのかと思ってです"と言ったジュンワンはソンファが担当教授として登場し、今まで心に抱いていた。

ishi11-30.png

一方、ジョンウォンは病院長(チョ・スンヨン)に"今年で、医師やめる"と伝えた。 理事長(キム・カプス)は、ジョンウォンが神父になることをひどく反対しジョンウォンのお母さん(キム・ヘスクさん)に"ジョンウォンがあきらめたの容易ではない。 もう苦しませてやめたいこととしよう。 あなたは私と遊んだらいいじゃない"と話した。

ジョンウォンの母も徐々に心を畳んでようにしていた。 ところが病院でジョンウォンがキョウル(シンヒョンビン)と幸せに笑うのを見ながら"私たちのジョンウォンが神父ではなく、私の息子で暮すことにする最後の方法思い出した。 某でなければ道なのに最後に投げてみよう"、微笑んだ。

それでキョウルを呼び出して"先生とジョンウォンと話する姿を見た。 定員が目つきだけを見ても分かる。 うちの子がいつも大切に、好きな人だな。 うちの息子は、良ければいいといやならいやだ通りに顔に見える子だ。 干渉で間違った直感の可能性もあるが、最後の希望として先生に無理な願い一つだけします"とお願いした。

冬は"私はアンジョンウォン教授に何でもない人だ"と話したが、ジョンウォンの母は"先生がジョンウォンに頼み事をちょっとしてほしい。 神父放棄して病院に残ってほしいとお願いしてほしい"、手を握った。

代わりにソンファが、束草(ソクチョ)の分院に移ると友達に爆弾宣言をした。 "1年だけ束草(ソクチョ)分院に行くことにした。 首がたくさん痛い。 少し休まない。 そこは手術が少ないから休みながらできなかったもっと勉強したい。 VIP病棟は手術スケジュール事前に出ればなあ"と言って友達を当惑させた。

http://osen.mt.co.kr/article/G1111358547

該当の記事は見つかりませんでした。