FC2ブログ

見ていると自然に笑顔になって 幸せな気分になって 人生が楽しくなる!

「キング ~Two Hearts」を見てウン・シギョン役         チョ・ジョンソクのファンになりました

チョ・ジョンソクがすごく大変だった&目つきと声が特別な理由&世界で最も面白い

逆鱗は公開22日で
累積観客数370万人突破です

逆鱗15

インタビュー
いいことたくさん話してますよね~
運動音痴じゃなかとか←ww


ヒョンビンがインタビューで
ジョンソクさんとのシーンに関して話しているので
その部分を抜粋してきました。


ヒョンビンはジョンヒョン閣の決闘シーンを使って派手なアクション演技を披露している。何よりもチョ・ジョンソクと鋭い目つきを見せてお互いに刀を狙う場面は「逆鱗」で最も印象深い場面でもある。
逆鱗記事6

「チョ・ジョンソクとアクション呼吸に大きく問題はなかった。

しかし、チョ・ジョンソクがすごく大変だったんだ。

雨に3週間ほど当たって私の所に入ってきたが、これを接続する必要がするから、室内の中でも濡れた状態を維持する必要があった。特に演技呼吸に問題があったことはなかった。危険だったのはお互いに剣を刺す場面なのに、本物の剣を使用した。服の中に木の板をあてて撮影に入ったものの、刀が少し外に出ると危ない状況だった。」


http://star.mbn.co.kr/view.php?no=785321&year=2014



★チョ・ジョンソク、「逆鱗」の中の彼の目つきと声が特別な理由は?

逆鱗記事62

俳優チョ・ジョンソクが声と目つきで女心を制圧した。

先月30日封切りした映画「逆鱗」は、損益分岐点を軽く突破し、安定した興行勢を引き続いている。朝鮮第22代王の正祖を殺害する陰謀を構えた精油政変を素材にしたドラマの中でチョ・ジョンソクは朝鮮最高の殺手なウルス役を演じる。ヒョンビン、チョ·ジェヒョン、チョン·ジェヨン、ハン·ジミン、キム·ソンリョンなど超豪華キャスティングで公開前の話題を集めた「逆鱗」でチョ・ジョンソクは多くないセリフの中でひたすら演技力で存在感を発揮した。これには様々な感情を行き来する中でそっくり表わし出した目の演技が功を奏しに作用した。

「小さな例として、遠距離と近距離をそれぞれ見たたときの人の瞳孔が異なります。このように感情がどこまでいくのかに応じて、表現のディテールが異なるのですよ。ウルスの感情や状況にとても集中した状態で演技しました。」

箸だけで首を掘削残酷な殺手が、愛する女性のウォルヒェ(ジョンウンチェ)に向けたときめきは、自分の命を脅かす老人クァンベク(チョ·ジェヒョン)の前で恐怖と怒りを表現した特に強烈な殺手の目つきに反して、時には善良出てくる声の演技は感動させる理由を持った悪役であるウルスを表現し出すために資格があった。

「実は私が思っていたウルスの姿を表現するために、音声についてはすごく悩みました。それを分かってくれる方々が本当にありがたくてね。」

逆鱗記事50

これは、それぞれの人物の話が展開の中心軸を成した今回の映画で殺手のキャラクターに向けた没入を助けた。

「表面に現れていないシナリオの内容以外の部分が最も重要でした。正祖(ヒョンビン)を殺しに行く名分がすぐに立たなければだし、それに応じて基礎からきちんきちんとウルスの子供の頃から成長背景まで研究したんです。」

チョ・ジョンソクはウルスが渡し舟で初登場する姿をもっとも印象深い場面に挙げた。"初めての台本を受けたとき'揺るがないないウルスの目'というふうに書いてありました。その時ウルスの話が一気に読まれました。そのシナリオ自体とキャラクターにとても惹かれて作品を選んだし、一編の東洋画のような最もすばらしい場面でした。"

