FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

明日になれば最後のイクジュンDAY!



jament_official
👨‍⚕️明日になれば最終のイクジュンDAY👨‍⚕️

😢明日が早くきたらいいけど、
🤦来なければととても複雑な心

🥼とても可愛いジョンソク俳優台本ショット見ながら
🥺、残念な心押して盛り込んで私たちは明日会いましょう!

#ジャムエンターテインメント#俳優#チョ・ジョンソク#chojungseok
#tvn#drama#賢い医師生活#イイクジュン
#明日の夜9時#TVの前で_会いましょう #📺

「賢い医師生活」出演子役くんInstagramより

ドラマの中で
ずっと肝臓の模型を持っていたのが印象的でした(^-^;

12話も登場ということは
あの家族も引き続き登場ってことですよね




yul_pley
#20200521
#記録
#tvn#賢い医師生活11話
シユルは12話来週にも出ます😜
ママパパ、シユルがすべてファンのうちのスター🤩
#チョ・ジョンソク俳優さんやっと出会った😍🤤フフフ
大俳優さんは、人間性も👍#もはも同様に、よりという。 ママ私心いっぱいに来た日🎶🎶🎶
行く前からわくわくと言っていたシユルの感想は"やっぱりイケメンだよ。"🤭

「賢い医師生活」チョ・ジョンソク→チョン・ミド、99ズが挙げた最愛の瞬間

「ほう~
そのシーンですか~」
とか、

「あぁ、やっぱり!」
とか
思いながら記事を読みました




ishi12-4.jpg

毎週視聴者に慰労と共感を伝え、お茶の間にヒーリングをプレゼントしているtvN木曜ドラマ'賢い医師生活'(脚本イ・ウジョン、演出シン・ウォンホ)がシーズン1放映の中止を翌日に控えて俳優たちが直接挙げた最愛のシーンを公開した。


#チョ・ジョンソク、イクスン部隊へのびっくり訪問"家族愛を感じさせてくれた場面"

チョ・ジョンソクが選んだチェエ場面は9話エンドでイクスンの過去の傷をチホン(キムジュンハン)に聞いたイクジュン(チョ・ジョンソク)が黙って妹の部隊を訪問し、視聴者たちの心を痛めた場面だ。

チョ・ジョンソクは"イクスンの軍部隊を訪ねたシーンは短かったがとても強烈だった場面として記憶する。 実際に妹がいない私に新たな家族愛を感じさせてくれた場面"と明らかにした。 また、ジョンウォンが(ユヨンソク)が積立貯金の記念で友達にトッポッキを買ってくれる8話シーンも最愛のシーンで一緒に挙げた。 "事実5俳優が一緒にするシーンは、とも好きだ。 トッポッキ屋さんシーンはお互いにとてもたくさん笑って楽しく撮影してもっと記憶に残る"と伝えた。



#ユ・ヨンソク、カノン合奏"一曲を向けてどんなに一生懸命に努力したのかを分かるためにさらに愛情"

ユヨンソクは5人とも完璧な演奏実力を披露して、視聴者たちの爆発的な反応を得たカノン合奏シーンを最愛のシーンに挙げた。 彼は"事実最愛のシーンを選ぶとすれば、これまでに登場した全てのバンド合奏の場面だ"と毎回登場したバンド合奏場面が最愛シーンと伝えた。

ともに、"その中で特にあのん合奏場面を最高に挙げておきたい。 私たちがその一曲を向けてどんなに一生懸命に努力したかどうか私たちのメンバーはお互いに知っているために人並みならぬ愛情がいく場面のようだ"とし、長い間、精魂込めて練習しただけに、カノン合奏シーンに愛情が行くと伝えて目を引く。


#チョン・ギョンホ、カルグクス モクバン(食べる)シーン"5人組ティキタカ※ケミの開始

※ティキタカ
元々はサッカーのサッカーの戦術を指す言葉。
短いパスと長いパスを交わすような会話
友達同士が会話の話が合うとか息が合うという意味


チョン・ギョンホが挙げた最愛のシーンは5人組の自然な演技の呼吸が20年チンウチョンdを立証し、熱い反応を得たカルグクスモクバンシーンだ。 チョン・ギョンホは"5人組のティキタカケミをきちんと見せ始めたシーンであり、戦闘組チョソンファ(チョンミド)とジュンワン(チョン・ギョンホ)モクバン開始を知らせるシーンと愛情が行く"と理由を明らかにした。

ここにベンドゥシンに対する格別な愛情を示した。 彼は"1話から12話まで出ているすべてのバンドシーンが記憶に残る"と伝えた。 特に"ドラマ撮影前からレッスンを受けてミドとパラソルが集まって一緒に練習して合奏一時間。 そしてその努力の結果物を撮影、放送に出た全ての瞬間が幸せだった"とバンドシーンのために駆けつけた時間が記憶に残っていると明らかにした。


#キムデミョン、ミナ(アンウンジン)を称賛-謝罪する場面"人間的にも、医師としてもさらに成長するようになった場面"