映画'建築学概論'、KBS 2TVドラマ'最高だイスンシン'などで愉快で粗雑さを行き来しながら個性を示したコックピットの、重厚な演技の変化に関心を集中しなければならない理由だ。

http://www.baekn.com/view/news_view.php?varAtcId=8198


★チョ・ジョンソク"演技に飽きることはありません、世界で最も面白いんです

逆鱗記事63

王を殺してこそ、生きる男性、朝鮮最高の殺手なウルス。自分の命の行方を握った老人クァンベク(チョジェヒョン)の前で彼のまなざしには彼の目には、恐怖と怒りが渦巻いていて、愛する女性ウォルヒェ(チョン・ウンチェ)を向けた胸の震えがあらわれている。

「どこを見ても、人の目は、遠距離、近距離が違います。このように感情がどこまで伸びていくのかに応じて、演技のディテールも異なります。ウルスの感情や状況に応じて最良の状態に焦点を当てました」

ヒョンビン、チョン・ジェヨン、チョジェヒョン、ハン・ジミン、キムソンリョン、チョン・ウンチェなど超豪華キャストで大きな期待の中に公開した映画'逆鱗'(イジェギュ監督)が興業傾向を続けている中、俳優チョ・ジョンソクが一躍引き立ってスクリーン観客の心を盗んだここには卓越した目つきと声の演技を披露したチョ・ジョンソクのキャラクター解釈が功を奏しに作用した。

"ウルスが育ってきた環境、正祖を殺しに行く名分などウルスをめぐった背景が私には最も重要だったのです。かっかと燃える目にするかなど各状況ごとにウルスはどう対処するのか、基礎から少しずつ分かっていかなければならなかったです。"

老人クァンベクは子供たちを凄惨な環境の中に閉じ込めて王の暗殺者に育てあげた。クァンベクによって'二百二十やつが'という名前を血のもつれなどに留めたウルスはそのところで出会った兄ガプス(チョン・ジェヨン)と友情を交わしてが、依然としてクァンベクの手からのがれなれなかった。王を殺す悪役だが、彼だけの事情のせいで観客が共感して同情するしかなかった人物ウルスであった。これふさわしくチョ・ジョンソクは、強烈な目つきを表現しているのに対し、善良な声でセリフを処理して、キャラクターの完成度を高めた。

逆鱗記事100

"私が思ったウルスの性格を表現するため、音声については凄く悩みました。それを認められている方たち本当にありがとうございます。"

チョ・ジョンソクは"ウルスとは子供が感情をたくさん噴出するスタイルではないことだと思った。痛くても我慢しないといけないことが多かったこと"と分析したとし、イジェギュ監督やシナリオに存在しない背景について多くの討論を行ったとした。

イジェギュ監督は、朝鮮時代の精油政変をベースにした'逆鱗'で正祖を殺さなければならない者たちと王座を守らなければならない者たちの対立を打ち出した。この中でそれぞれの人物が持つそれぞれのエピソードを表出するのに努めたが、むしろ観客の集中力を分散させたという酷評も続いた。これに対してチョ・ジョンソクは'人物同士の関係性'を強調する。

"誰もが知っている素材である歴史的事実をもとにした今回の'逆鱗'は正祖とガプス、ガプスとウルスなど、各人物のからみ合った関係を重点に描いて出しました。そしてこれを語る構成力に観戦ポイントがあると思います。その部分に集中すると、観客の方たちがもっと面白く感じます。"

人物の関係が主な柱となった'逆鱗'について観客たちはウルスとウォルヒェのラブライン分量に対して残念という評価を発表したこともある。チョ・ジョンソクは"適切と思いました。ガプスとウルスの中でメッセージが出なければならないと思います。ラブラインが長くなっていると、その点が薄れることを、ラブラインはただ王を殺しに行くための名分であるわけだからです"と快く言及した。また今回の「逆鱗」は、時代劇物にもかかわらず、むしろ人物たちが現代のトーンのセリフを駆使して好き嫌いの反応を呼び起こした。

「時代劇に出てくる人物たちのように「何をするのか?」と、実際に当時の人々が話をしたでしょうか。全羅道地域の人々は、「何をするグルニャ」としていたのでしょう。映画「冠動脈」の時もそうだったが、その時代を知るために、想像力を広げる方法を動員しています。"

逆鱗記事6

'逆鱗'を3回観覧したというチョ・ジョンソクは、このように作品に対する愛情を残していた。

"一冬に雨に降られながら、ジョンヒョンガク決闘シーンを撮りました。その決闘場面だけで1ヵ月ぐらいかかって'ジョンヒョンガクがなんで、ジョンヒョンガクに侵入して行くのがこんなに大変か'と私たちの間で話したこともあります。屋根の上で主に遊んで、、最後の決闘においては、単に腕が短いという理由で、正祖になって残念ですね。それでも

MBCドラマ'・ザ・キングトゥ―ハーツの'際に得た

'運動音痴'という誤解を今回の機会に解くことができました。"


笑い話として愉快な面貌をほのめかした彼は、映画'建築学概論'の納得がキャラクターを通じて大衆に広く顔を知らせた溢れる演技で個性派脇役を演じたチョ・ジョンソクはその後MBCドラマ'・ザ・キングトゥハ―ツ'、KBS 2TVドラマ'最高だイスンシン'、映画'観相'など出演した作品ごとに話題を生み出し、主演として浮上した。まず、ミュージカル舞台を通じて演技者の戸をたたいた彼は堅実な歩みを続け、デビュー10年を迎えた。

"していると飽きることもあるでしょう。。私は芝居が飽きがこないです。もちろん休みたい思いはします。体力的に疲れるとき旅行も行きたいです。彼より私は演技がとてもおもしろいです。演技が退屈になるなら、私はとても不幸になると思います。世の中に面白いものはないようです。"

逆鱗記事18


舞台は活き活きした現場で、ドラマと映画はアングルを盛り込む美学とし、チョ・ジョンソクはそれぞれ違うジャンルの魅力を挙げた。彼が述べた通り、ユ・ジュンサン、オム・ギジュン、チョ・スンウのようにミュージカル舞台とスクリーンとTVのブラウン管を縦横無尽する次世代スターの一人だ。来る6月27日開幕するミュージカル'ブラッド・ブラザース'を通じて舞台に戻ってきたチョ・ジョンソクはミュージカル界の内部の視線についても付け加えた。

「先輩たちも「もっと頑張れよ。あなたが初心者ミュージカル俳優の対象であり、ロールモデルだから、責任感を持ちなさい」と言われています。今回も、新しいミュージカルの舞台に立つために盛んに準備していますよ。故郷に戻った気分なんですよ。"

'逆鱗'の中'中庸23章'が渡したメッセージを通じ、ことについて改めて振り返ってみるきっかけを用意したというチョ・ジョンソク、三日坊主でもとても小さなことについて真心を尽くして感謝しようと努力すると告白した。そしてその主題歌、最終的に投げかける'変化'についてチョ・ジョンソクは"実際に私は心がちょっと弱いです。ですから、その弱い心を変化させてみたいです"と意外の姿を現した。

"ウルスが偽の悪役なら本当に悪役をやってみたいです。そして、イ・スンジェ先生がした映画'あなたを愛します。'(2010)と一緒におじいさんとおばあさんの愛の物語もいつか必ずやって見たいです。私の自らが親に対する心があってそうかもしれないけど孝を扱った作品に出演したいです。"

イジェギュ監督が'少年感性'がうかがえると言及したように、チョ・ジョンソクが胸の痛む悲劇に囲まれた暗殺者ウルスを演技し、合格点を獲得した理由は他でもなくここにあった。

http://www.baekn.com/view/news_view.php?varAtcId=8228

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://marcy513.blog.fc2.com/tb.php/1198-e40cd3be
該当の記事は見つかりませんでした。