キムデミョンが選択したチェエ場面はソクヒョン(キムデミョン)とミナが心の中に留めておいた言葉を率直に分けたシーン。 応急状況の中でも最後まで患者のために責任と最善を尽くしたミナを称賛し、これまでの無関心さに対して心から謝罪するソクヒョンの姿は視聴者たちに深い余韻を残した。

キムデミョンは"ソクヒョンとミナすべての人間的にも、医師としてもさらに成長するようになったシーンであるようだ"と伝えた。 また、習慣性流産に苦しむ産婦に流産は疾病でないと言って感動を与えた6話シーンについても"ソクヒョンだけの淡々として率直な上に多くの方々が共感を送ってくださったようだ"と記憶に残る場面と伝えた。


#チョンミド、ソクヒョンを慰す友達"笑っていたが、変に胸がキュンとした場面"

チョンミドが挙げた最愛のシーンは大変なソクヒョンを訪れた友達が彼らだけの方法でソクヒョンを慰めたシーン。 父のことで複雑な心に一人で音楽を聞いていたソクヒョンの前に現れた友人たちの突拍子もない姿がむしろ共感や慰めを買った場面だ。

チョンミドは"ソクヒョンには雄大なそのどんな言葉より、慰めになったようだ。 笑いながら撮影したが、変に胸がキュンとした場面"とし、選択した理由を伝えた。 また、1話小さな倉庫で5人が集まる場面も"倉庫ドアが開かれ、過去に入るようだった。 20代に立ち返ったようで気分が妙た"と最愛のシーンで一緒に挙げた。

一方、'賢い医師生活'は誰かは生まれて誰かは、生を終えた人生の縮小版と呼ばれる病院で平凡なように特別な一日一日を生きていく人たちとまなざしだけが見てもわかる20年来の友達たちの明美ストーリーを描いたドラマだ。 毎週木曜日午後9時に放送され、28日午後9時に最終回が放送される。
http://enews24.tving.com/news/article?nsID=1344135

「賢い医師生活」チョ・ジョンソク"イ・イクジュン向けた愛感謝…頑張って準備して戻ってくる"終映所感

最終回は寂しいですが←何回も言う(;^ω^)
「頑張って準備して戻ってくる」って言ってくれる最終回は初めて

その間、ネットフィリックスの日本の順位をUPされるべく
「おさらい賢い医師生活シーズン1」して待ちます!!!



ishi12-3.jpg

俳優チョ・ジョンソクが'賢明な医師生活'の終映を翌日に控えて心に満ちた所感を明らかにした。

木曜日の夜のお茶の間劇場を掌握し、毎週の熱い反応を得ているtvN 2020木曜スペシャル'賢い医師生活'は誰かは生まれて誰かは、生を終えた人生の縮小版と呼ばれる病院で平凡なように特別な一日一日を生きていく人たちとまなざしだけが見てもわかる20年の友達のケミストリーを描いたドラマに来る28日、最後の放送を控えている。

これにチョ・ジョンソクは"私のドラマ'賢明な医師生活'を通じて、多くの方々が大変な時間の中の小さなヒーリングと良好な元気を受け取ったできたことを願い、ドラマのために努力してくださった全てのスタッフの方たちと、俳優そしてあふれる愛と愛情を送ってくださった視聴者の方々のおかげさまでドラマをうまく終えることができたと思います"とし、作品のために尽くした彼らと視聴者たちに感謝の意を伝え続け、"ドラマ'賢明な医師生活'とイイクジュンをたくさん愛してくださった方々に心から感謝する"と本気のこもる心が盛り込まれた最後の抱負を語った。

また、"いい作品を会って良いキャラに会ったのも本当に幸せだったがともに、いい人に会って意味深い時間だった。 撮影現場ではいつも幸福感が感じられ、楽しかったので、とてもたくさん残念だったりする。 しかし、私のドラマが、シーズン制であるだけに、次シーズンに向けて熱心に準備して再び帰るつもりだ"と作品を向けた特別な愛情と次シーズンに対する期待感を増している挨拶の言葉を付け加えた。

チョ・ジョンソクは、今回の作品で肝胆膵外科教授イ・イクジュン役に扮し病院内の全ての人たちとよく似合う魅力的なキャラクターで、チョ・ジョンソクの柔軟な演技と自然な演技の呼吸によりキャラクター消化力を極大化し、視聴者たちの大きな愛を受けた。

また、劇のバンドのボーカルとして生の喜怒哀楽と愛、友情を描いた多様な曲を心深く感じられる歌詞伝達とユニークなボーカルに呼んで熱い反応を得ており、彼が歌唱したOST'アロハ'は一ヵ月が経った現在まで音源チャートの上位圏に上がってまた他の領域を成功させた俳優チョ・ジョンソクの真価を立証した。

このように初放送から降り注ぐ好評の洗礼を得て、視聴者らの耳と目そして心まで完璧に虜にしたチョ・ジョンソクの'イクジュンホリック'活躍は帰るシーズン2の期待の大きな役割を果たした。

一方、'賢い医師生活'の最終回は28日午後9時に放送される。
https://n.news.naver.com/entertain/article/311/0001152243

該当の記事は見つかりませんでした。